石嶺香織市議の経歴は?フェイスブック炎上の理由と反応まとめ

石嶺香織市議の発言が物議を醸しています。
米軍に対する批判的発言なのですが、なぜこのような発言をしたのでしょうか?
今回は、石嶺香織市議の経歴とこの発言の詳細、フェイスブックの炎上の反応をまとめました。

スポンサーリンク

石嶺香織市議の経歴は?

今回日本の市議がフェイスブックで米軍批判したことで炎上した経緯を見てみましょう。

石嶺香織市議のフェイスブック炎上の経緯

宮古島の石嶺香織市議は9日、に以下のようにフェイスブックに投稿し炎上しました。

「海兵隊からこのような訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している」

その後「自衛隊全体を批判しているわけではない」と謝罪・弁解を以下のようにしたものの再びフェイスブック投稿し炎上してしまった。

「自衛隊全体を批判しているわけでも、個人を批判しているわけでもありません。私が批判しているのは、自衛隊員個々の人格に対してではなく、戦争のための軍隊という仕組みに対してです」「現在の自衛隊という組織が米軍と一体化して、専守防衛の枠を外れつつあることに強い危機感を持っています。海兵隊は人をころすことに対して感情をころすように訓練されています」などとして、海兵隊に訓練を受けた陸上自衛隊が今後、米海兵隊と同質のものになる可能性があります」

結局2つの投稿は削除されました。

慰安婦問題も想起させるようなもので、大変深刻な発言であります。

 

石嶺香織市議の経歴は?

石嶺香織氏は昭和55年生まれ、福岡県出身。大阪外語大を中退し、大阪の障害者施設に4年間勤務した後、
平成20年に宮古上布を学ぶために宮古島に移住。陸上自衛隊配備反対と地下水を守ることを公約に今年1月に初当選を果たしたばかりの新米市議です。
娘さんもいらっしゃるようで、今回発言の中には「私の娘を危険な目にあわせたくない。宮古島に暮らす女性たち、女の子たちも」という発言があり、米軍による暴行事件に対する嫌悪感がこういった形で表れたのではないかと想像できる。

 

石嶺市議発言の真相  自衛隊の訓練について

石嶺氏の発言の中には、「海兵隊は人をころすことに対して感情をころすように訓練されている。彼らと合同の訓練を行った自衛隊員たちはそうして感情をころすように訓練されている」といった内容の部分がありました。

ここも非常に批判があったポイントなのですが、実際のところ自衛隊は本当に感情をころすような訓練を受けているのでしょうか?

調べてみたところ、軍隊では実際に感情をころすという訓練は受けています。これは言い方の問題もあります。
しかしこれは感情的な行動をとらないためのメンタルトレーニングであって人をころすことを何とも思わなくなるための訓練ではありません。
軍隊はチームで行動するものなのでそこに個人の好き嫌いや感情が入ってしまっては任務の遂行に支障が生じます。
それを防ぐための訓練のようです。ですから、同氏の発言は間違っていることになります。

スポンサーリンク

市議発言炎上の反応

ネットの反応

twitter
自衛隊員に対する冒涜に他ならない
twitter
こういう発言をできてしまう人間が議員に混じることが多くなってきてる
twitter
明らかな偏見
twitter
こういう偏った思想の持ち主は市議にふさわしくない
twitter
単に自衛隊反対って言えばいいのに
twitter
こんなのが議員って宮古島大丈夫か?
twitter
人としてこの発言はおかしい
twitter
次の当選はないな
twitter
自衛隊にそういうことはない
twitter
自衛隊反対の理論を間違った方向に展開してしまった結果
twitter
震災の時に救護してくれて自衛隊は感謝されている対象なのに

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000504-san-pol
出典:twitter

自衛隊に対する偏見的な発言に批判が殺到しています。
米軍の事件は確かになくなることはなく、それに対して痛烈に批判を持っている人が存在するのも事実です。
しかし、思想がいきすぎると今回のように
米軍のメンタルトレーニングに対する受け取り方が過剰になってしまったりと
まるで人間ではない、というような発言になってしまうことがあります。

強い信念が盲目にしてしまうことがあるのが政治の怖いところであります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 東京都が7月10日から白熱電球2個以上を持参した都民に対し、LED電球1個と無料交換し、 LEDの…
  2. トランプ大統領がNATO首脳会議での写真撮影にて、初参加にもかかわらずズケズケと他国首相を押しのけて…
  3. 24日の巨人戦で頭部死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手が25日、 巨人戦の6回に黒のフェ…
  4. 20日のボクシングWBAミドル級王座決定戦で村田諒太がアッセン・エンダムに不可解な判定負けをしました…
  5. カールおじさんなどのキャラクターでもおなじみの明治のスナック菓子カールが中部から東の地域で販売を終了…
  6. 前川喜平文・部科学省の前事務次官が加計学園問題にて加計(かけ)学園に関する総理のご意向とした文書を「…

人気記事

  1. 2017-2-25

    株式会社マリカーが任天堂に提訴され声明!その経緯と反応まとめ「初期対応に問題があった」「過剰に正当性を主張し過ぎ」

    公道カートのレンタル会社の「株式会社マリカー」が任天堂に提訴されました。 マリカーといえば先に思い…
  2. 2017-4-7

    香取慎吾に謎の子供と文春が報道しても好感される理由をまとめ「家族ノカタチとかぶる」「喜ばしい」

    4月6日発売の週刊文春が元SMAPの香取慎吾さんの子供についてスクープしました。 昔から目撃されて…
  3. 2017-3-30

    東横インにNHK受信料支払いの判決!その理由と反応「そもそも論で契約するしない選べないのおかしい」「他のホテルはどうしてる?」

    NHKが大手ビジネスホテルチェーンの「東横イン」に対して受信料の支払いを求めていた裁判の判決が東京地…
  4. 2017-1-24

    トランプ大統領発言で自動車に関する日本への影響は?「日が米に生み出した雇用はどうなる?」「米車に需要がないだけ」

    トランプ大統領が就任し、日本の自動車に対する発言がこれからの日本の自動車産業を不安にさせています。 …
  5. 2017-1-11

    トランプ就任の日本時間日程と為替の動きの反応「会見で暴落、就任で暴騰予想」「本当のトランプショックはこれから」 」

    トランプ次期大統領の就任日である1月20日が刻々と近づいています。 トランプ就任日に何かが起こりそ…
  6. 2016-10-8

    ノーベル賞日本人連続受賞に中国の反応は?日本の紙幣にその秘密があることが分かった!!

    中国メディア財経頭条に、「日本の紙幣に、日本人がしばしばノーベル賞を取る秘密が隠れている」と題する記…
  7. 2017-3-8

    北朝鮮同時ミサイル発射!なぜ在日米軍基地標的訓練を?反応まとめ

    北朝鮮は6日に行われた日本のEEZ内などに着弾したミサイル4発の同時発射は 在日米軍基地を攻撃する…
ページ上部へ戻る