木村沙織が引退するのはなぜ?反応まとめ

バレーボールの木村沙織選手が引退を表明し、世間でちょっとした話題になっています。
彼女のプレーにはまだまだ年齢を感じませんがなぜ引退してしまうのでしょうか?
その理由をネットの推測などからまとめてみました。
スポンサーリンク

木村沙織が引退するのはなぜ?反応まとめ

<引退表明までの経緯>
木村沙織選手はいったいどのような経緯で引退を決意したのでしょう。

ことの発端は10月10日、彼女が更新したブログで、ご報告として、突然引退を表明したことでした。
彼女のブログには以下のように書かれています。

「今年で50周年を迎えるVリーグ。
 ここを自分のバレーボール人生最後の場所にしたいと思っています。」

また、引退に関しては先日のリオ五輪開催前からこれを最後にするというような発言をしていたようです。
つまり、突飛な思いつきのような決断ではなく、きちんと考えた上での決断と言えます。

推測される3つの引退の理由

ここで、私なりに木村沙織が引退に至った理由を3つほど推測してみました。

まず一つ目は、代表監督の交代です。
10月26日に、バレーボールの代表チームの新監督として、
中田久美氏(51)の就任会見が行われました。
中田氏は今まで4度の最高殊勲選手賞を受賞するなど輝かしい経歴を持ち、
久光製薬スプリングスを就任1年目にして優勝に導くという監督としての手腕も持つ方です。

この監督交代が引退を決意した一つの理由なのではないかと思われます。
なぜなら、中田氏は典型的な体育会系の監督で、選手たちに厳しい上下関係を強いるタイプといわれているからです。
それとは正反対に、木村沙織は体育会系特有の上下関係を嫌っており、
代表の主将になった時には自ら後輩と積極的にコミュニケーションを取り、新しいチーム作りをしてきました。

しかし、今まで比較的自由に任されていた真鍋政義前監督から、中田氏に交代し、
新しいチーム作りをするとなれば、当然厳しい上下関係を強いられてしまうのではないか?
そうした思いが、今回引退を後押ししたのかもしれないと言われています。

二つ目は、結婚したことをきっかけに引退するという可能性です。
木村沙織は、2015年9月に同じバレーボール選手の男性と結婚しました。
それから1年ほど経っているわけですが、そろそろ普通の女性としての生活に魅力を感じているのかもしれません。
一時期、妊娠の噂もありましたし、その辺のことも理由の一つなのかもしれません。

三つ目は、彼女なりに年齢を感じている可能性です。
我々素人の目にはまだまだ年齢は感じられませんが、
ご自分では全盛期と比較して思い通りに行かないことを感じているのかもしれません。現在30歳です。
また、次の五輪は3年後ですし、そのころまで現状を維持できるか・・・ということまで考えて
引退を決定したという可能性もありそうです。
スポンサーリンク

木村沙織が引退に関する反応

ネットでは以下のような反応があります。

「まだ早い気がする」
twitter
「普通の生活がしたいのかなあ」
twitter
「新監督と肌が合わない可能性」
twitter
「もっとプレーしている所を見たかった」
twitter
「次の五輪は遠いもんね」
twitter
「妊娠してるのかも」
twitter
「そろそろ潮時」
twitter
「結婚は大きいだろうな」
twitter
「代表はこれから大丈夫なのか」

出典:twitter

このように引退を惜しむ声が多く見られますが、たしかにまだ早すぎるのではとどうしても思ってしまいますね。
しかし木村沙織も一人の女性。結婚したからにはそろそろ子どもが欲しいなどと考えているのかもしれません。
実際高齢の出産は何かとリスクが付きまといますし、バレーボールから身を引くには今がちょうどいい時期なのかもしれませんね。

いずれにしろ、彼女がよく考えて決めた事ならそれは尊重されるべきだと思いますし、
女性としても幸せな人生を送ってほしいところですね。
■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. アパホテルが南京大虐さつが捏造であるという主張を含むアパグループ社長の「本当の日本の歴史 理論近現代…
  2. 小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
  3. 慰安婦問題で揺れる今、なんというタイミングでしょう。 アパホテル全室に置いてあるという社長の「理論…
  4. 英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
  5. 1月16日放送の「ピラミッドダービー」にてベビーフードダイエットについて放送したところ 通販サイト…
  6. ついに飲食店内を原則禁煙とする法律・健康増進法改正案の概要が1月16日にあきらかになり、20日国会に…

人気記事

  1. 2016-11-7

    ヒラリーのメールに問題なしとFBIが大統領選直前に発表!なぜ今?反応まとめ「誰が賄賂を?」「不正に操作されたシステムだ」

    10月28日にFBIが、新たに見つかったヒラリーの私用メールにつき、追加捜査をすると発表して以来、 …
  2. 2016-12-26

    樋口新葉と本田真凛同年齢のふたりのライバルの今後は?反応まとめ

    今年の全日本選手権女子で、樋口新葉は2位、本田真凜は4位という結果となった。 同年齢のふたりのライ…
  3. 2016-10-21

    日本シリーズ2016のキーマン新井貴浩の予想外の今期完全復活の理由は?

    日本シリーズ2016でも広島のキーマンとなる新井貴浩は今期予想外の完全復活で25年ぶりのリーグ優勝に…
  4. 2016-11-27

    スペースワールドが炎上し中止となったのはなぜ?反応まとめ

    北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が27日、 今月スタートばかりのスケートリンクに約500…
  5. 2016-10-16

    ドゥテルテ大統領中国訪問で双方の狙いは?海外の反応「大統領は風見鶏だ」「第2の北朝鮮になる」

    フィリピンのドゥテルテ大統領が18~21日にASEAN以外で訪問する初めての国として、 中国を公式…
  6. 2016-11-8

    イギリスのeu離脱はいつ?高等法院判決でますます混迷する!!反応まとめ

    高等法院がEU基本条約第50条を発動してEU離脱交渉を開始するには、 議会の承認が必要だという判決…
  7. 2017-1-7

    「日本会議の研究」(扶桑社)が出版差し止めに!反応まとめ「これで差し止めなら、週刊誌や新聞や政府広報も全部出版差し止め」

    扶桑社から出版され、昨年春からの発行部数が約15万3000部のベストセラーとなっていた 菅野完さん…
ページ上部へ戻る