メイ首相のEU強硬離脱表明で予想される6つの悪影響とは?海外の反応「普通に働く人々の成功を助ける!」「新しいサッチャー?」

英国のメイ首相は、EU単一市場から脱退する強硬離脱(ハードブレグジット)の方針を表明した。
これにより、今後予測される6つの悪影響は何か?海外の反応を見た。

スポンサーリンク

メイ首相のEU強硬離脱表明で予想される6つの悪影響とは?海外の反応

英国のメイ首相は、移民流入制限の権限を回復して、
単一市場から脱退する「ハードブレグジット」(強硬離脱)の方針を表明した。

EU各国との新たな貿易協定や非EU各国との自由貿易協定(FTA)を模索して
経済への打撃を抑制する方針ではあるが、「ハードブレグジット」の英国にとっての
悪影響をどの程度食い止めることができるか未知数である。

「ハードブレグジット」により考えられる6つの悪影響

1. 英国の輸出の4割以上はEUが占めており、英国の企業の輸出競争力低下も懸念されている。国家収入から660億ポンドが失われ、GDPが9.5%減少するとの試算もある。
2. 英国のGDPの1割を占める金融業への影響がでる。英国を拠点とする金融機関はロンドンを拠点にEU域内すべてで活動できる
「単一パスポート制度」が使えなくなり、英国の金融街シティ(The City)の地盤沈下が進む。
すでに、ほとんどの大手金融機関が引き続きEU域内で活動できるようにするため、一部事業を英国から移す態勢を整えている。
英国の金融機関がパスポートの権利を喪失すれば、雇用が7万5000人減少し、
英政府は最大100億ポンドの税収減に見舞われるとの予測もでている。
3. ポンドのさらなる下落により、輸出面ではメリットがあるが、輸入品価格の上昇で物価が上がる。
4. 英国から資金を逃避させるために、海外から英国への不動産投資の引きあげが加速する可能性
5. EU加盟27カ国との無関税貿易がなくなることで、国民生活に多大な影響がでる懸念がある。
6. スコットランドや北アイルランドの独立問題が再熱する。

なお、11月に英国の高等法院において政府にEU加盟国の離脱について手続きを定めている
リスボン条約第50の発動の権限がなく、議会承認が必要との判決が出された。
最高裁の判決は1月24日(火)AM9:30に出される予定である。

これが、下級審通りであると、議会承認を取り付けるために、審議が必要となり、
決定がさらに遅れる可能性がある(メイ首相はいずれにしても議会の承認は得ると表明はしたが)。

メイ首相のEU強硬離脱表明に関する海外と日本の反応を比べてみましょう。

メイ首相のEU強硬離脱表明に関する海外の反応

メイは輝かしい未来を約束する。

メイのBrexit の脅威は英国にとって「非常に危険な」、「破壊的で有害」である。

メイは「普通に働く人々」の成功を助けるブレグジットイギリスを構築することを固く誓った。

何人かの人々がテレサ・メイを新しいマーガレット・サッチャーと呼ぶのは、おかしい。
単一市場はサッチャーが創造したんだ。

メイは、ポンドが2年間で最高のレベルに達したと話したが、嘘だ。事実はこれだ。

 

英国民は、ブレグジットを国民投票で選択しただけあって、
外から考えているほど悲観的でないひともいるようです。

スポンサーリンク

メイ首相のEU強硬離脱表明に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

他の英国の指導者に比べれば、はるかに有能そうだとの評判のメイ首相にとっても、これからの道のりはなまじっかなものではないことが予想されます。
それを乗り越えて、輝かしい英国を再び創造したときにはじめて第二のサッチャーの評価が生まれるのでしょう。

■関連記事
イギリスのeu離脱はいつ?高等法院判決でますます混迷する!!反応まとめ

英国の日産投資支援に密約か?ブレグジット時の保証を他社も要求!反応まとめ「無関税で輸出できる?決めるのはEUだろう!」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2016-11-11

    トランプ大統領の日本たたきは、29年前の演説から不変!我が国の防衛はどうなる?反応まとめ

    大統領選で、日本をはじめとする同盟国に対し、「安保ただ乗り論」を唱え、応分の防衛費の負担を要求し、 …
  2. 2016-12-27

    残業80時間で給料どうなる?管理職は疑問視?反応まとめ「中小企業全滅」「厚生労働省自らの職場で守れるか?」

    早ければ2017年1月から、企業名公表の対象となる残業の違法労働時間が今までの100時間から80時間…
  3. 2016-11-8

    福岡の道路陥没の原因は?英国のシンクホール問題と同じ?反応まとめ

    福岡で道路陥没が発生しました。 発生から11時間経っていますが、今のところ原因はわかりません。 …
  4. 2017-1-6

    慰安婦少女像設置への日本の措置の韓国の反応「釜山は普通の行動じゃない。金大中が墓場からリモートコントロールでもしているんじゃ 」「米国とも中国とも日本とも断交かよ」

    釜山への慰安婦少女像の設置について外交レベルでもかなり険悪なことになっています。 今回は、この慰安…
  5. 2017-2-22

    NASA太陽系外惑星発表の日本時間と視聴リンク!反応まとめ「地球以外にも海!」「第2の地球か」「地球外生命体!?」

    NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  6. 2017-2-15

    金正男の息子・ハンソルを心配する声!韓国の反応「独裁者、と彼は主張したことがあるからな」「かくれんぼだ」

    金正男がマレーシアにてあやめられたという事件に対して、昔から金正恩の粛清対象だったためということで …
  7. 2016-11-13

    トランプ大統領誕生の日本への最大の影響は憲法改正?安倍総理の追い風となるか?反応まとめ

    トランプ大統領誕生について、世界中が不安感に包まれるなか、憲法改正派の安倍総理支持者は日本への最大の…
ページ上部へ戻る