妊娠菌うつるはなぜこんなに話題になったのか?その詳細と反応をまとめてみた

妊娠菌がうつる、そんな話がいつの間にか一部でブームとなり、現在ではメルカリで「妊娠菌の付いた米」なるものが売買されるようになって問題視されyahoo!トップニュースにまでなりました。
今回は、妊娠菌うつるブームの経緯とその理由をまとめていきます。

スポンサーリンク

妊娠菌うつるはなぜこんなに話題になったのか?

妊娠菌はなぜこんなに話題になって盛んに売買されるようになったのでしょうか?
その経緯などから見ていきましょう。

妊娠菌がうつるがブームになった経緯

最近メルカリでやり取りが盛んになった「妊娠菌のついた米」。そもそも妊娠菌とは「妊娠のジンクス」のひとつである
「妊婦からもらったお米や握ったおにぎりをもらえば妊娠しやすくなる」という
願掛けにも近いものであります。

妊娠している人が触れたものには妊娠菌が付き、それに触れたりすると自分も妊娠できるという説のことで、現在のところ科学的な根拠はありません。
妊娠菌ブームが起こり、ビジネスに利用できると考えた人がメルカリなどでそうした商品を取り扱い始めたのが始まりと言われています。しかし、実際には根拠はなく、商品も説明の量よりも少ない量が送られていたりなどトラブルも多いとのことで問題として取り上げられました。

今のところ1合500円前後で、高くても1500円ほどで、高額詐欺ではないのですが、
なかには、妊婦ではなくただ安い米を販売しているだけの人もいるということが暴露されたりしています。

ブームになった理由は?

妊娠菌がブームになった理由は、おそらく近年の不妊率の増加や、不妊治療を長く行う人が増えたことが考えられます。
女性にとって不妊は深刻な問題です。不妊によって精神的に追い詰められた女性は藁にもすがる思いでそうした商品に手を出してしまう例もあります。
もちろん、そこまで高額ではないので、願掛けとわかって普通に購入する人の方が多いのも現状ではあります。

そして、元々「妊婦からお米をいただいたり、おむすびを握ってもらうと妊娠しやすくなる、というジンクス」は昔からありましたが
おそらく「妊娠菌」という言葉は最近できたと思います。
誰かが、ビジネスで売れやすくなると思って作った造語であるか、もしくは面白おかしくエンタメとして誰かがつけた造語なのでしょうか。

また、こうした妊娠菌のやり取りを複数の有名タレントが行ったのもブームの一因と言えそうです。

スポンサーリンク

妊娠菌ってどうなの?ネットの反応

妊娠菌という言葉が嫌い、という人も多く、検索ワードでも多いとされています。
ジンクスであるのに「菌」として伝わっていくというのも変な話で、もともと「菌」って感染症でイメージが悪いですよね。
せめて、パワーとか熱とかセンスの良い言葉であった方がましだと思ってしまいました。

ヤフコメ
買う方がそれで満足感が得られて心が安定するなら多少はいいんじゃない?
ヤフコメ
藁にもすがる思いなんだろうけど、その藁掴んでも何にもならない
ヤフコメ
周りの知り合いにあげるとかなら分かるけど、ネットで売り買いするのはどうなの…
ヤフコメ
菌って…。もっといい言葉はないのか
ヤフコメ
何でも金儲けにしようとするやつが出てくるんだね
ヤフコメ
人の弱みに付け込むビジネスは好きじゃない
ヤフコメ
母親がこんなんだったらいやだな
ヤフコメ
飛びつく方もどうかと思う
ヤフコメ
これで自分が生まれていたら失望するわ
ヤフコメ
そこまでしてもすがる思いの人がたくさんいるという事実
ヤフコメ
自らが望んですることなら自己責任だしいいと思う
ヤフコメ
いや、神頼みとか、願掛けと同列で語ることじゃないから

出典:https://goo.gl/PclMju

不妊という問題の深刻さを考えると、いろんなおまじないや願掛けはあってよいと言えますが、それが偽りのビジネスとして利用されるのはどうなのかというところです。
実際、メルカリで売買されている商品の中には詐欺まがいのものも多いということです。
もともと、妊娠するための願掛けとして、知り合いの妊婦におにぎりを握ってもらうなど、すごく微笑ましいエピソードもあったのに
今回のことで台無しですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  2. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  3. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…
  4. 長澤まさみが出演しているアンダーアーマーのCM動画でのダンスが「スゴイ!」と話題になっています。 …
  5. 米ホワイトハウスのスパイサー報道官が辞任した。5月末から空席であった広報部長に 側近でウォール街の…
  6. 世界水泳2017競泳がいよいよ23日からブタペストで始まる。注目選手の決勝出場スケジュールと放送時間…

人気記事

  1. 2017-3-31

    朴槿恵前大統領ついに逮捕! 刑期は?反応まとめ「歴代大統領は全て悲惨な目に」「末路は余りにも惨め」

    罷免された朴槿恵前大統領が逮捕され、大統領経験者として3人目となる拘置所への収監となった。 その刑…
  2. 2017-6-14

    ヒアリが日本上陸!刺された時の症状と対処法まとめ「初期で止めなければ数年後には全国に」

    とても強力な毒を持つ「さつ人アリ」とも言われる、ヒアリが日本に上陸したことが確認されました。 いっ…
  3. 2017-1-18

    飯島元マネの新会社の真の目的は?3つの違和感と反応まとめ「赤西くんみたいに日本で見れなくなったらやだな」「レギュラーかなり持ってるが捨てていくか?」

    SMAP解散からまだ日が経たない中で新たな動きが。 元マネージャーの飯島三智氏が新会社を立ち上げて…
  4. 2017-4-15

    北朝鮮6回目の核実験の日本への影響は?反応まとめ

    北朝鮮が6回目の核実験を実施するとすれば、4月15日が最も可能性が高いといわれている。 アメリカの…
  5. 2017-3-5

    中国THAAD配備報復を加速化の5つの理由とは?反応まとめ

    中国が7月に予定されている韓国でのTHAAD配備を白紙にするため、韓国への報復の度合いを最近ますます…
  6. 2017-5-20

    北朝鮮新型ミサイル発射成功で日本被害の可能性いよいよ現実に!反応まとめ「落ちてきた夢を見た」「5発で負ける国」

    先週日曜日に行われた北朝鮮新型ミサイルの発射は、弾頭の大気圏への再突入を可能にしたなど成功であったと…
  7. 2017-3-27

    稀勢の里の髷(まげ)つかみ反則疑惑が一部で話題!反応まとめ

    稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
ページ上部へ戻る