中国が北への原油供給制限決断か?現地報道を抄訳した!反応まとめ

中国が北への原油供給制限決断との現地報道を抄訳し、中国政府の意図を探った。また日本のネットの反応をまとめた。

報道した環球時報は、中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』の国際版であるが、
4月12日にこれのネット版「環球網」に「ますます多くの中国人が政府の北朝鮮の核活動に対する制裁を支持している」という記事が載った。

Sponsored Links

中国が北への原油供給制限決断か?環球網を抄訳した!反応まとめ

これまでの中国政府の北朝鮮への対応や報道からすると異例のことであり、
この記事を抄訳し、中国政府の意図を探った。

・トランプ大統領は11日もし北朝鮮問題で、中国が我々を助けるなら良し、助けないなら我々単独でやると再度述べた。
・4月は、北朝鮮にとって政治上の重要日程が続き、新しい核実験を行うハイリスクの期間である。
・米海軍空母「カール・ビンセン」が予定を変えて、豪州から朝鮮半島海域に向かっている。
・米国は、シリアの空軍基地攻撃を行ったことで威嚇の信頼性が増していると考えている。
したがって、朝鮮半島は、2006年の最初の核実験以来の軍事衝突勃発の危機を迎えている。

もし北朝鮮が6度目の核実験を行えば、過去に比べものもないほどアメリカの軍事行動の可能性が高まっており、その理由は次の3つである。
1. ワシントンはシリア攻撃直後であり、自らを凛々しく、負けず嫌いであると誇っている(高揚している)。
2. トランプ大統領は自分ひとりで解決することで、世論から約束を果たすひとだとの喝采を浴びたいと思っている。
3. トランプ大統領のチームは、北朝鮮について、いくら話しても結果が少しも得られず、もう耐えられないと考えている。
もし、北朝鮮が今回新たな核実験や大陸弾道ミサイル発射実験を行えば、
米国政府の顔をひっぱたくことになり、米朝の対峙は過去にない決定的なものになるであろう。

これで、北朝鮮の核問題は中国にますます脅威となり、北朝鮮のいっそうひどくなる
国連安保理決議違反に、無関心ではいられなくなる。

現在、ますます多くの中国人が北朝鮮の核活動への制裁を強化すべきと考えている。
もし、北朝鮮が今月再びボトムラインを超えれば、中国社会は、北朝鮮への石油輸出禁止という空前の厳格な安保理決議に賛成する。
ここで、ピンヤンが、これまでの態度を変えることがなければ、もう修正の機会はなくなる。

以上から、昨年1月の4回目の核実験に対する米国の草案に盛り込まれた北朝鮮への石油輸出禁止には
「一般国民に影響が及ぶ」として反対していた中国が態度を変えたようだ。

Sponsored Links

原油供給制限決断に関する日本のネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
ネットでは、中国の原油禁輸が北朝鮮の息の根を止めるのではとの期待がかなりあります。

今回、環球網は中国メディアとしては珍しく、現状をかなり客観的に伝えており、
これは中国人民にこの状況下であるがゆえに、
「血で固められた同盟」であった北朝鮮に対する原油禁輸への理解を得る意図があると思われる。
中国の原油禁輸はかなり本気であると思われる。

しかし、これで、北朝鮮がおとなしく挑発を止めるであろうか?
中国からの原油が完全に禁輸となったとしても、北朝鮮が、妥協の道を歩むのか、
或いは破れかぶれになって、今まで以上のことをやりだすのか、
それに対してトランプ大統領が軍事攻撃し、東アジアがとんでもないことになってしまうのか、心配が尽きない。

■関連記事
トランプは本当に北朝鮮攻撃出来ない?国内と海外の反応まとめ

米海軍カール・ビンソン空母打撃群の実力は?反応まとめ「小さい国なら滅ぼせる」「火の粉がふりかかるのは日本」

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-1-11

    フランスで「つながらない権利法」施行!海外の反応は?「よくやったフランス!」「切断しろと命令されるのは腹が立つ」

    1月1日に、営業時間外にデジタル通信からアクセス遮断をする権利を守る「つながらない権利法」がフランス…
  2. 2017-6-15

    パッキャオ復帰2戦目ジェフ・ホーンの戦績と評価「誰?」「1Rのスピードが12Rのパッキャオと同じ」

    ボクシングのスーパースター、マニー・パッキャオの復帰2戦目の相手がジェフ・ホーンに決定しました。 …
  3. 2017-9-22

    新しい地図の意味と株式会社CULENとは?「元SMAP3人共同というのがうれしい」「ついに!」

    元SMAPの3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらが立ち上げた新サイト「新しい地図」が話題に…
  4. 2016-10-13

    ピエロ恐怖症騒動が全米はじめ世界で発生!なぜ?海外の反応「SNSがこのいまいましい騒動を始めた」「もう夜外に出ることはできない」

    10月末のハロウィンが近づくにつれ、ピエロ恐怖症騒動が世界に広がっているようである。 ホラー小説「…
  5. 2016-12-14

    高梨沙羅の二重にどうした!?の声 スポンサー契約を機に変わったか?反応まとめ

    スキージャンプの高梨沙羅選手が最近二重になりばっちりメイクをするようになりましたね! 今までスキー…
  6. 2016-11-18

    安倍首相とトランプの会談への韓国の反応「仕事早いな日本」「うちの大統領は全然ダメ」

    11月17日に安倍首相はまだ就任していないトランプ次期大統領と会談し、「信頼関係を築ける」とコメント…
  7. 2016-11-14

    スーパームーン14日の天気は最悪!ここから見て我慢か

    68年ぶりのスーパームーンが11月14日に見ることができます。最大になるのは22時52分とのこと。 …
ページ上部へ戻る