松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

松坂投手が日本復帰後初めて1軍のマウントにあがりました。
結果は大乱調…。甲子園のヒーローでその後のプロ野球での活躍を知っている人はまるで悪夢を見ている感覚でしょう。
筆者も同じ世代だけにちょっと目をそむけてしまいます。なぜ炎上続きなのか?
そしてネットでは果たしてどんな反応が出てきたでしょうか?

スポンサーリンク

松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?

松坂投手は昨年推定4年契約年俸4億と言われている大型契約でソフトバンクに加入も故障もあり昨年は1軍登板なし。
今年もホームの試合でも結果が出ない中シーズン最終戦に中継登板しました。結果は1回を投げ4失点でした。

ネット上の反応を見るには2つに分けなければなりません。
ホークスファンであるか否かです。

ホークスファンでない人は
「松坂やっぱりダメか」
「キツいなぁ」
など大きな分け方をすれば「ガッカリ」という感情から来るツイートやコメントが目立ちました。

一方でホークスファンはどのような感情か。
まず前提条件としてホークスファンの大多数は日ハムに11.5ゲームを引っくり返された事に対して怒りに満ち溢れています。
そこに松坂の大乱調。
ただえさえホークスファンの中には松坂投手への贔屓や過度の配慮遠慮があるとの不信感が工藤監督に向けられていて

「さっさと引退しろ」
「工藤ふざけるな」
など厳しい声が多数ありました。

また松坂投手がマウンドに上がった時にはまだ2点差で逆転のチャンスがあったにも関わらず試合を壊した松坂投手への怒りの声もありました。

スポンサーリンク

工藤監督にも矛先が向かう

また試合後に工藤監督が「松坂をクライマックスシリーズでは投げさせない」と発言しました。
それに対して

twitter
「何を今更」
twitter
「そんな事とうの昔に分かってるだろう」

と工藤監督への反応もホークスファンからは目立ちました。
これは先程書いたように歴史的大逆転でのV逸へのイライラした感情から来るものがネット上の反応にはありました。

ツイートの中に

twitter
これで松坂自身が諦めて引退決断しないだろうか?
という趣旨のツイートがありました。

契約が2年あるので球団から戦力外に出来ないから自ら身を引く事を期待する向きがありますがこれはあり得ない話だと私は思います。

松坂投手をホークスに入団させようと孫正義オーナー自ら号令を出し条件を上方修正した経緯がありました。
これで松坂投手が辞めたら孫オーナーが何を言い出すか分からないだけにおそらく契約が終わるまで引退はないでしょう。
こういう選手に約8億を2年で払うソフトバンクホークスは金銭感覚が麻痺してると言わざるえない…というのが多くのファンの本音でしょう。

実際のところ、2015年トミージョンの右肩手術をしたのは失敗だったのでは?という声もあります。ダルビッシュなんかはそれをして成功していますが
「利き腕の肩を手術して、カムバックした投手は本当に少ない。日本ではそのまま引退した投手のほうが圧倒的に多い」(プロ野球解説者)
という声もあります。

「伊藤智仁(元ヤクルト)・斉藤和巳(元ソフトバンク)は右肩にメスを入れ、そのまま引退」という事実があり、本当は松坂も投げれる肩じゃないのだけれど孫オーナーの号令でやめられないんじゃ….という憶測も。

松坂投手は2015年以前にもレッドソックス時代の2011年6月に右肘靱帯の修復手術を行い復帰後乱調だった。
そのへんから彼が本来の投球ができないもどかしさから力づくでどうにかしようとして投球フォームが崩れ迷宮入りしたように思える。

そこに来て、大型契約…。彼は板挟みになっているのかもしれない…。
かつてのヒーローの、こんな姿を見たくないというのは私だけではないでしょう…。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  2. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  3. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…
  4. 中国で子供の才能遺伝子検査が大流行しているようだ。 なぜ今の中国でこの産業が盛んなのかを見て行き、…
  5. フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  6. 移民受け入れ反対の具体的な数字が出ていたので紹介します。 また、そのメリット、デメリットも合わせて…

人気記事

  1. 2017-1-14

    千代田区長選の情勢は?小池都知事と都議会自民党が激突!反応まとめ

    今月29日告示される千代田区長選に、小池都知事支持の現職と都議会自民党が推薦する 与謝野馨元財務相…
  2. 2017-2-19

    樋口新葉を嫌いと浅田ファンが炎上の件と海外の反応まとめ「柔らかい着氷が好き」「優雅な演技」

    フィギュアスケート四大陸選手権2017女子の競技を終え、樋口新葉選手は9位の惨敗と終わりました。 …
  3. 2016-10-3

    女子ゴルフ長野未祈の評価と反応まとめ「世代交代の波を強く感じる」「メンタルの弱さが出た」

    日本女子オープンゴルフ選手権競技で惜しくも優勝を逃したものの、弱冠15歳ながら大活躍した長野未祈(み…
  4. 2016-12-20

    なんでも鑑定団史上最大のお宝”曜変天目茶碗”の値段は?

    なんでも鑑定団史上最大の発見がされたと12月20日報じられた。20日のなんでも鑑定団で披露されるのだ…
  5. 2016-10-7

    シャラポワ処分短縮なぜ?復帰はいつ?反応まとめ「かわいいから許す!」「選手としては終わったのでは?」

    処分短縮によりシャラポワの出場停止期間が、当初の2年から1年3か月に9か月短縮される。 ドーピング…
  6. 2016-12-27

    平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

    全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった 平昌…
  7. 2016-10-14

    ノルウェースキー界の女王テレーセヨーハウグがドーピング陽性で号泣の記者会見!動画あり反応まとめ

    10月13日、ノルウェースキー界の女王テレーセヨーハウグ選手が ドーピング検査で陽性反応が出たとし…
ページ上部へ戻る