芦田愛菜ちゃん合格の名門中学はどこ?仕事も学業も天才への反応まとめ「いじめを見返した」「尊敬しかない」

芦田愛菜ちゃんはまだ中学生になっていなかったのですね。
ドラマ『OUR HOUSE』見た時はもうとっくに中学生かと思っていましたが(役が中学生だったのもありますが)
今年4月から中学生で都内の偏差値70以上の超有名私立中学に合格したと報道がありました。
「忙しくてあれが出来ないこれが出来ない」と言っている自分や周りが情けなく感じるほどの彼女の仕事と学業の両立ぶりに
驚嘆したのは私だけではないでしょう。
その反応や彼女の活躍をまとめてみました。

スポンサーリンク

芦田愛菜ちゃん合格の名門中学はどこ?

芦田愛菜ちゃんといえば、『Mother』での名演技から始まり、『マリモの掟』、そのヒット曲、そしてハリウッド進出、と
いったいいつ休んでいるんだ?子供なのに働きすぎ、と視聴者として思っていましたが
学業もちゃんとやっていたことに驚愕です。(まあ義務教育なのでやってないといけないのですが)

これだけ忙しいと大抵は学業はおろそかになり、勉強はできないけれどしっかりと仕事はしています、という芸能人になりがちなところを
トップ中のトップレベルの中学受験に成功してしまったというのは、もう何も言えない、というところです。

都内で偏差値70以上のところということで、
女子御三家の、桜蔭中学校 ・女子学院中学校 ・雙葉中学校 が浮かびますね。
またそれの併願と言えば、豊島岡女子学園中学校 ・浦和明の星女子中学校 といったところも偏差値70以上の名門がすぐに浮かびます。

これらのいずれか複数に合格したと思われます。

>>後からの報道で、すべて公開されていました。公開されているのでご本人の承諾を得ていると思われますので以下に。

合格したのは女子学院中学校、そして慶応中等部。滑り止めは埼玉県内の私立中学と言われていますが、恐らく浦和明の星でしょう。
高校受験を避けることを考えると、慶応中東部を選ぶであろう、と言われています。
出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170227-00518193-shincho-ent

女子御三家中学といえば

御三家についてちょっと触れていきます。
女子の高学歴化が広まり始めた1980年代から、男子から派生して女子御三家が誕生しました。

桜蔭中学校は、東大のある文京区本郷にあり、中1は週1時間「礼法」の授業があります。
恐らく所作まで教育されるのでしょう。
私もびっくりしたのですが、以前このあたりのバス停で中学生に道を聞いたら、指をさすのではなく「あちら」と綺麗な手の所作でその方向を指して、丁寧な言葉で案内してくれて、「ああ、違う」と思ったものです(笑

また東大合格率は32%前後を出しているそうです。

女子学院中学校は、千代田区にあり、キリスト教精神を土台にしたものです。
プロテスタントで、制服もないし、細かい校則もないので、もしかしたら、芸能活動するならばここなのかな、なんて思ってみたりします。
6年一貫教育で高校受験がないわけですので、都合を考えればここが一番芸能活動をしやすいように見えます。
(もちろん関係者じゃないので細かいことはわかりませんが)

東大合格率は2015年で女子で3位です。

雙葉中学校は、同じく千代田区ですがこちらはカトリック。規律が厳しいとも言われますが、一方で雰囲気が良いともいわれます。
芦田愛菜ちゃんはここではないような感じはしますね。

東大合格率は2015年で女子で4位。

スポンサーリンク

芦田愛菜ちゃん名門私立中合格への反応

芦田愛菜ちゃんはどう見ても忙しい芸能活動の中、去年は仕事をセーブして一日12時間の勉強をして偏差値70以上の名門私立に合格。
といっても去年は『OUR HOUSE』にしっかり出ていましたし、芸能活動をまったくしていなかったわけではありません。

どう考えてもすごいとしか言いようがなく、嫉妬のコメントがあるのもしょうがないとも思ってしまうほどです。

ヤフコメ
努力の結果だろうからうれしいね
ヤフコメ
子役って学校にあまり通えず勉強はダメなイメージだけど愛菜ちゃんすごい
ヤフコメ
ご両親もすごい
ヤフコメ
集中力が違うんだろうな
ヤフコメ
今やらなくてはいけない事が分かってる
ヤフコメ
すごいな、学費分も自分で稼いでいるし
ヤフコメ
すごい才能と努力
ヤフコメ
役者じゃなくてもすごくなりそう
ヤフコメ
うらやましい、素直なのかな。うちの子は逆だ
ヤフコメ
大人の芸能人よりずっとしっかりしてるな
ヤフコメ
小さい時、本をたくさん読んでますってインタビューに答えてたけど本当だったんだ
ヤフコメ
本当に出来る子は何でも器用にこなすな..。不思議なくらいに
ヤフコメ
おめでとうじゃ足りない。尊敬する
ヤフコメ
小学校時代に筆箱10回以上買い替えたり靴を隠されたりしたと言っていたが、見返したな
ヤフコメ
ギャラが高騰して干されたとか言ってた芸能マスコミは一体何だったの?
ヤフコメ
見た目賢そうだったけど、本当に賢かった

