安倍首相とトランプ次期米大統領の1時間半の会談は友好関係のスタート?中国の反応?

ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相は17日、外国首脳として初めてトランプ次期米大統領と会談した。
1時間半に及んだ会談後、ともに信頼関係づくりにつながったとして成果を強調した。これに中国の反応は?

Sponsored Links

1時間半の安倍首相とトランプ次期米大統領会談は友好関係のスタート?中国の反応?

会談は、トランプ氏の自宅のトランプ・タワーの上層階で行われ、45分の予定から大幅に延長された。
両氏は適当な時期に再会談することで一致し、タワーを出る首相をトランプ氏自身が階下まで見送ったということだ。

安倍首相は会談後、「同盟は信頼がなければ機能しない。トランプ氏はまさに信頼できる指導者だと確信した」と語り、
トランプ氏も自身のフェイスブックで「素晴らしい友人関係を始められたことは光栄だ」と成功を強調した。

中国中央テレビは「慌ただしくトランプ氏に会う目的は、
駐留米軍の費用とTPP問題でトランプ氏の態度をうかがうためとの分析がある」と報じている。

中国の環球時報(政府系メディア)は、安倍-トランプ会談について、以下のように報道した。

日本のメディアは中国脅威論を日米関係の結合剤と扇動した。安倍はトランプに日本の大な武装が米国の利益に合致すると説明したはずだと報道した。
これに対し、米国メディア(ハフィントン ポスト)は、抑制戦略を忘れている、地区の安全を構築に共同行動をとるべき。
中国はすでに強大になっており、「ゼロサムゲーム」を適用できない。
日本は中国と共同し、繁栄と持続発展、平和な未来をアジアにもたらすべきと報道した。

1時間半の安倍首相とトランプ次期米大統領会談への日本の反応と中国の反応を比べて見ましょう。

安倍首相とトランプ次期米大統領会談に関する中国の反応

これに対し、微博(中国ブログ)では、網友(ネットユーザー)のコメントが282件集まっています。

薛之谦你再不娶我我就得嫁你了:また、前世紀の70年代に戻るのか?
昨日 18:31

一只山主:人はみな利益が至上だ。
昨日 18:33

沉默的盖次比:中国の現在の経済財力をもってすれば、数分でお前たち米国のいかなる政党の後ろ盾の財団を瓦解させることができるが、
それは我々の望みではない。アメリカ帝国主義者はウィンウィンと呼ぶものが、どういうことか当然知っている。
昨日 18:43

gzq-谁把我名字占用了:(日本は)反抗できないからには、うまく受け入れるしかない。
昨日 18:31

左岸的猪:中国はトランプに~米軍が永遠に日本に駐留してほしい~と言ってもいいよ。
昨日 18:42

松鼠diff:トランプは結局ビジネスマンさ。
昨夕

盐城美凌格:米国は頭が良いな。
昨夕

大红一师:日本人は本当に人を笑わせる、まさか米国が中国を牽制しないとでも?
昨夕

 

米国がどう変わろうと、中国が将来一番だという自信をうかがわせるコメントの一方不安や警戒もあるようです。

Sponsored Links

安倍首相とトランプ次期米大統領会談に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

世界の首脳に先駆けて、トランプ次期米大統領と非公式会談を行ったという安倍政権の素早い対応はなかなかと思えますが、
一方では、相変わらず、米国の顔色をうかがって外交行動をしなければ、いけないという日本のふがいなさも感じさせます。

会談の中身は、非公式とのことで、伏せられていますが、今後この信頼関係をどのように発展させて、
大統領選挙中のトランプのアメリカンファースト政策が修正されるのか注目してゆきたいと思います。

政治ですので、当然アメリカが孤立政策をとった場合は、日本としてどうするのか、
同時並行的に戦略を練っておかねばなりません。

■関連記事
安倍首相とトランプの会談への韓国の反応「仕事早いな日本」「うちの大統領は全然ダメ」

トランプ大統領が不法移民の強制送還宣言で差別だともめるのはなぜ?反応まとめ

トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-6-21

    北ミサイル避難方法CMなぜここまで?反応まとめ「Xデーが近いの?」

    北朝鮮情勢が緊迫している。 なんと政府は23日からテレビCMにて、北朝鮮ミサイル避難方法について流…
  2. 2016-11-9

    PS4ProのVR解像度は?発売日前の反応まとめ

    PS4Proが11月10日に発売されます。非常に期待が高まっていますが、気になるのはVRの解像度。 …
  3. 2016-12-20

    なんでも鑑定団史上最大のお宝”曜変天目茶碗”の値段は?

    なんでも鑑定団史上最大の発見がされたと12月20日報じられた。20日のなんでも鑑定団で披露されるのだ…
  4. 2017-7-20

    東電会長発言への規制委員長「はらわたが煮えくり返る」が炎上!反応まとめ

    東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  5. 2017-3-22

    WBC準決勝ビデオ判定の多すぎに賛否!その反応まとめ「審判モチベ下がる」「誤審あるよりマシ」n

    WBC準決勝でビデオ判定が多すぎと賛否が分かれています。 日本対アメリカでは5回ものビデオ判定があ…
  6. 2017-3-16

    安倍総理が森友学園に寄付金の信憑性は?事実ならどうなる?反応まとめ

    森友学園に関して籠池泰典理事長が安倍総理から100万円の寄付金を受けていたと語りました。 果たして…
  7. 2017-5-11

    トランプがパソコン機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用拡大!反応まとめ「スマホもダメとか言い出す?」「日米線でやられたらマジで痛い」

    トランプ政権は3月の中東・北アフリカ地域発の航空便を対象としたパソコンの機内持ち込み禁止に引き続き、…
ページ上部へ戻る