朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、
ソウル中心部の光化門(クァンファムン)は、デモの市民らで埋め尽くされた状態。100万人規模と言われる。
警官に負傷者まで出ている。
ここまで激化した原因は何か?韓国の反応とともに見ていこう。

スポンサーリンク

朴槿恵デモ激化の原因は?

朴槿恵大統領への退陣要求は留まるところを知らない。
市民の怒りは隣の日本にもかなり伝わってくる。

表面的な原因としては当サイトでも取り上げられている、朴槿恵の親友とされる崔順実(チェ・スンシル)容疑者への機密情報の漏洩問題だ。
崔順実(チェ・スンシル)容疑者は当初はそれを認めており朴槿恵大統領も10月25日にそれを謝罪。
その後国民談話を発表したが、国民を納得させるものに至らず、29日9000人規模のデモ、5日に4万5000人規模のデモ、そして12日に大規模デモへと発展している。

これだけのデモはブラジルで最近見たくらいで韓国の不安定さが感じられる。(北朝鮮が動かないかついつい心配してしまう)

心理学的に、怒りの構造というのはコップで説明され、時間をかけてコップにたまっていくものだ。
そのコップの容量を超えるきっかけが今回の崔順実(チェ・スンシル)への機密情報漏洩にすぎず、元々韓国社会は
それ以前から社会に対する不満であふれていた。

ちょうど10月の失業率も11年ぶりの最悪水準の8.5%、高学歴ニート率OECD1位などともいわれる。
格差社会は進み特に若者の社会に対する不満は非常に強いものがある。
客観的に見ればこれは世界の経済構造の問題も大いに関係あるが、やはり不満は政権に向く。
ここにきてサムスンの不祥事続きによる韓国経済の終了を感じる事件が続き、完全に未来に希望を持てなくなっているのではないだろうか。
そうした限界的な不安感に火に油を注いだのが今回の朴槿恵大統領の不祥事だ。

これはきっかけにすぎず、韓国の将来に希望を持てない国民の怒りがいっきに放出されたタイミングであったともいえよう。

スポンサーリンク

朴槿恵退陣デモの韓国の反応

今回のデモ報道の韓国の反応を見てみよう。

韓国人
デモ扇動してもあまり意味がない。大統領の残りの任期は、憲法が守ってくれる。退陣運動する人たちが、憲法を守れと叫ぶのは矛盾する。次期有力大統領候補である潘基文は、米国の新大統領のトランプに会って韓国に懸案問題を提示して帰国してるぞ
コメント
朴槿恵は今辞任するのが最高のタイミングだ。これを逃したら最悪の事態になる。指導力を失った大統領はもう賢明な判断はできない。
コメント
朝鮮日報中継よくやるよ。どういうつもりなのか?煽ってる?真実の報道だと?愛国だと?商売下心でしょ?とにかく愛国ではない。米国産牛肉輸入反対集会も、プレスの真実性や国の将来を心配しているというより商売下心の方が大きい。
コメント
憲法上、大統領下野の条件は、政権を征服ないし革命、経済の完全倒産で餓死者が続出、パラディンクーデター(憲法蹂躙)、ナンセンス不正選挙当選といった条件ががある場合だけだ
コメント
今のデモは狂乱の巫女祭りにすぎない。民主破壊だ。もし下野すると、以降のすべての大統領は下野だよ
コメント
予想よりも国民の怒りが深く大きい。デモの規模があまりにも大きい。 
コメント
退陣を拒否した場合不幸なことが起こる気がする。大統領権力にメディアや司法機関執権勢力システムが過度に攻撃した結果である。 87年の憲法システムは、もはや有効であることが疑問だな
コメント
国民にも我慢の限界があります。最後まで朴槿恵が持ちこたえたらもう強制的に権力の座から引き釣りおろすこともあるでしょう

出典:twitter&ヤフコメ

大統領の権限が特殊であることが分かる。少し調べたら、「大統領は内乱又は外患の罪を犯した場合を除いて在任中に刑事上の訴追を受けない(第84条)」というのが出てきた。
つまり今回の件について朴槿恵は逃げることができるというのだ。

韓国大統領の任期は5年、朴槿恵は2018年2月までのはずだ。あと1年ちょっとある。
韓国はどうなってしまうのか…。

それにしても動画で見ると余計にそのすごさ、国民の怒りが伝わってくるものだ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 将棋界に彗星のごとく現れた棋士、藤井聡太四段が14歳ながらデビュー以来公式戦負けなしの29連勝という…
  2. 6月のビール値上げに続き、今年2017年の7月から値上げするもの、値下げするものがあるようです。 …
  3. 稲田朋美防衛相が27日、都議選の自民党公認候補の応援演説で、「防衛省、自衛隊としてもこの候補をお願い…
  4. 歴代単独1位となる29連勝という記録を残した藤井聡太四段。 当日は号外まで出た脅威の14歳です。 …
  5. 25日の横須賀市長選で無所属新人で初当選となった上地克明氏の経歴に注目が集まっています。 なにしろ…
  6. 小池都知事の支持率が急落しています。いったいなぜここまで急落してしまったのでしょうか。 今回は、小…

人気記事

  1. 2017-4-24

    マクロン フランス大統領候補夫人の年齢が驚愕の理由と反応まとめ

    日本時24日未明から開票作業が行われたフランス大統領選挙でルペン候補との決選投票に進んだ39歳のマク…
  2. 2017-5-17

    皇族との結婚の条件とその大変さとは?反応まとめ「神経使いそう~!」「いつも笑顔でいなきゃいけなさそう…」

    5月16日、秋篠宮眞子様の婚約が発表されました。 お相手の男性は元「湘南江の島 海の王子」で民間の…
  3. 2017-3-26

    稀勢の里強行出場で優勝した取り組み動画とその反応「相撲で初めて泣いた」「ずっと応援する!」

    久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  4. 2016-11-13

    トランプ大統領誕生の日本への最大の影響は憲法改正?安倍総理の追い風となるか?反応まとめ

    トランプ大統領誕生について、世界中が不安感に包まれるなか、憲法改正派の安倍総理支持者は日本への最大の…
  5. 2016-12-13

    プレミアムフライデーは公務員だけ?メリットとデメリットとその反応をまとめてみた

    来年の2月に導入されるプレミアムフライデー。 金曜日に早く帰れる!など、様々な報道がされていますが…
  6. 2017-2-9

    石原慎太郎氏の豊洲問題参考人招致決定で責任所在が明らかになるのか?反応まとめ「ようやくか」「徹底的に膿を出しきって!」

    築地市場の豊洲への移転問題で東京都議会が石原慎太郎前都知事の都議会豊洲問題特別委員会への参考人招致を…
  7. 2017-5-2

    陸上の世界記録白紙を欧州陸連が提案し炎上!その反応まとめ

    欧州陸連が提案した世界記録白紙案が波紋を呼んで一部炎上しています。 果たしてどういう経緯でこのよう…
ページ上部へ戻る