清水富美加が幸福の科学へ出家!なぜ突然芸能界引退?反応まとめ「ふみかちゃん好きだったのにこれからブレイクする!ってときに」

NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの同級生・蔵本一子を演じ、ブレイクした清水富美加(22)が
突然芸能界引退し幸福の科学へ出家すると宣言した。
「笑う招き猫」映画化の主演も決まっていた今なぜなのか?反応もまとめた。

スポンサーリンク

清水富美加が幸福の科学へ出家!なぜ突然芸能界引退?

幸福の科学への出家を宣言した清水富美加のこれまで、と今後予定されていたものを見て行きましょう(Wikipedia参照)。

清水富美加の経歴と予定

1994年12月2日 東京都生まれ
2008年 レプロガールズオーディションでグッドキャラクター賞を受賞し芸能界デビュー。
2009年3月-2012年3月 ファッション誌「ラブベリー」の専属モデルを務める。
2011年 テレビ朝日「仮面ライダーフォーゼ」のヒロインで初の連ドラ出演。
2015年3月30日 – 9月26日 NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの同級生・蔵本一子を演じ、ブレイク。
2016年4月13日 – 6月15日で水曜10時から放送されている『世界一難しい恋』(日本テレビ)
柴山美咲の同期・堀まひろ役として出演する。
2016年12月8日 初のフォトエッセーふみかふみ(幻冬舎)発売
2017年2月3日 バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜 第4話テレビ東京) – 本人 役

今後の予定とされていたもの
2017年3月19日  笑う招き猫全4話(MBS) 高城ヒトミ 役(主演)
2017年4月29日 「笑う招き猫」が映画化公開。
「第16回 小説すばる新人賞」受賞作の山本幸久による『笑う招き猫』の映画化で、
女漫才コンビを清水富美加と松井玲奈が務めることが発表され、
「これは世界一かわいい漫才コンビですわ!」「れなたそとふみかちゃんで映画化は期待しかない」と話題沸騰中だった。

また、バイプレイヤーズ4話について、清水富美加(本人役)は以下のコメントを出しており、
とても引退の雰囲気ではなかった。
「渋くてカッコいいベテラン役者さんの背中を近くで見させていただけて、
少しの間でしたが物凄く緊張しながら物凄くドキドキして作品に臨めました!特撮出身として、
特撮を絡めた回に出させていただけて嬉しかったです。是非ご覧ください」(テレビ東京)。

何が彼女に突然の出家を決意させたのであろうか?

幸福の科学のホームページの書籍情報に、『女優・清水富美加の可能性―守護霊インタビュー―』(大川隆法 著)2/3(金) 発刊と記載されている。
https://happy-science.jp/info/category/book/

また、幸福の科学グループ総裁の大川隆法氏(60)が清水の守護霊に“インタビュー”した以下の内容の動画が
幸福の科学の公式サイトに掲載されているようだ(会員にならないとアクセスできない)。

女優・清水富美加の可能性
所要時間:97分
種類:霊言
公開期間:2017/1/19~
場所:布教所, 拠点, 支部, 海外, 精舎
女優・清水富美加さんの守護霊霊言/何でもこなす女優の人気の秘密とは/「プラスα」の女――秘められた女優魂
/役になり切るためのポジティブ思考、心の操縦法/アブノーマルの中に、独創性に繋がるものがある?
/ 彼女のトーク術は一体どこから来ているのか――三国志時代の過去世が明らかに(幸福の科学の公式サイトより)

この動画が発端で、チーフマネジャーが清水に確認したところ、
「実は信者なんです」と一家で信者だったことを告白した。
両親が信者で、清水も幼少の頃から信仰していたそうだ。
これを機会に、彼女のもともと目指していたものに、踏み切ったと思われる。
大川隆法総裁の清水の守護霊へのインタビューが大きなきっかけになった可能性がある。

これについての日本の反応とまとめを見て行きましょう。
スポンサーリンク

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶ社長の会見が破産申請の当日である27日に行われました。 27日から1日経った今日でもま…
  2. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  3. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  4. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  5. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  6. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…

人気記事

  1. 2016-11-19

    トランプイヴァンカが会談に同席したのはなぜ?反応まとめ

    先日行われた安倍総理とトランプ次期アメリカ大統領の会談。 そこにトランプ氏の娘であるイヴァンカさん…
  2. 2016-10-16

    大嘗祭で平成が終わる 次は何に?反応まとめ

    天皇陛下が生前退位の意向を示されたことは、以前から新聞紙上を賑わしていますが、 この度政府は、皇位…
  3. 2017-3-22

    WBC準決勝ビデオ判定の多すぎに賛否!その反応まとめ「審判モチベ下がる」「誤審あるよりマシ」

    WBC準決勝でビデオ判定が多すぎと賛否が分かれています。 日本対アメリカでは5回ものビデオ判定があ…
  4. 2017-2-17

    金正男がいい人と人気なのはなぜか?10個の強烈エピソード紹介と反応まとめ

    2月14日にマレーシアにてスパイにあやめられたことが報道された金正男氏ですが、 ネットでは非常に好…
  5. 2017-3-22

    WBC決勝の日本時間と視聴方法!反応まとめ「1日休めない分不利!」「休めないので投手の采配難しい」

    WBC決勝の日本時間と視聴方法についてまとめました。 WBC準決勝まずは延長戦の末にプエルトリコが…
  6. 2016-11-6

    トランプ大統領誕生で日本にもたらされる5つの「困った!」と1つの希望とは?反応まとめ

    アメリカ大統領選挙を、3日後に控えて、まさかのトランプ大統領誕生が、 現実味を帯びてきました。これ…
  7. 2017-2-17

    フィリピンの「トランプ」ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅戦争が突如方針転換!その3つの理由とは?反応まとめ「副作用は大きかったと気がついた」

    就任以来、人権無視と批判の強かった麻薬撲滅戦争において、フィリピンの「トランプ」と言われ、 その強…
ページ上部へ戻る