リオ金メダルの萩野公介がプロ転向へ!コメントから見た北島康介との違いは?反応まとめ

リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介選手(22)が、
来春からプロに転向する。日本競泳界で、初めてプロとなり、大成功した北島康介選手の場合と比較して、
二人のコメントから見た違いがあるとすると何かを見てみましょう。反応もまとめました。

スポンサーリンク

リオ金メダルの萩野公介がプロ転向へ!コメントから見た北島康介との違いは?反応まとめ

北京両五輪の平泳ぎ2冠の北島康介選手(34)の戦績や発言は以下である(以下Wikipedia参照)。

北島康介選手のこれまで

s_20161218kitajima1

2000年に18歳で、日本選手権、シドニーオリンピックをデビューとすると、5年後の2005年4月に、
日本コカ・コーラと所属契約を結び、プロとなっている。
それから昨年引退するまでの11年間を現役プロ選手として活躍したことになる。

一方、萩野公介選手の戦績は以下である。

萩野公介選手のこれまで

s_20161218ogino2

2012年に17歳で、ロンドンオリンピックでデビュー後、来春プロになるとすると、
やはり5年足らずで、ということになる。

「水泳が終わった後の人生のほうが長いのでしっかり勉強もしていかないと」と、
20歳にして、しっかり先を見据えたことも述べています。
「北島さんもMVPを取られてそこからさらにアテネ、北京と活躍していったので
自分もそれを自信に変えて頑張っていきたい」といっているので、
北島選手のこれまでの、生き方が常に頭にあるのは、確実だと思われます。

では、プロとして見たとき、北島選手はどのようであって、荻野選手との違い、
現時点で、足りないものがあるとすると何かという観点で見てゆきましょう。

プロデビュー前から、北島名言集と言われるほど、話題を振りまき、
「チョー気持ちいい」「何も言えねえ」そしてロンドンオリンピックの時は、
リレーの仲間の松田丈志選手の名言「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかないぞ」を生み、
常に話題を提供し続けてきた。

実力ナンバーワンの時代から、年齢による体力の衰えや、怪我で悩まされた30歳代以降でも、
もしリオオリンピック代表となって、出場すれば、今度はどんな名言を聞けると、
ファンにワクワクとした期待を持たせ続けた。

そこが、北島選手のいかにもプロと言わしめる態度ではないかと思う。

現在は、株式会社IMPRINTの代表取締役社長を務めており、
都内の公共プールやスポーツクラブのプールを貸切で利用するスイミングクラブを設立している。
きっちりと、先を見たスイマー人生の設計図を描いてきたと言える。

スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2016-12-22

    台湾が国交断絶西アフリカのサントメ・プリンシペと!中国の金銭外交を非難!トランプ発言の影響も!反応まとめ

    台湾の外交部は西アフリカのサントメ・プリンシペからの通告を受け同国と断交したと発表した。 中国が金…
  2. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

    トランプ大統領が間もなく誕生する。 将来アメリカを抜くと予想されている大国・中国の反応をまとめてみ…
  3. 2016-12-27

    男性にとっての少子化の原因が2017年さらに増える…バーチャルホームロボット現る!

    少子化が日本の問題となっています。男性は特に恋愛などに対する拒絶傾向が強くなり、 草食系男子という…
  4. 2016-11-16

    サッカー サウジ戦で試合の流れを変えたPKは審判のミス?反応まとめ

    ワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦で、日本はハンドによるPKを得て先制点を獲得し、 その勢い…
  5. 2016-12-1

    OPEC原油減産を合意!なぜ?反応まとめ

    OPECは30日、ウィーンでの総会で、低迷する原油価格の押し上げに向け 日量120万バレル規模の原…
  6. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
  7. 2016-12-7

    除夜の鐘が苦情で禁止?誰がクレームしてるの?炎上反応をまとめてみた

    年越しに欠かせない除夜の鐘。 しかし最近この除夜の鐘がうるさいと苦情がきて、除夜の鐘を辞めるお寺が…
ページ上部へ戻る