朴槿恵と新興宗教絡み?の崔順実との関係からみえる韓国の闇

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が急落しました。
一連の騒動の中でよく目にする名前・崔順実(チェ・スンシル)とは何者か?ネットでは新興宗教と関連するとも言われるが
ウィキリークス関連の情報ではそうであり信頼性は高いと思われる。
当サイトも別記事にて詳しく載せてあるがあらためて新興宗教についての情報もシェアします。

スポンサーリンク

朴槿恵と新興宗教絡みの崔順実との関係

崔順実とはいったい何者なのか?
朴槿恵大統領から機密文書を受け取り青瓦台の人事にも介入していたとしてニュースになっていますが、どうやらパク大統領の個人秘書室長を以前務めていた鄭允会(チョン・ユンフェ)という人物の元妻であるようです。
朴大統領と崔順実は友人の間柄で、電話で国政に関する意見を求められていたという疑いを持たれています。
崔順実氏は10月31日午後からその容疑者として調べられているようです。

ニュースではこれまでの情報ですが、当サイトにもありますようにそれは42年前からの関係があります。

最初に朴槿恵に近づいたのは崔順実の父である崔太敏です。
彼が朴槿恵の母が亡くなって悲しみに打ちひしがれる彼女に近づいたことが全ての始まりです。

新興宗教家だった崔太敏牧師は、「朴槿恵の母が私の夢に現れ、朴槿恵を助けるように頼まれた」と言って、近づいてきたのですから
もう客観的に見れば魂胆がわかりますね。

その後は崔太敏が、宗教団体『救国宣教団』の総裁として、ファーストレディとなった朴槿恵を名誉総裁に就任させて
忠孝や礼儀の重要さを説いた国民啓蒙運動「新しい心(セマウム)を持つ運動」を韓国全土で展開するなどして
権力に近づき力をもっていったことがわかります。

報道では、崔順実と友人関係、とのことですが、少なくとも崔家はおかげでかなりの富を築いたとのことですから
父親の魂胆はよくわかります。

救国宣教団について出てくる情報は以下
・1975年崔太敏が創立 朴槿恵を名誉総裁
・1979年「セマウム奉仕団」に改称 大学や企業内にも支部などを開設し勢力を拡大

1990年代の朴槿恵と崔太敏のスキャンダル報道では、なんと朴槿恵大統領の妹・槿令氏と弟・志晩氏が連名にて、
当時の盧泰愚大統領に宛てて、崔太敏の悪業を18項目も連ねたA4用紙12枚に及ぶ「嘆願書」を送ったという事実があるほどです。
ですので、このウィキリークス関連の話の真実味はかなり高いのです。

スポンサーリンク

問題の経緯と今後

問題が発覚したのは10月29日。崔順実の国政介入が発覚し、朴槿恵大統領も謝罪していますので事実なのでしょう。
国民が激怒しました。彼らは首都ソウルで大規模な抗議デモを実施。青瓦台に向けて「朴槿恵は下野しろ」、「必ず引きずり下ろす」と叫び続けました。そのままデモの参加者たちは青瓦台に突入し、機動隊との衝突もあったほど非常に大きなデモ活動となりました。
国民たちの怒りはその後治まることはなく、朴政権はかつてないピンチを迎えているのです。このまま崔順実氏が国政に介入したことが法廷で認められれば、朴槿恵は本当に青瓦台から出ていくことになるでしょう。

今回の一連の騒動へのネットの反応を紹介していきます。

twitter
「国家機密を民間人にばらすのは許されないこと」
twitter
「側近に置いておかなかったのがあやしい」
ヤフコメ
「友人に相談しなきゃ政治ができないのか」
ヤフコメ
「朴槿恵も定番の末路を歩みそうだ」
twitter
「日本への影響も大きそう」
ヤフコメ
「初歩的なルールを守れない大統領」 
ヤフコメ
「辞めるのも時間の問題」
twitter
「普通にありえない」
twitter
「側近にしとけばよかったのに」

出典:twitter&ヤフコメ

一連の騒動で朴槿恵大統領は厳しい非難を受けています。
おそらくこのままいけば大統領の座を退くのも時間の問題でしょう。
このようなことは絶対に許されるべきではありませんし、大統領になる器ではなかったのではないかという意見もうなずけます。
しかし彼女の過去を見るとなんとも複雑な思いに駆られるのは私だけではないでしょう。さらに詳細は関連記事を参考にしてください。

■関連記事

朴槿恵(パク・クネ)大統領最大のスキャンダルの原因は42年前の実母陸英修へのテロにあった! !

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2016-11-19

    トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

    先日行われた安倍総理とトランプ次期アメリカ大統領の会談。 そこにトランプ氏の娘であるイヴァンカさん…
  2. 2016-12-4

    原爆ドームにイルミネーションの画像に様々な反応「難しい」「きれいは違う」「人が来ることが大事」

    原爆ドームが世界遺産登録20周年を迎えるということで、12月7日から来年2月5日まで、広島市などがド…
  3. 2016-10-23

    張本勲氏今日のサンデーモーニングでも中大陸上部内紛発言への謝罪一切なし!なぜ?反応まとめ

    注目されてた本日のサンデーモーニングで、張本勲氏は先週来炎上していた 中大陸上部内紛についての発言…
  4. 2017-1-5

    箱根駅伝山の神の歴代一覧とその後の活躍まとめ!「実業団で活躍できないジンクス?」「卒業後の確かな成長を」

    新年の風物詩である第93回箱根駅伝が青山学院の3連覇達成で終わりました。 箱根駅伝といえば5区の山…
  5. 2017-1-20

    2017年フランス大統領選挙候補者マリーヌ・ルペンの当選でEU解体か?反応まとめ「第三のまさかは起こるか」「極右の国民戦線には政権を取らせないで」

    4月に第1回投票5月に決選投票が予想されている2017年フランス大統領選挙の最有力候補者極右の国民戦…
  6. 2017-1-1

    紅白歌合戦で紅組優勝はなぜ?炎上した結果を検証「視聴者無視?」「有村架純ビックリしとる」

    大晦日お馴染みの紅白歌合戦。今回も紅組が勝利しましたが、それにネットは炎上しました。 紅組司会者の…
  7. 2017-2-13

    清水富美加引退理由の月給5万労働は本当?東京喰種嫌悪から感じる違和感と反応

    清水富美加さんの引退理由が幸福の科学から報道されましたが、「本当に?」と思う部分や違和感を感じた人が…
ページ上部へ戻る