平尾誠二氏の出身大学は?スクールウォーズ秘話も

10月20日平尾誠二氏が53歳という若さで他界されました。
ラグビー関連のニュースなどではよく聞く名前で確かに知っていましたが、
今更ながら詳しく知りたくなり調べてみましたのでシェアします。
なんとあのスクールウォーズのモデルでもあったんですね。
出身大学・高校など興味深いプロフィールを見てみましょう。

スポンサーリンク

平尾誠二氏の出身大学は?プロフィールを紹介

まず、平尾誠二氏の簡単なプロフィールや経歴を紹介します。

平尾誠二
京都府京都市南区出身
伏見工業高校、同志社大学商業部卒業。同志社大学大学院政策科学総合研究科修了

中学からラグビーを始め、伏見工業高校の高校三年の時に全国大会で優勝。
これを基に後述のテレビドラマ「スクールウォーズ」が製作されました。
大学時代はセンターとしては史上初の大学選手権3連覇を達成。その後留学も経験しました。

大学卒業後、神戸製鋼に入社し、社会人時代は日本選手権で7連覇を達成しました。
ラグビーワールドカップには3度出場。第2回大会では日本の初勝利に大きく貢献しました。
その後現役を引退。神戸製鋼コベルコスティーラーズの総監督兼ゼネラルマネージャーに就任しました。
ラグビー界では伝説的な人物で、ミスターラグビーとまで呼ばれました。

スポンサーリンク

スクールウォーズとはどんなドラマ?

スクールウォーズとは、1984年10月6日~1985年4月6日までTBS系で放送された学園ドラマのことです。
正式名称は「スクール☆ウォーズ~泣き虫先生の7年戦争」です。
今でもDVDで発売されていてレンタルもできます。

あらすじとしては、高校ラグビーの弱小チームが、ある一人の教師の就任により、わずか数年で全国優勝を達成するほどのチームになるまでの物語を描いたもののようです。このドラマの中で平尾氏は、平山誠というラグビー部のエース的な部員のモデルとして採用されました。このドラマもあり、当時平尾誠二氏はラグビーに詳しくない人にもそこそこの知名度があったようです。

ここで、平尾誠二氏へのネットの反応を紹介します。

「日本選手権優勝の時はすごかった」
「V3を決めた試合でラグビーにのめり込んだ」
「日本でワールドカップあるのに・・・」
「ラグビー界の伝説」
「現役の時のステップワークはすごかった」
「選手としてだけでなくラグビー界全体で活躍した」
「監督としてもっと活躍してほしかった」
「日本選手権の華麗なプレーはよく覚えてる」

出典:twitter

ネットでも他界を惜しむ声がたくさんありましたが、本当に早すぎたと思います。
まだまだやりたいことがあったでしょうし、ラグビー界も平尾氏のことを必要としていたでしょう。
ですが、彼の功績は語り継がれ、これからラグビー界を盛り上げていく新しい世代の目標となり続けると思います。
日本のラグビーの歴史はまだ始まったばかりです。日本開催のワールドカップもありますし、これからどんどん発展していくことでしょう。日本ラグビーの発展を願いつつ、平尾誠二氏のご冥福をお祈りしています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. フェデックスカップ・プレーオフ4戦の初戦ノーザントラストがいよいよ始まります。速報では松山英樹が前日…
  2. 北朝鮮情勢が緊迫感を増していると報じられかなりの日時が経過しています。 そんな中北朝鮮への攻撃に前…
  3. 来る8月26日(日本時間27日)ネバダ州ラスベガスMGMグランドガーデンアリーナで来る広げられる前代…
  4. 8月23日5時43分頃に大阪府吹田市を中心に大規模な停電が発生しました。 いったい原因は何なのでし…
  5. 第7艦隊に属するイージス駆逐艦が6月に続き、死者が出る重大事故を起こした。 今年に入って、米海軍で…
  6. オオシロカラカサタケ毒キノコの画像と30代食中毒の反応まとめをシェアします。 ちょうど、子供と…

人気記事

  1. 2017-4-5

    今村復興相を激怒させた記者は誰?会見の反応まとめ「大臣正論では?」「大人の対応しないと」

    今村復興担当大臣が4月4日の記者会見で質問した記者に向かい「君は無礼だ」などと発言した事を批判する報…
  2. 2017-4-11

    浅田真央に国民栄誉賞は相応しくない?反応まとめ「父親のような気持ちで見てしまう」「荒川静香がもらえないのと矛盾する」

    2017年4月10日にブログで引退を発表した浅田真央選手。そんな浅田選手に対して様々な声が上がるなか…
  3. 2017-3-6

    安倍総裁任期延長で2021年まで総理続投ヘの反応まとめ「他にいない」「危機管理意識がゆるんでいるのでは」

    3月5日の自民党大会で総裁任期が今までの「2期6年」から「3期9年」にまで延長する規約改正が承認され…
  4. 2017-6-5

    世界卓球2017日本のメダルラッシュに福原愛と夫の江宏傑はどうしている?反応まとめ「愛ちゃんの旦那は?」「私生活メインで過ごしてる」

    世界選手権卓球日本のメダルラッシュの中で、昨年、混合ダブルスに、福原愛夫妻で出場の可能性もと報じられ…
  5. 2017-2-19

    樋口新葉を嫌いと浅田ファンが炎上の件と海外の反応まとめ「柔らかい着氷が好き」「優雅な演技」

    フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 2017-6-27

    小池都知事支持率急落の理由とその反応まとめ「かなりのダメージだね」「まだ60%近く」

    小池都知事の支持率が急落しています。いったいなぜここまで急落してしまったのでしょうか。 今回は、小…
  7. 2017-2-27

    DAZNがJリーグ開幕から不具合で炎上!反応まとめ「ダメゾーンや」「いきなり悪評」

    2017年から、Jリーグの放映権をこれまでのスカパーから、 イギリスの会社Perform Grou…
ページ上部へ戻る