マクロン氏がルペン氏に勝つのは決定的と言われる理由と反応

フランス大統領選挙は極右「国民戦線」のルペン候補と中道系独立候補のマクロン候補が5月7日に行われる決選投票に駒を進めました。
マクロン候補優勢の声マスコミでは圧倒的に出ていますがルペン候補勝利の可能性はないのでしょうか?
マクロン氏の勝利が決定的と言われる理由の詳細と反応をまとめてみました。

Sponsored Links

 マクロン氏がルペン氏に勝つのは決定的と言われる理由

選挙前の世論調査では前半はルペン候補独走状態でしたが2月中旬からマクロン候補が支持を一気に伸ばし投票日直前には逆転しました。1回目の4月23日の投票結果でも1位はマクロン候補で約24%ルペン候補が2位で約22%でした。

5月7日の決選投票ではマクロン候補優勢が言われています。
理由としては決選投票に進めなかったフィヨン候補とアモン候補が敗北宣言をした際に決選投票ではマクロン候補への投票を呼び掛けた事が挙げられている他、地元テレビ局の出口調査では決選投票でマクロン候補に投票すると回答した人が60%を越えていてマクロン候補有利と言われています。

ではルペン候補勝利の可能性が無いかと言われるとそうではありません。
まず23日の大統領選投票で約20%の支持を集めた急進左派のメランション候補が特定候補への投票を呼び掛けませんでした。急進左派の支持者はEUに懐疑的な人が多いとされ親EUのマクロン候補ではなく、反EUのルペン候補へ支持が集まるのではないかという見方が一部にあります。いずれにせよ、そういうことを踏まえると素人目には、アメリカの時のまさかはあり得ると思ってしまいます。

思い出すアメリカ大統領選挙

昨年のアメリカ大統領選挙の際に「隠れトランプ」が500万人いるとされ世論調査ではヒラリー候補支持と言いながら実際はトランプ候補へ投票した有権者が多くいてマスコミの調査と逆の結果が出たと言われていますが、フランスでも「隠れルペン」がいると言われています。こういう見えない有権者の動向によってはどうなるかわからないと言えます。
一部のメディアも「ヒラリー氏が圧勝の見込み」と報道していたところもありました。

Sponsored Links

マクロン氏が本当に勝つのか?ネットの反応

ネットでは以下のような反応があがっています。

twitter
テロはルペン有利に働かずか?
twitter
マクロンがトップなのはデカイ
twitter
結局はマクロンかなぁ
twitter
ここでルペン大統領は危険すぎる
twitter
ルペン勝ってくれ!
twitter
極右じゃない保守ど真ん中なだけ
twitter
よく決選投票残った
twitter
極右と新党で決選投票か
twitter
フランスの2大政党共倒れって
twitter
日本政治とは違うな
twitter
日本もリーダー選挙で選びたい。が安倍と蓮舫じゃ選択したくない
twitter
日本も新しい勢力出てこないか?国会の外から
twitter
アメリカの時もヒラリー圧勝いうてたよ。今回も結局ルペンでしょ
twitter
ヨーロッパのEU疲れを甘く見ちゃいかんよ

出典:twitter

フランスのマスコミはマクロン有利と報道していて、日本のマスコミはそれを受ける形でマクロン有利と報道していますが、やはり昨年のアメリカ大統領選挙の衝撃を忘れてはいけないと思います。
既存の政治や政治家に不満を持った有権者が一気にトランプに流れ接戦州が軒並みトランプ勝利となった事を。
決選投票までの短い期間にルペン候補がどれだけ既存の政治家ではない姿をアピール出来るか?そして北朝鮮情勢やフランス国内で新たなテロが起きたときに一気に流れが変わることもありえます。決してマクロン大統領誕生へとは言えないフランス大統領選挙の流れではないでしょうか?

■関連記事

マクロン フランス大統領候補夫人の年齢が驚愕の理由と反応まとめ

ルペンとトランプの違いとネットの反応について

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2016-12-27

    平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

    全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった 平昌…
  2. 2017-7-17

    上西小百合議員のツイッターまた炎上!浦和逆転負けに油を注ぐ!反応まとめ

    ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  3. 2017-3-22

    コンビニのおむつは値段高いけど必要と論争に!反応まとめ「売れないから」「なんでも屋じゃない」

    twitterで「おにぎりやお茶のように、オムツや粉ミルクも買えるようになってほしい」というツイート…
  4. 2017-4-25

    今村復興大臣辞任理由と過去の失言集 反応まとめ「これは擁護できない」「前回は記者にも問題があったが今回はダメ」

    4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  5. 2017-9-29

    2017総選挙予想で自民党の敗北はあるか?反応まとめ

    安倍首相の突然の解散宣言とそれに前後した小池新党への民進党の合流など大きな政治のうねりの中で、201…
  6. 2017-1-11

    慰安婦少女像の対抗措置の効果はあったのか?反応からみえてくること

    いわゆる「少女像」問題で日本政府は韓国駐在の大使を帰国させるなど合計4項目の対抗処置をおこないました…
  7. 2017-6-27

    上地克明市長の経歴とその反応「雄輔の父じゃなかったらどうなってたか」「よくよく見たら実績も」

    25日の横須賀市長選で無所属新人で初当選となった上地克明氏の経歴に注目が集まっています。 なにしろ…
ページ上部へ戻る