反トランプデモに有名人が続々参加するのはなぜ?マドンナがあれだけ嫌う理由と反応まとめ

アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。
しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催されるなど「アメリカの団結」を求めたトランプ大統領の願いとは正反対な現実です。
その中で有名人のデモへの参加が相次いでいます。なぜこういったことが続くのでしょうか?

スポンサーリンク

反トランプデモに有名人が続々参加するのはなぜ?

日本では基本的に有名人が政治色を出すのを避けがちです。
多少、安保の時にありましたがコメントすると叩かれるというパターンが続いたため口を閉ざす傾向にあるかと思います。
また、元々政治に関してコメントしないと決めている人もいます。
ミスチルのボーカルの桜井さんなんかも政治についてのコメントはある時から一切ありません。
正直そういうことにどちらかというと好感をもってしまうのが我々であります。

アメリカで反トランプデモへの参加が報道された有名人としては
映画監督のマイケルムーア
ハリウッド俳優のロバートデニーロ
歌手のマドンナ

といった所が挙げられます。

また
アンジェリーナ・ジョリー
スカーレットヨハンソン

といった女性有名人も目立ちます。これはやはりトランプ氏も認めた女性蔑視発言からきていると思われます。

選挙の段階で、トランプ氏の「人種差別と受けられる発言」「女性蔑視発言」によって、非常に不快感を持った人も多く
それでトランプ嫌いに走った人は多いです。
選挙段階では数えきれないほど、トランプ批判をした有名人は多く、ネットにあげられたのをみるだけでも以下のようにたくさん出てきます。
ジョニー・デップやリチャード・ギア、マット・デイモン、ジョージ・クルーニー、ハリソン・フォード
リチャード・ギア、ジョージ・クルーニーやジョニー・デップ、マット・デイモン、ジョージ・クルーニー レオナルド・デカプリオ、
アナ・ケンドリック アリエル・ウィンター
オリヴィア・ワイルド ケイティ・ペリー レディーガガ
などなどいくらでも出てきます。
レディー・ガガはプラカードが誤訳され選挙中に日本でも大きく報道されました。

スポンサーリンク

マドンナがトランプ氏を忌み嫌う理由

一番積極的に反トランプを訴えているのはマドンナではないでしょうか?
マドンナはトランプ氏に大統領選挙で敗れたヒラリー氏の支持者でした。
マドンナはトランプを目の敵のように憎しみを口にしております。
「そういう人がいてもいいが大統領としてはダメ」ということを言っており、20年前に写真撮影であった時から人間として嫌いだというような発言をしています。
何があったのか具体的な話はしていないのですが、そこで女性蔑視的なものを目撃したのか直接受けたような話で、今回の選挙中の女性蔑視発言で火が付いたようで、とにかくトランプ氏を特に女性蔑視の視点から嫌っています。

 

またマイケルムーア氏に関しては元々リベラル思想を持っていて共和党嫌いという所に
トランプという異端なキャラが出てきていることで火がついています。
当選前から「トランプ当選後の世界」についての映画を公開して、最初は公開を見送られるほどの内容だったと聞いています。
元々政治活動が強い人でなかには「またか」という感じの人もいるようです。

日米で温度差 ネットの反応

ネットでは

twitter
デモに50万人とかスゲー
twitter
トランプ大変だ
twitter
こんなトランプに負けたヒラリーってどれだけ不人気なんだ
twitter
デモは見ていて不快だ
twitter
けどトランプ選んだのも同じアメリカ国民

という様々な反応がありました。
その一方でアメリカではこれだけ芸能人が政治思想を鮮明にしていることに対して

twitter
日本じゃ絶対あり得ないな
twitter
日本でここまで旗色鮮明にしたら干される
twitter
自分の好きな芸能人がこうなったら嫌だな
twitter
日本人には馴染まない

という声がありました。
恐らく日本でこれだけのデモが成立することはないでしょう。
というか昨年の参院選に向けての野党とシールズ等の団体がやったデモにすら相当の反発がありました。
この日米の違いは民主主義成熟度の違いなのかもしれません。

またアメリカは芸能人や著名人がここまで政治思想を鮮明にしていることに対して日本では驚きの声が上がりますが、
むしろ日本のように旗色を鮮明に出来ない国の方が珍しいわけです。
こういった所からも善し悪しは別にして日本とアメリカの違いが鮮明に感じられます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2016-12-18

    鹿島アントラーズの海外の反応は?ジーコも絶賛「歴史に刻んだことを誇りに」他「物おじしないことを願う」

    鹿島アントラーズが想定外の快進撃を見せています。ジーコも絶賛した海外の反応を見てみましょう。 …
  2. 2016-10-12

    大量わさびすし事件の大阪で嫌韓ムード拡大と韓国総領事館が注意呼びかけ!なぜ?反応まとめ「大阪の恥、日本の恥やなぁ」「突然立て続けに騒ぎ出したなあ」

    大量わさびすし事件など、立て続けて大阪で韓国人に対するトラブルが起こり、 暴力事件にまで、発展した…
  3. 2016-12-4

    トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

    トランプ次期米大統領は、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統からの 電話を受けて国交断絶後37年で…
  4. 2016-12-7

    小池知事応援の七人の侍を自民党都連が除名処分に!なぜ今?反応まとめ

    東京都知事選で党の方針に反し小池知事を応援した 豊島区議と練馬区議いわゆる七人の侍について、自民党…
  5. 2017-1-5

    台湾蔡総統中米歴訪で、果たしてトランプ側近と接触はあるか?その意味と影響は?

    台湾の蔡総統が1月7日から、米国を経由して、中米4カ国を歴訪する。 中国が神経を尖らせている最近の…
  6. 2016-11-29

    朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」

    朴槿恵大統領が29日の談話で辞任を表明しました。 ずっと辞任を渋ってきた朴槿恵がついに辞めるという…
  7. 2017-2-1

    トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判!円高でアベノミクスの根幹を揺るがすか?反応まとめ

    トランプ大統領は中国と並んで、日本の為替政策が円を安く誘導して、 米国企業に打撃を与えていると厳し…
ページ上部へ戻る