台湾が国交断絶西アフリカのサントメ・プリンシペと!中国の金銭外交を非難!トランプ発言の影響も!反応まとめ

台湾の外交部は西アフリカのサントメ・プリンシペからの通告を受け同国と断交したと発表した。
中国が金銭外交で台湾と同国の断交をもたらしたと、「台湾人民の感情を傷つけ、台湾海峡の安定を破壊する」と非難した。
トランプ次期米大統領の台湾接近の影響もあると思われる。

スポンサーリンク

台湾が国交断絶西アフリカのサントメ・プリンシペと!中国の金銭外交を非難!トランプ発言の影響も!反応まとめ

今回の断行により、現在台湾と国交を結ぶ国は以下の21カ国となった(Wikipedia参照)。

台湾と国交を結ぶ国
オセアニア:キリバス、ソロモン諸島 、ツバル、 パラオ、マーシャル諸島、ナウル
アフリカ:スワジランド、ブルキナファソ
ラテンアメリカ:エルサルバドル、グアテマラ、セントクリストファー、ネービス、セントビンセントおよびグレナディーン諸島 、
ドミニカ共和国 、ニカラグア、ハイチ、パナマ 、 パラグアイ、ベリーズ、ホンジュラス、セントルシア
ヨーロッパ:バチカン

いずれも小国である。この中では、バチカンの動向が今後最も注目される。

ここに至るまでの、サントメ・プリンシペの台湾、中国との外交関係の推移を見てみましょう。

サントメ・プリンシペの中国、台湾との外交関係

1997年 中国、台湾と外交関係を結んだサントメ・プリンシペと断交、一切の政府間協議を停止した
2013年 中国、連絡事務所を設置。
2015年の中国との2国間の貿易総額は前年比38%増の約800万ドル(約9億3600万円)となり、すべてが中国からの輸出であるとのことだ。
2016年 財政難になったサントメ・プリンシペが200億円以上の巨額の支援を台湾に要求したが、これを断ると同国から断交が伝えられた。
中国側は「台湾と断交することによって、サントメ・プリンシペは、国際社会に対して『1つの中国』の原則という認識を示した」などと評価。

トランプ氏は、大統領当選後、米国政府が長年維持してきた「一つの中国」政策を必ずしも堅持する必要はないと発言、
祭英文台湾総統との電話会議などもあり、中国が極度に警戒し、今回の外交攻勢の一因になったと思われる。

中国は、台湾独立派の蔡英文(民進党)が今年5月に台湾の総統に就任して以来、台湾を厳しく締め付けている。

中国の台湾への締め付けの数々

1. 中国政府レベルで、台湾への観光客をコントロールし、中国からの観光客が激減させている。
2. 台湾国内の分裂を図るため、台湾の野党や地方政府にアプローチし、台湾分断と政権の弱体化に乗り出している。
11月に台湾の最大野党・国民党の洪秀柱主席が中国を訪問した際、
習近平国家主席が北京市の人民大会堂で洪主席と会談するなど、最大限の待遇をした。

3. これまで、各種の国際会議に「オブザーバー」として参加できていた台湾を締め出す。
インドネシアのバリ島で開幕した国際刑事警察機構(ICPO)総会への台湾の参加が認められなかったうえ、
モロッコで開催の地球温暖化対策を話し合う国連の会議、COP22にも出席を拒否された。

これに加えて、最近のトランプ次期大統領の台湾接近発言などに、対し、
今回のような外交攻勢を再開してきたと思われる。
蔡英文総統は予想されたとはいえ、ますます難しいかじ取りを迫られている。

台湾が中国の金銭外交を非難し、西アフリカのサントメ・プリンシペと国交断絶への日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。
スポンサーリンク

台湾が西アフリカのサントメ・プリンシペと国交断絶に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

今年世界は、様々な場所、時期に混乱や、軋轢を生んできたが、
来年は、これがさらに加速される懸念がある。日本も影響が大きい台湾との
関係をもっと考える必要がある。

トランプ次期大統領と中国の関係が、これからの世界情勢に、
大きな影響をあたえることは、確実である。

■関連記事
トランプ次期米大統領と台湾総統の国交断絶後初めての電話会議が世界にショック!反応まとめ

トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  2. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  3. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  4. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…
  5. 村田諒太選手とアッサンエンダム選手の5月20日WBAミドル級王座決定戦にて 4ラウンドでダウンを奪…
  6. 先週日曜日に行われた北朝鮮新型ミサイルの発射は、弾頭の大気圏への再突入を可能にしたなど成功であったと…

人気記事

  1. 2016-11-7

    ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

    10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、 …
  2. 2016-10-29

    安倍晋三首相の外交力はフィリピンドゥテルテ大統領のそれを凌駕していると言えるのか?反応まとめ

    数々の暴言を吐きながら、米国依存を脱し、自主外交と称して、日本・中国の双方から多額の経済援助を引き出…
  3. 2017-5-18

    ロシアゲート事件でトランプはどうなるか?海外の反応意外すぎ!「オバマヒラリーは目隠ししたメディアが必死だな」「メディアは国のために何をしてる?」

    ロシアゲート事件と名付けられたトランプ大統領の怪しい言動により株式・為替も大きく反応している。 一…
  4. 2016-12-26

    ソフトバンクのスマップCMオリジナルバージョンの内容は?反応まとめ「CMで泣いたのはじめて」「永久保存」

    ソフトバンクがスマスマ最終回にて、間のCMにて1分間ものオリジナルバージョンのCMを流したことが …
  5. 2017-3-30

    てるみくらぶの内定者救済申し出たJALFとは?反応まとめ「私なら受けない」「人材不足なのでは?」

    3月27日に経営破綻した「てるみくらぶ」ですが、旅行者が費用を急に自己負担を強いられるなども問題に加…
  6. 2017-3-25

    稀勢の里怪我も強行出場に大丈夫?の声 反応まとめ「朝青龍厳しい」「無理しないで」

    24日に稀勢の里は、対戦相手の日馬富士の素早い立ち合いに気おされたように土俵下に落ちました。 25…
  7. 2017-2-23

    40光年の距離は現実的なの?NASA緊急発表の反応まとめ

    2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
ページ上部へ戻る