小池都知事都議会自民党の強硬姿勢で、新党立ち上げへ!なぜ?反応まとめ

7日の都議会定例会の代表質問で、自民党は小池都知事に対し、
前回から一転強硬姿勢を見せ対立が決定的になった。
新党立ち上げに進まざるを得ないと考えられる。
その根拠を挙げ、ネットユーザーの反応をまとめた。

スポンサーリンク

・小池都知事都議会自民党の強硬姿勢で、新党立ち上げへ!なぜ?反応まとめ

このように考える根拠は3つある。
1. 10日塾長を務める政治塾「希望の塾」から
都議選で候補者を擁立する意向を小池都知事が示した。
さらに、日本維新の会や減税日本との連携に関しては
「三大都市共通の課題もある。連携を深めることは意味がある」と話した。

この3回目の講演会では減税日本の河村たかし名古屋市長が講演し、
小池新党への期待を語った。

2.6日.自民党都連が都知事選で都連の意向に反し、
小池知事を応援した7人の区議「7人の侍」を除名処分とした。

3. 7日、都議会定例会の代表質問で、自民党との対立決定的になった。
小池知事に「力の源泉」とされた200億円の政党復活予算を奪われたため、
都議会自民党が、前回の定例会の融和姿勢から一転、対立姿勢をはっきりさせた。

「なれ合いや根回しなし」という小池知事の言葉を根拠に、
知事に限っては質問内容を事前に通告して答弁調整することをさせなかった。
特別顧問の起用方法や東京五輪の会場見直し、
豊洲市場の移転問題など知事の主要な施策を厳しく批判した。

そのため、 その場で副知事や各局局長が答弁を擦り合わせる必要が生じ、
しばしば議事が停滞した。

一方、公明、共産、民進の各会派は従来通り事前に質問と答弁を調整し、
質疑はスムーズに進行した。

この状況をみると、小池知事としては、知事選で都民に約束した
自分の政策を実現させるためには、
自民党以外で政策を支持する仲間を増やすことが必須となっている。

新党設立については「カードはたくさん持っていたい。
ただ都議選まであまり時間がないので、逆算しながら考えていく」と語るにとどめており、
設立は明言しなかったが、「改革を目指す方々は既存政党にもいるので、
門戸はいつも開けておきたい」とも述べている。

ここで、処分された7人の区議と都議員の関係を見てみましょう。
都議会
1.豊島区(定数3)堀宏道(自)、長橋桂一(公)、米倉春奈(共)
自民党豊島区議団 河原 弘明(幹事長)、星 京子(副幹事長)、細川 正博、
藤澤 愛子、有里 真穂、松下 創一郎、芳賀 竜朗、池田 裕一、磯 一昭、竹下 ひろみ、
村上 宇一、本橋 弘隆、里中 郁男、吉村 辰明
(太字7人の侍、14人中5人)
2.練馬区(定数6)小林健二(公)、柴崎幹男(自)、山加朱美(自)、
松村友昭(共)、高橋かずみ(自)、あさの克彦(民)
自民党練馬区議団 18人中むらまつ 一希、おじま 紘平の2名

これから、豊島区では、自民党都議が1名であって、
区議14名のうち、5名が「7人の侍」である。
練馬区では、自民都議3名であって、区議18名中、2名が、
「7人の侍」である。
いずれも、今回の自民党を除名された区議の影響力は大きいと考えられ、
「7人の侍」の今後の進路も小池都知事は考える必要がある。

スポンサーリンク

小池都知事新党立ち上げへに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

都議会自民党は、小池知事に反対すればするほど自ら評判を落としているようです。
内部に改革者もいないとしたら、小池新党が出るまでもなく、落選続出かもしれません。

都議会自民党の中に、小池知事に賛同する勢力を増やしてゆくことはほぼ不可能となった。
小池知事としては、政策実現のためには、強硬な自民党を少しでも減らし、
自分に賛同する仲間を増やさざるを得ない。

7人の侍の除名処分で、処分格差に対する怒りが出てきている自民党支持者に対して、
アピールするには絶好に時期である。

来年夏の都議選で、「小池新党」の候補を数十人擁立する方針のではないだろうか。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 中国の4大銀行が中国人民銀行の指示で、北朝鮮籍の個人、企業に対する金融業務の取引停止をした。公式には…
  2. 北朝鮮情勢の緊迫を受けて、各国で選手団やスポンサーなど、平昌五輪参加辞退の動きが出だした。 果たし…
  3. プロ野球ドラフト会議まであとわずか。 今年のドラフト会議最大の注目だった早稲田実業の清宮幸太郎選手…
  4. 歌手の安室奈美恵(40)が2018年9月16日で引退すると今月20日に発表したことで 日本では大騒…
  5. 9月23日のリナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間24日11時よりアンダーカードから) W…
  6. 元SMAPの3人、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらが立ち上げた新サイト「新しい地図」が話題に…

人気記事

  1. 2017-2-10

    出光興産の創業家代理人辞任で昭シェルとの2017年予定だった合併ますます困難に!反応まとめ「創業家の強硬なサインきた」「こりゃ長期化しそうだね」

    出光興産の創業家代理人の浜田卓二郎弁護士が代理人を辞任した。 元々2017年に予定されていた出光と…
  2. 2017-6-27

    平昌冬季五輪で北朝鮮との共同開催はありうるのか?反応まとめ「世界に喧嘩を売っている」「日本は参加拒否すべき」

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が平昌冬季五輪で、韓国と北朝鮮の合同チーム結成や開会式での合同入…
  3. 2017-2-3

    シリア難民を政府が300人規模で受け入れるとどうなる?反応まとめ「これ否定するならトランプ批判する資格なし」「反対だ」

    日本政府がシリア難民を300人規模で受け入れる見通しであることが発表されました。 ネットでは賛否両…
  4. 2017-7-9

    インドネシア高速鉄道の最新情報今度も日本外し!なぜ?反応まとめ

    一昨年インドネシア高速鉄道受注競争で中国に敗れた日本が、起死回生を狙っていた次のジャカルタ・スラバヤ…
  5. 2017-8-11

    ロシアの「ミサイルはICBMでない」に北朝鮮非難「嫉妬だ」と!その理由は?反応まとめ

    北朝鮮の国際問題研究院の研究者は、北朝鮮が2度に渡り発射したICBMを中距離弾道ミサイルだとロシアが…
  6. 2017-5-26

    鳥谷敬頭部死球でもなぜ強行出場?その結果連続出場が1795に!反応まとめ

    24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…
  7. 2017-5-5

    森脇良太選手の口臭い発言と反応まとめ「これまでのことがあるから」「弁解だが支離滅裂だ」

    浦和の森脇良太選手が4日の鹿島戦にて相手選手への口臭い発言などが問題となっています。 今回は、4日…
ページ上部へ戻る