松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ「復活を遂げたら、間違いなく泣くわ」

松坂大輔(36)が。プエルトリコのウインターリーグで、、今季復調の手ごたえをつかんだといわれ、
昨日の自主トレ公開では、いままで見られなかった引き締まった痩せた姿をみせた松坂大輔(36)が
3年契約最終年を迎える2017年での完全復活の可能性は期待できるのか?反応もまとめてみた。

スポンサーリンク

松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ

松坂投手は一昨年推定3年12億円の大型契約でソフトバンクに加入するも故障もあり一昨年は1軍登板なし。
昨年も結果が出ない中、シーズン最終戦に中継登板したが、結果は1回を投げ4失点と大炎上で終わった。

まず、平成の怪物と言われた松坂の西部入団以来のこれまでの成績を見てみましょう(Wikipedia参照)。

松坂大輔のこれまでの成績

1999年の西武入団以来、史上初となる高卒1年目から3年連続最多勝の活躍に加え、
2回のWBC日本代表で、2回連続のMVPに選出され、日本チームの世界一に貢献するなど、
野球界を代表する投手として素晴らしい成績を残してきた。

さらに、2007年MLBのレッドソックスに移ってからも08年に18勝期待に応える大活躍をしていた。
それが、2011年のトミー・ジョン手術を受けた以降、暗転する。

それ以降のインディアンスマイナー、メッツ時代に結果を残せず、
2014年末にソフトバンクと契約を結び、日本復帰したわけである。
そして、この2年間もファンの期待を裏切り続けてきた。

特に、昨年10月2日の楽天戦での、悪夢の日本球界復帰後初登板での大炎上でファンにも見放された感があった。

現在の松坂そして、今季にかける思いはどうか?

昨年末、プエルトリコのウインターリーグに参戦し、4試合に先発し、
0勝3敗と勝ち星こそつかなかったものの、防御率2・70として、今季復調の手ごたえをつかんだと言われる。

さらに昨日の自主トレを公開では、体も絞れ、自身の投球フォームの映像にも納得していたという。

今年は、これまでの松坂と何が違うのか
1. フォームの改造 昨季後にフォームを改造した。「左腕の使い方を意識して、全体の流れが変わった。
左腕を出す方向。体がスムーズに動く」と話す。プエルトリコでそれ以降安定したというノーワインドアップに変えるのかもしれない。

2. 体の絞り込み プエルトリコのウインターリーグでの実戦など、
今年のオフを無休で過ごし、体重を10kg近く減らしたのではといわれており、
昨年と比べ、明らかに体は絞り込まれている。

3. 自信が戻ってきて、明るくなった 「今年の投げている映像と去年を比べたら、
明らかに違ったので。大丈夫だと、やってきたことが形になりつつあると思いました」と本人は述べている。

プエルトリコ・ウインターリーグでの手ごたえというのは、4試合のうちの1試合目では、相変わらず、
6四球をだす不安定さであったが、以降の試合でノーワインドアップにしてから安定し、
またこれまで、150キロ超のストレートの剛球で打者を封じてきたが、
プエルトリコではツーシームを多投して打たせて取るピッチングで。投球に安定感が出てきたというものである。

ただ、昨季終了後のこれだけの変化で、これまで、5年間も苦しんできた投球がそう簡単に復活するものであろうか?

スポンサーリンク

松坂大輔2017年完全復活に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

厳しい意見もありますが、ファンの期待が大きいことが分かります。
ただ、「大輔投手が見事な復活を遂げたら、間違いなく泣くわ…」に表れているように本音では、
本当に復活できるのかという思いも強いようです。

厳しい言い方をすれば、昔の松坂をイメージして復活を願うファンや記者が
過剰な期待を込めて、松坂を見ているからのように思える。

松坂の最終年の今年にかける意気込みは分かり、
復活を期待するのに変わりはないが、もし復活すれば、奇跡の復活となるであろう。

是非、筆者の予測を大いに裏切って奇跡の復活を遂げてほしいものだ。

■関連記事
松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 神奈川県大磯町にある中学校で出される給食の食べ残しが問題になっています。 全国平均と比べてもこの地…
  2. リナレスvsキャンベル戦が9月23日(日本時間は24日)に行われます。 ライト級となります。 リ…
  3. 2017年9月20日安室奈美恵さんが急きょ引退を発表しました。 が、引退理由が明確ではなく、「なぜ…
  4. 2017年9月19日の国連総会で初の一般討論演説が強烈すぎて物議をかもしている。 北朝鮮を痛烈に批…
  5. 2017年10月2日からカナダモントリオールで開催される世界体操が報道され始めています。 なんとい…
  6. フォルダブルスマホ、なんだそれ?と思って調べてみましたが、一瞬にして欲しい、と思ってしまいました。 …

人気記事

  1. 2017-1-19

    アパホテル書籍置き続ける対応に中国の反応は?「我慢ならぬ」「絶対に泊まらないように」「右の勢力が日に日に強まっている」

    アパホテルが南京大虐さつなどが捏造とされるアパグループ社長の書籍である『本当の日本の歴史 理論近現代…
  2. 2017-1-8

    慰安婦少女像措置の朝日社説炎上はなぜ?反応まとめ「自身の捏造を棚に上げて」「放火しておいて..」

    慰安婦少女像設置に対する日本政府の強い措置に対してさまざまな新聞社が自身の立場から社説を発表していま…
  3. 2017-6-17

    米イージス駆逐艦フィッツジェラルドが衝突はなぜ?海外の反応「経験者だがこんなこと両者が寝てない限りありえない」「最先端システム使えないのか」

    米イージス駆逐艦フィッツジェラルドが17日午前2時20分ごろに静岡県南伊豆町の石廊崎沖合にて フィ…
  4. 2017-5-13

    5月13日戦争が起こると嘘っぽい予言を言う預言者の素性を調べてみた

    5月13日から10月13日の間、人類にとって非常に危険な期間で、戦争が起こると予言している有名な預言…
  5. 2016-12-5

    イタリア国民投票の結果とその後どうなる?を分かりやすくまとめてみた

    さていよいよイタリア国民投票が始まりました。 投票結果は日本時間12月5日の7:00の投票締め切り…
  6. 2017-5-12

    ファティマ第三の予言が2017年5月はデマか本当か?反応まとめ「北朝鮮危機にこじつけた」「日付は指定されてない」

    今回は少しオカルト的な内容となりますが、非常に面白い話なので紹介します。 事実と創られた話の境がわ…
  7. 2017-5-4

    北朝鮮中国との関係さらに悪化!米制裁同調非難はなぜ?反応まとめ「裏で繋がってじゃねぇの」「中国は嫌いだが今回は見直した」

    2017年5月3日北朝鮮が伝統的友好国であった中国を名指しで、異例の非難を行った。中国が米国制裁に同…
ページ上部へ戻る