大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

日本ハムは大谷翔平選手に対し、希望する2018年以降のメジャーリーグ挑戦を
容認することを伝えたため、2018年の挑戦がほぼ確実になった。
挑戦がどのような形になるか予想してみた。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

日本ハムの大谷翔平選手(22)が5日、契約更改交渉の席上で2018年以降に
米大リーグに挑戦したいとの希望を伝え、球団は容認する方針を明らかにした。

大谷が移籍するにはFAではなく、ポスティングシステムを利用する必要がある。
大谷は「自分が行きたいと思ったときに意思を尊重してもらえる。
応援してもらえるのはうれしいし、ありがたいなと思った」と話した。

もともと、岩手・花巻東高時代にMLB挑戦を公言していた大谷を、
他球団が指名を回避するなか、日本ハムがあえてドラフト1位で指名し、
日本で経験を積んでからの方が成功すると栗山監督が説得し、
投手と野手による「二刀流」での育成方針を示すなどして入団が決まった経緯があった。

これまで、MLBに挑戦した主要日本の投手について、
挑戦時のデーターをあげ、2018年に挑戦するとして大谷と比較してみた(Wikipedia参照)。

MLBに挑戦した主要日本の投手の、挑戦時のデーター

s_20161206%e5%a4%a7%e8%b0%b71

NPB在籍年数が最も短く、もっとも若い段階での挑戦となる。
これまで、大谷選手の大リーグに早く挑戦したいという
強い意思が彼をこのレベルまで押し上げたと思われる。

米国での大谷選手の評判
各球団の責任者や記者は大谷選手について「ピッチングもバッティングも非常にレベルが高い」、
「間違いなく獲得選手リストの上位に入っている」、
「大谷投手を欲しがらない球団はないと思う。来年フリーエージェントになる有力な選手は少ないので、
間違いなく移籍市場の中心となり、大谷投手にとっても有利なタイミングだと言える。
二刀流で使えるし、ものすごい需要があるだろう」と述べており非常に評価は高い。

また、大谷選手を大リーグで通算714本のホームランを打ちピッチャーとしても通算94勝を挙げ、
「野球の神様」と言われたベーブ・ルースに例える米メディアもある。

2013年以降、ポスティングの新制度では、日本の球団が設定した譲渡金(最高2000万ドル)を
支払う意思を表明した球団すべてが、当該選手と交渉に臨めることになったため、
田中、前田の場合は2000万ドルと日本の球団が設定して交渉に入った。
大谷選手の場合も、これを支払うことができるMBLの球団がすべて交渉できることになる。

球速165km/hを投じるNPB最速投手として、
また、打者として評判の高い大谷投手の場合多くのMBL球団が、手を挙げると予想される。

スポンサーリンク

大谷選手メジャー挑戦に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本ファンの期待は非常に大きく、メジャー挑戦を後押しするコメントばかりです。

契約金としては、前評判、二刀流を考えると、
これまでで、日本人投手として最高だった田中将大投手の
2倍になってもおかしくないと予想する。

2017年のシーズンを、今年並み以上のレベルで活躍して終え、
怪我なく、2018年のメジャー交渉に臨んでもらいたい。
若くて、これからさらに伸びようとする絶好の時期での挑戦となる。
どこまで飛躍できるか、メジャーでのその活躍を見るのが非常に楽しみである。

■関連記事
大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 神奈川県大磯町にある中学校で出される給食の食べ残しが問題になっています。 全国平均と比べてもこの地…
  2. リナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間は24日)に行われます。 ライト級となります。 リ…
  3. 2017年9月20日安室奈美恵さんが急きょ引退を発表しました。 が、引退理由が明確ではなく、「なぜ…
  4. 2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  5. 2017年10月2日からカナダモントリオールで開催される世界体操が報道され始めています。 なんとい…
  6. フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …

人気記事

  1. 2016-11-24

    2016年11月東京に雪が54年ぶりにふる!原因と反応「全国放送せんでも」「毎年異常気象」

    11月24日に東京で11月としては54年ぶりとなる雪が降りました。 今年の夏は逆に非常に暑く、いろ…
  2. 2017-1-11

    フランスで「つながらない権利法」施行!海外の反応は?「よくやったフランス!」「切断しろと命令されるのは腹が立つ」

    1月1日に、営業時間外にデジタル通信からアクセス遮断をする権利を守る「つながらない権利法」がフランス…
  3. 2017-9-7

    山尾志桜里議員の経歴とスキャンダル報道の反応まとめ「ガソリンに続きもうダメ」「子供擁護発言もうできない」

    山尾志桜里議員の経歴とスキャンダル報道の反応をまとめました。 新しく前原誠司代表の体制となった…
  4. 2017-5-15

    北朝鮮の暗号放送は解読できるの?2ちゃんねらー絶賛のその後の反応

    5月14日、北朝鮮の暗号放送を解読してミサイル発射時刻の予想をする書き込みがされた2ちゃんねる。 …
  5. 2017-6-8

    コミー長官の議会証言はトランプにどう影響する?海外の反応「結局いいなり」「米にとって危険」

    トランプ大統領に解任された前FBI長官のジェームズ・コミー氏が、6月8日の議会証言前に爆弾発言をした…
  6. 2017-4-20

    麻生大臣の消費税再増税発言にネットがざわつく!反応まとめ「庶民いじめ」「受け入れるべき」

    Twitter上でこのツイートが話題を読んでいます。 https://twitter.com/ok…
  7. 2017-5-2

    妊娠菌うつるはなぜこんなに話題になったのか?その詳細と反応をまとめてみた

    妊娠菌がうつる、そんな話がいつの間にか一部でブームとなり、現在ではメルカリで「妊娠菌の付いた米」なる…
ページ上部へ戻る