米海軍カール・ビンソン空母打撃群の実力は?反応まとめ「小さい国なら滅ぼせる」「火の粉がふりかかるのは日本」

4月8日、米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」をはじめとする空母打撃群がフィリピンから朝鮮半島へ向けて航行していることが明らかになりました。
アメリカのシリアへの攻撃の直後とということもあり、朝鮮半島の緊張が増しています。
カール・ビンソン空母打撃群の実力とはいかなるものなのでしょうか。
「大都市を一夜で壊滅出来る」なんてフレーズを聞きますが本当でしょうか?
ネットの反応についても調べてみました。

Sponsored Links

米海軍カール・ビンソン空母打撃群の実力は?反応まとめ

カール・ビンソン打撃群が朝鮮半島に向かった理由は、北朝鮮の挑発的ともいえるたび重なるミサイルの発射と核開発にあるとされています。
アメリカは長年にわたり北朝鮮の行動に悩まされてきており、トランプ大統領は、北朝鮮と関係が深い中国に圧力をかけるよう働きかけ、
もし進展がない場合には自分たちだけで事態を解決するという意思表示を示しました。

今回、朝鮮半島に向かっている原子力空母カール・ビンソンは、1982年に就役したアメリカ海軍の原子力空母で、
アメリカ海軍の発展に尽力した議員からその名がつけられています。

カール・ビンソンは四半世紀以上にわたってさまざまな場所で任務についてきた空母で、
2011年に行われた「ネプチューン・スピア作戦」でアルカイダの指導者「ウサマ・ビンラディン」がさつ害された際には、
アラビア海に停泊していた空母カール・ビンソンから遺体が水葬されたことが知られています。

空母は基本的に単独で行動することはないため、
作戦や任務で行動する場合には空母打撃群と呼ばれる通常複数の護衛艦
(ミサイル巡洋艦やミサイル駆逐艦など)、補給艦、潜水艦などで編成されます。

また空母には数十機におよぶヘリや戦闘機が搭載され、
その軍事力は小国家を凌ぐレベルであると言われています。

現状でトップクラスの戦力と言われる空母打撃群が朝鮮半島に展開し、
いつ戦闘が起こってもおかしくない状況を作ることで、北朝鮮のミサイル開発を強く牽制するものと見られます。

カール・ビンソンは「世界最強」と言われる空母であることには変わりないようです。

カール・ビンソン空母打撃群の朝鮮半島への派遣についてネットでの反応を調べてみました。

カール・ビンソン空母打撃群の朝鮮半島への派遣へのネットの反応

twitter
そろそろマジで朝鮮半島危ないかもな
twitter
アメリカが刺激しても火の粉がふりかかるのは日本なんだろうな
twitter
カール・ビンソンってまだ現役だったのか
twitter
有事を想定したほうがいいかも
[/speech_bubble]
twitter
日本でもテロが起こりそうで怖い
twitter
トランプやるなぁ
twitter
こんなん来たらビビるわ
twitter
北朝鮮の動き次第では戦闘になるかもな
twitter
シリアへの攻撃はリハーサルだったのかな?
twitter
空母打撃群って小さい国なら滅ぼせる力あるよな
twitter
威嚇するだけで戦闘にはならんだろ
twitter
15日が金日成の誕生日だったよな?
twitter
一気に国際情勢が緊迫してきた気がする

出典:
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

Sponsored Links

以前から北朝鮮に対して経済制裁などを行なってきたアメリカですが、
トランプ政権になり今回の原子力空母カール・ビンソンの派遣にはアメリカの本気を見たような気がします。

シリア攻撃のスピード感も北朝鮮への大きな牽制となっていると感じますし、
だからこそ北朝鮮がなにをしてくるかわからないという怖さも感じます。
遠い中東の国ではなく、海を挟んだ向こう側の出来事ですので日本にとっても決して他人事ではありません。

■関連記事
北朝鮮挑発でアメリカ先制攻撃の最も危ない週へ!反応まとめ「北朝鮮は一線を越えてる」「在日米軍基地への核攻撃も」

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2016-11-25

    福島第二原発使用済み核燃料プールの冷却水装置停止は第一原発事故の再現だ!我々は何を学んだのか?

    11月22日の福島の震度5弱の揺れを観測した地震の影響で、 東電福島第二原子力発電所の3号機の使用…
  2. 2016-11-27

    スペースワールドが炎上し中止となったのはなぜ?反応まとめ

    北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が27日、 今月スタートばかりのスケートリンクに約500…
  3. 2017-10-5

    ベーシックインカム希望の党公約案が炎上!反応まとめ「メリットは?」「ただの人気取り」「スーパーリベラルな政策」

    希望の党の衆院選公約の原案に、生活に最低限必要なお金を全国民に支給する「ベーシックインカム」導入が組…
  4. 2016-12-22

    台湾が国交断絶西アフリカのサントメ・プリンシペと!中国の金銭外交を非難!トランプ発言の影響も!反応まとめn

    台湾の外交部は西アフリカのサントメ・プリンシペからの通告を受け同国と断交したと発表した。 中国が金…
  5. 2017-1-8

    慰安婦少女像措置の朝日社説炎上はなぜ?反応まとめ「自身の捏造を棚に上げて」「放火しておいて..」

    慰安婦少女像設置に対する日本政府の強い措置に対してさまざまな新聞社が自身の立場から社説を発表していま…
  6. 2016-12-15

    プーチン日露首脳会談でまた遅刻は故意か?反応まとめ「ただの遅刻魔」「歓迎中止可哀そう」

    いよいよ日本とロシアの首脳会談となり北方領土問題の解決に向けて動き出すのか? という会談に向けプー…
  7. 2017-8-8

    75歳まで働ける仕事はある?政府が意識改革実行か?反応まとめ「自己防衛しかない」「年金あきらめた」

    今、年金は65歳から受給できるとなっていますが、受給開始する年齢を75歳に引き上げて年金支払い総額を…
ページ上部へ戻る