ミサイル避難方法はなぜ掲載された?裏事情とその反応「迎撃できないのか」「こんな方法しかないの」

4月21日、ミサイル攻撃を受けた際の避難方法が内閣官房HPに掲載されたと話題になっています。
北朝鮮を巡る緊張状態に、それほど危機感があるということの表れなのでしょうか。何か裏事情があるのでしょうか?
その詳細と反応をシェアします。

スポンサーリンク

ミサイル避難方法はなぜ掲載された?裏事情はある?

ミサイル避難方法は内閣官房HP国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)でPDF形式で公開されました。そこには以下のように記されています。

・警報が流れたら頑丈な屋内や地下に退避すること
・屋内では爆風で割れたガラスを避けるため窓から離れること
・自動車の場合は停車して屋内に退避すること
・高速道路など車外が危険なら停車して姿勢を低くすること
・近くに着弾したら口と鼻をハンカチで覆い、密閉性の高い屋内や風上に避難すること

http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou2.pdf
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou1.pdf

ミサイル避難方法を掲載した理由、裏事情は?

4月25日は北朝鮮の軍創設記念の祝日で、その前後に再びミサイル発射があるのではないかと危惧されています。
アメリカは大陸間弾道ミサイルの発射や核実験を行われたら軍事解決に乗り出すと表明しており、依然、緊張状態は続いているのです。
また、ロシア軍が北朝鮮国境に軍を配備したとの複数の目撃情報がSNSを通じて広まっています。
ロシア大統領府はそれを否定しましたが、秘密裏に動いている可能性は否めません。
そんな中、安倍首相が4月末の北欧外遊を取りやめ、こうしてミサイル避難方法が公開されたとあれば、何らかの情報を得たのではないかと見る向きもあります。

>追記

米軍の艦船が連絡ミスで朝鮮半島ではなくインド洋に行ったという報道がありましたが、
こんな間抜けなミスはあり得ないので、裏事情があるのではないか、という説が根強いです。

元外務省・佐藤優氏によると、アメリカの北朝鮮に対するサイバー攻撃が成功しているのではないかと推測ではありますがされています。
北朝鮮自体はネットが外と繋がっていませんが、微弱電波など何かしらの手段で成功したので、圧力をそらした(ゆるくした)のか?という見方。
ソウル内のアメリカ人が退去し始めたら危ない、今それはないのでまだ大丈夫なのでは?という見方をしています。

スポンサーリンク

ミサイル避難方法のネットの反応は?

ミサイル避難方法まで公開した内閣府に対してネットではいろいろな反応を見せています。

twitter
いつの間にかほとんど戦時下じゃん
twitter
現実味を帯びてきたな
twitter
ゴールデンウィークどころじゃないかも
twitter
こんな方法しかないの?
twitter
マンホールに隠れたほうがマシでは
twitter
第二次世界大戦からほとんど進化してなくて笑うしかない
twitter
ミサイル降ってきたら避けようがないってことか
twitter
迎撃できないってこと?
twitter
数分でどこに逃げたらいいかなんてわからないよ
twitter
絶対パニックになる
twitter
こうして情報を出してくれるのはありがたい
twitter
それだけ危機感を持ってるってこと

出典:https://goo.gl/hGcLs3

実際にミサイルが落ちたらどうすればいいか、なんて日本で日常生活を送っていて、なかなか考える機会はないですよね。
この発表で「政府は情報を得て隠している」と憤る声もありますが、4月に入って緊張感が高まっていることは周囲の事実ですから、いつ何が起きてもおかしくないよう、避難情報含め、ニュースに敏感でいることが求められると思います。
識者は、今回の空母のひとつが連絡ミスでインド洋にいったというところの裏事情として、緩める理由があってアメリカ側のかけひきがある程度成功している可能性があると言っています。
ただ、まだ北朝鮮は核施設が再稼働したなどといった報道がありますので、油断なりません。
サイバー攻撃成功に鍵がかかっているのでしょか?そのへんは目に見えないことですので、我々庶民はしるよしもありません..。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 民進党の蓮舫代表の突然の辞任表明で次期代表候補のうち誰が最も相応しいかに注目が集まっている。 予想…
  2. 7月27日民進党代表の蓮舫氏が辞意を漏らしていて、同日午後に記者会見をするようだ。 二重国籍問題や…
  3. 7月4日に初のICBM発射実験に成功した北朝鮮が次に発射する危険な日は7月27日ではと言われている。…
  4. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  5. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  6. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…

人気記事

  1. 2017-7-3

    都民ファーストに胡散臭いの声があるのはなぜ?評判まとめ「選挙ファーストだ!」「決められない議会になる」

    結局都民ファースト圧勝の都議会議員選挙でしたが、正直なところ事前に、去年の都知事選挙の時の小池ブーム…
  2. 2017-5-13

    5月13日戦争が起こると嘘っぽい予言を言う預言者の素性を調べてみた

    5月13日から10月13日の間、人類にとって非常に危険な期間で、戦争が起こると予言している有名な預言…
  3. 2017-3-30

    東横インにNHK受信料支払いの判決!その理由と反応「そもそも論で契約するしない選べないのおかしい」「他のホテルはどうしてる?」

    NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  4. 2016-12-16

    スーパーマリオランの値段に納得いかない?評判や反応まとめ「1200円で全クリしたいと思えなかった」「安すぎ良心的」

    2016年12月16日、待望の「スーパーマリオラン」が配信開始されました。 スマホでマリオのゲーム…
  5. 2017-5-3

    tpp11か国首席交渉官会合で日本は米抜き発効の主導権とれるか?反応まとめ「トランプがくれた最大のチャンス」「米けん制する必要性が高まった」

    5月2日から3日間の予定で始まったtpp11か国首席交渉官会合で日本は、米国抜き発効に方針を大転換し…
  6. 2017-6-18

    マー君どうした?敗戦続く原因は?海外の反応まとめ

    MLBで活躍を続けていたマー君こと田中将大投手が7試合連続で敗戦投手となっています。「マー君どうした…
  7. 2017-3-24

    安倍昭恵夫人のプロフィールや学歴に見る森友問題で政権窮地になる原因は?反応まとめ

    ファーストレディでありながら安倍首相の政策に度々異を唱え、 自身を「家庭内野党」と述べたこともある…
ページ上部へ戻る