マティス国防長官が狂犬と言われる理由と来日の反応まとめ「別名戦う修道士」「目が怖すぎる」

トランプ大統領から国防長官に指名されたジェームズ・マティス氏が、狂犬と言われる理由はどこにあるのか?
今回の来日に対する反応をまとめてみた。
スポンサーリンク

マティス国防長官が狂犬と言われる理由と来日の反応まとめ

アメリカ大統領に正式に就任した第45代ドナルドトランプ大統領。
大統領戦前から「メキシコに壁を作る」「イスラム教徒の入国禁止」など過激な発言で物議を醸してきました。
世界中がその発言一挙手一投足に翻弄されているような現状で
「大統領就任したら少しおとなしくなる」という淡い期待はどこか消え去りました。

世界中が注目するトランプ大統領ですが、特に注目は閣僚人事です。
トランプが誰を大臣に指名するのか。まともな人物が就任するのかという不安を抱えていました。

そんななか、国防長官に指名されたのがジェームズ・マティス氏です。
このマティス氏はトランプ大統領に「狂犬」と言わしめたほどの人物です。

多くの日本人が「トランプが狂犬というぐらいだからどんなに危ないやつなのか」と不安を抱いた事でしょう。
なぜマティス氏は「狂犬」とよばれるのか。
実際マティス氏とはどのような人物なのか見ていきたいと思います。

マティス氏は生粋の軍人でした。1972年に海兵隊に入隊すると、
軍人としてエリート人生を歩んでいきます。湾岸戦争時に第1海兵大隊長として「砂漠の盾作戦」に参加し活躍すると、
テロの闘いでアフガニスタンの「不朽の自由作戦」に参加します。

このときはじめて海兵隊出身ながら海軍を指揮するという大抜擢をされています。
それほど軍人として有能な人物だったのです。その後も活躍し最後にはアメリカ中央軍最高司令官の職に就きました。
この職は軍人として最高の地位を意味します。
マティス氏はスーパーエリート軍人として超有能だったのです。

話は逸れますがドクター中松氏もなかなかのエリート街道をひた走っていた記憶があります。

そのマティス氏が「狂犬」とよばれるようになったのは前述のアフガニスタンでの戦いのなかで
「誰かを銃の的にするというのは楽しい。
はっきり言えば、私は喧嘩が好きなんだな。」などと発言してしまったことに端を発しています。
そのマティス氏が遂に来日します。何をしに日本に来たのでしょうか。どのような発言をするのでしょうか

マティス氏が日本に来た理由。それはひとえにマティス氏が同盟国を重視しているからにほかなりません。
北朝鮮の核の問題、中国の南シナ海、東シナ海での横暴。アメリカ単独で処理するのは合理的ではありません。

そこでまず、韓国へ行き日本へ来ました。そして同盟国と連携して物事を処理するという姿勢を示したのです。
これはオバマ政権と少し異なるところです。

そしてマティス氏は来日し直ぐに安倍首相に対し「尖閣諸島は日米安保条約の適用内」と発言しました。
つまり尖閣諸島に中国が攻めてきたらアメリカ軍が出動しますよということを明言したのです。

「狂犬」が来たことで心配していた日本人も少し安堵したのではないでしょうか。

マティス国防長官来日への反応

スポンサーリンク

twitter
日米安保適用発言キター
twitter
マティスかっこよすぎ
twitter
声がなかなか渋いよね
twitter
目が完全に殺し屋の目だろ
twitter
なんで駐留経費の話しないんだよ
twitter
狂犬という割には落ち着いている
twitter
イメージと違うのでちょと不気味だな
twitter
マティスの別名戦う修道士
[/speech_bubble]
twitter
狂犬と呼ぶのは失礼だな
twitter
目が怖すぎる

出典:twitter

私個人としては狂犬というイメージと少し違うのではと感じる事もあります。
マティス氏は蔵書7000冊も読破する勉強家としても有名です。過激な発言を繰り返すトランプ大統領に意見を言える人物として、貴重な存在なのではないでしょうか。
少し目が怖いのが気になりますが、マティス氏にこれからも注目です
■関連記事
イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

尖閣諸島が日米安保適用確認される見込み 中国の反応は?「伝統的なアプローチだな」「トランプは米中関係をどうするかな」

トランプ大統領発言で自動車に関する日本への影響は?「日が米に生み出した雇用はどうなる?」「米車に需要がないだけ」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
  2. 中国の文書共有サイトに日本企業の機密文書が公開されており、売買されているとの報道があった。 果たし…
  3. 4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  4. 平壌市内でガソリンの供給が制限されて、価格が高騰しており、中国が北朝鮮への石油供給を停止するカードを…
  5. フランス大統領選挙は極右「国民戦線」のルペン候補と中道系独立候補のマクロン候補が5月7日に行われる決…
  6. 日本時24日未明から開票作業が行われたフランス大統領選挙でルペン候補との決選投票に進んだ39歳のマク…

人気記事

  1. 2016-12-15

    プーチン日露首脳会談でまた遅刻は故意か?反応まとめ「ただの遅刻魔」「歓迎中止可哀そう」

    いよいよ日本とロシアの首脳会談となり北方領土問題の解決に向けて動き出すのか? という会談に向けプー…
  2. 2017-4-24

    藤井聡太炎の七番勝負の結果まとめと反応「完全に神の子」「度肝を抜く勝利」

    最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人のプロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの特別企画…
  3. 2017-2-14

    松坂大輔復活か?フォームの変化と反応まとめ「かなり改善されてる」「今年で契約切れるから瀬戸際」

    ソフトバンクとの契約最終年を迎えた松坂大輔に復活の気配が漂っている。 果たして怪物松坂大輔は復活を…
  4. 2017-2-8

    トランプ大統領と安倍首相の会談は2月10日で日本時間は?為替の影響の予想反応まとめ

    今移民受け入れ問題で話題となっているアメリカのトランプ大統領ですが、2月10日に日本の安倍首相とフロ…
  5. 2017-1-30

    トランプ大統領のイスラム入国禁止令でIT企業とのバトルが再燃!海外の反応「サウジアラビアが含まれないのはなぜだ」「大統領を1000%支持する」

    トランプ大統領の難民や「テロ懸念国」の市民の入国を制限するイスラム入国禁止令によって、 大統領選で…
  6. 2016-12-10

    フライデーの信憑性は?文春と比べてどうか?炎上の今、振り返る

    フライデーの信憑性はどうなのでしょうか?現在炎上し、批判にさらされているフライデーですが、 簡単に…
  7. 2017-2-11

    日米首脳会談の中国の反応「トランプ超恥ずかしい」「物理的なものが決めてだから関係ない」

    2月10日日米首脳会談において沖縄と尖閣諸島においても日米安保5条が適用されることを確認し 安倍首…
ページ上部へ戻る