久保建英「いつJデビュー?」が、ついに11月5日に実現へ!ファン期待の反応まとめ

永らくサッカーファンが「いつJデビューさせるのか」と期待していたFC東京U―18のFW久保建英(15)選手が、
11月5日のJ3長野戦の駒沢競技場でJリーグデビューすること可能性が高くなった。

スポンサーリンク

久保建英「いつJデビュー?」が、ついに11月5日に実現へ!ファン期待の反応まとめ

久保建英がJリーグデビューを果たすと、これまで、FW森本貴幸(現川崎フロンターレ所属)が
持っていた15歳11カ月28日を破る15歳5カ月1日での史上最年少となる。

2001年6月4日生まれの久保建英は、小学1年で地元の川崎市麻生区の「FCパーシモン」に入団後、
小学3年からは1学年上の川崎フロンターレU-10でプレー、4年生の時には6年生のチームとプレーした。

大きな転機になったのは、2009年横浜で開催された「FCバルセロナキャンプ」で、
参加した約300名の子供たちのなかからたった一人のMVPに選出されて、バルセロナに招待され、
バルサスクールでトレーニングが受けられるチャンスを与えられた。

その後、現地で難関を突破し、2011年8月、本来は13歳以上のバルセロナの下部組織への入団が決定された。
ところが、クラブが、禁じられている18歳未満の選手の国際移籍や登録に違反があったとして、
FIFAから処分を受けたため、出場できない状態が続いた。

そこで、スペインから帰国し、2015年5月に東京U―15に入団し、
今季はFC東京U―18に昇格していた。
入団後の活躍がサッカーファンの注目を集め、「和製メッシ」とも称されることになった。

先日のU-16日本代表が2連勝で準々決勝進出を決めた試合でも、
久保建英は2戦連続で2得点するなど大活躍した。

ポジションはFWで、身長167cm、体重60kgで、利き足は左である。

期待のサッカー選手久保建英の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

久保建英に関する海外の反応

彼はヨーロッパで成功するだろう。

このビデオを楽しんだ。彼がたぶん次のメッシだ。

疑問は、彼はバルセロナに戻るかという点だ?かれは大きな可能性を持っているが、
東京ユースでプレーしている限り才能の浪費だ。
18歳になって戻っても遅すぎる。ここが彼を成長させる良いチームとは思えない。
(バルセロナの)最初のチームでプレ-しなければ、
Paik(注:Paik Seung韓国の若手選手)のようになってしまうのを恐れる。

ちいさな子供に見える。日本の選手は決して
第二の香川となるようなスーパースターになれないだろう。

得点王の働きをしている。彼は素晴らしい。

(Youtube:AFC U-16 Championshipsへのコメントより)

海外では、賞賛するコメントの一方、これまでの事情を知らずに、
東京で活躍することに疑問を呈する厳しいコメントもあります。

スポンサーリンク

久保建英Jデビューに関する日本の反応

僕の目標でありスターである選手!頑張れ❗️

めっちゃ上手い(*^_^*)

(出典:youtube & twitter)

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

多くの期待を背負ってのデビューとなりそうです。4年後の東京五輪の期待も高まっています。

若くして期待されていても、才能が花開かなかった選手の例は数々あると思います。

日本のサッカーファンとしては、久保建英が、Jリーグデビューをきっかけに、
一層体と技を磨いて、大きく成長していってほしいと思います。

■関連記事
u-19アジア選手権2016 速報日本準々決勝で、タジキスタンに4-0で快勝!10年ぶりU―20W杯へ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 佐賀県武雄市でTSUTAYA図書館の批判を投書した人への自宅訪問をしたことが明るみになり、ネットでは…
  2. 3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  3. お花見に関する海外の反応をまとめてみました。日本独特の文化で、海外にはこのような習慣はないので、とて…
  4. NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  5. 東芝が2017年3月29日に今年度の決算で最終赤字が1兆100億円になる可能性を発表しました。 昨…
  6. ソウル市が昨年10月から4カ月以上行われてきたろうそく集会のノーベル平和賞の推薦を推進している。 …

人気記事

  1. 2017-1-17

    小田原市の生活保護ジャンバー炎上はなぜ?2012年が原点か?反応まとめ「教養のほどが知れる」「意気込みは評価したい」

    小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
  2. 2016-11-14

    浅田真央のグランプリシリーズフランス杯の結果は自己最低9位!ここからどう立て直す?反応まとめ

    浅田真央の休養後2年目となる今シーズン、グランプリシリーズフランス大会の結果が自己最低の9位となり、…
  3. 2017-1-15

    豊洲のベンゼン79倍の本当の害はどれくらい?反応まとめ「情弱を煽った小池劇場の失敗」「人の最小中毒発現量の1/165」

    築地市場から豊洲市場への移転問題で移転へのステップの1つである豊洲市場の地下モニタリング調査で有害物…
  4. 2017-2-20

    フランス流世帯課税方式で税金得するのは?少子化対策の決め手となるのか?反応まとめ

    政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  5. 2016-10-7

    小野薬品のがん免疫薬オプジーボの薬価はほんとうに高すぎるのか?反応まとめ「製薬会社の開発意欲が削がれる」「国民の税金がむしりとられているだけ」

    小野薬品の画期的がん免疫薬「オプジーボ」の薬価が高いことが国を亡ぼすと話題になっている。 医療保険…
  6. 2017-3-23

    日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

    日本がこの10年で、世界の科学生産のシェアを失っていて、このままの在り方では 世界トップレベルの科…
  7. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。 …
ページ上部へ戻る