ラウドネスの入国拒否には理由が!反応まとめ「オバマ時代にもあったよ」「トランプ関係ないよ」

日本のヘビーメタルの代表格LOUDNESS(ラウドネス)が入国拒否によりアメリカツアーを断念し帰国したことが明らかになりました。
トランプ政権関係で拒否されたと騒がれていますが、これには明確な理由があったようです。
今回は、入国拒否の理由やその反応をまとめていきます。

スポンサーリンク

ラウドネスの入国拒否には明確な理由があった

ラウドネス、入国拒否の理由

今回ラウドネスが入国拒否となった理由としては、「コンサートをする以上ビザが必要だ」とアメリカ側に言われたようです。公演を行う予定だったシカゴのライブハウスは「米政権による外国人への入国審査方針が厳格化したため」としています。
また、ラウドネスは過去にも入国拒否された経験があるとのことで、アメリカ国内で過去に何か問題を起こしたことがあるのではとも言われています。

一部ネットでは、あたかもトランプ政権による入国審査の厳格化とおおいに関係あるかのように拡散している人もいますが、
既にオバマ大統領時に適用された、テロ対策ポリシー厳格化の規制に引っかかったので、ある意味正当な入国拒否と言えます。

もう少し調べましたが、ラウドネスは、「オバマ大統領時に2度米国入国拒否されてる」と噂されていて
日本では「以前も1度米国入国拒否された」という報道があがっています。

少なくとも1度は入国拒否の経験があるということですので、今回対策をきちっとしていなかったということになりますので
事務所側のミスである可能性も高いのでは。
個人的な推測では、ビザがなくて入れた時と、入れない時を経験したために油断していたのではないかと思います。

少なくとも、今回はトランプ政権の異常性を表すような事件ではないのではないでしょうか。

ラウドネスとは?

ラウドネスは4人組の日本のヘビーメタルバンドで、過去にアメリカのビルボード誌のランキングで74位に入るなど世界的にヒットし、今でも根強い人気を誇っています。
何度もメンバーチェンジを繰り返し、一時期オリジナルメンバーが一人だけになってしまう事態に陥りましたが、2000年にオリジナルメンバーで再結成し、その後メンバー一人の他界があったものの、現在も精力的に活動中です。

スポンサーリンク

米国ラウドネス入国拒否に対するネットの反応

ラウドネス入国拒否に対するネットの反応を見てみました。

twitter
世界のラウドネスなのになんでだ?
twitter
日本との関係をより強固になんて言っといて入国拒否はないでしょ
twitter
まさか日本人も巻き込まれるとは
twitter
予定していたツアーの損害賠償を請求するべきでは?
twitter
以前から入国歴があって音楽での実績もあるのになんで?
twitter
トランプヘビメタ嫌い?
twitter
過去に何十回も入国してるはずなのに…
twitter
とんでもない国になり下がってきたなアメリカ
twitter
音楽の自由まで制限するんじゃ米アーティストたちがこぞって反トランプなのも分かる気がする
twitter
こんなところにまでアメリカンファーストを貫こうとするのか
twitter
過去にもあったのになぜまた?
twitter
この人達、オバマの時も入国拒否られてなかったっけ?なんか問題あるんでしょ。トランプ関係ないじゃん
twitter
ラウドネスはオバマ政権時代にも一回入国拒否されてるらしい

出典:https://goo.gl/uPTbWR
出典:twitter

トランプ政権の政策に対して誇張して伝えられることが多いので、今回の入国拒否が非常に悪いイメージで一部報道されましたが
テロ対策として厳密に審査しているため、必要な書類がないと通れないのは、役所仕事としては当然のことと言えるのでしょう。
実際の米国ツアーなどが出来なくてバンドやファンは本当に残念で、個人的には事務所の対策不足のような気がします。

今度はしっかりビザを持って素晴らしいロックな米国ツアーをしてほしいところです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 中元クズ夫
    • 2017年 4月 21日

    事務所という言葉に騙されるべきではありません。事務所たって自分たちでつくった事務所。
    自分たちは細かいルールなんか守らなくてもイイとおもっているようです。
    さっさと謝罪すればいいのに、トランプ政権の所為だとかみっともないと言ってる。

    日本人の恥さらしです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
  2. 中国の文書共有サイトに日本企業の機密文書が公開されており、売買されているとの報道があった。 果たし…
  3. 4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  4. 平壌市内でガソリンの供給が制限されて、価格が高騰しており、中国が北朝鮮への石油供給を停止するカードを…
  5. フランス大統領選挙は極右「国民戦線」のルペン候補と中道系独立候補のマクロン候補が5月7日に行われる決…
  6. 日本時24日未明から開票作業が行われたフランス大統領選挙でルペン候補との決選投票に進んだ39歳のマク…

人気記事

  1. 2016-12-16

    スマホ専用トイレットペーパーの評判は?狙いはどこに?反応まとめ

    NTTドコモが、訪日外国人をターゲットに、日本のおもてなしの心で表現する取り組みとして、 スマホ専…
  2. 2017-1-15

    豊洲のベンゼン79倍の本当の害はどれくらい?反応まとめ「情弱を煽った小池劇場の失敗」「人の最小中毒発現量の1/165」

    築地市場から豊洲市場への移転問題で移転へのステップの1つである豊洲市場の地下モニタリング調査で有害物…
  3. 2017-1-22

    韓国が少女像を竹島に設置したいのはなぜ?反応まとめ

    韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  4. 2017-2-1

    東京新聞に香取慎吾ファンのメッセージが溢れてるのはなぜ?反応まとめ

    1月31日の東京新聞を見てびっくりしました。 広告の伝言コーナー欄に元SMAPの香取慎吾への誕生日…
  5. 2016-11-14

    浅田真央のグランプリシリーズフランス杯の結果は自己最低9位!ここからどう立て直す?反応まとめ

    浅田真央の休養後2年目となる今シーズン、グランプリシリーズフランス大会の結果が自己最低の9位となり、…
  6. 2017-4-3

    原発賠償訴訟の女裁判長の判決に炎上!津波予見出来た?反応まとめ「常識外れという常識外れの人々」「結果論の判決だ」

    原発賠償訴訟に3月17日、非常の興味深い判決が出ました。 女裁判長の原氏は、国が巨大津波を予見でき…
  7. 2017-4-18

    レジロボ動画が衝撃的!コンビニローソンでいつから導入?その反応まとめ

    ついにコンビニに店員がいなくなるかもしれません。ローソンとパナソニックはレジロボを実験的に導入しまし…
ページ上部へ戻る