平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった
平昌冬季オリンピックであるが、開催は大丈夫なのかと危ぶむ声が多数出ている。
立ちはだかる最大の障壁は、朴槿恵大統領をめぐる事件により、
国民、企業の関心がなくなって、準備が全く進んでいない点にある。

スポンサーリンク

平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

崔順実(チェ・スンシル)被告に近い人物らがオリンピック関連の利権をむさぼっていた実態が明らかになり、
国民の関心や支援の声が急速にしぼんでいるからだ。
そのためか開幕までわずか1年となった割にはほとんど話題にも上らなくない。
つい先日にはマイナー競技種目のテストイベントが開催されたが、
そのチケット売り上げは全体の20%にも満たなかったという。

平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック準備状況の現状と4つの障壁

1.朴槿恵大統領と親友の崔順実容疑者を巡る疑惑の影響
・事件に関与したとされる複数の企業はスポンサー契約を先延ばししている
運営に必要な2兆8000億ウォン(約2700億円)のうち4000億ウォン(約390億円)は調達計画さえ立てられていない
・冬季五輪事業に絡み、崔容疑者やそのめいのチャン・シホ被告に便宜を図った疑いで、
文化体育観光省(文体省)の金鍾(キム・ジョン)前第2次官を事情聴取した。
撤去予定だったオリンピック後の競技会場活用計画に、チャン・シホが介入し、残された場合、
毎年数十億ウォン(約数億円)の赤字がどんどん積み上がっていくことが予想されるにもかかわらず、
競技施設を大会後も存続する方針へと計画が見直された。
・この事件のため、国民の関心や支援の声が急速にしぼんでおり、
政府や企業も今ではもうほとんど関心を向けていない。
最近では話題にさえ上ることがなくなった。

そのため、マイナー競技種目のテストイベントが先日開催されたが、
そのチケット売り上げは全体の20%にも満たなかった。

この状況に対し、IOCバッハ会長が朴槿恵大統領と親友の崔順実容疑者を巡る疑惑で
韓国の混乱が拡大していることについて、平昌冬季五輪の開催に影響しないか憂慮を表明した(11/17)

2.五輪開催の中心人物の辞任が相次ぐ
・開閉幕式の演出家であるチョン・グホ氏(51)が突然辞任した。(8月)
ソン・スンファン開閉幕式総監督(59)との不和や仕事をした
半年間分の報酬が1銭も払われていないとの理由を述べている。
開会式の計画書もこれから数カ月以内にはIOCに提出しなければならないが、
全体を総括する総責任者も決まっていない状態で、可能なのかと憂慮されている。
・五輪組織委員長の金振ソン(キム・ジンソン)氏が突然辞任した(7月)。
青瓦台(大統領府)を中心に「平昌五輪の準備が不十分だ」という指摘が続いたためだと言われている。

3.平昌オリンピックを担当するメインバンクもまだ見つかっていない
平昌オリンピック運営費の管理と入場券販売業務を担当するメインバンクもまだ見つかっていない状況で、
オリンピックのチケット発売が今年の10月から販売する予定だったが、来年2月に延期した。
これも間に合うのか危ぶまれている。

4. 当初予算8000億円だったのが1.5倍の1兆2000億円になった
IOCはソリ競技施設の建設を中止し、競技施設のある日本の長野市で分散開催する案を
検討したが、韓国内で猛反発が起き断念した経緯がある。
開催予算規模の膨張が止まらず、一部メディアによると3兆ウォン(約3000億円)に達すると報じられる。
これらの分担、目途がたったという報道は見当たらない。

一方、意外にも、平昌冬季五輪の施設工事は9割完了していた。
当初心配された新規建設6会場を含む施設工事は、
予定されていた今年末までに問題なく完成とのことだ。
IOCは10月7日、2018年の平昌冬季五輪で使用される施設(新設6会場)の準備が
ほぼ完了していると宣言し、来月からテスト大会が開催されると明かした。

韓国のツイッターでは、平昌冬季オリンピック開催をキャンセルして下さいとの声も上がっている。

この状況に関する日本の反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのに関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

IOCとの取り決めで、今更返上はできないとのことだが、
まだまだ尾を引きそうな朴槿恵大統領の辞任をめぐる騒動で、
いったい準備はできるのだろうか?

日本での分散開催も断り、費用も膨大なものになっている平昌冬季オリンピックが、
予想以上に成功したリオオリンピック並みになるという保証はない。

このために、切磋琢磨してきた日本のスキージャンプ陣やフィギャースケート陣のためにも、
是非安全で、スムーズな大会にしてもらいたい。
これは、韓国の国内の問題ではなく、国際的な信用の問題である。

■関連記事
高梨沙羅歴代最多勝利53勝をワールドカップ2017平昌で達成か!放送予定は?

樋口新葉と本田真凛同年齢のふたりのライバルの今後は?反応まとめ

朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2016-12-11

    小池都知事都議会自民党の強硬姿勢で、新党立ち上げへ!なぜ?反応まとめ

    7日の都議会定例会の代表質問で、自民党は小池都知事に対し、 前回から一転強硬姿勢を見せ対立が決定的…
  2. 2017-2-14

    金正男報道への韓国の反応「中国が1枚カードを失った」「「ポケモンとgooglemapのおかげで居場所がわかったな」

    北朝鮮最高指導者の兄である金正男がマレーシアにて2人女スパイにて毒さツされたと報道が2月14日あった…
  3. 2016-11-7

    ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

    10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、 …
  4. 2017-1-8

    慰安婦少女像措置の朝日社説炎上はなぜ?反応まとめ「自身の捏造を棚に上げて」「放火しておいて..」

    慰安婦少女像設置に対する日本政府の強い措置に対してさまざまな新聞社が自身の立場から社説を発表していま…
  5. 2017-1-3

    ガクトの時計がロジェで6000万円というのは本当?反応まとめ「収入源なんや?」「ちょっとひいた」

    2017年元日恒例の芸能人格付けチェックに出演したGacktさんがつけていた時計のブランドがロジェで…
  6. 2017-1-18

    トランプ大統領就任式、民主党議員60人以上がボイコット!その理由は?

    ルイス民主党議員の就任式ボイコット宣言とこれに対するトランプ次期大統領のツイッター口撃をきっかけに、…
  7. 2016-12-5

    イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

    さていよいよイタリア国民投票が始まりました。 投票結果は日本時間12月5日の7:00の投票締め切り…
ページ上部へ戻る