少女像問題で10億返す発言!海外の反応「金で永遠に解決なんて甘い」「韓国がベトナムでやったことはどうなる?」

釜山の少女像設置問題から日本の措置で、両者のにらみ合いが続いている。
最大野党「共に民主党」の禹相虎(ウサンホ)院内代表が9日、党の会議で「安倍に10億返そう」と訴えていることが
話題を呼んでいる。
残念ながら、これは日韓のみのニュースでアメリカyahoo.comでは取り上げられていなかった。

最新のニュースとしては、韓国僧侶が今回の件で日本に失望して、慰安婦像の上で焼身自さつをしたこと、
また、駐在大使帰国がやはり一番の話題となっている。
これらの海外の反応の最新を見ていこう。

スポンサーリンク

少女像問題で10億返す発言!海外の反応

ご存知のように2015年12月の日韓合意にて以下が約束されました。

・元慰安婦を支援するための財団を韓国政府が設置
・その予算を日本政府がら約10億円を拠出する
・日本が心からお詫びと反省の気持ちを表明
・ただし、「最終的かつ不可逆的」な解決をする *不可逆的=元に戻ることができない=また議論をし直すことはしない
・日韓両政府とともに今後、国連等、国際社会において今問題について互いに非難・批判することを控える

ネット上ではすでに「合意を破棄しろ!」「10億返せ」というのは日韓どちらからも声があがっていたことでしたが
今回、政府内から「10億返そう」と声が出たのは初めてです。

朝日新聞によると、今回の件は与党の権限がないことが原因のように書かれています。
拠出した10億は朴政権下で成果をあげており、大使館前の少女像も「移転」受け入れに半数以上が同意するまでこぎつけていたようなのですが
朴政権弾劾訴追されて野党が勢いづいたことで与党には撤去する力もないという状態。
政府関係者は「もう見守るしかない状態」とのこと。

もちろん韓国の政府関係者にも、「先に原因を作ったのは韓国」と困惑している人はいるとのこと。
ただし、日本としても日韓の提携は、対北朝鮮で必要なので簡単に韓国を切り捨てられない事情はある。

今回は海外の反応として1月9日最新のものと、「米国の売しゅん史」に関する反応を紹介していきたい。

スポンサーリンク

海外の反応

海外への最新記事は韓国僧侶の焼しん自さつですが、それにはコメントは集まっていません。
日本でも、安保の時に新宿であったことが思い出されます。

今回は東アジアニュースを扱ったサイトによる駐在大使帰国に対する反応です。
韓国人がほとんどのコメントとなります。

「日本人は野蛮でいたずらなサルだ!」
「日本のリーダーの偽善を垣間見たね。真珠湾のパフォーマンスも笑いものだった。」
「下劣で不名誉だ。彼らはcomfort womenよりももっと哀れだ」
「謝罪やお金の問題じゃないよ。ドイツと違って日本は犯罪に対して何の誠実さも見せないね。
アメリカも日本の右翼に抗議しなかった!」
「安倍は10億円で永遠に解決できると思っていた。そんなに甘くない!問題を解決できる唯一の方法は韓国に来て
誠実に謝罪をすることです。南京も同じです」
「大使帰還とはまるで学校のいじめのようだな。」
「日本のすべての製品をボイコットし、日本を訪れるのを止めよう。日本は永遠に学ぶことはない」

出典:https://goo.gl/CsWa2j

さらに、ツイッターでの最新海外の反応を拾ってみました。

「韓国がベトナムでやっていたことはどうなるんだ?」
「潘基文だけが希望だ」
「カトリック教会は慰安婦に加担している」
「BBCやニューヨークタイムズにはcomfort womenではなく…xxxとして拡散された」
「韓国市民団体は一度慰安婦像を撤去した地区管理人の電話番号をネット上に拡散した」

出典:twitter

テキサス親父さんがいまだにアメリカから発信しています。

立場によって偏った意見が多いです。
歴史認識を全世界でし直すくらいでないと解決しない問題かもしれません。

今後どうなっていくかわかりません。
BBCやNYタイムズが悪い表現で拡散したことが気になります。

■関連記事

釜山慰安婦像問題への海外の反応は?アメリカや欧州のメディアはどう伝えたか?

慰安婦像の件で駐在大使帰国!海外の反応「さらにお金を求めるのはやめよう」「韓国人は誠実ではない」「帝国時代に憧れがあるのさ」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2016-11-16

    サッカー サウジ戦で試合の流れを変えたPKは審判のミス?反応まとめ

    ワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦で、日本はハンドによるPKを得て先制点を獲得し、 その勢い…
  2. 2017-1-22

    反トランプデモに有名人が続々参加するのはなぜ?マドンナがあれだけ嫌う理由と反応まとめ

    アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。 しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催され…
  3. 2017-1-24

    トランプ大統領発言で自動車に関する日本への影響は?「日が米に生み出した雇用はどうなる?」「米車に需要がないだけ」

    トランプ大統領が就任し、日本の自動車に対する発言がこれからの日本の自動車産業を不安にさせています。 …
  4. 2016-11-15

    トランプ大統領が不法移民の強制送還宣言で差別だともめるのはなぜ?反応まとめ

    アメリカ合衆国のトランプ次期大統領は選挙戦前から自身の公約として掲げていた不法移民の強制送還について…
  5. 2016-10-14

    ノルウェースキー界の女王テレーセヨーハウグがドーピング陽性で号泣の記者会見!動画あり反応まとめ

    10月13日、ノルウェースキー界の女王テレーセヨーハウグ選手が ドーピング検査で陽性反応が出たとし…
  6. 2016-11-8

    福岡の道路陥没の原因は?英国のシンクホール問題と同じ?反応まとめ

    福岡で道路陥没が発生しました。 発生から11時間経っていますが、今のところ原因はわかりません。 …
  7. 2016-12-13

    プレミアムフライデーは公務員だけ?メリットとデメリットとその反応をまとめてみた

    来年の2月に導入されるプレミアムフライデー。 金曜日に早く帰れる!など、様々な報道がされていますが…
ページ上部へ戻る