松坂大輔復活か?フォームの変化と反応まとめ「かなり改善されてる」「今年で契約切れるから瀬戸際」

ソフトバンクとの契約最終年を迎えた松坂大輔に復活の気配が漂っている。
果たして怪物松坂大輔は復活を果たすのか?
それともホークス投手陣の前に復活を果たせないのか?反応と共にまとめてみた。

スポンサーリンク

今年の松坂投手に関して言われているのが「今までと投球フォームが違う」という事で
今期こそ復活するのでは?と期待されている。

去年まではそれなりの年棒をもらっているものの、まったく活躍せず日本に復帰して1軍登板はたった1回。
「給料泥棒」とかつてのヒーローが揶揄されるのはとても見ていられなかった。

それでも平成の怪物松坂の復活を待ち望む人はまだ少なくない。

ここ90日のツイッターの感情分析においても、松坂を応援する感情の方が強い。

出典:https://goo.gl/BmSzLa

去年までの松坂大輔のフォーム

松坂投手のフォームといえば決して大柄とは言えない体格から躍動感溢れる全身がバネのように見える投球フォームが印象的だったが、2015年に肩の手術を受け、大リーグ在籍時に中継ぎで起用されたりしている内に投球フォームが変わってしまっていたことが
もっぱら話題になる。
特に肩の手術を受けて暫くは痛みもあり満足にいかなかったようだ。

マイナビニュースで、自然身体構造研究所の吉澤雅之は次のように指摘している。

「日本在籍時の松坂投手の一番の特徴は、下半身の使い方にありました。高校時代、甲子園のマウンドで投げていた松坂投手を思い出してください。リリース時に軸足が”ビュッ”と宙に浮き、上半身が沈んでいく動きと同時に、後ろ足が”フッ”と脱力する松坂投手独特の動きをしていたと思います」
「(大リーグにいってそれが失われた)(大リーグで変化したのは)理由はマウンドの硬さにあります。日本に比べてメジャーのマウンドは硬く、踏み込んだ足から、上体の力(重さ)を逃がすことが難しい。すると、松坂投手の下半身の動きは制限されてしまいます。スムーズな体重移動が失われ、後ろ足を引きずるような投げ方になってしまいました」
「前足で体重を逃がすことができなくなった分、メジャー時代の松坂投手の投球フォームは、縦回転から横回転に変わってしまった印象があります。身体を横回転に使えば、マウンドの硬さに関係なく、上体の力(重さ)を踏み込んだ足から横方向に逃がすことが容易になるからです。メジャー時代の松坂投手は、まるでサイドスローのような投球フォームに変化してしまいました」
出典:https://goo.gl/bU0oao

このように、大リーグでの環境の違いによってすっかりフォームが変わってしまったことを指摘している。
また、肩の手術による肩の痛みも抱えていて、痛まない投げ方をしていたためにフォームがすっかり変わってしまったことも加えてある。
これは、去年のプエルトリコでの調整で「なくなった」と本人は言っている。

現在の松坂大輔のフォームの変化

今年のキャンプでは体重を大幅に絞っていることもプラスに働いているようだが
それだけではなく、桑田真澄氏のアドバイスや本人のプエリトルコでの調整などが大きく功を奏て
誰もが口をそろえて「フォームに変化がありよくなった」という。

元ダイエーの評論家・池田親興氏による指摘は以下

「これまでは、肩の痛みが出ない場所を探しながら投げているようだったが、そういう違和感が見ていてなくなった。本人と話をすると、『やっと不安が消えた』という。右肩の手術(2015年8月)から1年以上が経過して痛みがなくなったことで、テイクバックの際に、胸をしっかりと張って、肩甲骨がくっつくような動きができるようになった。肩甲骨の稼動域が広がったのだ。
これまでは肩の不調から、稼動域がなかったので、首や体を振って反動をつけるようなフォームでなければ、納得のいくボールを投げることができなかったようだが、肩甲骨が動くようになってからは、そういう無駄な動きをしなくとも、思ったようなボールを投げることができはじめている。首も大きく動かずフォームのぶれがなくなっているのだ。
松坂が模索している新しいスタイルへの挑戦は、コントロールが大事になってくる。そのためにはフォームが安定することは必須なので方向性としては期待が持てるものだと思う。投げ込みながら、ぶれのないフォームが固まりつつある」
出典:https://goo.gl/QJz0nx

スポンサーリンク

松坂復活、ネットでも様々な反応

松坂大輔が復活したのでは?今回のフォームの変化でそんな声が続々と届いています。

ポジティブな反応

twitter
ついに怪物復活か?
twitter
同世代なんで頑張ってほしい
twitter
久しぶりに輝く松坂大輔見たい
twitter
好調!
ヤフコメ
松坂には200勝して欲しい
twitter
まだ応援している頑張ってほしい!
ヤフコメ
アンチに負けるな!
ヤフコメ
まだ居場所はある
ヤフコメ
かなりフォームが改善されている!

