松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

松坂投手が日本復帰後初めて1軍のマウントにあがりました。
結果は大乱調…。甲子園のヒーローでその後のプロ野球での活躍を知っている人はまるで悪夢を見ている感覚でしょう。
筆者も同じ世代だけにちょっと目をそむけてしまいます。なぜ炎上続きなのか?
そしてネットでは果たしてどんな反応が出てきたでしょうか?

スポンサーリンク

松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?

松坂投手は昨年推定4年契約年俸4億と言われている大型契約でソフトバンクに加入も故障もあり昨年は1軍登板なし。
今年もホームの試合でも結果が出ない中シーズン最終戦に中継登板しました。結果は1回を投げ4失点でした。

ネット上の反応を見るには2つに分けなければなりません。
ホークスファンであるか否かです。

ホークスファンでない人は
「松坂やっぱりダメか」
「キツいなぁ」
など大きな分け方をすれば「ガッカリ」という感情から来るツイートやコメントが目立ちました。

一方でホークスファンはどのような感情か。
まず前提条件としてホークスファンの大多数は日ハムに11.5ゲームを引っくり返された事に対して怒りに満ち溢れています。
そこに松坂の大乱調。
ただえさえホークスファンの中には松坂投手への贔屓や過度の配慮遠慮があるとの不信感が工藤監督に向けられていて

「さっさと引退しろ」
「工藤ふざけるな」
など厳しい声が多数ありました。

また松坂投手がマウンドに上がった時にはまだ2点差で逆転のチャンスがあったにも関わらず試合を壊した松坂投手への怒りの声もありました。

スポンサーリンク

工藤監督にも矛先が向かう

また試合後に工藤監督が「松坂をクライマックスシリーズでは投げさせない」と発言しました。
それに対して

twitter
「何を今更」
twitter
「そんな事とうの昔に分かってるだろう」

と工藤監督への反応もホークスファンからは目立ちました。
これは先程書いたように歴史的大逆転でのV逸へのイライラした感情から来るものがネット上の反応にはありました。

ツイートの中に

twitter
これで松坂自身が諦めて引退決断しないだろうか?
という趣旨のツイートがありました。

契約が2年あるので球団から戦力外に出来ないから自ら身を引く事を期待する向きがありますがこれはあり得ない話だと私は思います。

松坂投手をホークスに入団させようと孫正義オーナー自ら号令を出し条件を上方修正した経緯がありました。
これで松坂投手が辞めたら孫オーナーが何を言い出すか分からないだけにおそらく契約が終わるまで引退はないでしょう。
こういう選手に約8億を2年で払うソフトバンクホークスは金銭感覚が麻痺してると言わざるえない…というのが多くのファンの本音でしょう。

実際のところ、2015年トミージョンの右肩手術をしたのは失敗だったのでは?という声もあります。ダルビッシュなんかはそれをして成功していますが
「利き腕の肩を手術して、カムバックした投手は本当に少ない。日本ではそのまま引退した投手のほうが圧倒的に多い」(プロ野球解説者)
という声もあります。

「伊藤智仁(元ヤクルト)・斉藤和巳(元ソフトバンク)は右肩にメスを入れ、そのまま引退」という事実があり、本当は松坂も投げれる肩じゃないのだけれど孫オーナーの号令でやめられないんじゃ….という憶測も。

松坂投手は2015年以前にもレッドソックス時代の2011年6月に右肘靱帯の修復手術を行い復帰後乱調だった。
そのへんから彼が本来の投球ができないもどかしさから力づくでどうにかしようとして投球フォームが崩れ迷宮入りしたように思える。

そこに来て、大型契約…。彼は板挟みになっているのかもしれない…。
かつてのヒーローの、こんな姿を見たくないというのは私だけではないでしょう…。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. タレントの陣内智則さんがフジテレビのアナウンサー松村未央さんと再婚することが24日分かりました。 …
  2. 5/18国連人権理事会の特別報告者ジョセフ・カナタチ氏が、先日衆議院を通った共謀罪法案について 安…
  3. 5月22日のマンチェスターでの爆発事件。 この事件で8歳の少女が犠牲となっていたことが新たに分かり…
  4. 非人道的な爆弾として知られるクラスター爆弾の製造企業に対し、 日本の4つの企業が投融資していたこと…
  5. 5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  6. スパイ行為に関わったとして3月末、日本地下探査社員6人が 中国の国家安全当局に山東省と海南省で拘束…

人気記事

  1. 2016-10-6

    石原慎太郎元知事の豊洲盛り土問題の責任は?ヒアリング一転拒否で厚化粧発言の勢いはどこに?反応まとめ「まるで別人」「逃げようなんて甘いわ」

    豊洲市場の盛り土問題で、調査に協力する意思を示していた石原慎太郎元知事が、 一転して、都のヒアリン…
  2. 2017-5-15

    インドネシア高速鉄道の2017年5月最新情報中国開発銀行の融資は?反応まとめ「5%も進んでないだろ」「安物買いの銭失い」

    中国が逆転受注し、2015年に着工、2019年に開業予定のインドネシア高速鉄道(ジャカルタ-バンドン…
  3. 2017-4-5

    今村復興大臣のネクタイがエヴァ柄な理由とその反応

    今村復興大臣のネクタイの柄がエヴァンゲリヲンということで話題になっています。 確かに渋いスーツの胸…
  4. 2017-2-27

    アマゾンにヤマト運輸が限界!でも撤退したら影響は?「行き過ぎのサービスを再考すべき時」

    2013年に佐川急便から撤退し、ヤマト運輸に乗り換えたアマゾン。 しかし、現在ヤマトもパンク状態で…
  5. 2017-4-7

    シリアに米軍が巡行ミサイル!海外の反応「トランプが立ち上がった」「オバマが残した問題を片づける」

    4月6日、シリアに米軍が巡航ミサイルを発射し、アサド政権への軍事攻撃を行った事が米メディアにより報道…
  6. 2017-3-27

    てるみくらぶ倒産!帝国データバンクに2017/3/27にやっと情報が出る!反応まとめ「全額現金振込限定になったからヤバいのかと」

    てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  7. 2017-1-21

    トランプ大統領の就任式演説から日本人は何を読み解くべきか?反応まとめ

    予想通りアメリカンファーストを掲げたトランプ大統領の就任式演説から我々日本人は何を読み解き、 今後…
ページ上部へ戻る