北朝鮮故意にミサイル失敗か?真実は?反応まとめ「わざと失敗させた」「発射自体大問題では?」

日本時間16日午前6時21分に、北朝鮮によるミサイルの発射が確認されたが、失敗に終わった速報が入った。故意に失敗したか?真実はいかに?
これに対し、トランプ米大統領はどう動くか?反応もまとめた。

Sponsored Links

北朝鮮故意にミサイル失敗か?真実は?反応まとめ

アメリカ太平洋軍は日本時間16日午前6時21分、北朝鮮によるミサイルの発射と見られる動きを探知したと発表しました。
弾道ミサイル1発が東部シンポ付近から発射され、発射直後に爆発し、失敗した模様としていますが、ミサイルの種類について現在、分析中だとしています。

アメリカのトランプ大統領と、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の危険なチキンレースに世界が注目する中、
最も警戒された15日の太陽節の翌日に、とうとう北朝鮮がミサイルを発射した。
また、これは、16日のアメリカのペンス副大統領の訪韓に合わせた動きとも見れる。

トランプ大統領は、中国が何もせず、北朝鮮がこんど核実験やミサイル発射などの軍事挑発を行うなら、
アメリカ単独で、軍事攻撃を含む問題の処理を行うと宣言していた。

アメリカのペンス副大統領がアジア・太平洋地域の4カ国を訪問するために、
まず16日に韓国に入り、黄教安大統領代行と会談する予定になっていた。

ミサイル発射は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、トランプ政権との衝突を危険にさらす恐れのある挑発を世界が注視している
故金日成主席の生誕105年(太陽節)に合わせて、平壌の中心部で実施した軍事パレードで、精巧な軍事パレードを閲兵した翌日に起こった。

金正恩政権は今年、核弾頭を北米に運ぶことができる装置を開発する目的で、これまでいくつかの弾道ミサイルを試射してきた。

また、金正恩委員長は、初の潜水艦発射弾道ミサイルをはじめ、新しい大陸間弾道ミサイルのようにみえる幅広い種類のミサイルをパレードで披露した。

今年に入ってからの北朝鮮のミサイル発射はこれまで以下の通りである。
2月12日:飛行距離約500キロの固体燃料型ミサイルを発射した。、フロリダでの日米首脳会議の最中であった。
3月6日:日本の排他的経済水域に到達する4つの発射体を発射し、在日米軍を狙った実験だと公表した。
3月22日:ミサイル発射実験をおこなったものの失敗に終わる。
4月5日:初めての米中首脳会談の前夜に飛行距離約60キロのミサイルを発射した。

今回も、ペンス副大統領の訪韓にも合わせた可能性がある。
(以上Bloomberg参照)

Sponsored Links

北朝鮮がミサイル発射に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

北朝鮮の挑発に対し、トランプ大統領はどう対応するのだろうか?
長距離ミサイル発射を成功させたとか核実験を行ったようなはっきりとした挑発ではないともいえるので、
アメリカの決断も難しいところがある(短距離のミサイルをわざと失敗したのかもしれない)

いずれにせよトランプ大統領がどう決断するかが注視される

■関連記事

Jアラートはスマホアプリでどう設定する?北朝鮮ミサイルの危機感とその反応

北朝鮮が5月9日までにXデーがあると言われる理由と反応まとめ

北朝鮮ミサイル発射は日本のどこ狙うか?具体的な場所と反応まとめ「青森か」「米軍基地は確実」

北朝鮮6回目の核実験の日本への影響は?反応まとめ

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-8-23

    相次ぐ事故で第7艦隊司令官を解任へ!原因は?反応まとめ「驚きのできごと」「稲田前防衛相が笑顔で・・と大きな違い」

    第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  2. 2017-9-7

    山尾志桜里議員の経歴とスキャンダル報道の反応まとめ「ガソリンに続きもうダメ」「子供擁護発言もうできない」

    山尾志桜里議員の経歴とスキャンダル報道の反応をまとめました。 新しく前原誠司代表の体制となった…
  3. 2016-10-29

    安倍晋三首相の外交力はフィリピンドゥテルテ大統領のそれを凌駕していると言えるのか?反応まとめ

    数々の暴言を吐きながら、米国依存を脱し、自主外交と称して、日本・中国の双方から多額の経済援助を引き出…
  4. 2016-12-14

    高梨沙羅の二重にどうした!?の声 スポンサー契約を機に変わったか?反応まとめ

    スキージャンプの高梨沙羅選手が最近二重になりばっちりメイクをするようになりましたね! 今までスキー…
  5. 2016-11-13

    朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

    韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、 ソウル中心…
  6. 2016-12-7

    小池知事応援の七人の侍を自民党都連が除名処分に!なぜ今?反応まとめ

    東京都知事選で党の方針に反し小池知事を応援した 豊島区議と練馬区議いわゆる七人の侍について、自民党…
  7. 2016-11-6

    トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

    アメリカ大統領選挙を、3日後に控えて、まさかのトランプ大統領誕生が、 現実味を帯びてきました。これ…
ページ上部へ戻る