菅野完氏の経歴は?森友学園騒動で一躍脚光浴びる!反応まとめ

森友学園騒動で連日脚光を浴びている「日本会議の研究」の著者菅野完氏はどのような経歴持っているのでしょうか?
ネットの反応とともにまとめました。

スポンサーリンク

菅野完氏森友学園騒動で一躍脚光を浴びるもその経歴は?反応まとめ

菅野 完(すがの たもつ)氏は奈良県 天理市生まれの、42歳のフリージャーナリストであり、
別名noiehoie、通称、ノイホイと呼ばれることもある。

部落解放同盟内の極左であったがのちに転向し、しばき隊(右派系市民団体を「レイシスト」としてレイシストをしばく、攻撃する活動を行う団体)に所属した後、
「右翼」「保守主義者」として活動していると主張している(Wikipedia参照)。

森友学園問題発覚以降話題になることが多く、昨日は、籠池理事長の東京・有楽町の日本外国特派員協会での記者会見が
突然キャンセルされた後に、上京した籠池理事長と会って内容についてマスコミのインタビューに答えて話題を呼んだ。

しかし、もともと昨年5月に出版された「日本会議の研究」(扶桑社)の著者として有名である。

同書は、菅野氏が日本会議と自民党や安倍政権との関係、宗教団体関係者とのつながりなどをまとめたもので、
「日本会議」関連書籍の出版ブームの火付け役となり、
初版は8千部、6刷15万3千部(2016年8月時点)のベストセラーとなっている。

同書によれば、この問題に関心を持ち始めたのは、2008年ごろ、ヘイトスピーチの街頭デモを
「これは放っておいては危ない」と感じ、調査を始め、ネット上の書き込みの出典元である保守系論壇誌を丹念に分析し、
日本会議の存在に気づいたのがきっかけだという。

菅野氏は「14年秋ごろからネット上で日本会議について騒がれ始めたが、
陰謀論めいてピントがずれた見方が多く、『そうじゃないよ』とツイッターでつぶやき始めた」と語る。

それが、扶桑社系webメディア「ハーバービジネスオンライン」での「草の根保守の蠢動」での連載につながり、
これをまとめたものが、昨年5月に出版された「日本会議の研究」である。
“https://hbol.jp/hbo_comment_people/%E8%8F%85%E9%87%8E%E5%AE%8C”

NHKによれば、菅野氏は今回の問題については、「国や大阪府の役人が手心を加えていなければ問題は起きていなかったと思う」との考えを述べ、
「役人が法にのっとったプロセスを無視し、小学校の認可を無理に行おうとしたとしか考えられない。
世論を敏感に察して対応を変える姿勢は、まさに全自動忖度(そんたく)機だ」と、国や大阪府の対応を批判しましたとのことだ。

森友学園問題が、安倍政権、日本会議(稲田防衛相はもちろん安倍政権の公明党以外の閣僚が所属している)、
日本維新の会(松井大阪府知事、橋下元大阪市長)などがつながる根っこを感じさせるものであるからだ。

スポンサーリンク

菅野完氏に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ネットのコメントは、菅野氏支持と批判が拮抗しています。

森友学園問題を、籠池理事長やフリージャーナリスト菅野完が特異な人物の問題と簡単に、
矮小化して、切り捨てず、ことの真実を明らかにしてもらいたいと思います。

根っこにかなりきな臭いものが埋まっている気がします。

■関連記事
森友学園に稲田朋美が顧問弁護士として関与か?国会答弁は虚偽?反応まとめ

森友学園「国有地9割引」は安倍スキャンダルに?反応まとめ「重大な大疑獄事件」「こんな学校はそうはない」

森友学園問題で橋下徹氏の責任関係が噂されたのはなぜ?反応まとめ
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. トランプ大統領の白人至上主義事件に対する「双方に非がある」発言が大問題視されている。 日本のメディ…
  2. 8月15日に行われたWBC世界バンダム級タイトルマッチ。13度目の防衛のかかった山中慎介でしたが、ま…
  3. 北朝鮮が2発のミサイルICBMに用いたウクライナ製高性能液体推進エンジンは、ロシアから闇市場を通じて…
  4. 2017年8月15日のWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦にて王者・山中慎…
  5. 2017年8月15日北朝鮮がグアムへのミサイル発射を計画を中止するという声明をだしたと報道されている…
  6. WBCバンダム級王者・山中慎介は13度目の防衛をかけ、8月15日にルイスネリと対戦します。 この試…

人気記事

  1. 2017-1-5

    台湾蔡総統中米歴訪で、果たしてトランプ側近と接触はあるか?その意味と影響は?

    台湾の蔡総統が1月7日から、米国を経由して、中米4カ国を歴訪する。 中国が神経を尖らせている最近の…
  2. 2017-2-24

    投球なし敬遠のルール内容とは?反応をまとめてみた「そのうちホームランも歩かない?」「大リーグ終わりの始まりだ」

    大リーグで今年から「投球なし敬遠」のルールが導入されることにほぼ決定となりました。 去年から米大リ…
  3. 2017-4-29

    東京メトロが北朝鮮ミサイル発射で停止対応に賛否両輪!反応まとめ

    4月29日早朝、北朝鮮がミサイルを発射しました。このミサイル発射を受けて東京メトロが運転を全線で一時…
  4. 2017-4-15

    北朝鮮6回目の核実験の日本への影響は?反応まとめ

    北朝鮮が6回目の核実験を実施するとすれば、4月15日が最も可能性が高いといわれている。 アメリカの…
  5. 2017-3-22

    コンビニのおむつは値段高いけど必要と論争に!反応まとめ「売れないから」「なんでも屋じゃない」

    twitterで「おにぎりやお茶のように、オムツや粉ミルクも買えるようになってほしい」というツイート…
  6. 2017-8-1

    田原総一朗氏の安倍首相への「政治生命かけた冒険」進言とは?九つの案のうちベストはこれだ!反応まとめ

    田原総一朗氏が、支持率低下に悩む安倍首相に「政治生命かけた冒険」を進言したと伝えられ、 その内容を…
  7. 2017-4-17

    山本幸三担当相はなぜ学芸員はがんと失言した?反応まとめ「文脈が分かれば納得できる部分も」「何様だ」

    山本幸三担当相が学芸員はがんと発言したことで波紋を呼んでいます。 なぜそのような軽率な失言をしたの…
ページ上部へ戻る