木村沙織が引退するのはなぜ?反応まとめ

バレーボールの木村沙織選手が引退を表明し、世間でちょっとした話題になっています。
彼女のプレーにはまだまだ年齢を感じませんがなぜ引退してしまうのでしょうか?
その理由をネットの推測などからまとめてみました。
スポンサーリンク

木村沙織が引退するのはなぜ?反応まとめ

<引退表明までの経緯>
木村沙織選手はいったいどのような経緯で引退を決意したのでしょう。

ことの発端は10月10日、彼女が更新したブログで、ご報告として、突然引退を表明したことでした。
彼女のブログには以下のように書かれています。

「今年で50周年を迎えるVリーグ。
 ここを自分のバレーボール人生最後の場所にしたいと思っています。」

また、引退に関しては先日のリオ五輪開催前からこれを最後にするというような発言をしていたようです。
つまり、突飛な思いつきのような決断ではなく、きちんと考えた上での決断と言えます。

推測される3つの引退の理由

ここで、私なりに木村沙織が引退に至った理由を3つほど推測してみました。

まず一つ目は、代表監督の交代です。
10月26日に、バレーボールの代表チームの新監督として、
中田久美氏(51)の就任会見が行われました。
中田氏は今まで4度の最高殊勲選手賞を受賞するなど輝かしい経歴を持ち、
久光製薬スプリングスを就任1年目にして優勝に導くという監督としての手腕も持つ方です。

この監督交代が引退を決意した一つの理由なのではないかと思われます。
なぜなら、中田氏は典型的な体育会系の監督で、選手たちに厳しい上下関係を強いるタイプといわれているからです。
それとは正反対に、木村沙織は体育会系特有の上下関係を嫌っており、
代表の主将になった時には自ら後輩と積極的にコミュニケーションを取り、新しいチーム作りをしてきました。

しかし、今まで比較的自由に任されていた真鍋政義前監督から、中田氏に交代し、
新しいチーム作りをするとなれば、当然厳しい上下関係を強いられてしまうのではないか?
そうした思いが、今回引退を後押ししたのかもしれないと言われています。

二つ目は、結婚したことをきっかけに引退するという可能性です。
木村沙織は、2015年9月に同じバレーボール選手の男性と結婚しました。
それから1年ほど経っているわけですが、そろそろ普通の女性としての生活に魅力を感じているのかもしれません。
一時期、妊娠の噂もありましたし、その辺のことも理由の一つなのかもしれません。

三つ目は、彼女なりに年齢を感じている可能性です。
我々素人の目にはまだまだ年齢は感じられませんが、
ご自分では全盛期と比較して思い通りに行かないことを感じているのかもしれません。現在30歳です。
また、次の五輪は3年後ですし、そのころまで現状を維持できるか・・・ということまで考えて
引退を決定したという可能性もありそうです。
スポンサーリンク

木村沙織が引退に関する反応

ネットでは以下のような反応があります。

「まだ早い気がする」
twitter
「普通の生活がしたいのかなあ」
twitter
「新監督と肌が合わない可能性」
twitter
「もっとプレーしている所を見たかった」
twitter
「次の五輪は遠いもんね」
twitter
「妊娠してるのかも」
twitter
「そろそろ潮時」
twitter
「結婚は大きいだろうな」
twitter
「代表はこれから大丈夫なのか」

出典:twitter

このように引退を惜しむ声が多く見られますが、たしかにまだ早すぎるのではとどうしても思ってしまいますね。
しかし木村沙織も一人の女性。結婚したからにはそろそろ子どもが欲しいなどと考えているのかもしれません。
実際高齢の出産は何かとリスクが付きまといますし、バレーボールから身を引くには今がちょうどいい時期なのかもしれませんね。

いずれにしろ、彼女がよく考えて決めた事ならそれは尊重されるべきだと思いますし、
女性としても幸せな人生を送ってほしいところですね。
■関連記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶ社長の会見が破産申請の当日である27日に行われました。 27日から1日経った今日でもま…
  2. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  3. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  4. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  5. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  6. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…

人気記事

  1. 2017-1-1

    学歴の就職への影響ってまだあるの?反応まとめ「格差はあって当然」「欧米よりまし」

    学歴で分断される日本、という日本の社会が学歴によって分断されているという内容のニュースが話題になって…
  2. 2016-11-14

    浅田真央のグランプリシリーズフランス杯の結果は自己最低9位!ここからどう立て直す?反応まとめ

    浅田真央の休養後2年目となる今シーズン、グランプリシリーズフランス大会の結果が自己最低の9位となり、…
  3. 2016-12-20

    ロシアで、偽入浴剤を代用アルコールとして飲んだ市民40人以上が死亡!考えられる4つの原因!反応まとめ

    日露会談を終えて帰国したばかりのプーチン大統領が統治するロシアで、安価な酒を求め、 有害なメタノー…
  4. 2017-3-19

    アメリカのWBCメンバー一覧と警戒選手!反応まとめ

    いよいよ準決勝を迎えるWBC2017。 日本の対戦相手はアメリカに決まりました。 開催国として悲…
  5. 2017-1-8

    高梨沙羅ワールドカップ第5戦優勝! 通算勝利数歴代1位の記録をいつ抜くか?反応まとめ「こんなに勝ったら、又、不利なルールでも考えるのでは!」

    20歳になった高梨沙羅が今季も絶好調である。7日のワールドカップドイツのオーベルストドルフで個人第5…
  6. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。 …
  7. 2017-3-8

    山田哲人のホームランボール捕球で炎上理由と擁護の反応を紹介「審判も判定おかしい」「笑いに変えて乗り切るんだ」

    山田哲人のホームランボールであろうあたりを フィールド内に手を伸ばして補球してしまった少年が炎上し…
ページ上部へ戻る