リオ金メダルの萩野公介がプロ転向へ!コメントから見た北島康介との違いは?反応まとめ

リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介選手(22)が、
来春からプロに転向する。日本競泳界で、初めてプロとなり、大成功した北島康介選手の場合と比較して、
二人のコメントから見た違いがあるとすると何かを見てみましょう。反応もまとめました。

スポンサーリンク

リオ金メダルの萩野公介がプロ転向へ!コメントから見た北島康介との違いは?反応まとめ

北京両五輪の平泳ぎ2冠の北島康介選手(34)の戦績や発言は以下である(以下Wikipedia参照)。

北島康介選手のこれまで

s_20161218kitajima1

2000年に18歳で、日本選手権、シドニーオリンピックをデビューとすると、5年後の2005年4月に、
日本コカ・コーラと所属契約を結び、プロとなっている。
それから昨年引退するまでの11年間を現役プロ選手として活躍したことになる。

一方、萩野公介選手の戦績は以下である。

萩野公介選手のこれまで

s_20161218ogino2

2012年に17歳で、ロンドンオリンピックでデビュー後、来春プロになるとすると、
やはり5年足らずで、ということになる。

「水泳が終わった後の人生のほうが長いのでしっかり勉強もしていかないと」と、
20歳にして、しっかり先を見据えたことも述べています。
「北島さんもMVPを取られてそこからさらにアテネ、北京と活躍していったので
自分もそれを自信に変えて頑張っていきたい」といっているので、
北島選手のこれまでの、生き方が常に頭にあるのは、確実だと思われます。

では、プロとして見たとき、北島選手はどのようであって、荻野選手との違い、
現時点で、足りないものがあるとすると何かという観点で見てゆきましょう。

プロデビュー前から、北島名言集と言われるほど、話題を振りまき、
「チョー気持ちいい」「何も言えねえ」そしてロンドンオリンピックの時は、
リレーの仲間の松田丈志選手の名言「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかないぞ」を生み、
常に話題を提供し続けてきた。

実力ナンバーワンの時代から、年齢による体力の衰えや、怪我で悩まされた30歳代以降でも、
もしリオオリンピック代表となって、出場すれば、今度はどんな名言を聞けると、
ファンにワクワクとした期待を持たせ続けた。

そこが、北島選手のいかにもプロと言わしめる態度ではないかと思う。

現在は、株式会社IMPRINTの代表取締役社長を務めており、
都内の公共プールやスポーツクラブのプールを貸切で利用するスイミングクラブを設立している。
きっちりと、先を見たスイマー人生の設計図を描いてきたと言える。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 佐賀県武雄市でTSUTAYA図書館の批判を投書した人への自宅訪問をしたことが明るみになり、ネットでは…
  2. 3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  3. お花見に関する海外の反応をまとめてみました。日本独特の文化で、海外にはこのような習慣はないので、とて…
  4. NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  5. 東芝が2017年3月29日に今年度の決算で最終赤字が1兆100億円になる可能性を発表しました。 昨…
  6. ソウル市が昨年10月から4カ月以上行われてきたろうそく集会のノーベル平和賞の推薦を推進している。 …

人気記事

  1. 2017-3-27

    世界フィギュアスケート選手権2017女子放送予定と結果予想!宮原知子選手の欠場で平昌オリンピックの3枠取りがピンチに!

    2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  2. 2016-12-1

    潘基文が大統領選出馬!その評判と反応「国連事務総長の人気がタイミングよすぎない?」「外相時代から反日言動」

    藩基文といえば国連事務総長ですが、今回の朴槿恵政権退陣を受けて韓国大統領出馬をする可能性があると発言…
  3. 2016-10-12

    電通過労死で長谷川教授不適切発言で炎上の経緯!反応をまとめてみた

    大手広告会社電通で女性会社員が過労で自さつしたことに対する、 武蔵野大学の教授のコメントが原因とな…
  4. 2016-12-30

    オバマ大統領選挙介入で、対ロシアサイバー攻撃制裁情報員35人を追放!海外の反応「かっとなっている」「3次世界大戦を始めようとしている!」

    オバマ(Barack Obama)米大統領は29日、今年の米大統領選で起きたサイバー攻撃をめぐる …
  5. 2017-3-6

    アナ雪のED演出の炎上内容とは?反応まとめ「いっきに冷めてしまった」「喜んだ家族もいる」

    3月4日地上波初放送となった「アナと雪の女王」はなんと19.7%という高視聴率を記録し話題となりまし…
  6. 2017-1-23

    文科省は天下りにどんな処分をするのか?反応まとめ「氷山の一角」「問題はその退職金の多さ」

    また天下り問題が世間を騒がせています。 規制を発表している文部省自体があっせんをしていたといったこ…
  7. 2017-1-26

    トランプ米大統領報道官スパイサーのメディア批判の原点は25年前の事件に!海外の反応

    大統領就任式に集まった聴衆は「過去最大」との発言で初の公式記者会見で、メディア批判し、 大騒動を巻…
ページ上部へ戻る