少女像問題で10億返す発言!海外の反応「金で永遠に解決なんて甘い」「韓国がベトナムでやったことはどうなる?」

釜山の少女像設置問題から日本の措置で、両者のにらみ合いが続いている。
最大野党「共に民主党」の禹相虎(ウサンホ)院内代表が9日、党の会議で「安倍に10億返そう」と訴えていることが
話題を呼んでいる。
残念ながら、これは日韓のみのニュースでアメリカyahoo.comでは取り上げられていなかった。

最新のニュースとしては、韓国僧侶が今回の件で日本に失望して、慰安婦像の上で焼身自さつをしたこと、
また、駐在大使帰国がやはり一番の話題となっている。
これらの海外の反応の最新を見ていこう。

スポンサーリンク

少女像問題で10億返す発言!海外の反応

ご存知のように2015年12月の日韓合意にて以下が約束されました。

・元慰安婦を支援するための財団を韓国政府が設置
・その予算を日本政府がら約10億円を拠出する
・日本が心からお詫びと反省の気持ちを表明
・ただし、「最終的かつ不可逆的」な解決をする *不可逆的=元に戻ることができない=また議論をし直すことはしない
・日韓両政府とともに今後、国連等、国際社会において今問題について互いに非難・批判することを控える

ネット上ではすでに「合意を破棄しろ!」「10億返せ」というのは日韓どちらからも声があがっていたことでしたが
今回、政府内から「10億返そう」と声が出たのは初めてです。

朝日新聞によると、今回の件は与党の権限がないことが原因のように書かれています。
拠出した10億は朴政権下で成果をあげており、大使館前の少女像も「移転」受け入れに半数以上が同意するまでこぎつけていたようなのですが
朴政権弾劾訴追されて野党が勢いづいたことで与党には撤去する力もないという状態。
政府関係者は「もう見守るしかない状態」とのこと。

もちろん韓国の政府関係者にも、「先に原因を作ったのは韓国」と困惑している人はいるとのこと。
ただし、日本としても日韓の提携は、対北朝鮮で必要なので簡単に韓国を切り捨てられない事情はある。

今回は海外の反応として1月9日最新のものと、「米国の売しゅん史」に関する反応を紹介していきたい。

スポンサーリンク

海外の反応

海外への最新記事は韓国僧侶の焼しん自さつですが、それにはコメントは集まっていません。
日本でも、安保の時に新宿であったことが思い出されます。

今回は東アジアニュースを扱ったサイトによる駐在大使帰国に対する反応です。
韓国人がほとんどのコメントとなります。

「日本人は野蛮でいたずらなサルだ!」
「日本のリーダーの偽善を垣間見たね。真珠湾のパフォーマンスも笑いものだった。」
「下劣で不名誉だ。彼らはcomfort womenよりももっと哀れだ」
「謝罪やお金の問題じゃないよ。ドイツと違って日本は犯罪に対して何の誠実さも見せないね。
アメリカも日本の右翼に抗議しなかった!」
「安倍は10億円で永遠に解決できると思っていた。そんなに甘くない!問題を解決できる唯一の方法は韓国に来て
誠実に謝罪をすることです。南京も同じです」
「大使帰還とはまるで学校のいじめのようだな。」
「日本のすべての製品をボイコットし、日本を訪れるのを止めよう。日本は永遠に学ぶことはない」

出典:https://goo.gl/CsWa2j

さらに、ツイッターでの最新海外の反応を拾ってみました。

「韓国がベトナムでやっていたことはどうなるんだ?」
「潘基文だけが希望だ」
「カトリック教会は慰安婦に加担している」
「BBCやニューヨークタイムズにはcomfort womenではなく…xxxとして拡散された」
「韓国市民団体は一度慰安婦像を撤去した地区管理人の電話番号をネット上に拡散した」

出典:twitter

テキサス親父さんがいまだにアメリカから発信しています。

立場によって偏った意見が多いです。
歴史認識を全世界でし直すくらいでないと解決しない問題かもしれません。

今後どうなっていくかわかりません。
BBCやNYタイムズが悪い表現で拡散したことが気になります。

■関連記事

釜山慰安婦像問題への海外の反応は?アメリカや欧州のメディアはどう伝えたか?

慰安婦像の件で駐在大使帰国!海外の反応「さらにお金を求めるのはやめよう」「韓国人は誠実ではない」「帝国時代に憧れがあるのさ」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 江角マキコさんが芸能界引退を発表したことでその理由に憶測が読んでいます。 なぜ?引退したのか、その…
  2. アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。 しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催され…
  3. 2014年から2016年この大会を3連覇し、今回4連覇を目指す石川佳純(世界ランク4位)と、 史上…
  4. 韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  5. 予想通りアメリカンファーストを掲げたトランプ大統領の就任式演説から我々日本人は何を読み解き、 今後…
  6. 4月に第1回投票5月に決選投票が予想されている2017年フランス大統領選挙の最有力候補者極右の国民戦…

人気記事

  1. 2016-12-10

    フライデーの信憑性は?文春と比べてどうか?炎上の今、振り返る

    フライデーの信憑性はどうなのでしょうか?現在炎上し、批判にさらされているフライデーですが、 簡単に…
  2. 2016-10-7

    貴乃花の息子は俳優のような顔立ち!でも職業はなんと!!反応まとめ「ストイックなまでに極めそう」「劇団ひとりに見えて・・」

    貴乃花といえば「若貴ブーム」を起こし、一般にまで相撲人気を拡大させた平成の大横綱ですよね。 そんな…
  3. 2016-10-13

    職場での旧姓使用訴訟で東京地裁はこれを認めず!海外の反応は?「馬鹿馬鹿しい判決だ」「時代遅れ」

    私立日大第三中学・高校の女性教論による、職場で旧姓使用を求めた訴訟で、東京地裁はこれを退けました。 …
  4. 2016-10-27

    フィリピンドゥテルテ大統領中国日本どっちが好き?との質問にとてもウィットに富んだ回答!!中国ネットユーザーの反応は?

    訪日前、マニラの空港で、フィリピンドゥテルテ大統領は日本と中国のどっちが好き?との日本人記者の質問に…
  5. 2016-11-7

    Xperia XZのレビューまとめ!電池の持ちはどう?

    11月2日、ついにXperia XZが発売されました!早速購入してみたので、 ネットの評価と合わせ…
  6. 2016-11-9

    トランプ大統領誕生へ中国の反応まとめ「狂人が最終的に嘘つきを破った」「中国ネット民は民主主義を羨んだ日だ」

    トランプ大統領が間もなく誕生する。 将来アメリカを抜くと予想されている大国・中国の反応をまとめてみ…
  7. 2016-10-26

    たばこ1箱1000円は本当に受動喫煙防止のためか?反応まとめ

    たばこ1箱1000円の案を自民党で受動喫煙防止議会連盟の 山東昭子会長が菅義偉官房長官に申し入れま…
ページ上部へ戻る