植松優友がトライアウト結果は?ナックルボーラーが帰ってくる?反応まとめ

先日甲子園で開催されたプロ野球トライアウトに参加した植松優友さんが注目されています。
それはなぜでしょうか?
実は私も記憶の片隅にあって調べなおして思い出したのですが非常に面白い選手で幻のナックルボールを投げれる希少な選手なのです。
結果はどうなるでしょうか?

スポンサーリンク

植松優友がトライアウト結果は?ナックルボーラーが帰ってくる?

11月12日に行われたトライアウト。結果は1週間以内に興味のある球団が獲得するか、キャンプ招致の連絡をする必要がありますので
19日までには出ることでしょう。

それでは今回植松優友選手がなぜ注目されているのか紹介していきましょう。

トライアウトとは?

プロ野球トライアウトとは12球団から戦力外通告された選手や元プロ野球選手が12球団関係者の前で打撃や投球をするもので、ここから入団テストや実際に契約に繋がるケースもあります。
植松選手はプロとしての契約投手になろうと再び目指したのですね。

植松優友選手とは?

植松さんは2007年のドラフト会議で金光大阪高校からロッテにドラフト3位指名され入団しました。
甲子園にて中田翔を13打席無安打に抑えた実績から、一部では「中田翔キラー」と言われた左腕でしたが故障が多く目立つ成績は残せずに2015年シーズン終わりで戦力外を通告されました。しかしロッテは植松さんと打撃投手として契約をしました。(あくまで打者のための打撃投手で戦力とは違う)

今回植松さんが注目されたポイントとしては打撃投手に転身したのにトライアウトを受験したことに加えナックルボールを投げていたという事です。ナックルボールとは変化球の種類で投げる投手もボールの行方がわからないと言われる位変化があるボールで日本の投手ではロッテや巨人で活躍した左腕の前田幸長さんが有名です。

分かりやすいのは本人も言っているのですが「本田選手の無回転シュート」のようなものです。

スポンサーリンク

植松選手カムバック?ネットの反応

今回の植松さんのニュースを見たネットの反応は様々でした。

twitter
「頑張ってほしい!」
twitter
「ロッテに復帰?」
twitter
「中田翔キラーの植松か」
twitter
「中田翔キラーの左腕か」
twitter
「いやいや厳しいだろう」
twitter
「打撃投手と現役投手は違うぞ」
twitter
「左腕は魅力的だけど」
twitter
「成績残せてないじゃん」

出典:twitter

という否定的な声もありました。また植松さん以外にもナックルボールを投げた投手がいましたが共通していたのはストレートの球速表示がスピードが遅いということで「スピードガン壊れてるんじゃない?」という声もありましたが、「一人でも多く次のチームが決まってほしい」という声が目立ちました
昨年トライアウトに参加した選手の中で12球団のいずれかに入団できた選手は1割以下で平均しても契約に繋がる確率は決して高くありません。
しかも打撃投手として1年投げていたとはいえブランクがあります。
とはいえトライアウト終了後の植松さんは満足感を持ったとの事なんでよかったと思いますし、一人でも多く現役を続行できればと願います。
ただ残念なのは以前は2回開催されていたトライアウトが今は1度しか開催されないという事です。少しでもチャンスは多くないとダメだと感じます。

>>追記

12月に入りましたが、どう検索しても結果について情報がありません。
19日以降何もなかったということでしょう。
つまり残念ながら、獲得に動いた球団がなかったと推測されます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. アパホテルが南京大虐さつが捏造であるという主張を含むアパグループ社長の「本当の日本の歴史 理論近現代…
  2. 小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
  3. 慰安婦問題で揺れる今、なんというタイミングでしょう。 アパホテル全室に置いてあるという社長の「理論…
  4. 英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
  5. 1月16日放送の「ピラミッドダービー」にてベビーフードダイエットについて放送したところ 通販サイト…
  6. ついに飲食店内を原則禁煙とする法律・健康増進法改正案の概要が1月16日にあきらかになり、20日国会に…

人気記事

  1. 2016-10-7

    シャラポワ処分短縮なぜ?復帰はいつ?反応まとめ「かわいいから許す!」「選手としては終わったのでは?」

    処分短縮によりシャラポワの出場停止期間が、当初の2年から1年3か月に9か月短縮される。 ドーピング…
  2. 2016-12-8

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「空白の7時間」4つの仮説!なぜ次々と?反応まとめ

    セオウル号沈没時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の 「空白の7時間」がまた問題になっている。 いまま…
  3. 2016-12-12

    宮原知子の最新GPファイナルの海外の反応

    グランプリファイナルの結果、女子は宮原知子はショートと、フリーともにパーソナルベストをたたきだし、 …
  4. 2017-1-8

    高梨沙羅ワールドカップ第5戦優勝! 通算勝利数歴代1位の記録をいつ抜くか?反応まとめ「こんなに勝ったら、又、不利なルールでも考えるのでは!」

    20歳になった高梨沙羅が今季も絶好調である。7日のワールドカップドイツのオーベルストドルフで個人第5…
  5. 2016-12-6

    大谷翔平の年俸が安いのはなぜ?反応まとめ「倍で当然」「実際は安くない」

    日本ハムの大谷翔平が得ている年俸が2億7000万と非常に少ないということで日本ハムが炎上しています。…
  6. 2016-10-3

    週休3日制のデメリットは?ネットの反応をまとめてみた「優秀な人だったら」「無理」「給料減りそう」

    最近、ヤフーが、週休3日制を導入することを検討しているというニュースが話題になっています。 数年以…
  7. 2017-1-17

    潘基文の10億円返すべき発言等に韓国の反応は?「機会主義者とでもいうべきか」「欲のために前進する人」

    英誌エコノミストが「歴代最悪の事務総長の1人」と指摘された潘基文(パン・ギムン)が 1月12日に韓…
ページ上部へ戻る