冬の名物・さっぽろ雪まつりが今日からスタート。日程は?おおがかりの雪像に来場者は写真をパシャリ。今年は寒いので溶ける心配もなし。

本日(2月5日)よりさっぽろ雪祭りがスタートしました。巨大な雪の像に早速足を運んだ観光客からは歓声が上がっています。今年は雪まつりの開催期間中は寒気が居座るので、雪が解ける心配もありません。

巨大な雪の像は毎年自衛隊の人たちが雪を運んできて作るのをしっていましたか?自衛隊の方は災害があれば派遣されたりと大忙しですが、さっぽろ雪祭りのころははそういった事が起きないのですから不思議ですよね。

災害は起きないに越した事はありません。1年間災害0でいって欲しいですが、自然災害は必ず1年の中で何度か大きい災害が起きます。そのたびに自衛隊の人は駆り出されるので大変だと思います。

さっぽろ雪祭りの今年の日程は?

今年の日程は2月5日から、2月12日までの1週間に渡って行われる予定です。今年は強い寒気の影響で雪の像が溶ける心配もありません。毎年の課題ですが、今年は寒気が味方になってくれたのは大きなアドバンテージです。

雪まつりで1番困るのは気温が高くなりせっかくの雪の像が溶けてしまうことです。融雪だけは避けたいですが、今年のように開催日程最終日まで安定した見通しでいられるのは主催者もホッと胸をなでおろしていると思います。

どんなに頑張っても自然にだけは勝てないですからね。今年はさっぽろ雪まつりに足を運ぶ人も多そうです。観光客もいつもの年より多く来場することが予想されています。今年は上手く最終日まで乗り切れること間違いなしです。

関係者の祈りが通じましたね。毎年こうであって欲しいですが、そううまくはいきません。毎年日程はほぼ同じで特に大きく変わった事はありません。もうじきさっぽろ雪まつりも70回を迎えようとしています。気が付けばそんな回数になっていました。

今年は日程と寒気がベストマッチ

開催日程の中で最高気温が1番高いのは10日・11日の4度で、それ以外の日の最高気温は0度前後の予報が2月5日現在の週間天気予報では札幌地方の予想はそうなっています。朝の気温は軒並み氷点下5度以下と厳しい冷え込みになりそうです。

今年は無難に開催日程を消化していきそうです。本当に今年は恵まれました。ここまで恵まれる年もそんなにありません。雪の像も日程最終日となる2月12日まで持ってくれそうです。

ツイッターの反応は?

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

まとめ

今年もさっぽろ雪まつりには多くの来場者が訪れそうです。日程は今年は祝日の関係で、例年よりも1日多い日程となっています。いつもの年より1日長いのは嬉しいですね。

今年は最強寒波のアシストがあり無事全日程を終了出来そうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-9-20

    トランプの国連演説の内容と海外の反応まとめ「なぜ北が招待されてるの!?」「いつまで攻撃されるのを待ってるんだ」

    2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  2. 2017-1-5

    釜山で慰安婦像ゲリラ設置に韓国の反応は?

    日韓合意から1周年を迎えた12月28日、その合意を撤回させてしまうかもしれない事件が起きました。 …
  3. 2017-10-8

    日本カビの感染経路や症状は?なぜパンデミックになった?反応まとめ

    日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  4. 2017-1-24

    ネイサンチェンと羽生はどちらが強い?海外の反応「間違いなく2018年オリンピック金メダル!」「美しくファンタスティック」

    1月22日のフィギュアスケート全米選手権にて信じられないことが起こりました。 アメリカのネイサン・…
  5. 2017-5-23

    日本地下探査社員はなぜスパイ扱いされた?中国メディア報道に鍵が!反応まとめ

    スパイ行為に関わったとして3月末、日本地下探査社員6人が 中国の国家安全当局に山東省と海南省で拘束…
  6. 2017-2-6

    長谷川豊氏の日本維新の会擁立による出馬はなぜ?反応まとめ「維新を応援する気がなくなった」「当選したらあきれる」

    フジテレビの元アナウンサーの長谷川豊氏が、次の衆院選に出馬することが報道されました。 日本維新の会…
  7. 2017-10-3

    内村航平の跳馬着地で故障動画と海外の反応「こんなの見たことない」「悲しい..」

    世界連覇V7がかかった体操男子個人総合において、内村航平選手は2017年10月3日、跳馬着地で左足首…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。