年金法案の内容と可決プロセスへの反応まとめ「また強行採決かよ」「確かに茶番劇だよな」

年金制度改革法案が11月25日衆議院厚生労働委員会で与党などの
賛成で可決されました。その内容と可決プロセスへのネットユーザーの反応をまとめてみました。

スポンサーリンク

年金法案の内容と可決プロセスへの反応まとめ

与党は国会会期を延長して法案成立を目指すとしています。
この年金法案はどんな案なのでしょうか?

今回の法案の肝は「物価が上がって賃金が下がった場合年金支給額が下がる」という事です。
これを野党側は「年金カット法案」と表現し批判しています。
一方で与党側は「年金の水準維持のため」と反論しています。

今までの年金法案は、物価の増減に関わらず、賃金がマイナスだった場合、年金の増減は0%が下限でしたが、今回の法案により賃金がマイナスになればそれに連動して年金の受け取りも減るということです。

将来はどうなるかわかりませんが、民進党の試算によりますと
・国民年金は年間4万円減(月3300円)
・厚生年金は年間14.2万円減(月11800円)
としています。

どちらにせよ、将来の年金が不利になるということは多くの人が予感しているように不利となります。

 

年金法案に対するネットでの反応

ネット上では様々な反応があります。まずは採決の光景を見て
「また強行採決かよ」や「また野党のパフォーマンス出た」という
与野党双方への批判が目立ちました。

また萩生田官房副長官が野党の国会対応を「田舎のプロレス。茶番」と表し
批判され謝罪しましたが「田舎のプロレスとかいい得て妙だよな」
「確かに茶番劇だよな」と言った反応がありました。

一方で年金法案の中身に関して若い世代からは「どうせ年金貰えないだろうし」
と言った半ば諦めの声や民進党が主張している
「団塊ジュニア世代が年金を受給する2040年代には30%カットされる」という事に対して
「確かに30%カットはキツイ」という声もありました。

が半面「出た民進得意のレッテル貼り攻撃」という
いわゆるネット保守の声が多数あがりました。

またいきなり採決の場面だけ流して法案の中身を取り上げて来なかった
マスコミの報道に対して「朴槿恵や小池百合子、トランプよりこっちの方が重要じゃないのか?
マスコミの報道の優先順位おかしいだろ?」という意見や
「もっと法案の中身を知らないと」という意見もありました。

毎度毎度の法案の中身や国会審議の中身をすっ飛ばし採決の場面を流して
「与野党どっちもどっち」というスタンスを取るマスコミには開いた口が塞がらない。
しかしこうした国会の状況を作り上げたのは誰か?他ならぬ私たち国民だ。
確かに野党のパフォーマンスかもしれないし茶番劇かもしれないが数が
全ての国会では野党の出来ることは精々これくらいしかないのを忘れてはならない。

結局の所私たち一人一人が政治をしっかり見て行き、
意思を表明できる選挙でしっかり権利を行使して声を
あげていかなければならない。

それしか政治を良くし社会を良くしていく手段はないのです。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. メドベージェワがセーラームーン姿でエキシビションを滑り、日本人からは大歓声でした いったいなぜロシ…
  2. 北朝鮮がもし戦争したら日本の被害想定はどのくらいのものか?東京の場合のシュミレーションとして 具体…
  3. 最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人のプロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの特別企画…
  4. 新体操女子リオデジャネイロオリンピック代表メンバーだった畠山愛理さんが大学を卒業したこの春から タ…
  5. 北朝鮮の建軍節に当たる4月25日に向けて、6回目の核実験の危機感が募っています。 実験をしたらアメ…
  6. 大統領選挙直前のフランスでテロが発生しました。このテロが起きたことで失速傾向にあったルペン候補に追い…

人気記事

  1. 2016-10-18

    アメリカでも導入されたソーダ税の税率と反応まとめ「無糖ソーダはどうなる?」「健康のためというと聞こえはいいが」

    アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー市では2014年11月にソーダ税が決まり、今も2リットルのコ…
  2. 2016-11-16

    植松優友がトライアウト結果は?ナックルボーラーが帰ってくる?反応まとめ

    先日甲子園で開催されたプロ野球トライアウトに参加した植松優友さんが注目されています。 それはなぜで…
  3. 2016-12-27

    残業80時間で給料どうなる?管理職は疑問視?反応まとめ「中小企業全滅」「厚生労働省自らの職場で守れるか?」

    早ければ2017年1月から、企業名公表の対象となる残業の違法労働時間が今までの100時間から80時間…
  4. 2017-1-23

    インドネシア高速鉄道2017の中国建設のめど立たず?現地メディアから探ってみた!反応まとめ

    激しい受注合戦の末、日本が敗れて大きなショックを与えたインドネシア高速鉄道計画が、 昨年の起工式か…
  5. 2017-4-24

    藤井聡太炎の七番勝負の結果まとめと反応「完全に神の子」「度肝を抜く勝利」

    最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人のプロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの特別企画…
  6. 2017-4-12

    キムヨナと浅田真央の世界の評価を比較してみた

    キムヨナ選手と浅田真央選手は1世代前のフィギュアスケートのトップ2としてライバルとしてよく取り上げら…
  7. 2017-3-27

    てるみくらぶ倒産!帝国データバンクに2017/3/27にやっと情報が出る!反応まとめ「全額現金振込限定になったからヤバいのかと」

    てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
ページ上部へ戻る