少子化対策としてのこども保険のメリットデメリットと反応まとめ「すごいいまさら感」「給与の大幅アップが最大の特効薬」

2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表しました。
これはどういった内容のものでどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?
今回はこの「こども保険」についての詳細な内容やネットの反応をまとめてみました。
スポンサーリンク

少子化対策としてのこども保険のメリットデメリットと反応まとめ

自民党が「こども保険」の検討を発表しました。
自民党で社会保障制度改革について議論をしている小泉進次郎議員が、
少子化対策の財源を確保するための新たな制度として「こども保険」の検討することを発表しました。

少子化対策の財源確保としては保険以外に消費税増税や国債発行なども考えられますが、
消費税増税では低所得者への負担の増加を導き、国債発行では将来の世代にツケを残すことになるとして否定的な考えを示しています。

<こども保険の内容は?>
ではこのこども保険とはいったいどのようなものなのでしょうか?
従来の公的年金の保険料に上乗せして現役世代から幅広く保険料を集め、それを子育て支援に用いる制度のようです。
一見すると消費税の増税とあまり変わらないようにも思えますが、
小泉氏がそれとは違う方法として議論していることを考えると所得も考慮した上での保険料徴収ということになりそうです。

<考えられるメリット・デメリットは?>
現状で考えられるメリット・デメリットは以下になります。
メリット
・子育て世代にとっては大きな支援となり少子化対策としてある程度機能することが予想できる。
・低所得者層への負担を考えた上での制度なので消費税増税などよりも不公平感が少ない。
デメリット
・子どもがいない(産めない)人たちにとっては単なる増税と同じになる。
・公的年金が上がることにより、消費が落ち込んだり、保険料を支払わない人たちがさらに増える可能性が高くなる。

こども保険に対する反応

twitter
すごいいまさら感
twitter
それ、税金だよね…?
twitter
新たに負担を増やしていったらきりがないし、現役世代がつぶれてしまう
twitter
少子化対策で一番大切なのは結婚できる年収を確保すること
twitter
結婚するメリットをよほど大きくしないと若者は結婚しない
[/speech_bubble]
twitter
新たな課税は将来自分の子供たちが負担になり苦しむからやめてほしい
twitter
若い世代のことを考えたいい制度
twitter
介護保険にこども保険ってアホですか?
twitter
給与の大幅アップが少子化対策の最大の特効薬
twitter
またばらまきか

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170221-00000081-nnn-pol

少子化対策として新たな制度の議論を進めている若手議員たちですが、
国民からは安易な政策であるとして批判的な反応が多く見られます。

たしかに単なるばらまき政策では根本的な解決にはなりませんし、
そもそも今の少子化はその程度で解決するものでもありません。

いろいろな所で言われているように、少子化の最も大きな原因は
結婚できるレベルの給与水準の層が少ないことにあります。

いくら子育て世代にお金をばらまこうと根本的に結婚できない人たちの状況は何も変わりません。
もっと問題の本質を見た政策を考えてもらいたいものです。
■関連記事
フランス流世帯課税方式で税金得するのは?少子化対策の決め手となるのか?反応まとめ
中国で子供の才能遺伝子検査が大流行!なぜ?反応まとめ「選択肢を決め付け」「当たるもハッケ」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • sasaman
    • 2017年 4月 18日

    こども手当には盲点がある。
    子育て世帯が最も苦しむのは教育費である。
    正直、比較的若い世代で、年収が低くても、幼児期の子育てコストは思いの外少ない。少なくとも、食費はかからず、交通費も基本無料。更に、医療費も無償化が行き届いており、乳幼児福祉は想像以上に充実している。
    それよりも問題なのは、中学校以上の子育てである。当然、食費は増大し、交通費も学割を除けば大人並みになる。また、高校以上では医療費も控除がある自治体は極めて少ない。また、昨今の公教育はやる気がなく、各家庭でコストをかけて教育しなければろくな大学に進学できない。いや、有名国公立に進学したとしても、今や私学並みの授業料がかかり、普通のサラリーマン家庭では国立大学にこども2人を進学させる事もままならない。
    子供が増えないのは、子供がある程度大きくなってからの学費を含めたコスト負担に耐える自信がなく、結果として子供の将来に責任が持てないと考える親が多い事がそもそもの原因である事を認識する必要がある。
    幼少の子供の保育を支援したところで、根本解決には至らない。

