日米首脳電話会談の内容 トランプ大統領の発言は?海外の反応「自由主義者を泣かせは米にいいもの」「彼は世界のリーダーになる」

安倍総理とトランプ大統領の電話による首脳会談がおこなわれました。
その中で2月10日にワシントンで首脳会談が開催されることになりました。
それ以外に一体どういう話が繰り広げられたのでしょうか?
日本の反応、海外の反応をまとめました。

スポンサーリンク

日米電話会談の内容 トランプ大統領の発言は?

トランプ大統領は「約束した事はやる。スタートが大事だ」と述べました。
これはTPPからの離脱や不法移民対策とされるメキシコ国境への壁の設置等トランプ大統領の公約に対して世界から疑念や不安の声が上がっているのに対して大統領自ら撤回や修正はしないという明確なメッセージが出されたと言えます。

一方で2月3日に米・国務長官がトランプ政権の閣僚として初めて来日することに関してトランプ大統領は「安全保障の専門家であり、信頼している。色々話してほしい」と述べました。

また安倍総理からはトランプ大統領が日本の自動車貿易を批判していることに対しての説明がありました。
別記事にありますように、日本の自動車に対して的外れな批判をしていたので、アメリカにおいて30%以上のシェアのある日本車が
アメリカ経済にどれだけ貢献しているかを具体的に説明したと思われます。

その他、報道されているお互いの発言は以下。

トランプ大統領
「日本の安全保障を確実にするための断固とした米国の責任」
「(米国の)雇用をつくってほしい」

安倍首相
「就任直後から精力的に行動され、トランプ時代の幕開けを強烈に印象づけた」
「トランプ氏の指導力によって、米国がよりいっそう偉大な国になることを期待しており、信頼できる同盟国として役割を果たしていきたい」
「(トランプ大統領の)一挙手一投足に世界が注目している。経済政策に期待が高まっている」

出典:朝日新聞http://www.asahi.com/articles/ASK1X5Q70K1XUTFK009.html
出典:産経新聞http://www.sankei.com/world/news/170129/wor1701290011-n1.html

スポンサーリンク

日米首脳電話会談の日本の反応

ネットでは
「トランプぶれない」
「トランプ強気だな」
「トランプ手強い」

といったトランプ大統領への反応や、
「とりあえず首脳会談が出来て良かった」
「安倍総理頑張れ」
「安倍総理には言うべき事は言ってもらいたい」

という安倍総理への期待の声がありました。

また電話会談の中で安倍総理からトランプ大統領に
「就任直後から精力的に行動され、トランプ時代の幕開けを強烈に印象付けた」との就任への祝意の言葉がありました。
これにAERAの記者がTwitterで「こんな信じがたい政策をやるのも我が国の首相にとって精力的らしい」とツイートしたことに対して
「むしろ当然」
「左翼はあれだよね」
「また左翼の的外れ批判」
「これだから朝日系のマスコミはダメ」

と言った保守や右派を名乗る人からの反発がありました。

当選直後にトランプタワーをどのリーダーよりも真っ先に訪ねた安倍総理であり
外交手腕を評価されていますが、トランプ大統領は想像以上に厳しい相手となりそうです。
既に政府がTPPに代わる日米2国間交渉も選択肢という事を公言していることから大統領が代わってより日米関係はアメリカ主導の関係となっていくのでしょうか。
今後先が読めません。

次に今回の海外の反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

首脳電話会談の海外の反応

yahoo.comに掲載された、日本に限らず、トランプ大統領の各首脳に対する電話会談にはなんと一日で8900コメントがついています。
久しぶりにこんな数字を見ました。この影響力がいい方にいけばいいのですが。

