朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、
ソウル中心部の光化門(クァンファムン)は、デモの市民らで埋め尽くされた状態。100万人規模と言われる。
警官に負傷者まで出ている。
ここまで激化した原因は何か?韓国の反応とともに見ていこう。

スポンサーリンク

朴槿恵デモ激化の原因は?

朴槿恵大統領への退陣要求は留まるところを知らない。
市民の怒りは隣の日本にもかなり伝わってくる。

表面的な原因としては当サイトでも取り上げられている、朴槿恵の親友とされる崔順実(チェ・スンシル)容疑者への機密情報の漏洩問題だ。
崔順実(チェ・スンシル)容疑者は当初はそれを認めており朴槿恵大統領も10月25日にそれを謝罪。
その後国民談話を発表したが、国民を納得させるものに至らず、29日9000人規模のデモ、5日に4万5000人規模のデモ、そして12日に大規模デモへと発展している。

これだけのデモはブラジルで最近見たくらいで韓国の不安定さが感じられる。(北朝鮮が動かないかついつい心配してしまう)

心理学的に、怒りの構造というのはコップで説明され、時間をかけてコップにたまっていくものだ。
そのコップの容量を超えるきっかけが今回の崔順実(チェ・スンシル)への機密情報漏洩にすぎず、元々韓国社会は
それ以前から社会に対する不満であふれていた。

ちょうど10月の失業率も11年ぶりの最悪水準の8.5%、高学歴ニート率OECD1位などともいわれる。
格差社会は進み特に若者の社会に対する不満は非常に強いものがある。
客観的に見ればこれは世界の経済構造の問題も大いに関係あるが、やはり不満は政権に向く。
ここにきてサムスンの不祥事続きによる韓国経済の終了を感じる事件が続き、完全に未来に希望を持てなくなっているのではないだろうか。
そうした限界的な不安感に火に油を注いだのが今回の朴槿恵大統領の不祥事だ。

これはきっかけにすぎず、韓国の将来に希望を持てない国民の怒りがいっきに放出されたタイミングであったともいえよう。

スポンサーリンク

朴槿恵退陣デモの韓国の反応

今回のデモ報道の韓国の反応を見てみよう。

韓国人
デモ扇動してもあまり意味がない。大統領の残りの任期は、憲法が守ってくれる。退陣運動する人たちが、憲法を守れと叫ぶのは矛盾する。次期有力大統領候補である潘基文は、米国の新大統領のトランプに会って韓国に懸案問題を提示して帰国してるぞ
コメント
朴槿恵は今辞任するのが最高のタイミングだ。これを逃したら最悪の事態になる。指導力を失った大統領はもう賢明な判断はできない。
コメント
朝鮮日報中継よくやるよ。どういうつもりなのか?煽ってる?真実の報道だと?愛国だと?商売下心でしょ?とにかく愛国ではない。米国産牛肉輸入反対集会も、プレスの真実性や国の将来を心配しているというより商売下心の方が大きい。
コメント
憲法上、大統領下野の条件は、政権を征服ないし革命、経済の完全倒産で餓死者が続出、パラディンクーデター(憲法蹂躙)、ナンセンス不正選挙当選といった条件ががある場合だけだ
コメント
今のデモは狂乱の巫女祭りにすぎない。民主破壊だ。もし下野すると、以降のすべての大統領は下野だよ
コメント
予想よりも国民の怒りが深く大きい。デモの規模があまりにも大きい。 
コメント
退陣を拒否した場合不幸なことが起こる気がする。大統領権力にメディアや司法機関執権勢力システムが過度に攻撃した結果である。 87年の憲法システムは、もはや有効であることが疑問だな
コメント
国民にも我慢の限界があります。最後まで朴槿恵が持ちこたえたらもう強制的に権力の座から引き釣りおろすこともあるでしょう

出典:twitter&ヤフコメ

大統領の権限が特殊であることが分かる。少し調べたら、「大統領は内乱又は外患の罪を犯した場合を除いて在任中に刑事上の訴追を受けない(第84条)」というのが出てきた。
つまり今回の件について朴槿恵は逃げることができるというのだ。

韓国大統領の任期は5年、朴槿恵は2018年2月までのはずだ。あと1年ちょっとある。
韓国はどうなってしまうのか…。

それにしても動画で見ると余計にそのすごさ、国民の怒りが伝わってくるものだ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  2. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  3. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  4. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  5. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…
  6. 24日に稀勢の里は、対戦相手の日馬富士の素早い立ち合いに気おされたように土俵下に落ちました。 25…

人気記事

  1. 2016-11-29

    朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」

    朴槿恵大統領が29日の談話で辞任を表明しました。 ずっと辞任を渋ってきた朴槿恵がついに辞めるという…
  2. 2016-12-23

    トランプが中国強硬派を司令塔に起用!海外の反応「正面から中国にケンカを売るつもり」「海外市場は米国製品をボイコット」

    トランプ次期大統領は、貿易政策を担当する「国家通商会議」を創設し、トップに対中国強硬派の ピーター…
  3. 2017-3-6

    中国が携帯料金廃止って?現地メディアでその意味を探った。海外の反応は?「何て良い総理だ」「まず解決すべきは住宅と医療だ」

    5日開幕した全国人民代表大会の李克強首相の政府活動報告の中で、最も会場が沸いたのが、 「携帯電話料…
  4. 2017-1-10

    新元号の予想一覧!決め方や問題点もまとめてみた「安始って」「日明」「安成でしょ」

    2019年から新元号とする意向を政府が発表し、次の元号は何かと話題になっています。 今回は、新元号…
  5. 2017-2-9

    山田暢久の契約解除はなぜ?ネットで推測が飛び交う「仕事をしなかったのかも」「生え抜きなのに冷遇」

    浦和レッズの山田暢久元選手が突然の契約解除をされていることが分かりました。 なぜいきなりの契約解除…
  6. 2016-12-14

    ケンタッキーの指手袋・フィンガーナップの評判は?「革新的!」「油まみれで食べるまでがセットでしょ」

    日本ケンタッキー・フライドチキンがチキン商品をつかんで食べる際に手が油で汚れないよう、 専用の指袋…
  7. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。 …
ページ上部へ戻る