菅野完氏の経歴は?森友学園騒動で一躍脚光浴びる!反応まとめ

森友学園騒動で連日脚光を浴びている「日本会議の研究」の著者菅野完氏はどのような経歴持っているのでしょうか?
ネットの反応とともにまとめました。

スポンサーリンク

菅野完氏森友学園騒動で一躍脚光を浴びるもその経歴は?反応まとめ

菅野 完(すがの たもつ)氏は奈良県 天理市生まれの、42歳のフリージャーナリストであり、
別名noiehoie、通称、ノイホイと呼ばれることもある。

部落解放同盟内の極左であったがのちに転向し、しばき隊(右派系市民団体を「レイシスト」としてレイシストをしばく、攻撃する活動を行う団体)に所属した後、
「右翼」「保守主義者」として活動していると主張している(Wikipedia参照)。

森友学園問題発覚以降話題になることが多く、昨日は、籠池理事長の東京・有楽町の日本外国特派員協会での記者会見が
突然キャンセルされた後に、上京した籠池理事長と会って内容についてマスコミのインタビューに答えて話題を呼んだ。

しかし、もともと昨年5月に出版された「日本会議の研究」(扶桑社)の著者として有名である。

同書は、菅野氏が日本会議と自民党や安倍政権との関係、宗教団体関係者とのつながりなどをまとめたもので、
「日本会議」関連書籍の出版ブームの火付け役となり、
初版は8千部、6刷15万3千部(2016年8月時点)のベストセラーとなっている。

同書によれば、この問題に関心を持ち始めたのは、2008年ごろ、ヘイトスピーチの街頭デモを
「これは放っておいては危ない」と感じ、調査を始め、ネット上の書き込みの出典元である保守系論壇誌を丹念に分析し、
日本会議の存在に気づいたのがきっかけだという。

菅野氏は「14年秋ごろからネット上で日本会議について騒がれ始めたが、
陰謀論めいてピントがずれた見方が多く、『そうじゃないよ』とツイッターでつぶやき始めた」と語る。

それが、扶桑社系webメディア「ハーバービジネスオンライン」での「草の根保守の蠢動」での連載につながり、
これをまとめたものが、昨年5月に出版された「日本会議の研究」である。
“https://hbol.jp/hbo_comment_people/%E8%8F%85%E9%87%8E%E5%AE%8C”

NHKによれば、菅野氏は今回の問題については、「国や大阪府の役人が手心を加えていなければ問題は起きていなかったと思う」との考えを述べ、
「役人が法にのっとったプロセスを無視し、小学校の認可を無理に行おうとしたとしか考えられない。
世論を敏感に察して対応を変える姿勢は、まさに全自動忖度(そんたく)機だ」と、国や大阪府の対応を批判しましたとのことだ。

森友学園問題が、安倍政権、日本会議(稲田防衛相はもちろん安倍政権の公明党以外の閣僚が所属している)、
日本維新の会(松井大阪府知事、橋下元大阪市長)などがつながる根っこを感じさせるものであるからだ。

スポンサーリンク

菅野完氏に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ネットのコメントは、菅野氏支持と批判が拮抗しています。

森友学園問題を、籠池理事長やフリージャーナリスト菅野完が特異な人物の問題と簡単に、
矮小化して、切り捨てず、ことの真実を明らかにしてもらいたいと思います。

根っこにかなりきな臭いものが埋まっている気がします。

■関連記事
森友学園に稲田朋美が顧問弁護士として関与か?国会答弁は虚偽?反応まとめ

森友学園「国有地9割引」は安倍スキャンダルに?反応まとめ「重大な大疑獄事件」「こんな学校はそうはない」

森友学園問題で橋下徹氏の責任関係が噂されたのはなぜ?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. タレントの陣内智則さんがフジテレビのアナウンサー松村未央さんと再婚することが24日分かりました。 …
  2. 5/18国連人権理事会の特別報告者ジョセフ・カナタチ氏が、先日衆議院を通った共謀罪法案について 安…
  3. 5月22日のマンチェスターでの爆発事件。 この事件で8歳の少女が犠牲となっていたことが新たに分かり…
  4. 非人道的な爆弾として知られるクラスター爆弾の製造企業に対し、 日本の4つの企業が投融資していたこと…
  5. 5月22日、イギリスのマンチェスターでテロと思われる爆発事件が起こりました。 狙われたのはアメリカ…
  6. スパイ行為に関わったとして3月末、日本地下探査社員6人が 中国の国家安全当局に山東省と海南省で拘束…

人気記事

  1. 2017-3-24

    谷査恵子安倍昭恵夫人付き秘書官のFAXはなぜ問題?反応「これ口利き?」「夫人を承認喚問すべき」

    23日の証人喚問での籠池氏の発言でまた大きな騒ぎになっています。 そして、反安倍派と、そうでない人…
  2. 2017-4-19

    飲み放題禁止を推進するのはなぜ?反応まとめ「賛成!!」「やりすぎだ~」

    飲み放題禁止がもしかしたら日本でも始まるのか? 昨今、タバコの路上喫煙や飲食店でも禁煙など厳しくな…
  3. 2017-2-8

    松山英樹がフェニックス制覇!海外の反応「ウッズを思わせる」「パターが課題だ」

    松山英樹が2月6日にフェニックス・オープンの大会史上6人目の連覇を達成し、 日本人最多となる米ツア…
  4. 2017-4-3

    田中将大開幕投手としてまさかのKO!海外の反応は?「心配はない」「(このまま)眠りをさまさないで」

    今シーズン、オープン戦では6試合に投げ、防御率0・38はメジャー4年間で最高だったヤンキース田中将大…
  5. 2017-4-25

    中国が北朝鮮への石油供給を停止か?その本気度と効果は?反応まとめ

    平壌市内でガソリンの供給が制限されて、価格が高騰しており、中国が北朝鮮への石油供給を停止するカードを…
  6. 2016-10-30

    朴槿恵(パク・クネ)大統領最大のスキャンダルの原因は42年前の実母陸英修へのテロにあった! !

    朴槿恵(パク・クネ)大統領の機密書類流出スキャンダルが、就任以来最大の危機となっている。 その根本…
  7. 2017-1-17

    小田原市の生活保護ジャンバー炎上はなぜ?2012年が原点か?反応まとめ「教養のほどが知れる」「意気込みは評価したい」

    小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
ページ上部へ戻る