NYタイムズのこの記事はトランプ大統領に対して批判的な記事でした。タイトルが「イスラム教徒に対する移民政策を警戒しながら世界のリーダーと会談」

米yahoo
アメリカ人は2週間前よりも安全だよ。アメリカ人を優先的に置く大統領を持つことは安心感がある。
米yahoo
彼が正しいことをしており、政治的に正しかったことを理解した後、世界を見まわしてみてください。彼は世界のリーダーになるでしょう。こういう記事を書く人は西洋文化に汚されている。目を覚まそう
米yahoo
テロリストにころされることはないと思っているめでたいメディアだからこういうことが書ける
米yahoo
他の指導者が何を考えているかは気にしない。彼は約束を守り、犯罪者、やく物、テロリストからアメリカ人の救済に取り組んでいるんだ。
米yahoo
移民は権利でないんだ。私はテロや貧困の犠牲にはなりたくないね。トランプは危険な挑戦かもしれないが良いリーダーだ。
米yahoo
スウェーデンは貧困ですよ。イスラム教徒移民のおかげで…
米yahoo
1つの国でこれを行うための勇気が今までなかった。私は彼の決断でかなり信用を感じた
米yahoo
どうしてムスリム諸国は難民を受け入れていないのですか?私たちアメリカ人が難民のように世話を受けられていないとき、アメリカ人はなぜそれ(無料住宅、医療、衣類、食品。)を与えなければならないのですか?トランプ大統領に感謝します。神のご加護を
米yahoo
自由主義者を泣かせるものは、アメリカにとっては良いもの
米yahoo
世界のリーダーと話すだって?ロシアもオーストラリアも日本もイスラム教徒の「難民」を認めていないぞ。
米yahoo
イランは米国を批判している?彼らはイスラム教徒の難民を認めていない。
米yahoo
この記事の論調がドイツとフランスのように見えるのは、悪い意味で残っている数少ない「良い人」です。
そして、私たちはそれがどのように機能しているかを知っています。
米yahoo
米国が自分の利益のために、外国人を「警戒」していることは驚くことではない。驚くべきことは、私たちがここに多くの反アメリカ人の自宅を持っているということです!

出典:https://goo.gl/ZrTfh1

全てトランプ支持ですが、意図して選んでいるわけではありません。
見る限りコメントは「いいね」順になっているのですがその上位を載せたらこのようになりました。

トランプ批判のメディアが多いのでそう洗脳されている人は多いかと思いますが
アメリカ人で支持している人がやはり非常に多いというのをすごく実感しました。

今回は、記事が「人道的」「美徳」に偏ってアメリカ人のことを考えられてないように感じた人が多かったから
このように批判コメントが多くなったのかと思います。

トランプ大統領は世界をよくするのか、悪くするのか…。
全く未知数です。
また、日米首脳会談といえば「密約」がすぐに思い浮かんでしますのですが、
我々の見えないところで何か約束されていますかね。

いろいろ気になるところであります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2016-12-28

    世界で最も美しい顔100人全員が発表!審査基準はどうなってる?海外の反応まとめ

    毎年話題になる世界で最も美しい顔100人全員が選出されました。 いやはや美人ばかりですが、いったい…
  2. 2016-11-29

    餅つき禁止の自冶体なぜ?反応まとめ「親のレベルを見たら仕方ない」「そのうち寿司も禁止に」

    餅つき禁止の自治体があるという事実がニュースになり炎上気味です。 なぜ餅つきが禁止されることになっ…
  3. 2016-10-20

    将棋の三浦九段のスマホ疑惑はなぜ?反応まとめ

    今、将棋界が揺れています。三浦弘行九段が対局中に スマートフォンで将棋ソフトを使用したとの疑いが持…
  4. 2016-12-21

    柴崎岳の移籍先は?スペインかドイツの可能性あり!?

    先日まで開催されていたクラブワールドカップで大活躍した鹿島アントラーズの柴崎岳選手。 早くも海外移…
  5. 2016-11-9

    トランプ大統領勝利にアメリカの反応は?「国の恥」「汚職の終了」「今日ほどアメリカ人を誇りに思ったことはない」

    なんとトランプ大統領が誕生した。これは非常に衝撃的な事実だ。 速報後すぐ、アメリカメディアでのコメ…
  6. 2017-1-4

    トランプ大統領の就任日2017年1月20日からいったい何が起こるのか? 反応まとめ

    トランプ氏大統領の就任日2017年1月20日が迫っている。この日からアメリカの政治が激変することが予…
  7. 2017-1-29

    尖閣諸島が日米安保適用確認される見込み 中国の反応は?「伝統的なアプローチだな」「トランプは米中関係をどうするかな」

    トランプ政権で国務長官を務めるマティス国務長官が沖縄の尖閣諸島について 「対日防衛義務を定めた日米…
ページ上部へ戻る