山田哲人のホームランボール捕球で炎上理由と擁護の反応を紹介「審判も判定おかしい」「笑いに変えて乗り切るんだ」

山田哲人のホームランボールであろうあたりを
フィールド内に手を伸ばして補球してしまった少年が炎上している。

これは経緯と、炎上に反し擁護の声もあるので、その反応をまとめてみた。

スポンサーリンク

山田哲人のホームランボール捕球で炎上の理由

3月7日WBC初戦、キューバと1-1出迎えた四回裏侍ジャパンの攻撃の時にそれは起こった。
1点追いつかれて逆転のチャンスだっただけに日本ファンもやきもきしていた場面だ。

2死二塁で打席に入ったのは「1番・DH」で先発していた山田(ヤクルト)だった。

二塁に松田(ソフトバンク)がヒットで出て、小林が送りバント成功。
その後、山田哲人のカウント2ボール1ストライクからの4球目に
山田が真ん中のスライダーを叩いた打球は左翼スタンドへ向かって一直線。
逆転のツーランホームランと誰もが喜んだ直後。
山田が2塁を回った辺りでキューバからアピールがあり
ビデオ判定になった。

その結果ファンが手を伸ばしてフィールド内で捕球していて
非常に、微妙な位置だったため二塁打という決定が、下された。

1点勝ち越しとなったもののネットでは炎上。
捕球した少年は警備員に厳しく注意されていた。

実はこうしたファンによる妨害でもめたのは今回が初めてではない。
MBLやNBLで毎年マナーがないファンによるフィールド内に手を伸ばしての捕球のため
非常に白けた結果になる事件だ。

思い出したのは1995年新庄のホームラン性のあたりを大きな旗を振っていた応援団がすくってしまい3塁打になり
阪神ファンが激怒していた事件だ。その件はかなり偶然で明らかな過失なので多少今回と性質は違うが
やはり観客によるものは白けてしまう。

フィールド内ではプレーが続行しているとみなされるため、観客は絶対にてを出してはいけない。
ただし、当たりが100%ホームランと判断されていれば、今回もホームランになっていた可能性もあるので
非常に微妙な位置ではあったが、多くの人が「確実にホームランだった」と判断している。

スポンサーリンク

山田哲人の幻のホームラン炎上への擁護の反応

ネットではプレーを妨害したと少年を非難する声が多いがそうでない声もあるので紹介しよう。

twitter
審判の誤審ともいえる。確実に入っていたでしょ
twitter
山田も100%のホームラン打たないとね
twitter
松田がその後決めてくれてよかったな
twitter
えらいこっちゃな。目の前に飛んできたら 取りたくもなるわ
twitter
ナイスキャッチ!
twitter
さらされたら可哀そうだよ。東京五輪の教訓にしよう
twitter
マスコミが幻のホームランと報道するのが一番罪深い
twitter
自分も気をつけなければ
twitter
擁護するわけじゃないけどあの弾道どっちみちHRじゃないよ
twitter
WBCは毎回いろいろ起こる
twitter
絶対野球うまいでしょ
twitter
少年よ、これを笑いに変えて強いメンタルで乗り切ってくれ!
出典:twitter

と炎上の一方で、擁護の声も少数ではあるが一定数あった。
今回は大事な試合であったことでかなり炎上しましたが、
少年も会場に行くと興奮のため理性がきかなくなることもあったでしょう。
もし自分の目の前にボールが来た時、反応的に同じことをやってしまう可能性はたしかになくもないのかもしれません。

結果的に勝ちましたので今回は教訓として、他の人がやらないような対策をとりたいものです。
>その後、山田選手自身が少年に「僕は全然気にしてない。だから野球を嫌いにならず、またグラブを持って応援に来てほしい」と伝えたそうです。山田選手のフォローに一番少年は救われたことでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. タレントの陣内智則さんがフジテレビのアナウンサー松村未央さんと再婚することが24日分かりました。 …
  2. 5/18国連人権理事会の特別報告者ジョセフ・カナタチ氏が、先日衆議院を通った共謀罪法案について 安…
  3. 5月22日のマンチェスターでの爆発事件。 この事件で8歳の少女が犠牲となっていたことが新たに分かり…
  4. 非人道的な爆弾として知られるクラスター爆弾の製造企業に対し、 日本の4つの企業が投融資していたこと…
  5. 5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  6. スパイ行為に関わったとして3月末、日本地下探査社員6人が 中国の国家安全当局に山東省と海南省で拘束…

人気記事

  1. 2017-4-2

    名古屋のレゴランドの評判は?「値段設定がひどいな」「いろいろ言われているが良かったよ」

    2017年4月1日から名古屋にレゴランドがオープンしました。 東京や大阪に比べて魅力度が低いと言わ…
  2. 2016-10-14

    東京都内での大規模停電の発生原因は?地下ケーブルの火災は防げなかったのか?

    12日に、東京都内の約58万6千戸に影響が出た大規模停電で、原因は埼玉県新座市の 送電用地下ケーブ…
  3. 2016-12-27

    残業80時間で給料どうなる?管理職は疑問視?反応まとめ「中小企業全滅」「厚生労働省自らの職場で守れるか?」

    早ければ2017年1月から、企業名公表の対象となる残業の違法労働時間が今までの100時間から80時間…
  4. 2017-4-1

    米国抜きTPP発効に日本が参加国の議定書合意を検討!反応まとめ「エイプリルフールか」「素晴らしい!!」

    トランプ政権のTPP離脱により、ほとんど発効がむつかしくなったTPPに対し、 別に議定書を結び、合…
  5. 2017-5-21

    都議選投票日2017年7月2日の小池知事自民党決戦の火蓋が切られる!反応まとめ

    都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…
  6. 2017-4-6

    カーリング男子世界選手権2017日本の結果と放送予定!平昌五輪出場はなるか?反応まとめ

    来年の平昌オリンピックの出場権をかけたカーリング男子世界選手権2017がカナダのエドモントンで予選リ…
  7. 2017-3-27

    稀勢の里の髷(まげ)つかみ反則疑惑が一部で話題!反応まとめ

    稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
ページ上部へ戻る