少女像問題で10億返す発言!海外の反応「金で永遠に解決なんて甘い」「韓国がベトナムでやったことはどうなる?」

釜山の少女像設置問題から日本の措置で、両者のにらみ合いが続いている。
最大野党「共に民主党」の禹相虎(ウサンホ)院内代表が9日、党の会議で「安倍に10億返そう」と訴えていることが
話題を呼んでいる。
残念ながら、これは日韓のみのニュースでアメリカyahoo.comでは取り上げられていなかった。

最新のニュースとしては、韓国僧侶が今回の件で日本に失望して、慰安婦像の上で焼身自さつをしたこと、
また、駐在大使帰国がやはり一番の話題となっている。
これらの海外の反応の最新を見ていこう。

スポンサーリンク

少女像問題で10億返す発言!海外の反応

ご存知のように2015年12月の日韓合意にて以下が約束されました。

・元慰安婦を支援するための財団を韓国政府が設置
・その予算を日本政府がら約10億円を拠出する
・日本が心からお詫びと反省の気持ちを表明
・ただし、「最終的かつ不可逆的」な解決をする *不可逆的=元に戻ることができない=また議論をし直すことはしない
・日韓両政府とともに今後、国連等、国際社会において今問題について互いに非難・批判することを控える

ネット上ではすでに「合意を破棄しろ!」「10億返せ」というのは日韓どちらからも声があがっていたことでしたが
今回、政府内から「10億返そう」と声が出たのは初めてです。

朝日新聞によると、今回の件は与党の権限がないことが原因のように書かれています。
拠出した10億は朴政権下で成果をあげており、大使館前の少女像も「移転」受け入れに半数以上が同意するまでこぎつけていたようなのですが
朴政権弾劾訴追されて野党が勢いづいたことで与党には撤去する力もないという状態。
政府関係者は「もう見守るしかない状態」とのこと。

もちろん韓国の政府関係者にも、「先に原因を作ったのは韓国」と困惑している人はいるとのこと。
ただし、日本としても日韓の提携は、対北朝鮮で必要なので簡単に韓国を切り捨てられない事情はある。

今回は海外の反応として1月9日最新のものと、「米国の売しゅん史」に関する反応を紹介していきたい。

スポンサーリンク

海外の反応

海外への最新記事は韓国僧侶の焼しん自さつですが、それにはコメントは集まっていません。
日本でも、安保の時に新宿であったことが思い出されます。

今回は東アジアニュースを扱ったサイトによる駐在大使帰国に対する反応です。
韓国人がほとんどのコメントとなります。

「日本人は野蛮でいたずらなサルだ!」
「日本のリーダーの偽善を垣間見たね。真珠湾のパフォーマンスも笑いものだった。」
「下劣で不名誉だ。彼らはcomfort womenよりももっと哀れだ」
「謝罪やお金の問題じゃないよ。ドイツと違って日本は犯罪に対して何の誠実さも見せないね。
アメリカも日本の右翼に抗議しなかった!」
「安倍は10億円で永遠に解決できると思っていた。そんなに甘くない!問題を解決できる唯一の方法は韓国に来て
誠実に謝罪をすることです。南京も同じです」
「大使帰還とはまるで学校のいじめのようだな。」
「日本のすべての製品をボイコットし、日本を訪れるのを止めよう。日本は永遠に学ぶことはない」

出典:https://goo.gl/CsWa2j

さらに、ツイッターでの最新海外の反応を拾ってみました。

「韓国がベトナムでやっていたことはどうなるんだ?」
「潘基文だけが希望だ」
「カトリック教会は慰安婦に加担している」
「BBCやニューヨークタイムズにはcomfort womenではなく…xxxとして拡散された」
「韓国市民団体は一度慰安婦像を撤去した地区管理人の電話番号をネット上に拡散した」

出典:twitter

テキサス親父さんがいまだにアメリカから発信しています。

立場によって偏った意見が多いです。
歴史認識を全世界でし直すくらいでないと解決しない問題かもしれません。

今後どうなっていくかわかりません。
BBCやNYタイムズが悪い表現で拡散したことが気になります。

■関連記事

釜山慰安婦像問題への海外の反応は?アメリカや欧州のメディアはどう伝えたか?

慰安婦像の件で駐在大使帰国!海外の反応「さらにお金を求めるのはやめよう」「韓国人は誠実ではない」「帝国時代に憧れがあるのさ」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. メドベージェワがセーラームーン姿でエキシビションを滑り、日本人からは大歓声でした いったいなぜロシ…
  2. 北朝鮮がもし戦争したら日本の被害想定はどのくらいのものか?東京の場合のシュミレーションとして 具体…
  3. 最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人のプロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの特別企画…
  4. 新体操女子リオデジャネイロオリンピック代表メンバーだった畠山愛理さんが大学を卒業したこの春から タ…
  5. 北朝鮮の建軍節に当たる4月25日に向けて、6回目の核実験の危機感が募っています。 実験をしたらアメ…
  6. 大統領選挙直前のフランスでテロが発生しました。このテロが起きたことで失速傾向にあったルペン候補に追い…

人気記事

  1. 2017-3-21

    民進党の公式Twitterが謝罪ツイートでまたもや炎上!その理由と反応まとめ「事実無根では」「またやらかした」

    民進党の公式Twitterが謝罪ツイートで、炎上しています。 その理由についてTwitterの内容…
  2. 2017-3-5

    中国THAAD配備報復を加速化の5つの理由とは?反応まとめ

    中国が7月に予定されている韓国でのTHAAD配備を白紙にするため、韓国への報復の度合いを最近ますます…
  3. 2017-4-16

    北朝鮮が5月9日までにXデーがあると言われる理由と反応まとめ

    アメリカがシリアに攻撃を仕掛け、そして北朝鮮との緊張関係が最高潮に高まっている状態に2017年4月、…
  4. 2016-10-8

    ノーベル賞日本人連続受賞に中国の反応は?日本の紙幣にその秘密があることが分かった!!

    中国メディア財経頭条に、「日本の紙幣に、日本人がしばしばノーベル賞を取る秘密が隠れている」と題する記…
  5. 2016-12-2

    問題発言のNHK籾井勝人会長の再任困難に!その理由は?反応まとめ

    数々の問題発言で物議を醸してきた NHK籾井勝人会長の再任が困難になった。 会長就任時には、安倍…
  6. 2017-2-1

    東京新聞に香取慎吾ファンのメッセージが溢れてるのはなぜ?反応まとめ

    1月31日の東京新聞を見てびっくりしました。 広告の伝言コーナー欄に元SMAPの香取慎吾への誕生日…
  7. 2016-11-15

    大統領当選後のトランプ発言様変わりで株価大幅高へ!日本への影響今後どうなる?反応まとめ

    大方が予想していなかったトランプ大統領誕生と、これも予想外の株価大幅高円安となった。 トランプ発言…
ページ上部へ戻る