朴槿恵デモ激化の原因は?韓国の反応「憲法が大統領を守るのに疑問」「退陣拒否しても余計不幸に」

韓国で朴槿恵退陣要求のデモが激化している。12日に開かれたデモは今世紀最大級と言われ、
ソウル中心部の光化門(クァンファムン)は、デモの市民らで埋め尽くされた状態。100万人規模と言われる。
警官に負傷者まで出ている。
ここまで激化した原因は何か?韓国の反応とともに見ていこう。

スポンサーリンク

朴槿恵デモ激化の原因は?

朴槿恵大統領への退陣要求は留まるところを知らない。
市民の怒りは隣の日本にもかなり伝わってくる。

表面的な原因としては当サイトでも取り上げられている、朴槿恵の親友とされる崔順実(チェ・スンシル)容疑者への機密情報の漏洩問題だ。
崔順実(チェ・スンシル)容疑者は当初はそれを認めており朴槿恵大統領も10月25日にそれを謝罪。
その後国民談話を発表したが、国民を納得させるものに至らず、29日9000人規模のデモ、5日に4万5000人規模のデモ、そして12日に大規模デモへと発展している。

これだけのデモはブラジルで最近見たくらいで韓国の不安定さが感じられる。(北朝鮮が動かないかついつい心配してしまう)

心理学的に、怒りの構造というのはコップで説明され、時間をかけてコップにたまっていくものだ。
そのコップの容量を超えるきっかけが今回の崔順実(チェ・スンシル)への機密情報漏洩にすぎず、元々韓国社会は
それ以前から社会に対する不満であふれていた。

ちょうど10月の失業率も11年ぶりの最悪水準の8.5%、高学歴ニート率OECD1位などともいわれる。
格差社会は進み特に若者の社会に対する不満は非常に強いものがある。
客観的に見ればこれは世界の経済構造の問題も大いに関係あるが、やはり不満は政権に向く。
ここにきてサムスンの不祥事続きによる韓国経済の終了を感じる事件が続き、完全に未来に希望を持てなくなっているのではないだろうか。
そうした限界的な不安感に火に油を注いだのが今回の朴槿恵大統領の不祥事だ。

これはきっかけにすぎず、韓国の将来に希望を持てない国民の怒りがいっきに放出されたタイミングであったともいえよう。

スポンサーリンク

朴槿恵退陣デモの韓国の反応

今回のデモ報道の韓国の反応を見てみよう。

韓国人
デモ扇動してもあまり意味がない。大統領の残りの任期は、憲法が守ってくれる。退陣運動する人たちが、憲法を守れと叫ぶのは矛盾する。次期有力大統領候補である潘基文は、米国の新大統領のトランプに会って韓国に懸案問題を提示して帰国してるぞ
コメント
朴槿恵は今辞任するのが最高のタイミングだ。これを逃したら最悪の事態になる。指導力を失った大統領はもう賢明な判断はできない。
コメント
朝鮮日報中継よくやるよ。どういうつもりなのか?煽ってる?真実の報道だと?愛国だと?商売下心でしょ?とにかく愛国ではない。米国産牛肉輸入反対集会も、プレスの真実性や国の将来を心配しているというより商売下心の方が大きい。
コメント
憲法上、大統領下野の条件は、政権を征服ないし革命、経済の完全倒産で餓死者が続出、パラディンクーデター(憲法蹂躙)、ナンセンス不正選挙当選といった条件ががある場合だけだ
コメント
今のデモは狂乱の巫女祭りにすぎない。民主破壊だ。もし下野すると、以降のすべての大統領は下野だよ
コメント
予想よりも国民の怒りが深く大きい。デモの規模があまりにも大きい。 
コメント
退陣を拒否した場合不幸なことが起こる気がする。大統領権力にメディアや司法機関執権勢力システムが過度に攻撃した結果である。 87年の憲法システムは、もはや有効であることが疑問だな
コメント
国民にも我慢の限界があります。最後まで朴槿恵が持ちこたえたらもう強制的に権力の座から引き釣りおろすこともあるでしょう

出典:twitter&ヤフコメ

大統領の権限が特殊であることが分かる。少し調べたら、「大統領は内乱又は外患の罪を犯した場合を除いて在任中に刑事上の訴追を受けない(第84条)」というのが出てきた。
つまり今回の件について朴槿恵は逃げることができるというのだ。

韓国大統領の任期は5年、朴槿恵は2018年2月までのはずだ。あと1年ちょっとある。
韓国はどうなってしまうのか…。

それにしても動画で見ると余計にそのすごさ、国民の怒りが伝わってくるものだ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  2. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  3. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  4. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…
  5. 村田諒太選手とアッサンエンダム選手の5月20日WBAミドル級王座決定戦にて 4ラウンドでダウンを奪…
  6. 先週日曜日に行われた北朝鮮新型ミサイルの発射は、弾頭の大気圏への再突入を可能にしたなど成功であったと…

人気記事

  1. 2017-2-22

    NASA太陽系外惑星発表の日本時間と視聴リンク!反応まとめ「地球以外にも海!」「第2の地球か」「地球外生命体!?」

    NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 2017-5-17

    眞子様一時金1億円は高い?安い?への反応まとめ

    2017年5月16日、秋篠宮眞子様が民間男性とご婚約される見通しになったとの報道がありました。 皇…
  3. 2017-4-6

    カーリング男子世界選手権2017日本の結果と放送予定!平昌五輪出場はなるか?反応まとめ

    来年の平昌オリンピックの出場権をかけたカーリング男子世界選手権2017がカナダのエドモントンで予選リ…
  4. 2017-4-12

    ポテトチップスが販売中止!なぜ?反応まとめ「淋しいなあ」「ないと生きていけない」

    スナック菓子の大手各社でポテトチップスの販売中止が相次いでいます。なぜでしょう? その理由は最近の…
  5. 2017-2-9

    山田暢久の契約解除はなぜ?ネットで推測が飛び交う「仕事をしなかったのかも」「生え抜きなのに冷遇」

    浦和レッズの山田暢久元選手が突然の契約解除をされていることが分かりました。 なぜいきなりの契約解除…
  6. 2016-10-3

    ノーベル賞2016、日本人受賞者3名を大胆予想!!その根拠はどこに?

    2016年のノーベル賞受賞の発表が、10月4日から行われます。過去の実績時期との関係を使って、 各…
  7. 2017-1-30

    廃刊!?NYタイムズのトランプ批判が逆鱗に触れた内容は?海外の反応「米を第一に考えているリーダー」「実際移民はリスクがある」

    1月30日トランプ大統領は自身のtwitterで「ニューヨークタイムズは正しく経営するか、廃刊すれ…
ページ上部へ戻る