    また、最も「こども保険」を負担すべき世帯は、子供がいない世帯と、年金受給世帯である。(少なくとも教育世帯には手当を支給するという前提で、)広く、全国民が負担するのが筋であるが、子供なしと年金受給世帯は外せない。
    子育てのコストを負担せずに、年金だけを受け取るという事は、社会に対する貢献の機会がない。少なくとも、コストをかけて子育てしてきた世帯は、未来の年金負担社となる子供たちの育成コストを負担してきたと言える。また、年金受給世帯も、今、正に恩恵を受けているわけであるからコスト負担はしかるべき義務と言える。

    そう考えると、客観的には消費税を当てるのが最も理解しやすい方法と言える。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. フェデックスカップ・プレーオフ4戦の初戦ノーザントラストがいよいよ始まります。速報では松山英樹が前日…
  2. 北朝鮮情勢が緊迫感を増していると報じられかなりの日時が経過しています。 そんな中北朝鮮への攻撃に前…
  3. 来る8月26日(日本時間27日)ネバダ州ラスベガスMGMグランドガーデンアリーナで来る広げられる前代…
  4. 8月23日5時43分頃に大阪府吹田市を中心に大規模な停電が発生しました。 いったい原因は何なのでし…
  5. 第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  6. オオシロカラカサタケ毒キノコの画像と30代食中毒の反応まとめをシェアします。 ちょうど、子供と…

人気記事

  1. 2017-2-25

    株式会社マリカーが任天堂に提訴され声明!その経緯と反応まとめ「初期対応に問題があった」「過剰に正当性を主張し過ぎ」

    公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…
  2. 2017-1-16

    駅伝マラソンがこれまで雪で中止になったことは?決行した女子駅伝への反応まとめ「八甲田山の雪中行軍がいまだに生きてる」「ベストは延期なんだろうけど」

    昨日大雪に見舞われた京都で、「第35回全国都道府県対抗女子駅伝」が2千人規模の除雪作業を行って決行さ…
  3. 2017-6-10

    天皇陛下が退位特例法で上皇へ!ネットの反応まとめ

    天皇陛下が退位のご意向を表明されてから議論されていた退位特例法が9日午前の参議員本会議で可決、成立し…
  4. 2017-2-5

    宇多田ヒカルの私見が話題だが無理か? JASRAC著作権使用料問題「他のアーティストも追随すべき」「それだけ収益が危ない水域なのだろう」

    JASRAC(日本音楽著作権協会)が音楽教室からも著作権使用料を徴収すると発表しました。 この方針…
  5. 2017-7-30

    文在寅政権2度のICBM発射についに北朝鮮政策転換!反応まとめ「対話に応じるわけがない」「面子は丸潰れに」

    文在寅大統領は5月10日に就任以降、北朝鮮に対し、対話を呼びかけてきたが、北朝鮮からことごとく拒否ま…
  6. 2017-4-12

    ポテトチップスが販売中止!なぜ?反応まとめ「淋しいなあ」「ないと生きていけない」

    スナック菓子の大手各社でポテトチップスの販売中止が相次いでいます。なぜでしょう? その理由は最近の…
  7. 2017-3-23

    わんずまざー保育園のクチコミは元々どうだった?反応まとめ「園長ひどい」「外部から講師を呼んで学習してた」

    わんずまざー保育園が問題になっています。問題発覚後、同保育園への通園希望者はゼロとのことですが、 …
ページ上部へ戻る