大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

日本ハムは大谷翔平選手に対し、希望する2018年以降のメジャーリーグ挑戦を
容認することを伝えたため、2018年の挑戦がほぼ確実になった。
挑戦がどのような形になるか予想してみた。

スポンサーリンク

大谷翔平選手の2018年へのメジャーリーグ挑戦を予想!球団は?契約金は?反応まとめ

日本ハムの大谷翔平選手(22)が5日、契約更改交渉の席上で2018年以降に
米大リーグに挑戦したいとの希望を伝え、球団は容認する方針を明らかにした。

大谷が移籍するにはFAではなく、ポスティングシステムを利用する必要がある。
大谷は「自分が行きたいと思ったときに意思を尊重してもらえる。
応援してもらえるのはうれしいし、ありがたいなと思った」と話した。

もともと、岩手・花巻東高時代にMLB挑戦を公言していた大谷を、
他球団が指名を回避するなか、日本ハムがあえてドラフト1位で指名し、
日本で経験を積んでからの方が成功すると栗山監督が説得し、
投手と野手による「二刀流」での育成方針を示すなどして入団が決まった経緯があった。

これまで、MLBに挑戦した主要日本の投手について、
挑戦時のデーターをあげ、2018年に挑戦するとして大谷と比較してみた(Wikipedia参照)。

MLBに挑戦した主要日本の投手の、挑戦時のデーター

s_20161206%e5%a4%a7%e8%b0%b71

NPB在籍年数が最も短く、もっとも若い段階での挑戦となる。
これまで、大谷選手の大リーグに早く挑戦したいという
強い意思が彼をこのレベルまで押し上げたと思われる。

米国での大谷選手の評判
各球団の責任者や記者は大谷選手について「ピッチングもバッティングも非常にレベルが高い」、
「間違いなく獲得選手リストの上位に入っている」、
「大谷投手を欲しがらない球団はないと思う。来年フリーエージェントになる有力な選手は少ないので、
間違いなく移籍市場の中心となり、大谷投手にとっても有利なタイミングだと言える。
二刀流で使えるし、ものすごい需要があるだろう」と述べており非常に評価は高い。

また、大谷選手を大リーグで通算714本のホームランを打ちピッチャーとしても通算94勝を挙げ、
「野球の神様」と言われたベーブ・ルースに例える米メディアもある。

2013年以降、ポスティングの新制度では、日本の球団が設定した譲渡金(最高2000万ドル)を
支払う意思を表明した球団すべてが、当該選手と交渉に臨めることになったため、
田中、前田の場合は2000万ドルと日本の球団が設定して交渉に入った。
大谷選手の場合も、これを支払うことができるMBLの球団がすべて交渉できることになる。

球速165km/hを投じるNPB最速投手として、
また、打者として評判の高い大谷投手の場合多くのMBL球団が、手を挙げると予想される。

スポンサーリンク

大谷選手メジャー挑戦に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本ファンの期待は非常に大きく、メジャー挑戦を後押しするコメントばかりです。

契約金としては、前評判、二刀流を考えると、
これまでで、日本人投手として最高だった田中将大投手の
2倍になってもおかしくないと予想する。

2017年のシーズンを、今年並み以上のレベルで活躍して終え、
怪我なく、2018年のメジャー交渉に臨んでもらいたい。
若くて、これからさらに伸びようとする絶好の時期での挑戦となる。
どこまで飛躍できるか、メジャーでのその活躍を見るのが非常に楽しみである。

■関連記事
大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  2. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…
  3. 長澤まさみが出演しているアンダーアーマーのCM動画でのダンスが「スゴイ!」と話題になっています。 …
  4. 米ホワイトハウスのスパイサー報道官が辞任した。5月末から空席であった広報部長に 側近でウォール街の…
  5. 世界水泳2017競泳がいよいよ23日からブタペストで始まる。注目選手の決勝出場スケジュールと放送時間…
  6. アシッドアタックがイギリスで急増していることに対して日本でもあるの?と心配の声が多数上がっています。…

人気記事

  1. 2016-11-24

    紅白歌合戦2016出演者が決定!SMAPは出ない?反応まとめ「最後まで待つ」「NHK頑張ってくれ頼む」

    紅白歌合戦2016の出演者が11月24日発表されました。 そこに国民的アイドルグループSMAPの名…
  2. 2017-5-17

    村田諒太の対戦相手アッサンエンダムの評価と勝ち目は?「スタミナ勝負なら不利」「アッパー弱点」

    今月20日に世界タイトル初挑戦となるWBA世界ミドル級王座決定戦に挑む村田諒太選手。 この王座決定…
  3. 2017-6-27

    平昌冬季五輪で北朝鮮との共同開催はありうるのか?反応まとめ「世界に喧嘩を売っている」「日本は参加拒否すべき」

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が平昌冬季五輪で、韓国と北朝鮮の合同チーム結成や開会式での合同入…
  4. 2017-4-24

    メドベージェワがセーラームーン姿でエキシビションを滑った理由と反応まとめ

    メドベージェワがセーラームーン姿でエキシビションを滑り、日本人からは大歓声でした いったいなぜロシ…
  5. 2017-5-13

    中国北朝鮮との秘密交渉いつから?核放棄の4条件とは?反応まとめ

    中国が北朝鮮の核放棄に向けた秘密交渉を行っていると報じられたがいつからか? その4条件とは何か?反…
  6. 2017-6-28

    稲田朋美防衛相「自衛隊」発言で辞任否定するももう限界か?反応まとめ「レベルが違う問題発言」「辞任すべき」

    稲田朋美防衛相が27日、都議選の自民党公認候補の応援演説で、「防衛省、自衛隊としてもこの候補をお願い…
  7. 2017-4-9

    フランス大統領選挙2017の極右と中道右派と中道候補の主張と世論調査での反応

    2017年フランス大統領選において極右とされるマリーヌ・ルペン氏、中道右派とされるフランソワ・フィヨ…
ページ上部へ戻る