日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

日本がこの10年で、世界の科学生産のシェアを失っていて、このままの在り方では
世界トップレベルの科学研究国の地位から陥落する危機にあると英科学誌ネイチャーが警告し、その3つの原因を指摘した。

スポンサーリンク

日本の科学研究が危機!あり方を見直さないとトップ5からも陥落と英科学誌ネイチャーが警告! その3つの原因とは?

英科学誌ネイチャーによれば、日本はトップサイエンス国にもかかわらず、
その科学論文の掲載数が過去10年間で失速してしまった(Striving for a research renaissance Nature 543, S7 (23 March 2017)より)

日本の科学論文掲載数の現状

2005年~2015年 科学論文掲載数
中国 Web of Science(WoS)  300%近く増加
Scopusデータベース   180%近く増加
日本 Web of Science(WoS)  600件減少(1%以下の減少)
全体に占めるシェア 8.4% → 5.2%
the Nature Index      (2012年から2016年で)全体への寄与が19.6%減少
米国 シェアは落ちているが、絶対数は減少していない。
英国 シェアは落ちているが、絶対数は減少していない。

中国の急速な成長は、日本が世界の科学生産のシェアを失っていることを意味しており
日本は英米と比較しても、科学論文掲載数の絶対数が落ち込んでいる。

3つの原因(日本の学者、研究管理者、政策立案者、閣僚における懸念点)
1. 長期的な景気停滞のために、科学に対する政府の支出が2001年以来横這いにとどまっている。
2. 資金の大部分は、国内のトップクラスの研究大学の国際的地位を高めるために集中的に使われている。
3. 若い研究者の永久雇用の機会が少なくなっている。

日本は現在のところ世界の科学指導者の中にとどまっていて、高い品質の科学への貢献に基づいて、
2016年の自然指数で5位にランクされている。

しかし、今後の10年間で日本が論文掲載数を増やすことができず、質の高い科学を育てることができなければ、
世界トップレベルの研究国としての地位を失うリスクがある。

ネイチャーの記事に対する日本のネットの反応を見て、最後にこの問題をまとめましょう。
スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 英政府が、今月発表されたフランスと同様、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を…
  2. 仙台市長選は、で実質的な野党統一候補の元民進党衆院議員の新人郡和子氏(60)が当選し、 自民、公明…
  3. 昨日のNHKスペシャルで、「社会問題解決型AI」が「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」との過激な結…
  4. 長澤まさみが出演しているアンダーアーマーのCM動画でのダンスが「スゴイ!」と話題になっています。 …
  5. 米ホワイトハウスのスパイサー報道官が辞任した。5月末から空席であった広報部長に 側近でウォール街の…
  6. 世界水泳2017競泳がいよいよ23日からブタペストで始まる。注目選手の決勝出場スケジュールと放送時間…

人気記事

  1. 2016-11-7

    Xperia XZのレビューまとめ!電池の持ちはどう?

    11月2日、ついにXperia XZが発売されました!早速購入してみたので、 ネットの評価と合わせ…
  2. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
  3. 2017-1-12

    トランプ大統領就任後EUへの3つの影響と反応「EU終わりの始まりの年」「ミニトランプが誕生したら…」

    トランプ大統領就任日である1月20日がひしひしと近づいています。 今回はトランプ大統領就任によるE…
  4. 2017-5-4

    北朝鮮中国との関係さらに悪化!米制裁同調非難はなぜ?反応まとめ「裏で繋がってじゃねぇの」「中国は嫌いだが今回は見直した」

    2017年5月3日北朝鮮が伝統的友好国であった中国を名指しで、異例の非難を行った。中国が米国制裁に同…
  5. 2017-6-21

    ワームビア氏の件で北朝鮮対応はどうなるか?海外の反応まとめ

    北朝鮮に拘束され、その後解放されアメリカに帰国したワームビア氏が亡くなったことが19日に報道されまし…
  6. 2017-5-25

    菅官房長官が国連の共謀罪書簡に「背景あるのでは」どう思う?反応まとめ

    5/18国連人権理事会の特別報告者ジョセフ・カナタチ氏が、先日衆議院を通った共謀罪法案について 安…
  7. 2017-5-8

    巡航ミサイルを日本が装備したらどう?海外の反応「いい選択!」「米の防衛力がさらに高まる」

    5月5日に政府は巡航ミサイルを日本も導入することを検討すると発表しました。それによって世界情勢はどの…
ページ上部へ戻る