日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

日本がこの10年で、世界の科学生産のシェアを失っていて、このままの在り方では
世界トップレベルの科学研究国の地位から陥落する危機にあると英科学誌ネイチャーが警告し、その3つの原因を指摘した。

Sponsored Links

日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

英科学誌ネイチャーによれば、日本はトップサイエンス国にもかかわらず、
その科学論文の掲載数が過去10年間で失速してしまった(Striving for a research renaissance Nature 543, S7 (23 March 2017)より)

日本の科学論文掲載数の現状

2005年~2015年 科学論文掲載数
中国 Web of Science(WoS)  300%近く増加
Scopusデータベース   180%近く増加
日本 Web of Science(WoS)  600件減少(1%以下の減少)
全体に占めるシェア 8.4% → 5.2%
the Nature Index      (2012年から2016年で)全体への寄与が19.6%減少
米国 シェアは落ちているが、絶対数は減少していない。
英国 シェアは落ちているが、絶対数は減少していない。

中国の急速な成長は、日本が世界の科学生産のシェアを失っていることを意味しており
日本は英米と比較しても、科学論文掲載数の絶対数が落ち込んでいる。

3つの原因(日本の学者、研究管理者、政策立案者、閣僚における懸念点)
1. 長期的な景気停滞のために、科学に対する政府の支出が2001年以来横這いにとどまっている。
2. 資金の大部分は、国内のトップクラスの研究大学の国際的地位を高めるために集中的に使われている。
3. 若い研究者の永久雇用の機会が少なくなっている。

日本は現在のところ世界の科学指導者の中にとどまっていて、高い品質の科学への貢献に基づいて、
2016年の自然指数で5位にランクされている。

しかし、今後の10年間で日本が論文掲載数を増やすことができず、質の高い科学を育てることができなければ、
世界トップレベルの研究国としての地位を失うリスクがある。

ネイチャーの記事に対する日本のネットの反応を見て、最後にこの問題をまとめましょう。

Sponsored Links

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-5-23

    イギリスでコンサートテロ?アリアナ・グランデがなぜ狙われた?反応まとめ

    5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  2. 2017-6-27

    平昌冬季五輪で北朝鮮との共同開催はありうるのか?反応まとめ「世界に喧嘩を売っている」「日本は参加拒否すべき」

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が平昌冬季五輪で、韓国と北朝鮮の合同チーム結成や開会式での合同入…
  3. 2016-12-8

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の 「空白の7時間」がまた問題になっている。 いまま…
  4. 2017-8-6

    世界陸上2017日本代表リレーメンバーと日程!海外の反応まとめ

    世界陸上2017が8月4日から開催されています。今回の世界陸上はロンドンでの開催です。 日本からも…
  5. 2017-7-31

    マライアキャリー2017年現在の激太り画像の衝撃とその理由!海外の反応まとめ

    アメリカの歌姫マライアキャリーが2017年現在激太りしていると話題になっています。 激太り画像を私…
  6. 2017-5-5

    村上春樹「騎士団長ごろし」の聖地巡礼は?反応まとめ「どの辺だろう」「いつもより人、車が多い気がします」

    村上春樹の最新作「騎士団長殺し」の舞台が、小田原市郊外の山中ということで、 地元では、聖地巡礼でひ…
  7. 2017-1-24

    トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響はいかに「アメリカは不幸の第一歩」「日本は翻弄されっぱなし」

    2017年1月、大統領就任直後にTPPからの離脱を宣言したトランプ大統領。 果たしてこの決断は日本…
ページ上部へ戻る