南スーダン自衛隊派遣はなぜ?違憲と国提訴へ!その反応

南スーダンへの自衛隊派遣に対して
自衛隊員の母親を名乗る女性が国に対して精神的苦痛を受けたとして
任務差し止めと精神的苦痛を受けたとして国家賠償の請求を起こすことが分かりました。
そもそも何故自衛隊の南スーダンへの派遣が決まったのか。提訴までの経緯とその反応をまとめました。

スポンサーリンク

南スーダン自衛隊派遣はなぜ?違憲と国提訴への経緯

現在南スーダンは大規模な戦闘の後に多数の難民が出ていて現在も不安定な状態が継続しています。
ちなみに場所は以下。

そして今回の南スーダンへの派遣で注目されているのは「駆けつけ警護」と言われるものです。
この駆けつけ警護とは離れた場所にいる国連職員や日本の民間人が襲われた際に救助に向かうというものです。
これには賛否両論あり世論調査では過半数が反対しているという調査結果もあります。
武器使用を許容していることもありますが、身を護るために必要だという意見と憲法9条に違反しているという意見など非常に難しい問題です。このへんは去年の安保法制にまた戻ってしまいますので割愛します。

今回の訴訟に関してネット上では様々な反応がありました。
まずはこの訴訟に対して賛同や理解を示す意見としては

twitter
「これは憲法違反だから当たり前」
twitter
「こうした動きがあるのは良いこと」
twitter
「世論調査で過半数が反対しているんだからダメだろ」

という意見が目立ちました。一方で反対側の意見としては

twitter
「本当平和ボケしてる」
twitter
「こんな親がいる子供も大変」
twitter
「日本の人が危なくなった時に見捨てるのか?」
twitter
「これだから左翼は困る」
という意見が目立ちました。

また

twitter
「そもそも駆けつけ警護って何?」
twitter
「いつの間にこんな事が決まっていたの?」
という反応や

twitter
「自衛隊も大変だなぁ」
twitter
「日本のために活動してもらっている自衛隊には感謝しかない」

等自衛隊への想いを感じさせるコメントもありました。
今年の夏の参院選で争点となった「立憲主義」という言葉がありました。

とかく安保法制の事が言われましたが今回の南スーダンへの派遣での駆けつけ警護も立憲主義に関連する集団的自衛権が関わっています。
しかし選挙も終わりその後の様々なニュースにすっかり埋もれてしまい今回の南スーダンへの派遣はあまり報道されていません。
自衛権が危ないところに派遣されるのは当たり前という考え方もあるでしょうし、昔の日本のようにお金で話を済ませる時代はもう終わったという考え方もあるでしょう。

というよりは世論は国際関係論や軍事論に触れたことがない人が議論していることの方が多いので
土壌となる知識が違う中で議論してもなかなか折り合い付けることができないと個人的には感じます。

今回の国提訴については、原告のペンネームが「平和子」ということで、センスがないのか、違和感を持ったところはありますが
ただこのような提訴自体は、南スーダンへの派遣が自衛隊の在り方を考えるきっかけになると思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 相次ぐ問題発言により事実上更迭された今村前復興大臣の後任となった吉野正芳議員ですが、 果たしてどう…
  2. 中国の文書共有サイトに日本企業の機密文書が公開されており、売買されているとの報道があった。 果たし…
  3. 4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  4. 平壌市内でガソリンの供給が制限されて、価格が高騰しており、中国が北朝鮮への石油供給を停止するカードを…
  5. フランス大統領選挙は極右「国民戦線」のルペン候補と中道系独立候補のマクロン候補が5月7日に行われる決…
  6. 日本時24日未明から開票作業が行われたフランス大統領選挙でルペン候補との決選投票に進んだ39歳のマク…

人気記事

  1. 2017-3-29

    東芝赤字1兆100億の影響と反応「社員20万人、株式保有者43万人に」「海外への技術流出だけは阻止したい」

    東芝が2017年3月29日に今年度の決算で最終赤字が1兆100億円になる可能性を発表しました。 昨…
  2. 2016-12-4

    イタリア国民投票の日本時間と影響は?反応や予想をまとめてみた

    イタリア国民投票が12月4日に行われます。 市場関係者、相場と向き合う人にとってその時間帯にどのよ…
  3. 2016-11-18

    安倍首相とトランプの会談への韓国の反応「仕事早いな日本」「うちの大統領は全然ダメ」

    11月17日に安倍首相はまだ就任していないトランプ次期大統領と会談し、「信頼関係を築ける」とコメント…
  4. 2016-10-5

    スシローを韓国系ファンドが買収へ!反応まとめ「大量ワサビ返しされちゃう?」「ガリの代わりにキムチが」

    韓国系投資ファンドのMBKパートナーズが回転ずし最大手のあきんどスシローの買収に乗り出している。 …
  5. 2016-12-27

    平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

    全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった 平昌…
  6. 2017-3-13

    サルマン国王来日のホテルはどこ?各所で異例の満席!反応まとめ「エスカレーターが自前だと!?」「1兆円買い物していって」

    3月12日からサウジアラビアの国王であり、兼首相であるサルマン国王が来日しています。 サルマン国王…
  7. 2017-3-15

    WBC2017イスラエルは何故今回強いの?海外の反応「守備を大胆にシフトチェンジするね」「相手をよく分析してる」

    開催中のWBCで旋風を巻き起こしているのがイスラエルです。 韓国台湾という日本と同じアジア勢を倒し…
ページ上部へ戻る