樋口新葉と本田真凛同年齢のふたりのライバルの今後は?反応まとめ

今年の全日本選手権女子で、樋口新葉は2位、本田真凜は4位という結果となった。
同年齢のふたりのライバルの今後はどうなるでしょうか?反応もまとめてみました。

スポンサーリンク

樋口新葉と本田真凛同年齢のふたりのライバルの今後は?反応まとめ

宮原知子が3連覇した今年の全日本選手権女子で、樋口新葉は昨年に続き2位、
本田真凜は昨年の9位から飛躍したものの、4位と表彰台には届かなかった。
ともに現在15歳(樋口新葉が1学年上)と同年齢のふたりのライバルの今後はどうなるでしょうか?

まず、これまでの戦いぶりを見てみましょう(Wikipedia参照)。

樋口新葉と本田真凛ふたりの戦績

s_20161226figure

樋口新葉(ひぐちわかば)は全日本選手権デビューの2014年3位、昨年今年と2位となり、
日本の女王宮原知子につぐ、地位を確保したように見えます。

これに対し、本田真凜は、全日本選手権デビューの2014年の9位から、4位と飛躍したものの、
樋口のデビュー、その後の伸びからすると、一歩遅れを取っているように見えます。
ただし、今回ジュニア最高の4位を確保したことで、来年の世界ジュニア選手権出場の資格を得て、
今年の優勝に続き、2連覇に挑戦する。

二人の直接対決で本田真凜が制したのは、今年3月の世界ジュニア選手権で、本田が優勝、樋口が3位となったのと、
2015年JGPクロアチア大会で、本田が優勝、樋口が2位となったもので、全日本選手権では、樋口が安定した力を見せています。

樋口新葉は、負けず嫌いの高校生で、スピードが最大の武器である。浅田真央よりも潜在能力が高いと言われている。
負けず嫌いが高じて、発言が生意気などと言われることもありますが、それゆえ、これだけの成績を残せているともいえます。

これに対し、本田真凜は表現力に定評があり、繊細で、可憐なスケートを滑ると、二人の特長が異なっているのも面白いところです。

本田真凜は天才型のため、努力型の宮原知子に比べると安定感にかけるという見方もあります。
華があり、マスコミに特に注目されており、宮原知子と同じ、関西大中・高スケート部に所属しているため
、彼女から身近で学べるというメリットは大きいのではと思われます。

また、本田真凜は、兄の太一、三女の望結、四女の紗来はともにフィギュアスケートを習っている
フィギュアスケート一家としても有名で、太一は今回の全日本選手権男子で、
12位と健闘している。望結は女優として有名である。

「ほっとしたが、ミスが多くて『ハー』という感じ。でもミスを引きずることなく最後までできた」と、
全日本終了後のコメントでは、負けず嫌いのくやしさいっぱいという表現ではなかったが、
「来年の全日本は『優勝を狙いたい』と言えるような選手になりたい」と今後の成長を誓った。

樋口新葉と本田真凛それぞれのファンの声を聞いてみましょう。

スポンサーリンク

樋口新葉と本田真凛のふたりに関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
本田真凜がシニアとなると、これからいよいよ本格的なライバルとして切磋琢磨が始まります。

これが宮原を中心とした日本の女子の厚みを増やすことになり、
冬季オリンピックでの日本女子の大活躍するところを見たいものです。
■関連記事
世界フィギュアスケート選手権2017女子放送予定と結果予想!宮原知子選手の欠場で平昌オリンピックの3枠取りがピンチに!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 長年女子ゴルフ界をけん引してきた宮里藍が5月26日、引退を発表しました。 引退の理由として結婚が噂…
  2. 5月のティッシュ、トイレットペーパーに続き、6月1日からビールなど酒類、 はがき、バター、タイヤな…
  3. この夏ベルギーに上陸する米バーガーキングの「バーガーキングとフィリップ国王どっちが王様?」キャンペー…
  4. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  5. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  6. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…

人気記事

  1. 2017-2-15

    金正男の息子・ハンソルを心配する声!韓国の反応「独裁者、と彼は主張したことがあるからな」「かくれんぼだ」

    金正男がマレーシアにてあやめられたという事件に対して、昔から金正恩の粛清対象だったためということで …
  2. 2016-12-27

    平昌冬季オリンピック開催は大丈夫なのか?立ちはだかる4つの障壁。反応まとめ

    全日本フィギュアスケートが終わって日本選手の活躍が大いに期待される開幕まで1年2カ月となった 平昌…
  3. 2017-2-17

    千眼美子の出版本”全部、言っちゃうね。”に違和感?反応まとめ「過去に2,3日で出版した事例はある」「不思議だ」

    清水富美加さんが名を千眼美子として2月17日突如、出版元を幸福の科学とする本を出版しました。 35…
  4. 2017-2-4

    マティス国防長官が狂犬と言われる理由と来日の反応まとめ「別名戦う修道士」「目が怖すぎる」

    トランプ大統領から国防長官に指名されたジェームズ・マティス氏が、狂犬と言われる理由はどこにあるのか?…
  5. 2017-2-8

    トランプ大統領と安倍首相の会談は2月10日で日本時間は?為替の影響の予想反応まとめ

    今移民受け入れ問題で話題となっているアメリカのトランプ大統領ですが、2月10日に日本の安倍首相とフロ…
  6. 2017-3-22

    WBC準決勝ビデオ判定の多すぎに賛否!その反応まとめ「審判モチベ下がる」「誤審あるよりマシ」

    WBC準決勝でビデオ判定が多すぎと賛否が分かれています。 日本対アメリカでは5回ものビデオ判定があ…
  7. 2017-5-25

    陣内智則の再婚相手に驚きと大丈夫?の声がある2つの理由と反応

    タレントの陣内智則さんがフジテレビのアナウンサー松村未央さんと再婚することが24日分かりました。 …
ページ上部へ戻る