朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、
ソウル中心部の光化門(クァンファムン)は、デモの市民らで埋め尽くされた状態。100万人規模と言われる。
警官に負傷者まで出ている。
ここまで激化した原因は何か?韓国の反応とともに見ていこう。

Sponsored Links

朴槿恵デモ激化の原因は?

朴槿恵大統領への退陣要求は留まるところを知らない。
市民の怒りは隣の日本にもかなり伝わってくる。

表面的な原因としては当サイトでも取り上げられている、朴槿恵の親友とされる崔順実(チェ・スンシル)容疑者への機密情報の漏洩問題だ。
崔順実(チェ・スンシル)容疑者は当初はそれを認めており朴槿恵大統領も10月25日にそれを謝罪。
その後国民談話を発表したが、国民を納得させるものに至らず、29日9000人規模のデモ、5日に4万5000人規模のデモ、そして12日に大規模デモへと発展している。

これだけのデモはブラジルで最近見たくらいで韓国の不安定さが感じられる。(北朝鮮が動かないかついつい心配してしまう)

心理学的に、怒りの構造というのはコップで説明され、時間をかけてコップにたまっていくものだ。
そのコップの容量を超えるきっかけが今回の崔順実(チェ・スンシル)への機密情報漏洩にすぎず、元々韓国社会は
それ以前から社会に対する不満であふれていた。

ちょうど10月の失業率も11年ぶりの最悪水準の8.5%、高学歴ニート率OECD1位などともいわれる。
格差社会は進み特に若者の社会に対する不満は非常に強いものがある。
客観的に見ればこれは世界の経済構造の問題も大いに関係あるが、やはり不満は政権に向く。
ここにきてサムスンの不祥事続きによる韓国経済の終了を感じる事件が続き、完全に未来に希望を持てなくなっているのではないだろうか。
そうした限界的な不安感に火に油を注いだのが今回の朴槿恵大統領の不祥事だ。

これはきっかけにすぎず、韓国の将来に希望を持てない国民の怒りがいっきに放出されたタイミングであったともいえよう。

Sponsored Links

朴槿恵退陣デモの韓国の反応

今回のデモ報道の韓国の反応を見てみよう。

韓国人
デモ扇動してもあまり意味がない。大統領の残りの任期は、憲法が守ってくれる。退陣運動する人たちが、憲法を守れと叫ぶのは矛盾する。次期有力大統領候補である潘基文は、米国の新大統領のトランプに会って韓国に懸案問題を提示して帰国してるぞ
コメント
朴槿恵は今辞任するのが最高のタイミングだ。これを逃したら最悪の事態になる。指導力を失った大統領はもう賢明な判断はできない。
コメント
朝鮮日報中継よくやるよ。どういうつもりなのか?煽ってる?真実の報道だと?愛国だと?商売下心でしょ?とにかく愛国ではない。米国産牛肉輸入反対集会も、プレスの真実性や国の将来を心配しているというより商売下心の方が大きい。
コメント
憲法上、大統領下野の条件は、政権を征服ないし革命、経済の完全倒産で餓死者が続出、パラディンクーデター(憲法蹂躙)、ナンセンス不正選挙当選といった条件ががある場合だけだ
コメント
今のデモは狂乱の巫女祭りにすぎない。民主破壊だ。もし下野すると、以降のすべての大統領は下野だよ
コメント
予想よりも国民の怒りが深く大きい。デモの規模があまりにも大きい。 
コメント
退陣を拒否した場合不幸なことが起こる気がする。大統領権力にメディアや司法機関執権勢力システムが過度に攻撃した結果である。 87年の憲法システムは、もはや有効であることが疑問だな
コメント
国民にも我慢の限界があります。最後まで朴槿恵が持ちこたえたらもう強制的に権力の座から引き釣りおろすこともあるでしょう

出典:twitter&ヤフコメ

大統領の権限が特殊であることが分かる。少し調べたら、「大統領は内乱又は外患の罪を犯した場合を除いて在任中に刑事上の訴追を受けない(第84条)」というのが出てきた。
つまり今回の件について朴槿恵は逃げることができるというのだ。

韓国大統領の任期は5年、朴槿恵は2018年2月までのはずだ。あと1年ちょっとある。
韓国はどうなってしまうのか…。

それにしても動画で見ると余計にそのすごさ、国民の怒りが伝わってくるものだ。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2016-11-30

    斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ

    背水の陣を敷いていた斎藤佑樹の2016年シーズンは不本意なもので終わり、 2017年俸は4年連続ダ…
  2. 2016-12-30

    飲食店で連休休めない張り紙が炎上!その反応と対策「経営者側の準備不足に非」「サービス業で全休みだすのは非常識」

    ある飲食店の張り紙が話題になっています。 twitterに投稿された「今後の大型連休は全て休み希望…
  3. 2017-6-30

    浦和サポはなぜ問題を再三起こすの?鳥栖戦でボランティアに…反応まとめ

    浦和サポーターがまた問題を起こしてしまったようです。 6月25日アウェーで行われた鳥栖戦でのことの…
  4. 2017-6-18

    須藤凜々花総選挙壇上スピーチでなぜ結婚宣言?炎上まとめ

    イベント中止など、波乱の多かった恒例のAKB48選抜総選挙でも 最大の衝撃はNMB須藤凜々花が壇上…
  5. 2017-3-18

    ノバルティスの高血圧治療薬論文データ改ざん事件で無罪判決!なぜ?反応まとめ「”斬新”過ぎる法判断」「製薬会社はやりたい放題では」

    ノバルティスファーマとその元社員が、京都府立医科大学で行われた高血圧治療薬「ディオバン」の臨床研究で…
  6. 2016-12-13

    プレミアムフライデーは公務員だけ?メリットとデメリットとその反応をまとめてみた

    来年の2月に導入されるプレミアムフライデー。 金曜日に早く帰れる!など、様々な報道がされていますが…
  7. 2016-11-10

    トランプ大統領を予言していたシンプソンが恐ろしい!反応まとめ

    ザ・シンプソンズというテレビアニメを知っていますか? 実は今回のトランプ氏のアメリカ大統領当選を予…
ページ上部へ戻る