北朝鮮故意にミサイル失敗か?真実は?反応まとめ「わざと失敗させた」「発射自体大問題では?」

日本時間16日午前6時21分に、北朝鮮によるミサイルの発射が確認されたが、失敗に終わった速報が入った。故意に失敗したか?真実はいかに?
これに対し、トランプ米大統領はどう動くか?反応もまとめた。

スポンサーリンク

北朝鮮故意にミサイル失敗か?真実は?反応まとめ

アメリカ太平洋軍は日本時間16日午前6時21分、北朝鮮によるミサイルの発射と見られる動きを探知したと発表しました。
弾道ミサイル1発が東部シンポ付近から発射され、発射直後に爆発し、失敗した模様としていますが、ミサイルの種類について現在、分析中だとしています。

アメリカのトランプ大統領と、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の危険なチキンレースに世界が注目する中、
最も警戒された15日の太陽節の翌日に、とうとう北朝鮮がミサイルを発射した。
また、これは、16日のアメリカのペンス副大統領の訪韓に合わせた動きとも見れる。

トランプ大統領は、中国が何もせず、北朝鮮がこんど核実験やミサイル発射などの軍事挑発を行うなら、
アメリカ単独で、軍事攻撃を含む問題の処理を行うと宣言していた。

アメリカのペンス副大統領がアジア・太平洋地域の4カ国を訪問するために、
まず16日に韓国に入り、黄教安大統領代行と会談する予定になっていた。

ミサイル発射は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、トランプ政権との衝突を危険にさらす恐れのある挑発を世界が注視している
故金日成主席の生誕105年(太陽節)に合わせて、平壌の中心部で実施した軍事パレードで、精巧な軍事パレードを閲兵した翌日に起こった。

金正恩政権は今年、核弾頭を北米に運ぶことができる装置を開発する目的で、これまでいくつかの弾道ミサイルを試射してきた。

また、金正恩委員長は、初の潜水艦発射弾道ミサイルをはじめ、新しい大陸間弾道ミサイルのようにみえる幅広い種類のミサイルをパレードで披露した。

今年に入ってからの北朝鮮のミサイル発射はこれまで以下の通りである。
2月12日:飛行距離約500キロの固体燃料型ミサイルを発射した。、フロリダでの日米首脳会議の最中であった。
3月6日:日本の排他的経済水域に到達する4つの発射体を発射し、在日米軍を狙った実験だと公表した。
3月22日:ミサイル発射実験をおこなったものの失敗に終わる。
4月5日:初めての米中首脳会談の前夜に飛行距離約60キロのミサイルを発射した。

今回も、ペンス副大統領の訪韓にも合わせた可能性がある。
(以上Bloomberg参照)

スポンサーリンク

北朝鮮がミサイル発射に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

北朝鮮の挑発に対し、トランプ大統領はどう対応するのだろうか?
長距離ミサイル発射を成功させたとか核実験を行ったようなはっきりとした挑発ではないともいえるので、
アメリカの決断も難しいところがある(短距離のミサイルをわざと失敗したのかもしれない)

いずれにせよトランプ大統領がどう決断するかが注視される

■関連記事

Jアラートはスマホアプリでどう設定する?北朝鮮ミサイルの危機感とその反応

北朝鮮が5月9日までにXデーがあると言われる理由と反応まとめ

北朝鮮ミサイル発射は日本のどこ狙うか?具体的な場所と反応まとめ「青森か」「米軍基地は確実」

北朝鮮6回目の核実験の日本への影響は?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 民進党の蓮舫代表の突然の辞任表明で次期代表候補のうち誰が最も相応しいかに注目が集まっている。 予想…
  2. 7月27日民進党代表の蓮舫氏が辞意を漏らしていて、同日午後に記者会見をするようだ。 二重国籍問題や…
  3. 7月4日に初のICBM発射実験に成功した北朝鮮が次に発射する危険な日は7月27日ではと言われている。…
  4. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  5. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  6. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…

人気記事

  1. 2017-1-24

    ネイサンチェンと羽生はどちらが強い?海外の反応「間違いなく2018年オリンピック金メダル!」「美しくファンタスティック」

    1月22日のフィギュアスケート全米選手権にて信じられないことが起こりました。 アメリカのネイサン・…
  2. 2017-3-12

    wbc 2017侍ジャパン強敵オランダ戦放送予定と反応まとめ

    wbc 20171次リーグを1位で通過した侍ジャパンがいよいよ2次リーグ初戦強敵オランダと対決する。…
  3. 2017-4-29

    東京メトロが北朝鮮ミサイル発射で停止対応に賛否両輪!反応まとめ

    4月29日早朝、北朝鮮がミサイルを発射しました。このミサイル発射を受けて東京メトロが運転を全線で一時…
  4. 2016-11-17

    最新肺がん免疫治療の特効薬オプジーボが異例のスピード値下げで、半額に!そのメリットとデメリットは?

    患者一人当たり年間約3500万円かかる最新の肺がん免疫治療の特効薬オプジーボの薬価を 2017年2…
  5. 2017-4-18

    レジロボ動画が衝撃的!コンビニローソンでいつから導入?その反応まとめ

    ついにコンビニに店員がいなくなるかもしれません。ローソンとパナソニックはレジロボを実験的に導入しまし…
  6. 2016-11-6

    鈴木亮平は西郷どんとイメージが違う?BLの相手は誰だ?反応まとめ

    2018年の大河ドラマは、鈴木亮平さん主演の西郷どんに決定しました。 明治維新に活躍した西郷隆盛を…
  7. 2016-12-27

    男性にとっての少子化の原因が2017年さらに増える…バーチャルホームロボット現る!

    少子化が日本の問題となっています。男性は特に恋愛などに対する拒絶傾向が強くなり、 草食系男子という…
ページ上部へ戻る