松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ「復活を遂げたら、間違いなく泣くわ」

松坂大輔(36)が。プエルトリコのウインターリーグで、、今季復調の手ごたえをつかんだといわれ、
昨日の自主トレ公開では、いままで見られなかった引き締まった痩せた姿をみせた松坂大輔(36)が
3年契約最終年を迎える2017年での完全復活の可能性は期待できるのか?反応もまとめてみた。

スポンサーリンク

松坂大輔現在の痩せた姿から2017年完全復活はあるか?反応まとめ

松坂投手は一昨年推定3年12億円の大型契約でソフトバンクに加入するも故障もあり一昨年は1軍登板なし。
昨年も結果が出ない中、シーズン最終戦に中継登板したが、結果は1回を投げ4失点と大炎上で終わった。

まず、平成の怪物と言われた松坂の西部入団以来のこれまでの成績を見てみましょう(Wikipedia参照)。

松坂大輔のこれまでの成績

1999年の西武入団以来、史上初となる高卒1年目から3年連続最多勝の活躍に加え、
2回のWBC日本代表で、2回連続のMVPに選出され、日本チームの世界一に貢献するなど、
野球界を代表する投手として素晴らしい成績を残してきた。

さらに、2007年MLBのレッドソックスに移ってからも08年に18勝期待に応える大活躍をしていた。
それが、2011年のトミー・ジョン手術を受けた以降、暗転する。

それ以降のインディアンスマイナー、メッツ時代に結果を残せず、
2014年末にソフトバンクと契約を結び、日本復帰したわけである。
そして、この2年間もファンの期待を裏切り続けてきた。

特に、昨年10月2日の楽天戦での、悪夢の日本球界復帰後初登板での大炎上でファンにも見放された感があった。

現在の松坂そして、今季にかける思いはどうか?

昨年末、プエルトリコのウインターリーグに参戦し、4試合に先発し、
0勝3敗と勝ち星こそつかなかったものの、防御率2・70として、今季復調の手ごたえをつかんだと言われる。

さらに昨日の自主トレを公開では、体も絞れ、自身の投球フォームの映像にも納得していたという。

今年は、これまでの松坂と何が違うのか
1. フォームの改造 昨季後にフォームを改造した。「左腕の使い方を意識して、全体の流れが変わった。
左腕を出す方向。体がスムーズに動く」と話す。プエルトリコでそれ以降安定したというノーワインドアップに変えるのかもしれない。

2. 体の絞り込み プエルトリコのウインターリーグでの実戦など、
今年のオフを無休で過ごし、体重を10kg近く減らしたのではといわれており、
昨年と比べ、明らかに体は絞り込まれている。

3. 自信が戻ってきて、明るくなった 「今年の投げている映像と去年を比べたら、
明らかに違ったので。大丈夫だと、やってきたことが形になりつつあると思いました」と本人は述べている。

プエルトリコ・ウインターリーグでの手ごたえというのは、4試合のうちの1試合目では、相変わらず、
6四球をだす不安定さであったが、以降の試合でノーワインドアップにしてから安定し、
またこれまで、150キロ超のストレートの剛球で打者を封じてきたが、
プエルトリコではツーシームを多投して打たせて取るピッチングで。投球に安定感が出てきたというものである。

ただ、昨季終了後のこれだけの変化で、これまで、5年間も苦しんできた投球がそう簡単に復活するものであろうか?

スポンサーリンク

松坂大輔2017年完全復活に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

厳しい意見もありますが、ファンの期待が大きいことが分かります。
ただ、「大輔投手が見事な復活を遂げたら、間違いなく泣くわ…」に表れているように本音では、
本当に復活できるのかという思いも強いようです。

厳しい言い方をすれば、昔の松坂をイメージして復活を願うファンや記者が
過剰な期待を込めて、松坂を見ているからのように思える。

松坂の最終年の今年にかける意気込みは分かり、
復活を期待するのに変わりはないが、もし復活すれば、奇跡の復活となるであろう。

是非、筆者の予測を大いに裏切って奇跡の復活を遂げてほしいものだ。

■関連記事
松坂大輔投手が炎上続きなのはなぜ?反応をまとめてみた

斎藤佑樹2017年俸は4年連続ダウンの 2000万円に。復活はいつ?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  2. 2月21日に自民党の小泉進次郎議員が少子化対策として「こども保険」という新たな制度を検討すると発表し…
  3. 2月22日にNASAが驚愕の発表をしました。 なんと太陽系から約40光年離れた宇宙に、地球と似た大…
  4. NASAが非常に興味深い「新発見に関する緊急記者会見」を22日の午後1時、すなわち日本時間23日の3…
  5. 先日亡くなった金正男の息子・ハンソルに注目が集まっています。 彼も命の危険があると言われますが、彼…
  6. 政府は2月19日、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減されるフランス流「世帯課税方式」の導入を検討すると…

人気記事

  1. 2016-10-25

    u-19アジア選手権2016 速報日本準々決勝で、タジキスタンに4-0で快勝!10年ぶりU―20W杯へ!

    2020年東京オリンピックを担う世代のAFC U-19アジア選手権で、日本はバーレーンで準々決勝でタ…
  2. 2017-2-13

    清水富美加引退理由の月給5万労働は本当?東京喰種嫌悪から感じる違和感と反応

    清水富美加さんの引退理由が幸福の科学から報道されましたが、「本当に?」と思う部分や違和感を感じた人が…
  3. 2016-12-1

    メルセデスベンツが特製ラーメン販売はなぜ?どこにある?その反応「何か違う」「高級だ」

    高級車として有名な「メルセデス・ベンツ」 なんとその「メルセデス・ベンツ」で特製ラーメンが販売され…
  4. 2016-12-4

    原爆ドームにイルミネーションの画像に様々な反応「難しい」「きれいは違う」「人が来ることが大事」

    原爆ドームが世界遺産登録20周年を迎えるということで、12月7日から来年2月5日まで、広島市などがド…
  5. 2017-1-17

    ベビーフードダイエットの放送で炎上!反応まとめ「必要としている人が買えない」「こうなること分かってるのに」

    1月16日放送の「ピラミッドダービー」にてベビーフードダイエットについて放送したところ 通販サイト…
  6. 2016-12-5

    問題のカジノ解禁法案が、最短で衆議院成立へ!なぜ急ぐ?反応まとめ

    議員提案された問題の「カジノ解禁法案」が12月2日、衆議院内閣委員会で 自民党と日本維新の会などの…
  7. 2017-1-30

    廃刊!?NYタイムズのトランプ批判が逆鱗に触れた内容は?海外の反応「米を第一に考えているリーダー」「実際移民はリスクがある」

    1月30日トランプ大統領は自身のtwitterで「ニューヨークタイムズは正しく経営するか、廃刊すれ…
ページ上部へ戻る