大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

日本ハムは大谷翔平選手に対し、希望する2018年以降のメジャーリーグ挑戦を
容認することを伝えたため、2018年の挑戦がほぼ確実になった。
挑戦がどのような形になるか予想してみた。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

日本ハムの大谷翔平選手(22)が5日、契約更改交渉の席上で2018年以降に
米大リーグに挑戦したいとの希望を伝え、球団は容認する方針を明らかにした。

大谷が移籍するにはFAではなく、ポスティングシステムを利用する必要がある。
大谷は「自分が行きたいと思ったときに意思を尊重してもらえる。
応援してもらえるのはうれしいし、ありがたいなと思った」と話した。

もともと、岩手・花巻東高時代にMLB挑戦を公言していた大谷を、
他球団が指名を回避するなか、日本ハムがあえてドラフト1位で指名し、
日本で経験を積んでからの方が成功すると栗山監督が説得し、
投手と野手による「二刀流」での育成方針を示すなどして入団が決まった経緯があった。

これまで、MLBに挑戦した主要日本の投手について、
挑戦時のデーターをあげ、2018年に挑戦するとして大谷と比較してみた(Wikipedia参照)。

MLBに挑戦した主要日本の投手の、挑戦時のデーター

s_20161206%e5%a4%a7%e8%b0%b71

NPB在籍年数が最も短く、もっとも若い段階での挑戦となる。
これまで、大谷選手の大リーグに早く挑戦したいという
強い意思が彼をこのレベルまで押し上げたと思われる。

米国での大谷選手の評判
各球団の責任者や記者は大谷選手について「ピッチングもバッティングも非常にレベルが高い」、
「間違いなく獲得選手リストの上位に入っている」、
「大谷投手を欲しがらない球団はないと思う。来年フリーエージェントになる有力な選手は少ないので、
間違いなく移籍市場の中心となり、大谷投手にとっても有利なタイミングだと言える。
二刀流で使えるし、ものすごい需要があるだろう」と述べており非常に評価は高い。

また、大谷選手を大リーグで通算714本のホームランを打ちピッチャーとしても通算94勝を挙げ、
「野球の神様」と言われたベーブ・ルースに例える米メディアもある。

2013年以降、ポスティングの新制度では、日本の球団が設定した譲渡金(最高2000万ドル)を
支払う意思を表明した球団すべてが、当該選手と交渉に臨めることになったため、
田中、前田の場合は2000万ドルと日本の球団が設定して交渉に入った。
大谷選手の場合も、これを支払うことができるMBLの球団がすべて交渉できることになる。

球速165km/hを投じるNPB最速投手として、
また、打者として評判の高い大谷投手の場合多くのMBL球団が、手を挙げると予想される。

スポンサーリンク

大谷選手メジャー挑戦に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本ファンの期待は非常に大きく、メジャー挑戦を後押しするコメントばかりです。

契約金としては、前評判、二刀流を考えると、
これまでで、日本人投手として最高だった田中将大投手の
2倍になってもおかしくないと予想する。

2017年のシーズンを、今年並み以上のレベルで活躍して終え、
怪我なく、2018年のメジャー交渉に臨んでもらいたい。
若くて、これからさらに伸びようとする絶好の時期での挑戦となる。
どこまで飛躍できるか、メジャーでのその活躍を見るのが非常に楽しみである。

■関連記事
大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. アパホテルが南京大虐さつが捏造であるという主張を含むアパグループ社長の「本当の日本の歴史 理論近現代…
  2. 小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
  3. 慰安婦問題で揺れる今、なんというタイミングでしょう。 アパホテル全室に置いてあるという社長の「理論…
  4. 英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
  5. 1月16日放送の「ピラミッドダービー」にてベビーフードダイエットについて放送したところ 通販サイト…
  6. ついに飲食店内を原則禁煙とする法律・健康増進法改正案の概要が1月16日にあきらかになり、20日国会に…

人気記事

  1. 2016-12-22

    台湾が国交断絶西アフリカのサントメ・プリンシペと!中国の金銭外交を非難!トランプ発言の影響も!反応まとめ

    台湾の外交部は西アフリカのサントメ・プリンシペからの通告を受け同国と断交したと発表した。 中国が金…
  2. 2016-10-20

    本田圭佑移籍先は予想外の中国スーパーリーグ上海上港か?なぜ?反応まとめ

    ACミランで出場機会に恵まれない日本代表FW本田圭佑(30)の移籍先が、 予想外の中国スーパーリー…
  3. 2017-1-11

    トランプ就任の日本時間日程と為替の動きの反応「会見で暴落、就任で暴騰予想」「本当のトランプショックはこれから」 」

    トランプ次期大統領の就任日である1月20日が刻々と近づいています。 トランプ就任日に何かが起こりそ…
  4. 2016-10-25

    謎肉祭販売再開!コンビニにある?調べてみた結果

    謎肉祭が話題です。 24日販売再開された『カップヌードルビッグ・謎肉祭・肉盛りペッパーしょうゆ』と…
  5. 2016-11-6

    鈴木亮平は西郷どんとイメージが違う?BLの相手は誰だ?反応まとめ

    2018年の大河ドラマは、鈴木亮平さん主演の西郷どんに決定しました。 明治維新に活躍した西郷隆盛を…
  6. 2016-12-16

    スマホ専用トイレットペーパーの評判は?狙いはどこに?反応まとめ

    NTTドコモが、訪日外国人をターゲットに、日本のおもてなしの心で表現する取り組みとして、 スマホ専…
  7. 2017-1-17

    潘基文の10億円返すべき発言等に韓国の反応は?「機会主義者とでもいうべきか」「欲のために前進する人」

    英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
ページ上部へ戻る