日本と中国の高速鉄道受注合戦はシンガポールーマレーシア、タイーマレーシア路線へ!反応まとめ

インドネシア、インド、タイで火花を散らした日本と中国の高速鉄道受注合戦の場は、
シンガポールーマレーシア、タイ–マレーシア路線へと展開しそうである。ネットの反応をまとめた。

スポンサーリンク

日本と中国の高速鉄道受注合戦はシンガポールーマレーシア、タイーマレーシア路線へ!反応まとめ

2月にマレーシアとタイの両国政府は、両国の首都クアラルンプール(KL)とタイのバンコクを
繋ぐ高速鉄道(HSR)の敷設計画に関する調査を行うことで合意したと報じられた。

バンコク―KL間の鉄道距離は日本の東京―鹿児島中央間に近い総延長約1500キロメートルである。
実現すれば両国の首都を鉄道で移動する時間が現在の23時間半から6時間に短縮され、両国の経済協力の強化にもつなげることができる

しかし、マレーシアではすでにシンガポール–マレーシア高速鉄道が先行しており、
両国政府は昨年12月に同プロジェクトに調印し、今年は入札を行う計画となっている。

早速、マレーシア陸路公共交通委員会(SPAD)のモハド・アズハルディン・マット・サー最高経営責任者(CEOに相当)は
この構想について、政府の優先課題とはならず、実現には時間がかかるとの見通しを示した。

さらに、市場調査会社BMIリサーチが、この事業は総延長がシンガポール–マレーシア高速鉄道KL~シンガポールのHSRの約4倍に達する大型事業で、
コストはKL~シンガポールで想定される110億米ドル(約1兆2,507億円)を大きく上回る最大500億米ドルに膨らむという試算を発表している。
既にKL~シンガポール事業を進めているマレーシア政府に余力はなく、10年以内に実現する可能性はないとの見通しを示していた。

シンガポール–マレーシア高速鉄道について、すでに多くの国の企業が建設に参加したいとの意向を示しているが、
結局は中国と日本の競合となる見方が一般的だ。
シンガポール紙「ザ・ストレーツ・タイムズ」の報道によれば、シンガポールは車両や信号システムで
経験豊富な日本に傾いており、膨大な費用の大部分を負担するマレーシアは中国により傾いているという。

これまでの、東南アジア、南アジアでの日中の高速鉄道の受注競争の結果は以下のとおりである。

日本と中国の高速鉄道の受注競争の勝敗

日本は、インドネシアのジャカルタ–バンドン間の高速鉄道プロジェクトでの予想外の敗退以降、
この地域での挽回を図っているが、両国の競合は、各国で起こっており、
シンガポール–マレーシア高速鉄道、タイ–マレーシア高速鉄道での勝敗は今後に大きな影響を与える。

スポンサーリンク

日本と中国の高速鉄道受注合戦に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ネットユーザーのコメントは比較的冷静のようです。

日本は新幹線の運営で長い歴史があり、技術は成熟していて、安全性が高いという評価を受けている一方、
中国は高速鉄道の路線長で世界一であり、建造費が安く、国としての融資条件などのバックアップが、強力である。

今後の動向、特にマレーシアの信頼をどちらが得るかが鍵になりそうである

■関連記事
インドネシア高速鉄道2017の中国建設のめど立たず?現地メディアから探ってみた!反応まとめ

日本受注のインド新幹線の2018年着工決まる!「パッケージ型インフラ輸出」の初モデル!!中国の反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 長年女子ゴルフ界をけん引してきた宮里藍が5月26日、引退を発表しました。 引退の理由として結婚が噂…
  2. 5月のティッシュ、トイレットペーパーに続き、6月1日からビールなど酒類、 はがき、バター、タイヤな…
  3. この夏ベルギーに上陸する米バーガーキングの「バーガーキングとフィリップ国王どっちが王様?」キャンペー…
  4. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  5. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  6. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…

人気記事

  1. 2016-12-30

    飲食店で連休休めない張り紙が炎上!その反応と対策「経営者側の準備不足に非」「サービス業で全休みだすのは非常識」

    ある飲食店の張り紙が話題になっています。 twitterに投稿された「今後の大型連休は全て休み希望…
  2. 2017-2-8

    羽生善治と三浦弘行の対戦成績と竜王戦視聴方法

    不正疑惑がシロとなった三浦弘行棋士が13日に羽生善治棋士と対戦します。 今回は、2人の対戦成績や対…
  3. 2016-11-13

    朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

    韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、 ソウル中心…
  4. 2016-11-9

    米大統領選の日程日本時間詳細!トランプはどうなる?

    米大統領選の結果が出る時間、というのはトレーダーのとって非常に重要です。 日本時間日程のその時間値…
  5. 2016-11-22

    福島県沖地震で津波も発生!韓国の反応「最初の警報の緊迫感は311の教訓だな」「90㎝って普通の波じゃないの?」

    11月22日5時59分に福島県沖を震源とするM7.4の大地震が起き、震度5弱を記録しました。 アウ…
  6. 2017-2-27

    WBC2017侍ジャパンキューバ戦放送予定と反応まとめ

    いよいよWBC1次ラウンドが3月6日から始まり、侍ジャパンは早速強敵キューバと3月7日に対戦します。…
  7. 2017-1-26

    対馬仏像盗難事件で韓国裁判が韓国へ引き渡しの判決!海外の反応「小倉コレクションは1200点ある」「我々の子孫のために日本に謝罪すべき」

    日本の長崎県対馬市の三つの神社・寺院から、韓国人窃盗団によって重要文化財の仏像2体などが連続盗難され…
ページ上部へ戻る