安倍首相とトランプ次期米大統領の1時間半の会談は友好関係のスタート?中国の反応?

ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相は17日、外国首脳として初めてトランプ次期米大統領と会談した。
1時間半に及んだ会談後、ともに信頼関係づくりにつながったとして成果を強調した。これに中国の反応は?

スポンサーリンク

1時間半の安倍首相とトランプ次期米大統領会談は友好関係のスタート?中国の反応?

会談は、トランプ氏の自宅のトランプ・タワーの上層階で行われ、45分の予定から大幅に延長された。
両氏は適当な時期に再会談することで一致し、タワーを出る首相をトランプ氏自身が階下まで見送ったということだ。

安倍首相は会談後、「同盟は信頼がなければ機能しない。トランプ氏はまさに信頼できる指導者だと確信した」と語り、
トランプ氏も自身のフェイスブックで「素晴らしい友人関係を始められたことは光栄だ」と成功を強調した。

中国中央テレビは「慌ただしくトランプ氏に会う目的は、
駐留米軍の費用とTPP問題でトランプ氏の態度をうかがうためとの分析がある」と報じている。

中国の環球時報(政府系メディア)は、安倍-トランプ会談について、以下のように報道した。

日本のメディアは中国脅威論を日米関係の結合剤と扇動した。安倍はトランプに日本の大な武装が米国の利益に合致すると説明したはずだと報道した。
これに対し、米国メディア(ハフィントン ポスト)は、抑制戦略を忘れている、地区の安全を構築に共同行動をとるべき。
中国はすでに強大になっており、「ゼロサムゲーム」を適用できない。
日本は中国と共同し、繁栄と持続発展、平和な未来をアジアにもたらすべきと報道した。

1時間半の安倍首相とトランプ次期米大統領会談への日本の反応と中国の反応を比べて見ましょう。

安倍首相とトランプ次期米大統領会談に関する中国の反応

これに対し、微博(中国ブログ)では、網友(ネットユーザー)のコメントが282件集まっています。

薛之谦你再不娶我我就得嫁你了:また、前世紀の70年代に戻るのか?
昨日 18:31

一只山主:人はみな利益が至上だ。
昨日 18:33

沉默的盖次比:中国の現在の経済財力をもってすれば、数分でお前たち米国のいかなる政党の後ろ盾の財団を瓦解させることができるが、
それは我々の望みではない。アメリカ帝国主義者はウィンウィンと呼ぶものが、どういうことか当然知っている。
昨日 18:43

gzq-谁把我名字占用了:(日本は)反抗できないからには、うまく受け入れるしかない。
昨日 18:31

左岸的猪:中国はトランプに~米軍が永遠に日本に駐留してほしい~と言ってもいいよ。
昨日 18:42

松鼠diff:トランプは結局ビジネスマンさ。
昨夕

盐城美凌格:米国は頭が良いな。
昨夕

大红一师:日本人は本当に人を笑わせる、まさか米国が中国を牽制しないとでも?
昨夕

 

米国がどう変わろうと、中国が将来一番だという自信をうかがわせるコメントの一方不安や警戒もあるようです。

スポンサーリンク

安倍首相とトランプ次期米大統領会談に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

世界の首脳に先駆けて、トランプ次期米大統領と非公式会談を行ったという安倍政権の素早い対応はなかなかと思えますが、
一方では、相変わらず、米国の顔色をうかがって外交行動をしなければ、いけないという日本のふがいなさも感じさせます。

会談の中身は、非公式とのことで、伏せられていますが、今後この信頼関係をどのように発展させて、
大統領選挙中のトランプのアメリカンファースト政策が修正されるのか注目してゆきたいと思います。

政治ですので、当然アメリカが孤立政策をとった場合は、日本としてどうするのか、
同時並行的に戦略を練っておかねばなりません。

■関連記事
安倍首相とトランプの会談への韓国の反応「仕事早いな日本」「うちの大統領は全然ダメ」

トランプ大統領が不法移民の強制送還宣言で差別だともめるのはなぜ?反応まとめ

大統領当選後のトランプ発言様変わりで株価大幅高へ!日本への影響今後どうなる?反応まとめ

トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  2. 公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…
  3. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  4. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  5. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  6. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…

人気記事

  1. 2017-2-6

    長谷川豊氏の日本維新の会擁立による出馬はなぜ?反応まとめ「維新を応援する気がなくなった」「当選したらあきれる」

    フジテレビの元アナウンサーの長谷川豊氏が、次の衆院選に出馬することが報道されました。 日本維新の会…
  2. 2017-1-7

    「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

    扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた 菅野完さん…
  3. 2016-12-29

    茨城北部震度6弱の地震に対する韓国の反応「日本政府は発生後5分で動いたぞ」「日本から3,4年かけて学べ」

    12月28日21時38分、茨城北部にて最大震度6弱の大きな地震があった。 気象庁は東日本大震災の余…
  4. 2016-10-10

    リオメダル水泳18個の中国人の多くが泳げない!水難事故は日本の70倍!海外の反応「親は水泳を重視しない」「汚染水のなか水泳する方が危険」

    リオの水泳競技で、メダル18個を獲得した中国で、実は多くの人が泳げないため、 溺れて命を落とす人の…
  5. 2016-12-7

    小池知事応援の七人の侍を自民党都連が除名処分に!なぜ今?反応まとめ

    東京都知事選で党の方針に反し小池知事を応援した 豊島区議と練馬区議いわゆる七人の侍について、自民党…
  6. 2016-10-20

    本田圭佑移籍先は予想外の中国スーパーリーグ上海上港か?なぜ?反応まとめ

    ACミランで出場機会に恵まれない日本代表FW本田圭佑(30)の移籍先が、 予想外の中国スーパーリー…
  7. 2016-12-27

    平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

    全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった 平昌…
ページ上部へ戻る