問題のカジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!なぜ急ぐ?反応まとめ

議員提案された問題の「カジノ解禁法案」が12月2日、衆議院内閣委員会で
自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。
2日間の法案審議に要した時間は6時間程度で、推進派でさえ、戸惑っている状況である。
なぜこれほど急ぐ必要があるのか?反応をまとめた。

スポンサーリンク

不評のカジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!なぜ急ぐ?反応まとめ

日本維新の会は従来からカジノ解禁を訴え、
橋下徹は大阪市長時代に「大阪カジノ構想」を掲げていた。
公明党は自主投票で、民進党、共産党、社民党など野党は反対である。

最近の世論調査でも、カジノ解禁に「反対」は
57%と半数を超え、「賛成」は34%だった。

なぜ、自民党は急いで成立を図る必要があるのであろうか?

この法案は、2013年12月に提出された後、
2014年11月の衆院解散で廃案になった。
2015年4月に再提出された後、審議されない状況が続いてきた。

自民党、日本維新の会などは、会期が残されていない中、
ぜひ今国会会期中に成立させたいと考えているようだ。

カジノ解禁法案とは

カジノや劇場、ホテル、大型の会議施設などを含んだ「統合型リゾート(IR)」を推進する目的で、
日本国内におけるカジノを合法化することを推進する法案のことである。
2013年12月に超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(カジノ議連)によってとりまとめられIRを、
許可を受けた民間事業者が認定された地域で運営できるという内容で、
刑法で賭博として禁じられているカジノの解禁を推進している。

経済効果の高いカジノを合法化することで、観光産業と地域経済の活性化を狙っている。
政府に推進本部を設置し、1年をめどに実施法を制定するという。

なお、安倍首相は、カジノ議連の2010年最高顧問に就任し、
2014年に首相の職務との矛盾点を野党に衝かれ、辞任した。

懸念される問題点
ギャンブル依存症の増加や、マネーロンダリング(資金洗浄)の恐れ、
暴力団の関与、地域の風俗環境・治安の悪化、青少年への悪影響などだ。

現在でも「病的ギャンブラー」と判断される人は
全国に536万人もいると言われている。
自民党が急いで成立を図る理由として考えられる。

急いで成立を図る理由

1.2013年に法案提出以降、一時たな晒し状態になるなど、
今回のチャンスを逃したくないと考えている。
2.2020年東京オリンピックでの、外国観光客の誘致に生かしたいため、
建設整備などを考えると、時間的にぎりぎりである。
3.従来から安倍首相は「カジノ解禁法案」に執心しており、
「成長戦略」の目玉と考えている。失速気味のアベノミクスの
テコ入れに格好の施策と考えられる。
4.憲法改正を狙う安倍政権が、この法案成立に、
最もこだわる日本維新の会に、恩を売り、憲法改正にも
慎重な公明党に代わる支持勢力として提携しておきたい。

その他、カジノ利権を狙う実業家と安倍首相の癒着を指摘する情報もある。

カジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!の日本の反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

カジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
やはり法案そのものおよび、審議の仕方に対し、全般に評判は悪いようである。

今国会で強行採決してきたTPPや年金カット法案についで、
安倍政権は、このカジノ解禁法案についても、強行突破で、
今会期中に成立をはかることを目指している。

急ぐ理由は種々あるようだが、これだけ国民や各メディアの反対が多い中で、
決定な理由は明確でない。あるいは表には出せない理由があるのかもしれない。

それにしても、懸念される問題点について、具体的にどのようなことが予想され、
それに対し、どのような手が打てるかをある程度具体的にして、
議論の場に載せないことには、何か拙速すべき隠れた理由があるのではと勘繰られてしまう。

青少年の未来にもかかわることである、
国民に分かる形での議論をある程度の時間をかけて
行うことは、当然であり、必須である。

■関連記事
ベトナム原発計画中止で安倍首相のインフラ輸出成長戦略に打撃!反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  2. スパイ行為に関わったとして3月末、日本地下探査社員6人が 中国の国家安全当局に山東省と海南省で拘束…
  3. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  4. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  5. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  6. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…

人気記事

  1. 2017-3-9

    ラーメン二郎仙台店が二度と来るなツイート炎上に考える客と店のマナー 反応まとめ

    美味しいことで人気店のラーメン二郎仙台店が思わず、お客の態度に対して本音をツイートしたところ 賛否…
  2. 2017-3-27

    稀勢の里の髷(まげ)つかみ反則疑惑が一部で話題!反応まとめ

    稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  3. 2017-1-24

    トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響はいかに「アメリカは不幸の第一歩」「日本は翻弄されっぱなし」

    2017年1月、大統領就任直後にTPPからの離脱を宣言したトランプ大統領。 果たしてこの決断は日本…
  4. 2016-11-5

    宇野昌磨がロシアSPで歴代3位!海外の反応「なんてかわいいんだ!」「結弦が王で昌磨は皇太子」

    宇野昌磨くんがロシアSPにて歴代3位の得点となる98・59点を出しフェルナンデスを押さえて首位に立っ…
  5. 2017-4-18

    フランス大統領選挙でルペンになって景気は良くなるの?反応まとめ

    目前に迫ったフラン大統領選挙は当初有力と言われていた極右勢力のルペン氏が投票日直前になりマクロン氏と…
  6. 2017-1-30

    トランプ大統領のイスラム入国禁止令でIT企業とのバトルが再燃!海外の反応「サウジアラビアが含まれないのはなぜだ」「大統領を1000%支持する」

    トランプ大統領の難民や「テロ懸念国」の市民の入国を制限するイスラム入国禁止令によって、 大統領選で…
  7. 2016-11-26

    年金法案の内容と可決プロセスへの反応まとめ「また強行採決かよ」「確かに茶番劇だよな」

    年金制度改革法案が11月25日衆議院厚生労働委員会で与党などの 賛成で可決されました。その内容と可…
ページ上部へ戻る