ネガティブな反応

ヤフコメ
ホークス投手陣の中じゃ出番ないだろう
ヤフコメ
去年楽天にめった打ちされてるし
ヤフコメ
年だし無理
ヤフコメ
今年で引退だろう
ヤフコメ
もう若手が沢山いるから松坂不要
ヤフコメ
工藤使うんだろうなあ。だから栗山に負けるんだよ
ヤフコメ
今年で契約が切れるから本当に瀬戸際
ヤフコメ
1勝だって、難しい
ヤフコメ
3年で12億なんだから、今年20勝以上しないと元をとれない

出典:twitter &https://goo.gl/QJz0nx

果たして怪物松坂大輔に復活の日がやって来るのか?
鍵は工藤監督にあります。
工藤監督は「同じ成績なら実績を残しているベテランを優先して起用する。ベテランを越えたいなら若手はそれ以上の成績を出さないといけない」と話しています。
ようするに同じ力ならベテランを優先して起用するという話です。

今年のホークス投手陣で先発ローテーション入りが確実なのは千賀¥・武田・和田・バンデンハーグの4人です。
が今年はWBCがあり和田投手以外はWBCに出る為に場合によってはチームへの合流が開幕直前となる事になります。
そうなると3人は開幕からというのは難しく工藤監督は「1回飛ばすかも」と開幕直後は投げさせない事を示唆しています。

なので松坂投手にもチャンスが出てきますが、昨年ローテーションで活躍した東浜投手や若手も松本高橋笠原といった選手がいてライバルは多いです。
勿論ドラフト1位の田中投手もいます。ですから決して今が良いから怪物復活をというのはまだまだ現実性は薄いと言えるところではあります。
コメントもどうしてもネガティブの方が多かったです。
でも、それを跳ね返せるか、なんだかんだ少し期待しているところはあります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、現在ソウル滞在中の橋下前大阪市長は、 「トランプ氏と金正恩との…
  2. 4月29日6時、北朝鮮が弾道ミサイルを発射しましたが、発射後すぐに失敗に終わりました。 サイバー攻…
  3. 4月29日早朝、北朝鮮がミサイルを発射しました。このミサイル発射を受けて東京メトロが運転を全線で一時…
  4. ゴールデンウイークの初日の29日午前5時30分ごろ、北朝鮮が西部の平安南道北倉から弾道ミサイル1発を…
  5. ロイヤルホストやガストに続き、モスバーガーも営業時間短縮を発表しました。 政府や自治体が主体となっ…
  6. 4月25日に行われたACLグループリーグの水原三星対川崎フロンターレ戦で、 川崎サポーターが旭日旗…

人気記事

  1. 2016-11-17

    サリーモーガンの日本の未来予知YATITの意味解読をまとめ

    水曜エンタでイギリスの超能力者サリーモーガンが日本の未来の予知をしたところ、 「YATIT」という…
  2. 2017-1-8

    慰安婦少女像措置の朝日社説炎上はなぜ?反応まとめ「自身の捏造を棚に上げて」「放火しておいて..」

    慰安婦少女像設置に対する日本政府の強い措置に対してさまざまな新聞社が自身の立場から社説を発表していま…
  3. 2016-12-18

    鹿島アントラーズの海外の反応は?ジーコも絶賛「歴史に刻んだことを誇りに」他「物おじしないことを願う」

    鹿島アントラーズが想定外の快進撃を見せています。ジーコも絶賛した海外の反応を見てみましょう。 …
  4. 2017-1-11

    フランスで「つながらない権利法」施行!海外の反応は?「よくやったフランス!」「切断しろと命令されるのは腹が立つ」

    1月1日に、営業時間外にデジタル通信からアクセス遮断をする権利を守る「つながらない権利法」がフランス…
  5. 2017-2-10

    日米首脳会談の場所についてとゴルフ外交の賛否!海外の反応「オバマがやらなかったやり方でいい」「3週間働いてもう休暇をとるのか?」

    日米首脳会談が2月10日(金)と迫っています。 電話会談後は直接会う首脳会談の場所はワシントンが予…
  6. 2016-10-20

    将棋の三浦九段のスマホ疑惑はなぜ?反応まとめ

    今、将棋界が揺れています。三浦弘行九段が対局中に スマートフォンで将棋ソフトを使用したとの疑いが持…
  7. 2017-1-28

    韓国経済の現状が第2のIMF危機と言われる理由 韓国の反応「完全に同意」「朴槿恵万歳…」

    韓国経済は実は2017年現状非常にマズイ状態となっています。 1月28日に中央日報が「韓国は第2の…
ページ上部へ戻る