日本受注のインド新幹線の2018年着工決まる!「パッケージ型インフラ輸出」の初モデル!!中国の反応まとめ

日本が受注していたインド新幹線について2018年着工、2023年完成で合意する。
「パッケージ型インフラ輸出」の新幹線分野の初めてのモデルである。日本と中国の反応をまとめた。

スポンサーリンク

日本受注のインド新幹線の2018年着工決まる!「パッケージ型インフラ輸出」の初モデル!!

これはインド西部のムンバイ―アーメダバード間(約500キロ)を結ぶインド初の高速鉄道であり、
日本の新幹線方式が、中国やフランスとの競争に打ち勝って受注していた。

日本と中国は、これまでも、世界各国で高速鉄道受注競争を繰り広げており、
インドネシアで、中国に敗れたショックは記憶に新しい。

中国は、コスト安や資金援助によって、各国で受注を獲得してきたが、
ここに来て、建設中止に追い込まれたケースが続出している。これを日本との比較で表にまとめた。
(ピンク:順調、ブルー:失敗、イエロー:懸念、オレンジ:計画中)

日本と中国の高速鉄道輸出についての成否

s_20161109highspeedrail

南米での、原油下落による、国家の財政難から中止に追い込まれたケースもあるが、
拙速で受注したために、緻密な計画がなされておらず、建設が一向に進まないケース(インドネシア)や、
債務保証について、最初の話と違うとして、自国で実施することを決めたり(タイ)、
放棄されてしまったケース(米国、メキシコ、ベネゼーラ)もある。

それだけに、今回日本が、パッケージ型インフラ輸出として、受注し、
具体的実施計画が決まったことは、今後に大きな影響を与えると考えられる。

日本が受注したインド新幹線が2018年着工決まるについての日本と中国の反応を比べて見ましょう。

日本受注のインド新幹線の2018年着工決まるに関する中国の反応

孙荪孫:インド野郎に日本は金をやったのか?
11月8日 14:28

云和易断:我々はこれを黙って見ていられないぞ:インド野郎に金を出して、
高鉄を我々が建設し、日本をぎゃふんとへこませてやる!
11月8日 14:34

龙年火鹤:外国に金をばらまくというなら、中国は太っ腹で、日本は国会の討論が必要だし、
首相は大きな権力を持っていず、国民は同意しない。
我が政府は世界で最もお金持ちで、最も裕福な官僚が多くの金を外国にばらまく。
11月8日 14:38

yubb2001:@逗Bへ;数学が得意だね、我が高速鉄道は温州で
一度事故を起こしただけだ、それで「何度も」と言えるのか?
11月8日 14:41

水漫金库:新幹線は一度も事故を起こしたことがないって?笑い転げるよ。
11月8日 14:30

against_over:中国の高速鉄道は明らかに多くの事故を起こしながら、
自分を信じろというのは、カルト宗教と同じだ。
11月8日 15:26

用户5335623507:日本を採用してもらうように、
贈り物を送り、コネなどの方法を探したんだ。
本日 00:03

(出典:微博)

強がって、大いなる不満を述べている網友(ネットユーザー)もいますが、
案外冷静に、新幹線と中国高速鉄道との違いを分かっている網友もいます。
この問題に限らず、国家の報道に惑わされず、客観的な見方をする中国人が増えてほしいものです。

スポンサーリンク

インド新幹線の2018年着工決まるに関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

パッケージ型インド新幹線建設で、スケジュール、現地とのやり取りなど、
日本の技術力を含めた総合力を示して、ぜひモデルとなってほしいと思います。
これが成功すれば、残りのインドの高速鉄道計画に対するのみならず、
世界に日本の良さが発信されると思われます。

■関連記事
日本と中国の高速鉄道受注合戦はシンガポールーマレーシア、タイーマレーシア路線へ!反応まとめ

JR北海道JR東日本と合併!との麻生発言の実現可能性は?反応まとめ「このくらいしないと」「国が好き勝手できるものではない」

インドネシア高速鉄道2017の中国建設のめど立たず?現地メディアから探ってみた!反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 長年女子ゴルフ界をけん引してきた宮里藍が5月26日、引退を発表しました。 引退の理由として結婚が噂…
  2. 5月のティッシュ、トイレットペーパーに続き、6月1日からビールなど酒類、 はがき、バター、タイヤな…
  3. この夏ベルギーに上陸する米バーガーキングの「バーガーキングとフィリップ国王どっちが王様?」キャンペー…
  4. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  5. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  6. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…

人気記事

  1. 2016-10-11

    DeNAラミレス監督の采配は阪神金本とこれだけ違う!その理由は?「どう始まるかより、どう終わるかが大事だ」「選手より監督が目立つようではダメ」

    ともに40代で、監督経験なし、永年弱小球団と言われ、選手補強も十分でない中で 監督に就任したDeN…
  2. 2017-5-1

    護衛艦いずもの実力は?初防護のため出港した反応まとめ

    北朝鮮の核・ミサイル開発によって緊張状態が続いているアメリカと北朝鮮ですが、日本は安全保障関連法に基…
  3. 2017-1-26

    トランプ大統領がメキシコ国境に壁を作る理由と海外の反応「男だ!」「正しい移民のために」

    米紙ワシントン・ポスト(電子版)は24日、トランプ米大統領がメキシコ国境沿いへの壁の建設など、 不…
  4. 2016-11-17

    最新肺がん免疫治療の特効薬オプジーボが異例のスピード値下げで、半額に!そのメリットとデメリットは?

    患者一人当たり年間約3500万円かかる最新の肺がん免疫治療の特効薬オプジーボの薬価を 2017年2…
  5. 2016-12-3

    流行語に日本しねを選んだユーキャンが炎上!反応まとめ

    12月1日、毎年恒例「ユーキャン新語・流行語大賞」の発表がありました。 「保育園落ちた日本シね」と…
  6. 2016-10-22

    ドゥテルテ大統領の暴言が日本と世界を大混乱に!反応まとめ「偽装離婚か」「二股かけたやりくち」「4か月で中国の奴隷となった」

    訪日をひかえ、北京でのドゥテルテ大統領の「軍事的にも経済的にも米国と決別する」の暴言が 世界に波紋…
  7. 2017-2-2

    GPIFを米インフラに投資の報道に炎上!反応まとめ「年金は総理の財布じゃない」「外交ツールか」

    2月10日の日米首脳会談で、公的年金のGPIFが米国のインフラ事業に投資するという提案を提出すること…
ページ上部へ戻る