斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ

背水の陣を敷いていた斎藤佑樹の2016年シーズンは不本意なもので終わり、
2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円となった。
不本意な成績の続く原因は何か?復活はいつ?反応もまとめてみた。
スポンサーリンク

斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ

日本ハム・斎藤佑樹投手(28)が2017年度の契約更改交渉に臨み
2300万円から13%ダウンの2000万円の
年棒の提示を受け、更改した。4年連続の年俸ダウンとなる。
2011年にプロデビューして以来の年俸の推移を示すと、
以下のようになる。
(2011年)1,500万円(契約金1億円)
(2012年)3,000万円
(2013年)3,500万円
(2014年)2,800万円
(2015年)2,500万円
(2016年) 2,300万円
(2017年) 2,000万円

2006年夏の甲子園決勝で当時の駒大苫小牧の田中将大に、
元早稲田実業のエースとして投げ勝って、
初優勝を勝ちとったハンカチ王子、斎藤祐樹が、
プロデビューして、6年目のシーズンを終えた。

2012年夏に右肩痛を起こして以降、思うような結果が残せていない。

斎藤佑樹の場合は、人気があるがゆえに、
次々とレベルの高い実績を残している
田中将大、大谷翔平に常に比較対照される苦しさがある。

大学時代の過ごし方が問題の原因だったとの批判もあるので、
4年間、8シーズンでの東京六大学リーグでの成績の一覧表を示す。

東京六大学リーグでの成績一覧表

s_20161130saito1

1年時から3年春に至る期間の、最多勝や最優秀防御率、最多奪三振を
次々と獲得していた時期と比較すると、
後半は少し見劣りする気はするが、
ほぼ5割以上の勝率、3.08以下の防御率は、合格ラインで、
スカウトも当然人気だけでなく、将来を考えて、
1位指名したのであろうから、大学時代に主要因があるとは思えない。

2011年から2016年に至るプロでの成績を同様に見てゆきましょう。

プロ野球での成績一覧表

s_20161130saito2

2011,2012年の成績とそれ以降の成績がはっきり分かれていることがわかる。防御率が4,5点台となり、試合に勝てなくなっている。
2012年夏に負った怪我が2013年以降に大きな影響を与えていることがわかる。

現状について、選手の育成に定評のある栗山監督は、「勝ち方を知っているピッチャーで、特別な能力があるのは僕が一番信頼しているんですが、プロになったときに自分で思うような内容ができる時と、できない時がある。こっちはなんとかしたいと思っている。

もうちょっと時間を下さい」と再生への熱い思いを明かしている。

斎藤自身も、自分の立場を自覚しており、「精いっぱいやるしかない」と来季への思いを述べている。

斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの日本の反応を見てみましょう。
スポンサーリンク

斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

「来季に何らかの復活のシグナルが出なければ」というのが、
衆目の一致するところであり、本人、監督、コーチそしてファンが一体となり、
2017年シーズン終了時には、リーグ優勝の美酒を
仲間とともに味わえる斎藤佑樹を見てみたいと思う。

■関連記事

松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

植松優友がトライアウト結果は?ナックルボーラーが帰ってくる?反応まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶ社長の会見が破産申請の当日である27日に行われました。 27日から1日経った今日でもま…
  2. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  3. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  4. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  5. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  6. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…

人気記事

  1. 2017-2-14

    松坂大輔復活か?フォームの変化と反応まとめ「かなり改善されてる」「今年で契約切れるから瀬戸際」

    ソフトバンクとの契約最終年を迎えた松坂大輔に復活の気配が漂っている。 果たして怪物松坂大輔は復活を…
  2. 2017-1-22

    平野美宇は石川佳純に昨年の全日本選手権決勝の雪辱を果たせるか?反応まとめ

    2014年から2016年この大会を3連覇し、今回4連覇を目指す石川佳純(世界ランク4位)と、 史上…
  3. 2017-2-23

    40光年の距離は現実的なの?NASA緊急発表の反応まとめ

    2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. 2017-2-8

    トランプ大統領と安倍首相の会談は2月10日で日本時間は?為替の影響の予想反応まとめ

    今移民受け入れ問題で話題となっているアメリカのトランプ大統領ですが、2月10日に日本の安倍首相とフロ…
  5. 2016-12-8

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の 「空白の7時間」がまた問題になっている。 いまま…
  6. 2017-3-13

    石嶺香織市議の経歴は?フェイスブック炎上の理由と反応まとめ

    石嶺香織市議の発言が物議を醸しています。 米軍に対する批判的発言なのですが、なぜこのような発言をし…
  7. 2017-2-2

    イスラム入国制限大統領令のトランプ訪英阻止は可能か?海外の反応「200 万人がトランプを憎んでいる」「英国訪問禁止に反対62%」

    トランプ大統領の公式訪英の中止を求めるイギリス議会の請願サイトで、訪問阻止を求める署名が、 既に1…
ページ上部へ戻る