画餅の意味と事例を集めてみた

画餅の意味についてシェアします。
最近ニュースなどでよく耳にしますが画餅とはどのような意味なのでしょう、そしてその語源はどのようなものなのでしょうか。
また、画餅と言える事例について最近の事件の中から取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

画餅の意味とは?

まず、画餅の意味と語源から説明します。

画餅とは、実際には全く役に立たないもの、計画があっても実現することはないもの、その可能性が低いものを表す言葉のことです。
つまり、「絵に描いた餅」や「机上の空論」と同じ意味の言葉、同義語ということになります。

その語源は、どうやら中国の「三国志」の「魏書」という書物にあると言われています。その書物の一節に「人の評判は地面に餅の絵を描くのと同じで食べられない、何も役に立たない」というものがあり、そこから画餅という言葉が生まれたようです。

スポンサーリンク

画餅の事例

ではここで、画餅と言えるような事例をいくつかご紹介します。
これらはネットに書かれていたことを参考にしております。

まずは、集団的自衛権が必要であると首相が主張した時に挙げられた事例です。
これらは常識的にあり得ない事例ばかり挙げられていて、まさに画餅と言える事例と発言したコメンテーターがいた記憶があります。

次に、同じく政府が進める地方創生です。これは政策としては非常に聞こえが良く、国民からの支持を集める要因ともなっているのですが、実際現実的に実現することは非常に難しい政策です。
ですから、一部の層からは画餅の政策であると批判されている面もあるので画餅である事例と言えます。

最後に、東京五輪における収益の見通しを画餅と言えます。
日本は前回の東京五輪でなかなかの収益をあげられたため、かなり五輪招致に前向きでした。しかし実際収益を上げることは難しく、海外では使用用途のないスタジアムの維持費等で税金が引き上げられ、現地住民による暴動が起きるほど深刻な問題となっています。
よって、楽観的な五輪への見通しをしている今の政策は非常に画餅であると言えます。

 

いかがでしたか?画餅の語源が中国の三国志から来ていたとは驚きだった方も多いでしょう。
そしてこの画餅という言葉は、良くも悪くも今の日本の現状をよく表している言葉だと思います。
特に政治におけるそのような事例が多く、これからの日本がどうなってしまうのか少し不安になります。

これからは、最終的に国民に画餅だなんて言われないような政策を進めていってほしいと同時に
国民も画餅と本物を見分ける力を付けていく必要がある時代となっています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウム含んだ処理水を巡り、 東電…
  2. 菅官房長官の記者会見で東京新聞の望月衣塑子記者が質問攻めをしたことが物議を醸しています。 一時はあ…
  3. 蓮舫の二重国籍は何が問題か?この疑問はニュースでもよく取り上げられることですが、 ついに最新の7月…
  4. 世界水泳2017シンクロ競技が7/14から始まり、リオオリンピック銅メダルを獲得したチームから、主力…
  5. ツイッターでの投稿をめぐってたびたび炎上騒ぎを起こしている上西小百合議員がまた炎上しています。 今…
  6. 安倍離れの理由についてみていこう。 報道各社の最近の世論調査で内閣支持率は軒並み30%台に急落…

人気記事

  1. 2016-12-22

    いじめ防止のため吉本新喜劇の監視が必要?滋賀県議の提案への反応まとめ

    滋賀県議が教育委員会に吉本新喜劇を監視するよう求めたという報道が話題になっています。 その理由は吉…
  2. 2017-4-17

    韓国大統領選2017の日程と当選はいつ決まるか?反応まとめ

    韓国大統領選挙が始まりました。朴槿恵前大統領の罷免から逮捕へという流れのなかで始まった大統領選挙。 …
  3. 2017-5-6

    巡航ミサイルを日本の自衛隊が将来持つことになる?賛否両論の反応まとめ

    政府が日米同盟強化に向けて巡航ミサイルの導入を検討していることが分かりました。 まだ検討段階で具体…
  4. 2017-4-7

    シリアに米軍が巡行ミサイル!海外の反応「トランプが立ち上がった」「オバマが残した問題を片づける」

    4月6日、シリアに米軍が巡航ミサイルを発射し、アサド政権への軍事攻撃を行った事が米メディアにより報道…
  5. 2016-11-9

    米大統領選の日程日本時間詳細!トランプはどうなる?

    米大統領選の結果が出る時間、というのはトレーダーのとって非常に重要です。 日本時間日程のその時間値…
  6. 2017-1-26

    トランプ米大統領報道官スパイサーのメディア批判の原点は25年前の事件に!海外の反応

    大統領就任式に集まった聴衆は「過去最大」との発言で初の公式記者会見で、メディア批判し、 大騒動を巻…
  7. 2017-4-9

    ボツリヌス菌で赤ちゃんの症状どうなる?黒糖も危険?反応まとめ

    生後6カ月の赤ちゃんが、離乳食として与えられた蜂蜜に含まれていたとみられるボツリヌス菌が原因で死亡し…
ページ上部へ戻る