ラウドネスの入国拒否には理由が!反応まとめ「オバマ時代にもあったよ」「トランプ関係ないよ」

日本のヘビーメタルの代表格LOUDNESS(ラウドネス)が入国拒否によりアメリカツアーを断念し帰国したことが明らかになりました。
トランプ政権関係で拒否されたと騒がれていますが、これには明確な理由があったようです。
今回は、入国拒否の理由やその反応をまとめていきます。

Sponsored Links

ラウドネスの入国拒否には明確な理由があった

ラウドネス、入国拒否の理由

今回ラウドネスが入国拒否となった理由としては、「コンサートをする以上ビザが必要だ」とアメリカ側に言われたようです。公演を行う予定だったシカゴのライブハウスは「米政権による外国人への入国審査方針が厳格化したため」としています。
また、ラウドネスは過去にも入国拒否された経験があるとのことで、アメリカ国内で過去に何か問題を起こしたことがあるのではとも言われています。

一部ネットでは、あたかもトランプ政権による入国審査の厳格化とおおいに関係あるかのように拡散している人もいますが、
既にオバマ大統領時に適用された、テロ対策ポリシー厳格化の規制に引っかかったので、ある意味正当な入国拒否と言えます。

もう少し調べましたが、ラウドネスは、「オバマ大統領時に2度米国入国拒否されてる」と噂されていて
日本では「以前も1度米国入国拒否された」という報道があがっています。

少なくとも1度は入国拒否の経験があるということですので、今回対策をきちっとしていなかったということになりますので
事務所側のミスである可能性も高いのでは。
個人的な推測では、ビザがなくて入れた時と、入れない時を経験したために油断していたのではないかと思います。

少なくとも、今回はトランプ政権の異常性を表すような事件ではないのではないでしょうか。

ラウドネスとは?

ラウドネスは4人組の日本のヘビーメタルバンドで、過去にアメリカのビルボード誌のランキングで74位に入るなど世界的にヒットし、今でも根強い人気を誇っています。
何度もメンバーチェンジを繰り返し、一時期オリジナルメンバーが一人だけになってしまう事態に陥りましたが、2000年にオリジナルメンバーで再結成し、その後メンバー一人の他界があったものの、現在も精力的に活動中です。

Sponsored Links

米国ラウドネス入国拒否に対するネットの反応

ラウドネス入国拒否に対するネットの反応を見てみました。

twitter
世界のラウドネスなのになんでだ?
twitter
日本との関係をより強固になんて言っといて入国拒否はないでしょ
twitter
まさか日本人も巻き込まれるとは
twitter
予定していたツアーの損害賠償を請求するべきでは?
twitter
以前から入国歴があって音楽での実績もあるのになんで?
twitter
トランプヘビメタ嫌い?
twitter
過去に何十回も入国してるはずなのに…
twitter
とんでもない国になり下がってきたなアメリカ
twitter
音楽の自由まで制限するんじゃ米アーティストたちがこぞって反トランプなのも分かる気がする
twitter
こんなところにまでアメリカンファーストを貫こうとするのか
twitter
過去にもあったのになぜまた?
twitter
この人達、オバマの時も入国拒否られてなかったっけ?なんか問題あるんでしょ。トランプ関係ないじゃん
twitter
ラウドネスはオバマ政権時代にも一回入国拒否されてるらしい

出典:https://goo.gl/uPTbWR
出典:twitter

トランプ政権の政策に対して誇張して伝えられることが多いので、今回の入国拒否が非常に悪いイメージで一部報道されましたが
テロ対策として厳密に審査しているため、必要な書類がないと通れないのは、役所仕事としては当然のことと言えるのでしょう。
実際の米国ツアーなどが出来なくてバンドやファンは本当に残念で、個人的には事務所の対策不足のような気がします。

今度はしっかりビザを持って素晴らしいロックな米国ツアーをしてほしいところです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • 中元クズ夫
    • 2017年 4月 21日

    事務所という言葉に騙されるべきではありません。事務所たって自分たちでつくった事務所。
    自分たちは細かいルールなんか守らなくてもイイとおもっているようです。
    さっさと謝罪すればいいのに、トランプ政権の所為だとかみっともないと言ってる。

    日本人の恥さらしです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-4-12

    北朝鮮との戦争脅威が2017年4月27日秒読みへ?なぜ?反応まとめ

    アメリカが北朝鮮に対し、2017年4月27日に先制攻撃による戦争に踏み切ることが秒読み段階に入ってい…
  2. 2016-11-15

    大統領当選後のトランプ発言様変わりで株価大幅高へ!日本への影響今後どうなる?反応まとめ

    大方が予想していなかったトランプ大統領誕生と、これも予想外の株価大幅高円安となった。 トランプ発言…
  3. 2016-11-16

    トランプの孫娘のPPAPの公式動画はこれ!反応まとめ

    トランプ次期大統領の孫娘アラベラ・ローズちゃん(5歳)が「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」…
  4. 2016-12-21

    水泳、ランニング、テニスなど6種のスポーツのうち健康に効果があるのは?なぜそんな結果が?実体験を踏まえ考えてみた!

    健康のためにもっとも効果的なスポーツはサイクリング、水泳、エアロビックス、 ランニング、テニス、フ…
  5. 2017-6-19

    ヒアリの駆除方法は3つ!まずは地方環境事務所に連絡を!「勘弁して」「見えない敵ほど怖いものは」

    毒を持つ蟻、ヒアリが現在日本で拡大するかしないかの瀬戸際に来ている。 2017年6月19日時点で神…
  6. 2017-3-19

    アメリカのWBCメンバー一覧と警戒選手!反応まとめ

    いよいよ準決勝を迎えるWBC2017。 日本の対戦相手はアメリカに決まりました。 開催国として悲…
  7. 2017-4-26

    吉野正芳次期復興大臣の経歴と評判をまとめてみた

    相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
ページ上部へ戻る