小池都知事は豊洲移転争点化で都議会自民党を撃破できるか?反応まとめ

小池都知事は都議選で豊洲市場移転問題を争点化し、2011年に移転予算案を成立に導いた都議会自民を責め立てる目論見である。
果たしてこの問題で、自民党を撃破・切り崩し、東京大改革を掲げる小池知事シンパを増やすことができるであろうか?

Sponsored Links

小池都知事は豊洲移転争点化で都議会自民党を撃破できるか?反応まとめ

本日にも豊洲市場移転問題特別委員会が予定されており、「豊洲市場における土壌汚染対策等に関する専門家会議」の議論が行われ、
ここでも質疑の中で、当時の対応が議論されると思われる。

それでは、まず当時の石原都知事、都議会の豊洲市場移転問題へのかかわりを調べてみましょう。

石原都知事、都議会が豊洲移転を決定した経緯

2010年10月22日 石原都知事、築地市場の豊洲移転決断移転関連予算の全額1281億円の予算を執行すると表明し、
年度内に豊洲の環境アセスメントや用地購入などを始めることとなった。
このとき、都議会は2009年の都議選で、「豊洲移転にNO!」を公約とした民主党が都議会第一会派となり、移転に慎重な会派が過半数であった。

知事与党の自公が支持する豊洲移転案と、民主らが検討する築地再整備案について、
石原都知事は「再整備案は開場まで最低十数年かかる致命的な欠点がある。
豊洲への移転を決断した」と説明した。

2011年 都議会は築地再整備を検討する特別委員会を設置し、豊洲移転案と築地再整備案を比較検討し、
豊洲移転推進派の自民・公明と築地再整備派の民主・共産等が大激論をかわし結論がなかなか出なかった。

最終的には、都議会民主党の議員が切り崩しにあい、
本会議で、かろうじて1票差で「豊洲市場建設設計予算」が可決した。

以上が、豊洲移転決定の顛末であり、当時の石原都知事が決断し、都議会自民党、公明党が都議会で、
予算に賛成票を投じて、豊洲移転を決めたということである。

したがって、石原都元知事、都議会自民党、都議会公明党にすでに汚染問題がわかっていた
(専門家は除去可能と答申していたが)移転決定の責任があると思われる。

小池知事は、東京大改革の為に、自民党を追い込む1つの鍵として豊洲移転争点化を考え、
当時の自民党の対応を問題にしようとしている。

豊洲移転問題では、次々と予想しなかった高濃度の有害物質検出を受け、
都は再調査を3月上旬まで続けることになり、移転決定は次々と先送りされている。

都議選の前哨戦での、既に公示された千代田区長選では、小池+民主党対自民党という構図に、
公明党は自主投票で臨んでいるが、小池知事の推す現区長が圧勝するのではとの観測がもっぱらである。

都議選では、小池都知事の「市民ファーストの会」と自民党が激突し、
どれだけ都議会第1党の自民党を減らすことができるかが焦点で、小池知事側は、
自民党の有力候補に刺客を送るのではと言われており、また民主党などと選挙協力を模索している。

では、豊洲移転争点化が自民党を撃破する手段として有効であろうか?
1. 当時の石原都知事、自民党の対応を責めることはできるが、
協力を期待している公明党にも矢は飛んでゆく。
2. 現時点での豊洲移転問題に対し、自民党は移転賛成であることは明白だが、
小池知事自身は、移転の決定を調査の結果を待ってからと延期することにしており、
賛成とも反対とも表明していない。これで、争点化可能であろうか?

現状を見ると、いずれを選んだとしても、問題があり、賛成反対に分かれる複雑な問題と化している。

以上から考えると、決定当時の自民党の不明な点を非難追及することはできても、
現時点での知事自身の移転の方向性が明確でないとすれば、
大きな力にはならないのではと思われる。

また、都議会選まで、知事がいずれかに決定したとしても、
これまで、開示された情報から、圧倒的に納得できる有利な選択などありえず、
欠点、問題点を含みながら相対的に選択するという結論にならざるを得ない。

そうなれば、都民の意見は賛成反対に二分され、反対側には不満が残り、
賛成側にも問題を飲み込んで賛成したという悔いが残る。

Sponsored Links

小池都知事は豊洲移転争点化で都議会自民党を撃破できるかに関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

どちらかと言えば、これまでの問題に比べると小池知事に賛成という意見は少なかった。

この問題は複雑で、一筋縄では行かず、最良の解はありそうもない。
これを争点化するのは、郵政民営化のように0か100かという訳には行かず、
かなりむつかしいのではと思えた。

■関連記事
2017年夏の都議選予想!小池都知事への支持がどれだけ広がるか?反応まとめ「もっといけそうな勢い」「都議選でとどめを刺される」

豊洲のベンゼン79倍の本当の害はどれくらい?反応まとめ「情弱を煽った小池劇場の失敗」「人の最小中毒発現量の1/165」


Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-9-8

    井上尚弥戦テレビ放送は地上波でやる?録画しかないがライブを見る方法はある!

    ついに井上尚弥選手のアメリカデビュー戦となる9月9日(日本時間は10日AM10時)が目の前にやってき…
  2. 2017-4-28

    営業時間短縮のメリットとデメリットは?モスも続く 反応まとめ

    ロイヤルホストやガストに続き、モスバーガーも営業時間短縮を発表しました。 政府や自治体が主体となっ…
  3. 2017-6-10

    天皇陛下が退位特例法で上皇へ!ネットの反応まとめ

    天皇陛下が退位のご意向を表明されてから議論されていた退位特例法が9日午前の参議員本会議で可決、成立し…
  4. 2017-3-4

    ヤマト運輸未払い残業代7.6万人支給されることへの衝撃!反応まとめ「立派だ」「うちの会社も」「でも防犯カメラ以外、勤務時間を証明できるものはない」

    ヤマト運輸が未払い残業代を7.6万人分調べて支給するという個人的には衝撃的な発表をしました。 筆者…
  5. 2017-8-5

    細野豪志氏離党するも同調者なし!なぜ今?反応まとめ

    民進党の細野豪志元環境相(45)は4日、自身が結成した党内グループ「自誓会」の会合で、 近く離党す…
  6. 2017-5-23

    イギリスでコンサートテロ?アリアナ・グランデがなぜ狙われた?反応まとめ

    5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  7. 2017-8-24

    メルケル首相がトランプに北朝鮮と戦争しても米につかない発言の裏と海外の反応は?

    北朝鮮情勢が緊迫感を増していると報じられかなりの日時が経過しています。 そんな中北朝鮮への攻撃に前…
ページ上部へ戻る