出典:https://goo.gl/a3e3ff

芦田愛菜ちゃんが出演するドラマでおすすめなのは、「Mother」、「マルモのおきて」、「明日、ママがいない」の三作です。「Mother」と「マルモのおきて」の愛菜ちゃんは私たちのイメージ通りの可愛らしい役で、かつ高い演技力が発揮されています。
そして「明日、ママがいない」での愛菜ちゃんは今までのイメージとは違うクールで影のある役となっていて、この作品では特に演技力の高さを感じられます。

芦田愛菜ちゃんは「OUR HOUSE」の時に演技が一部で酷評されていましたが、プロの目線から見るとレベルが違うくらいに
演技は抜群だそうです。
多分、年齢的なもので今までとの違いで違和感を感じてしまったのだと思います。
ハリウッドにいっても演技を有名人に絶賛されていましたので一般人にはわからないものがあるのでしょう。

愛菜ちゃんのすごさを見るならやはり火付けとなった『Mother』です。
松雪泰子主演で児童虐待などのテーマを扱った2010年の水曜ドラマです。
懐かしい。

脚本が今やってるカルテット脚本の坂元裕二さんなので脚本がいいというのもあるんですが、
これはヒューマン系が好きな人なら必見ドラマ。

脚本の良さを芦田愛菜ちゃんは最高に体現しました。

Huluに登録すれば無料で全話見れます。(最初の1か月無料。継続すればその後税抜き月980円)

いまあらためて見るとやっぱり天才です。

■関連記事
清水富美加が幸福の科学へ出家!なぜ突然芸能界引退?反応まとめ「ふみかちゃん好きだったのにこれからブレイクする!ってときに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. てるみくらぶ社長の会見が破産申請の当日である27日に行われました。 27日から1日経った今日でもま…
  2. てるみくらぶが営業停止していて、いろいろなところでトラブルが続発していて騒がれていました。 社長な…
  3. 稀勢の里が26日の千秋楽において、怪我を乗り越えながら逆転優勝し私も感動していたのですが 一部で照…
  4. 2017年3月29日(水)からフィンランドのヘルシンキで、世界フィギュアスケート選手権2017が行わ…
  5. 久しぶりに相撲で感動しました。その昔、貴ノ花の鬼の形相での優勝で小泉首相が「感動した!」といってトロ…
  6. 森友学園問題に対する海外の反応をみると、首相に近い二人の主要な女性である安倍夫人と稲田防衛相を 巻…

人気記事

  1. 2016-10-15

    予想外の大接戦の新潟県知事選挙結果が原発政策に大きく影響!なぜ?反応まとめ

    新潟県知事選挙の投開票が明日16日に行われるが、現在自民党などが推薦する 前長岡市長の森民夫氏と再…
  2. 2017-2-1

    トランプ大統領日本の為替政策を厳しく批判!円高でアベノミクスの根幹を揺るがすか?反応まとめ

    トランプ大統領は中国と並んで、日本の為替政策が円を安く誘導して、 米国企業に打撃を与えていると厳し…
  3. 2016-10-12

    電通過労死で長谷川教授不適切発言で炎上の経緯!反応をまとめてみた

    大手広告会社電通で女性会社員が過労で自さつしたことに対する、 武蔵野大学の教授のコメントが原因とな…
  4. 2016-10-25

    謎肉祭販売再開!コンビニにある?調べてみた結果

    謎肉祭が話題です。 24日販売再開された『カップヌードルビッグ・謎肉祭・肉盛りペッパーしょうゆ』と…
  5. 2016-11-12

    朴槿恵(パク・クネ)大統領への若者の怒りの原因は、崔順実(チェ・スンシル)の娘に! 反応まとめ

    機密文書疑惑をめぐる朴槿恵(パク・クネ)大統領へ退陣への国民のうねりが高まっている。 その中でも、…
  6. 2016-12-28

    SMAP解散ラストステージに中国の反応は?「充電が終わったら、素晴らしくなって戻って欲しい」「5人はすでにレジェンダだ」

    SMAPの解散ラストステージとなったSMAP×SMAPの最終回スペシャル番組について、 中国ブログ…
  7. 2017-1-26

    トランプ大統領がメキシコ国境に壁を作る理由と海外の反応「男だ!」「正しい移民のために」

    米紙ワシントン・ポスト(電子版)は24日、トランプ米大統領がメキシコ国境沿いへの壁の建設など、 不…
ページ上部へ戻る