朴槿恵大統領が逮捕の可能性は在任中はない理由と聴取の韓国の反応

朴槿恵大統領が15日か16日にも大統領として初の聴取が行われる予定だ。
巷では「大統領が逮捕されるのでは?」という話もあるが、残念ながらある理由によって在任中は逮捕はない。
しかし、自ら国家機密漏洩という犯罪を認めているわけであり、韓国国民がここまで退陣を要求するのは
不条理なことではない。
今回の聴取によってどうなってしまうのか?

スポンサーリンク

朴槿恵大統領が逮捕の可能性は在任中はない理由

朴槿恵大統領が逮捕の可能性は在任中はない理由は明白だ。
単純に大韓民国憲法の大統領の規定の中に以下の条文があるからだ。

第84条 大統領は内乱又は外患の罪を犯した場合を除いて在任中に刑事上の訴追を受けない

外患とはつまりは外国から圧迫や攻撃を受けるような罪のことだ。
なので在任中は今回の罪の訴追は受けないとされるので、韓国の反応としても「憲法が納得いかない」という声は多い。

朴槿恵大統領の任期は5年なので2018年2月までなはずだ。それまで彼女は粘るつもりなのだろうか。いまだに自身の進退についてコメントしていない。

それにしても、韓国の歴代大統領が、10人中8人が亡命・失脚・死刑判決・懲役刑判決・自殺しているという話は有名で
いろんな記事で語られていると思うが、この中に朴槿恵大統領も退陣後逮捕という形がほぼ見えていて、なぜ韓国はこのようなことが
繰り返されるか、闇の深さを感じずにはいられない。

スポンサーリンク

史上初の大統領聴取への韓国の反応

それでは今回の聴取に対する韓国の反応を見てみましょう。

twitter
ますます高まる大統領退陣世論が60%越えた…。なぜ40%も支持をしているんだ?
弾劾事由はたくさんあるだろう。
憲法蹂躙、国旗乱れ、国家機密漏洩、大企業からの金品恐喝、
権力の乱用、職務遺棄、血税私有化、多すぎて…
twitter
国民のほとんどが望んでいる。退陣が正解。
twitter
朴槿恵は現実認識が全くできていない
twitter
まだ60%か。外国から身を守れて、食べてさえいければそれでいい、というやつが多すぎるんだよな
twitter
土曜日デモに必ずいく
twitter
下野ではなくギロチンが必要だ!
twitter
隠れトランプ支持者が多いように朴大統領の隠れ支持者らもすごく多いことに留意してください。政権をナメちゃいけない。野党に反対する国民も多い
twitter
なぜにここまでされて退陣しないのか?

出典:https://goo.gl/FUWC6g

酷い言葉がたくさん並んでいます。
大変残念なことですが、もう国として成り立っていないような状態であります。

朴槿恵大統領も関連記事にありますように、その生い立ちを見ると両親をテロで亡くしたところを
今回友人とされる父親に介入されたという話がありますが、判断を自分がしていたのではなく、実は友人経由の判断だったのでは
というのが今までタブーだったのが産経支社長の聴取あたりからほころび始めたように思います。

隣の国ですので、早く正常に機能する日がくることを祈ります。

■関連記事

朴槿恵(パク・クネ)大統領最大のスキャンダルの原因は42年前の実母陸英修へのテロにあった! !

朴槿恵辞任後は逮捕か?次期大統領は?韓国の反応「歴代最低」「今までと同じ末路が…」

韓国版トランプ李在明が韓国大統領に!反応まとめ「何でも日本のせいにする奴が好まれる」「むしろ韓国のサンダース」

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 幻のサメと言われるメガマウスザメが千葉県沖で網に引っ掛かったということで 一部で「地震の前兆では?…
  2. 5月21日、WBO世界スーパーフライ級で5度目の防衛を成功させた井上尚弥ですが、早速次戦が視野に入っ…
  3. 5月19日、政府はキッズウィークの創設を検討していることを明らかにしました。 しかし一部では「いら…
  4. 都議選投票日が2017年7月2日に迫るなか、就任以来鋭く対立してきた小池知事と自民党の決戦の火蓋が事…
  5. 村田諒太選手とアッサンエンダム選手の5月20日WBAミドル級王座決定戦にて 4ラウンドでダウンを奪…
  6. 先週日曜日に行われた北朝鮮新型ミサイルの発射は、弾頭の大気圏への再突入を可能にしたなど成功であったと…

人気記事

  1. 2017-5-2

    陸上の世界記録白紙を欧州陸連が提案し炎上!その反応まとめ

    欧州陸連が提案した世界記録白紙案が波紋を呼んで一部炎上しています。 果たしてどういう経緯でこのよう…
  2. 2017-2-10

    出光興産の創業家代理人辞任で昭シェルとの2017年予定だった合併ますます困難に!反応まとめ「創業家の強硬なサインきた」「こりゃ長期化しそうだね」

    出光興産の創業家代理人の浜田卓二郎弁護士が代理人を辞任した。 元々2017年に予定されていた出光と…
  3. 2017-4-25

    今村復興大臣辞任理由と過去の失言集 反応まとめ「これは擁護できない」「前回は記者にも問題があったが今回はダメ」

    4月25日に今村復興大臣が大臣を辞任しました。今回は辞任の決定打となった発言と、過去の失言集をまとめ…
  4. 2017-4-9

    フランス大統領選挙2017の極右と中道右派と中道候補の主張と世論調査での反応

    2017年フランス大統領選において極右とされるマリーヌ・ルペン氏、中道右派とされるフランソワ・フィヨ…
  5. 2017-4-18

    武力攻撃切迫事態とは?わかりやすく説明すると?反応まとめ

    4月18日、日本政府は一連の北朝鮮とアメリカの軍事的緊張の高まりやミサイルによる日本への攻撃の可能性…
  6. 2017-3-13

    WBC2017激闘制した侍ジャパン14日のキューバ戦放送予定と反応まとめ

    オランダとの4時間46分に及んだ激闘を制し今大会4連勝のWBC2017侍ジャパンは、 14日2次ラ…
  7. 2017-2-18

    移民受け入れの反対の割合から見るヨーロッパ選挙の行方と反応まとめ

    移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…
ページ上部へ戻る