大統領当選後のトランプ発言様変わりで株価大幅高へ!日本への影響今後どうなる?反応まとめ

大方が予想していなかったトランプ大統領誕生と、これも予想外の株価大幅高円安となった。
トランプ発言の当選前後での大きな変化が、影響したといわれています。
今後特に日本に関連する過激発言はどうなってゆくでしょうか?

スポンサーリンク

大統領当選後のトランプ発言様変わりで株価大幅高へ!日本への影響今後どうなる?反応まとめ

まずは、トランプ氏の勝利宣言での演説の内容とその影響について見てゆきましょう。

トランプ氏の勝利宣言での演説の内容とその影響

1. いままでの攻撃的な過激さが影を潜め、どちらが勝利しても、お互いの健闘を称えあうことなどありえないと思われていた、
対立候補クリントン氏を褒め称え、選挙戦で分裂したアメリカ国民に一つにまとまるべきだと訴えた。

これ以外にも感謝は、スタッフ、両親、家族、個々の議員、共和党全国委員会から
シークレットサービスまでに、ときには個々の名前を挙げながら及んだ。

まず、これが大統領になったら何をしでかすかわからないという
多くの人が感じていた不安を払拭する非常に落ち着いた演説だったことに市場が好感を示した。

2.スラム街を再建し、ハイウェー、学校、病院を再建し、私たちのインフラを再建していくと、
公共事業の上積み 多くの人たちを、インフラ再建の仕事に就かせていきたい。

経済成長を2倍にして、世界で最強の経済を作る、内需拡大による成長促進を果たせば、
世界経済にとってプラスとの発言は選挙前の発言に沿ったものだったが、
共和党が米議会上下両院で多数を維持し、オバマ民主党政権での「ねじれ」が解消することにより、
政策の実現性が高まると、市場は反応した。

3.すべての国と、仲良く付き合っていきたいと思います。素晴らしい国と国との関係を、
他国と築いていきたいと思います。アメリカの国益を第一にはしますけれども、
どの国とも誰とも公正に付き合っていきたいと思っています。
私たちは共通項を見出していきます。そして紛争を避けていきますと。

従来の保護主義的な発言を封印し、世界最強の経済を構築すると強調した。
とりあえず、世界各国に安心感を与えた。

これらをその後の発言も含め表にした。

s_20161116trumpchange
ピンクは、現実的な方向への変化、橙色は、現実的な方向への部分的な変化、青色変化なしと色分けした。

非難し合っていたオバマ大統領とホワイトハウスで行われた会談し、
スムーズな政権引き継ぎのために協力していくことを約束した。
オバマ大統領をとても尊敬しているとまで述べた。

不法移民問題やメキシコとの間の壁構築問題では、
より現実的な方法への修正の発言も出だしている。

外国首脳に対しては、儀礼的な面もあり今後どうなるかわからないが、
ここでも従来の過激な発言から一転し、すべての国と、仲良く付き合っていきたいとで述べ、
電話会談などで、今のところそつなく対応しているようである。

大統領当選後のトランプ発言様変わりの日本の反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

大統領当選後のトランプ発言様変わりに関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本の反応は驚きと戸惑いが入り混じっています。

まず、移民と医療保険、雇用の3つに重点を置くとのべているためか、
日本が最も気にしているTPP脱退や防衛問題についての発言は当選後、ほとんど聞こえてこない。

他の現実的に舵取りをしようという国内問題に対する発言からすると、
何も発言がないということは、従来と方針を変えないとも考えられ、何とも不気味である。

17日の、安倍首相との直接会談で、どのような発言が飛び出すか非常に注目される。

■関連記事
トランプ大統領誕生の日本への最大の影響は憲法改正?安倍総理の追い風となるか?反応まとめ

TPPアメリカ離脱で米抜き発効を!今こそ日本の役割が問われる!反応まとめ

トランプ大統領の日本たたきは、29年前の演説から不変!我が国の防衛はどうなる?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
  2. グッチのうちわがダサいのに値段が飛びぬけていて炎上しています。 グッチと言えば、高級ブランドとして…
  3. いよいよWBC1次ラウンドが3月6日から始まり、侍ジャパンは早速強敵キューバと3月7日に対戦します。…
  4. 2017年から、Jリーグの放映権をこれまでのスカパーから、 イギリスの会社Perform Grou…
  5. 森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  6. 公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…

人気記事

  1. 2016-12-6

    大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」

    日本ハムの大谷翔平が得ている年俸が2億7000万と非常に少ないということで日本ハムが炎上しています。…
  2. 2017-1-1

    紅白歌合戦で紅組優勝はなぜ?炎上した結果を検証「視聴者無視?」「有村架純ビックリしとる」

    大晦日お馴染みの紅白歌合戦。今回も紅組が勝利しましたが、それにネットは炎上しました。 紅組司会者の…
  3. 2017-1-31

    セブンイレブンがバイトに罰金で炎上!知恵袋で驚きの実情!反応まとめ「完全に労基法違反」「バイトモラル低すぎる時代に経営者が狂気に走った例だよ」

    セブンイレブンが16歳のバイトの女子高生が病欠したことで罰金を科したことがニュースとなり、バイトの実…
  4. 2016-10-12

    電通過労死で長谷川教授不適切発言で炎上の経緯!反応をまとめてみた

    大手広告会社電通で女性会社員が過労で自さつしたことに対する、 武蔵野大学の教授のコメントが原因とな…
  5. 2016-11-9

    日本受注のインド新幹線の2018年着工決まる!「パッケージ型インフラ輸出」の初モデル!!中国の反応まとめ

    日本が受注していたインド新幹線について2018年着工、2023年完成で合意する。 「パッケージ型イ…
  6. 2017-2-11

    日米首脳会談をアメリカメディアはどう伝えた?海外の反応「19秒も握手したぞ」「ホープ安倍」

    日米首脳会談が無事終わり、安倍首相の外交の強さを表した形となり、日本のコメントには安堵が広がった。 …
  7. 2016-11-17

    最新肺がん免疫治療の特効薬オプジーボが異例のスピード値下げで、半額に!そのメリットとデメリットは?

    患者一人当たり年間約3500万円かかる最新の肺がん免疫治療の特効薬オプジーボの薬価を 2017年2…
ページ上部へ戻る