ラウドネスの入国拒否には理由が!反応まとめ「オバマ時代にもあったよ」「トランプ関係ないよ」

日本のヘビーメタルの代表格LOUDNESS(ラウドネス)が入国拒否によりアメリカツアーを断念し帰国したことが明らかになりました。
トランプ政権関係で拒否されたと騒がれていますが、これには明確な理由があったようです。
今回は、入国拒否の理由やその反応をまとめていきます。

スポンサーリンク

ラウドネスの入国拒否には明確な理由があった

ラウドネス、入国拒否の理由

今回ラウドネスが入国拒否となった理由としては、「コンサートをする以上ビザが必要だ」とアメリカ側に言われたようです。公演を行う予定だったシカゴのライブハウスは「米政権による外国人への入国審査方針が厳格化したため」としています。
また、ラウドネスは過去にも入国拒否された経験があるとのことで、アメリカ国内で過去に何か問題を起こしたことがあるのではとも言われています。

一部ネットでは、あたかもトランプ政権による入国審査の厳格化とおおいに関係あるかのように拡散している人もいますが、
既にオバマ大統領時に適用された、テロ対策ポリシー厳格化の規制に引っかかったので、ある意味正当な入国拒否と言えます。

もう少し調べましたが、ラウドネスは、「オバマ大統領時に2度米国入国拒否されてる」と噂されていて
日本では「以前も1度米国入国拒否された」という報道があがっています。

少なくとも1度は入国拒否の経験があるということですので、今回対策をきちっとしていなかったということになりますので
事務所側のミスである可能性も高いのでは。
個人的な推測では、ビザがなくて入れた時と、入れない時を経験したために油断していたのではないかと思います。

少なくとも、今回はトランプ政権の異常性を表すような事件ではないのではないでしょうか。

ラウドネスとは?

ラウドネスは4人組の日本のヘビーメタルバンドで、過去にアメリカのビルボード誌のランキングで74位に入るなど世界的にヒットし、今でも根強い人気を誇っています。
何度もメンバーチェンジを繰り返し、一時期オリジナルメンバーが一人だけになってしまう事態に陥りましたが、2000年にオリジナルメンバーで再結成し、その後メンバー一人の他界があったものの、現在も精力的に活動中です。

スポンサーリンク

米国ラウドネス入国拒否に対するネットの反応

ラウドネス入国拒否に対するネットの反応を見てみました。

twitter
世界のラウドネスなのになんでだ?
twitter
日本との関係をより強固になんて言っといて入国拒否はないでしょ
twitter
まさか日本人も巻き込まれるとは
twitter
予定していたツアーの損害賠償を請求するべきでは?
twitter
以前から入国歴があって音楽での実績もあるのになんで?
twitter
トランプヘビメタ嫌い?
twitter
過去に何十回も入国してるはずなのに…
twitter
とんでもない国になり下がってきたなアメリカ
twitter
音楽の自由まで制限するんじゃ米アーティストたちがこぞって反トランプなのも分かる気がする
twitter
こんなところにまでアメリカンファーストを貫こうとするのか
twitter
過去にもあったのになぜまた?
twitter
この人達、オバマの時も入国拒否られてなかったっけ?なんか問題あるんでしょ。トランプ関係ないじゃん
twitter
ラウドネスはオバマ政権時代にも一回入国拒否されてるらしい

出典:https://goo.gl/uPTbWR
出典:twitter

トランプ政権の政策に対して誇張して伝えられることが多いので、今回の入国拒否が非常に悪いイメージで一部報道されましたが
テロ対策として厳密に審査しているため、必要な書類がないと通れないのは、役所仕事としては当然のことと言えるのでしょう。
実際の米国ツアーなどが出来なくてバンドやファンは本当に残念で、個人的には事務所の対策不足のような気がします。

今度はしっかりビザを持って素晴らしいロックな米国ツアーをしてほしいところです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 中元クズ夫
    • 2017年 4月 21日

    事務所という言葉に騙されるべきではありません。事務所たって自分たちでつくった事務所。
    自分たちは細かいルールなんか守らなくてもイイとおもっているようです。
    さっさと謝罪すればいいのに、トランプ政権の所為だとかみっともないと言ってる。

    日本人の恥さらしです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. フェデックスカップ・プレーオフ4戦の初戦ノーザントラストがいよいよ始まります。速報では松山英樹が前日…
  2. 北朝鮮情勢が緊迫感を増していると報じられかなりの日時が経過しています。 そんな中北朝鮮への攻撃に前…
  3. 来る8月26日(日本時間27日)ネバダ州ラスベガスMGMグランドガーデンアリーナで来る広げられる前代…
  4. 8月23日5時43分頃に大阪府吹田市を中心に大規模な停電が発生しました。 いったい原因は何なのでし…
  5. 第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  6. オオシロカラカサタケ毒キノコの画像と30代食中毒の反応まとめをシェアします。 ちょうど、子供と…

人気記事

  1. 2017-7-31

    マライアキャリー2017年現在の激太り画像の衝撃とその理由!海外の反応まとめ

    アメリカの歌姫マライアキャリーが2017年現在激太りしていると話題になっています。 激太り画像を私…
  2. 2017-3-13

    WBC2017激闘制した侍ジャパン14日のキューバ戦放送予定と反応まとめ

    オランダとの4時間46分に及んだ激闘を制し今大会4連勝のWBC2017侍ジャパンは、 14日2次ラ…
  3. 2017-3-18

    ノバルティスの高血圧治療薬論文データ改ざん事件で無罪判決!なぜ?反応まとめ「”斬新”過ぎる法判断」「製薬会社はやりたい放題では」

    ノバルティスファーマとその元社員が、京都府立医科大学で行われた高血圧治療薬「ディオバン」の臨床研究で…
  4. 2016-12-9

    長谷川穂積が引退表明した理由 反応まとめ「これぞ、有終の美!」

    WBC世界スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35)が神戸市内で会見し、 チャンピオンのままの引退…
  5. 2017-5-31

    世界卓球2017ドイツ女子の放送予定は?48年ぶりのメダル獲得が期待できる3つの理由とは?

    世界卓球2017ドイツ大会が29日に開幕し、女子シングルス1回戦で本日31日から日本選手が登場する。…
  6. 2017-1-23

    少子化で100万人割れに!具体的な数と反応まとめ「夫の稼ぎで3,4人育てられないし」「政権は福祉を切り捨ててる」

    昨年の12月に生まれの子どもの数が100万人の大台を1899年の統計開始以降で初めて割り込むとの報道…
  7. 2017-6-16

    卓球ジャパンオープン荻村杯で日本女子は中国を席巻するか?日程と放送予定は?

    卓球のワールドツアージャパンオープン荻村杯が14日から18日の日程で、東京体育館で開催されています。…
ページ上部へ戻る