山田哲人のホームランボール捕球で炎上理由と擁護の反応を紹介「審判も判定おかしい」「笑いに変えて乗り切るんだ」

山田哲人のホームランボールであろうあたりを
フィールド内に手を伸ばして補球してしまった少年が炎上している。

これは経緯と、炎上に反し擁護の声もあるので、その反応をまとめてみた。

Sponsored Links

山田哲人のホームランボール捕球で炎上の理由

3月7日WBC初戦、キューバと1-1出迎えた四回裏侍ジャパンの攻撃の時にそれは起こった。
1点追いつかれて逆転のチャンスだっただけに日本ファンもやきもきしていた場面だ。

2死二塁で打席に入ったのは「1番・DH」で先発していた山田(ヤクルト)だった。

二塁に松田(ソフトバンク)がヒットで出て、小林が送りバント成功。
その後、山田哲人のカウント2ボール1ストライクからの4球目に
山田が真ん中のスライダーを叩いた打球は左翼スタンドへ向かって一直線。
逆転のツーランホームランと誰もが喜んだ直後。
山田が2塁を回った辺りでキューバからアピールがあり
ビデオ判定になった。

その結果ファンが手を伸ばしてフィールド内で捕球していて
非常に、微妙な位置だったため二塁打という決定が、下された。

1点勝ち越しとなったもののネットでは炎上。
捕球した少年は警備員に厳しく注意されていた。

実はこうしたファンによる妨害でもめたのは今回が初めてではない。
MBLやNBLで毎年マナーがないファンによるフィールド内に手を伸ばしての捕球のため
非常に白けた結果になる事件だ。

思い出したのは1995年新庄のホームラン性のあたりを大きな旗を振っていた応援団がすくってしまい3塁打になり
阪神ファンが激怒していた事件だ。その件はかなり偶然で明らかな過失なので多少今回と性質は違うが
やはり観客によるものは白けてしまう。

フィールド内ではプレーが続行しているとみなされるため、観客は絶対にてを出してはいけない。
ただし、当たりが100%ホームランと判断されていれば、今回もホームランになっていた可能性もあるので
非常に微妙な位置ではあったが、多くの人が「確実にホームランだった」と判断している。

Sponsored Links

山田哲人の幻のホームラン炎上への擁護の反応

ネットではプレーを妨害したと少年を非難する声が多いがそうでない声もあるので紹介しよう。

twitter
審判の誤審ともいえる。確実に入っていたでしょ
twitter
山田も100%のホームラン打たないとね
twitter
松田がその後決めてくれてよかったな
twitter
えらいこっちゃな。目の前に飛んできたら 取りたくもなるわ
twitter
ナイスキャッチ!
twitter
さらされたら可哀そうだよ。東京五輪の教訓にしよう
twitter
マスコミが幻のホームランと報道するのが一番罪深い
twitter
自分も気をつけなければ
twitter
擁護するわけじゃないけどあの弾道どっちみちHRじゃないよ
twitter
WBCは毎回いろいろ起こる
twitter
絶対野球うまいでしょ
twitter
少年よ、これを笑いに変えて強いメンタルで乗り切ってくれ!
出典:twitter

と炎上の一方で、擁護の声も少数ではあるが一定数あった。
今回は大事な試合であったことでかなり炎上しましたが、
少年も会場に行くと興奮のため理性がきかなくなることもあったでしょう。
もし自分の目の前にボールが来た時、反応的に同じことをやってしまう可能性はたしかになくもないのかもしれません。

結果的に勝ちましたので今回は教訓として、他の人がやらないような対策をとりたいものです。
>その後、山田選手自身が少年に「僕は全然気にしてない。だから野球を嫌いにならず、またグラブを持って応援に来てほしい」と伝えたそうです。山田選手のフォローに一番少年は救われたことでしょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2016-12-23

    天皇陛下のご年齢は歴代何位?美智子様は?海外と比べてみた

    天皇誕生日である2016年12月23日で83歳のお誕生日を迎えられた天皇陛下ですが、現在もお元気でご…
  2. 2017-4-28

    営業時間短縮のメリットとデメリットは?モスも続く 反応まとめ

    ロイヤルホストやガストに続き、モスバーガーも営業時間短縮を発表しました。 政府や自治体が主体となっ…
  3. 2017-4-28

    ヤマトの値上げと法人客契約打ち切りで波紋!反応まとめ「自業自得」「フェアな関係を構築し直す良い機会」

    宅配便最大手のヤマト運輸は、9月に基本運賃の引き上げ幅を最大20%程度とする方向で検討するとともに、…
  4. 2017-6-29

    藤井聡太が受けたモンテッソーリ教育の評判は?「ただただ楽しかったのを覚えてる」「もっと長い期間やるもの」

    将棋界に彗星のごとく現れた棋士、藤井聡太四段が14歳ながらデビュー以来公式戦負けなしの29連勝という…
  5. 2017-10-3

    内村航平の跳馬着地で故障動画と海外の反応「こんなの見たことない」「悲しい..」

    世界連覇V7がかかった体操男子個人総合において、内村航平選手は2017年10月3日、跳馬着地で左足首…
  6. 2016-11-16

    12月来日のプーチン大統領東京会談に暗雲!キーマンのウリュカエフ経済発展相収賄容疑で解任!!なぜ?

    ロシアのプーチン大統領は、国営の最大手の石油会社ロスネフチから200万ドルの賄賂を 受け取ったとし…
  7. 2017-3-22

    スペースワールド2017末閉園のCMが好評!なぜこんなに明るいの?反応まとめ

    昨年11月にスケートリンクに約5000匹の魚を氷漬けにした企画「氷の水族館」に批判が殺到し 炎上し…
ページ上部へ戻る