大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

日本ハムは大谷翔平選手に対し、希望する2018年以降のメジャーリーグ挑戦を
容認することを伝えたため、2018年の挑戦がほぼ確実になった。
挑戦がどのような形になるか予想してみた。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

日本ハムの大谷翔平選手(22)が5日、契約更改交渉の席上で2018年以降に
米大リーグに挑戦したいとの希望を伝え、球団は容認する方針を明らかにした。

大谷が移籍するにはFAではなく、ポスティングシステムを利用する必要がある。
大谷は「自分が行きたいと思ったときに意思を尊重してもらえる。
応援してもらえるのはうれしいし、ありがたいなと思った」と話した。

もともと、岩手・花巻東高時代にMLB挑戦を公言していた大谷を、
他球団が指名を回避するなか、日本ハムがあえてドラフト1位で指名し、
日本で経験を積んでからの方が成功すると栗山監督が説得し、
投手と野手による「二刀流」での育成方針を示すなどして入団が決まった経緯があった。

これまで、MLBに挑戦した主要日本の投手について、
挑戦時のデーターをあげ、2018年に挑戦するとして大谷と比較してみた(Wikipedia参照)。

MLBに挑戦した主要日本の投手の、挑戦時のデーター

s_20161206%e5%a4%a7%e8%b0%b71

NPB在籍年数が最も短く、もっとも若い段階での挑戦となる。
これまで、大谷選手の大リーグに早く挑戦したいという
強い意思が彼をこのレベルまで押し上げたと思われる。

米国での大谷選手の評判
各球団の責任者や記者は大谷選手について「ピッチングもバッティングも非常にレベルが高い」、
「間違いなく獲得選手リストの上位に入っている」、
「大谷投手を欲しがらない球団はないと思う。来年フリーエージェントになる有力な選手は少ないので、
間違いなく移籍市場の中心となり、大谷投手にとっても有利なタイミングだと言える。
二刀流で使えるし、ものすごい需要があるだろう」と述べており非常に評価は高い。

また、大谷選手を大リーグで通算714本のホームランを打ちピッチャーとしても通算94勝を挙げ、
「野球の神様」と言われたベーブ・ルースに例える米メディアもある。

2013年以降、ポスティングの新制度では、日本の球団が設定した譲渡金(最高2000万ドル)を
支払う意思を表明した球団すべてが、当該選手と交渉に臨めることになったため、
田中、前田の場合は2000万ドルと日本の球団が設定して交渉に入った。
大谷選手の場合も、これを支払うことができるMBLの球団がすべて交渉できることになる。

球速165km/hを投じるNPB最速投手として、
また、打者として評判の高い大谷投手の場合多くのMBL球団が、手を挙げると予想される。

スポンサーリンク

大谷選手メジャー挑戦に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本ファンの期待は非常に大きく、メジャー挑戦を後押しするコメントばかりです。

契約金としては、前評判、二刀流を考えると、
これまでで、日本人投手として最高だった田中将大投手の
2倍になってもおかしくないと予想する。

2017年のシーズンを、今年並み以上のレベルで活躍して終え、
怪我なく、2018年のメジャー交渉に臨んでもらいたい。
若くて、これからさらに伸びようとする絶好の時期での挑戦となる。
どこまで飛躍できるか、メジャーでのその活躍を見るのが非常に楽しみである。

■関連記事
大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  2. 公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…
  3. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  4. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  5. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  6. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…

人気記事

  1. 2017-1-17

    ベビーフードダイエットの放送で炎上!反応まとめ「必要としている人が買えない」「こうなること分かってるのに」

    1月16日放送の「ピラミッドダービー」にてベビーフードダイエットについて放送したところ 通販サイト…
  2. 2017-2-8

    松山英樹がフェニックス制覇!海外の反応「ウッズを思わせる」「パターが課題だ」

    松山英樹が2月6日にフェニックス・オープンの大会史上6人目の連覇を達成し、 日本人最多となる米ツア…
  3. 2016-11-16

    12月来日のプーチン大統領東京会談に暗雲!キーマンのウリュカエフ経済発展相収賄容疑で解任!!なぜ?

    ロシアのプーチン大統領は、国営の最大手の石油会社ロスネフチから200万ドルの賄賂を 受け取ったとし…
  4. 2016-12-30

    飲食店で連休休めない張り紙が炎上!その反応と対策「経営者側の準備不足に非」「サービス業で全休みだすのは非常識」

    ある飲食店の張り紙が話題になっています。 twitterに投稿された「今後の大型連休は全て休み希望…
  5. 2016-12-5

    問題のカジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!なぜ急ぐ?反応まとめ

    議員提案された問題の「カジノ解禁法案」が12月2日、衆議院内閣委員会で 自民党と日本維新の会などの…
  6. 2017-1-29

    尖閣諸島が日米安保適用確認される見込み 中国の反応は?「伝統的なアプローチだな」「トランプは米中関係をどうするかな」

    トランプ政権で国務長官を務めるマティス国務長官が沖縄の尖閣諸島について 「対日防衛義務を定めた日米…
  7. 2016-10-12

    電通過労死で長谷川教授不適切発言で炎上の経緯!反応をまとめてみた

    大手広告会社電通で女性会社員が過労で自さつしたことに対する、 武蔵野大学の教授のコメントが原因とな…
ページ上部へ戻る