日本受注のインド新幹線の2018年着工決まる!「パッケージ型インフラ輸出」の初モデル!!中国の反応まとめ

日本が受注していたインド新幹線について2018年着工、2023年完成で合意する。
「パッケージ型インフラ輸出」の新幹線分野の初めてのモデルである。日本と中国の反応をまとめた。

スポンサーリンク

日本受注のインド新幹線の2018年着工決まる!「パッケージ型インフラ輸出」の初モデル!!

これはインド西部のムンバイ―アーメダバード間(約500キロ)を結ぶインド初の高速鉄道であり、
日本の新幹線方式が、中国やフランスとの競争に打ち勝って受注していた。

日本と中国は、これまでも、世界各国で高速鉄道受注競争を繰り広げており、
インドネシアで、中国に敗れたショックは記憶に新しい。

中国は、コスト安や資金援助によって、各国で受注を獲得してきたが、
ここに来て、建設中止に追い込まれたケースが続出している。これを日本との比較で表にまとめた。
(ピンク:順調、ブルー:失敗、イエロー:懸念、オレンジ:計画中)

日本と中国の高速鉄道輸出についての成否

s_20161109highspeedrail

南米での、原油下落による、国家の財政難から中止に追い込まれたケースもあるが、
拙速で受注したために、緻密な計画がなされておらず、建設が一向に進まないケース(インドネシア)や、
債務保証について、最初の話と違うとして、自国で実施することを決めたり(タイ)、
放棄されてしまったケース(米国、メキシコ、ベネゼーラ)もある。

それだけに、今回日本が、パッケージ型インフラ輸出として、受注し、
具体的実施計画が決まったことは、今後に大きな影響を与えると考えられる。

日本が受注したインド新幹線が2018年着工決まるについての日本と中国の反応を比べて見ましょう。

日本受注のインド新幹線の2018年着工決まるに関する中国の反応

孙荪孫:インド野郎に日本は金をやったのか?
11月8日 14:28

云和易断:我々はこれを黙って見ていられないぞ:インド野郎に金を出して、
高鉄を我々が建設し、日本をぎゃふんとへこませてやる!
11月8日 14:34

龙年火鹤:外国に金をばらまくというなら、中国は太っ腹で、日本は国会の討論が必要だし、
首相は大きな権力を持っていず、国民は同意しない。
我が政府は世界で最もお金持ちで、最も裕福な官僚が多くの金を外国にばらまく。
11月8日 14:38

yubb2001:@逗Bへ;数学が得意だね、我が高速鉄道は温州で
一度事故を起こしただけだ、それで「何度も」と言えるのか?
11月8日 14:41

水漫金库:新幹線は一度も事故を起こしたことがないって?笑い転げるよ。
11月8日 14:30

against_over:中国の高速鉄道は明らかに多くの事故を起こしながら、
自分を信じろというのは、カルト宗教と同じだ。
11月8日 15:26

用户5335623507:日本を採用してもらうように、
贈り物を送り、コネなどの方法を探したんだ。
本日 00:03

(出典:微博)

強がって、大いなる不満を述べている網友(ネットユーザー)もいますが、
案外冷静に、新幹線と中国高速鉄道との違いを分かっている網友もいます。
この問題に限らず、国家の報道に惑わされず、客観的な見方をする中国人が増えてほしいものです。

スポンサーリンク

インド新幹線の2018年着工決まるに関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

パッケージ型インド新幹線建設で、スケジュール、現地とのやり取りなど、
日本の技術力を含めた総合力を示して、ぜひモデルとなってほしいと思います。
これが成功すれば、残りのインドの高速鉄道計画に対するのみならず、
世界に日本の良さが発信されると思われます。

■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
  2. グッチのうちわがダサいのに値段が飛びぬけていて炎上しています。 グッチと言えば、高級ブランドとして…
  3. いよいよWBC1次ラウンドが3月6日から始まり、侍ジャパンは早速強敵キューバと3月7日に対戦します。…
  4. 2017年から、Jリーグの放映権をこれまでのスカパーから、 イギリスの会社Perform Grou…
  5. 森友学園の問題がここ数週間(2017/2)話題になり続けていますね。 安倍首相による政治介入があっ…
  6. 公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…

人気記事

  1. 2017-2-10

    フランス大統領選2017の日程の日本時間と為替の影響

    フランス大統領選2017が4月~5月の日程で行われます。 世界はトランプ大統領の誕生から価値観の変…
  2. 2017-2-11

    清水富美加が幸福の科学へ出家!なぜ突然芸能界引退?反応まとめ「ふみかちゃん好きだったのにこれからブレイクする!ってときに」

    NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの同級生・蔵本一子を演じ、ブレイクした清水富美加(22)が …
  3. 2017-2-9

    高梨沙羅歴代最多勝利53勝をワールドカップ2017平昌で達成か!放送予定は?

    2月5日のワールドカップ2017第14戦オーストリアのヒンヅェンバッハでの3連勝で、歴代最多勝利53…
  4. 2016-11-18

    安倍首相とトランプの会談への韓国の反応「仕事早いな日本」「うちの大統領は全然ダメ」

    11月17日に安倍首相はまだ就任していないトランプ次期大統領と会談し、「信頼関係を築ける」とコメント…
  5. 2017-1-5

    台湾蔡総統中米歴訪で、果たしてトランプ側近と接触はあるか?その意味と影響は?

    台湾の蔡総統が1月7日から、米国を経由して、中米4カ国を歴訪する。 中国が神経を尖らせている最近の…
  6. 2016-11-16

    植松優友がトライアウト結果は?ナックルボーラーが帰ってくる?反応まとめ

    先日甲子園で開催されたプロ野球トライアウトに参加した植松優友さんが注目されています。 それはなぜで…
  7. 2016-11-16

    サッカー サウジ戦で試合の流れを変えたPKは審判のミス?反応まとめ

    ワールドカップ最終予選のサウジアラビア戦で、日本はハンドによるPKを得て先制点を獲得し、 その勢い…
ページ上部へ戻る