藤浪の危険球で大乱闘はなぜ起きた?反応まとめ「またやった」「退場じゃないのか」

4月4日に京セラドーム大阪で行われたプロ野球セリーグの阪神タイガース対ヤクルトスワローズの一戦で、阪神の先発の藤波投手が投じたボールがヤクルトの畠山選手の肩とヘルメットに直撃し、あわや危険球退場かと場内は騒然となり大乱闘のような形となりました。
両チーム入り乱れる大乱闘となった今回の藤波選手の投球について反応をまとめました。

スポンサーリンク

藤浪の危険球で大乱闘はなぜ起きた?

この日の藤波選手は立ち上がりから制球に苦しみ、四球を与える場面が多くありました。
ボールはストライクゾーンを外れ、打者の顔付近をかすめるようなボールが何度か続き、相手打者が思わずのけぞるシーンも見られました。そこへきて5回に畠山選手への危険球退場すれすれのデッドボールがあり、畠山選手ならびにヤクルトの選手の怒りが頂点に達したものと思われます。

大乱闘になりヤクルトのバレンティン選手が阪神の矢野コーチを突き飛ばすような場面もありましたが、バレンティン選手はもともと血の気の多い外国人選手として有名です。
今回は阪神の金本監督のもとに向かって行ったバレンティン選手を矢野コーチが止めに入るような格好になり、結果的に矢野コーチがバレンティン選手に突き飛ばされることになってしまいました。

危険球の定義は?

審判団が集まり、危険球退場かどうかの協議もなされていましたが、今回の藤波の一球は退場処分とは見なされませんでした。そもそも危険球の定義とはどのようなものなのでしょうか。
危険球とは故意に打者めがけて投げるボールのことを指し、このような投球をした場合にはピッチャーとそのチームの監督の退場もしくは警告が与えられます。ただし故意ではなくても顔や頭などにボールが当たった場合は審判の判断により危険球とみなし、同様の制裁が与えられます。

今回の藤波選手の場合も危険球退場を命じられてもおかしくないように見えますが、はじめに畠山選手の肩に当たっているため、退場処分までには至らないという審判の判断だったようです。

スポンサーリンク

藤浪選手の危険球で大乱闘に対する反応

今回の藤波選手の危険球から大乱闘についてネットでの反応を調べてみました。

twitter
藤浪の危険球がすべての原因
twitter
また藤浪やったのか
twitter
ぶつけられた側はたまったもんじゃないな
twitter
なんであれが危険球退場じゃないんだよ
twitter
藤浪このままだといつか誰かを大怪我させるぞ
twitter
なんか久しぶりに本格的な乱闘を見た気がする
twitter
バレンティンは本当に乱闘が大好きなんだな
twitter
矢野コーチの飛び蹴りもすごいな
twitter
バレンティンと矢野が退場で藤浪が退場しないのはおかしい
twitter
なぜか畠山より怒っているバレンティン
twitter
乱闘が終わりかけたころにブルペンから出てきたマテオとドリスには笑った
twitter
藤浪はWBCで投げなくてよかったのかもな

藤浪選手は日本代表にも選ばれるほど実力のある選手で、阪神のエースでもありますが、制球に難があることも事実です。
ただ単にストライクが入らないというだけではなく藤浪選手の場合は死球が多いのが気になるところです。
死球は当たり所によっては大けがにつながる恐れがあり、選手生命どころか命の危険も伴います。
ミスが出てしまうことは仕方のないことでもありますが、プロである以上、危険球になるような投球は極力無くしていくべきだと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. カドカワ株価急落の理由は、言わずもがな超人気アニメ「けものフレンズ」を手がけてきたたつき監督が外され…
  2. 後藤久美子さんといえば、40代の人なら一世を風靡した女優として鮮烈に記憶に焼き付いていることでしょう…
  3. 北朝鮮の李容浩外相がニューヨークで、「トランプは(ツイッターで)わが国指導部の先はそう長くないだろう…
  4. 25日午後、小池都百合子都知事は臨時記者会見を開いて、国政政党「希望の党」の立ち上げを発表し、 自…
  5. いよいよ10月22日衆議院解散総選挙となります。 いきなりの解散で各党の公約がどうなるか注目される…
  6. 林修先生の9月4日初耳学での英語の幼児期からの早期教育に懐疑的な発言が話題です。 実は筆者も幼児を…

人気記事

  1. 2017-8-22

    真木よう子が抗議した東スポ記事が炎上!反応まとめ「視聴率って機密情報?」「不人気の責任を全部押し付けたいだけ」

    真木よう子が真実でないと抗議した東スポ記事“女優廃業危機”が炎上しています。 視聴率をツイッターで…
  2. 2017-7-12

    たけしの家庭の医学「皮付きピーナッツは認知症予防に有望」は本当?世の情報を調査し、反応をまとめた!

    認知症の原因の一つとされる脳のゴミ(アミロイドベータ)を捨てる力を増すのに、「たけしの家庭の医学」で…
  3. 2017-6-30

    浦和サポはなぜ問題を再三起こすの?鳥栖戦でボランティアに…反応まとめ

    浦和サポーターがまた問題を起こしてしまったようです。 6月25日アウェーで行われた鳥栖戦でのことの…
  4. 2017-6-5

    内閣支持率維持に「おかしい!」の声 なぜ下がらない?反応まとめ「操作されてる」「野党がダメだから」

    森友学園問題や閣僚の問題発言など様々な問題で世間を騒がせている安倍内閣。 しかしその支持率が横ばい…
  5. 2017-2-13

    米中電話会談の内容とその反応まとめ「金のためなら日本も台湾も犠牲にする」「結局経済以外は興味がないでしょ」

    世界の二大大国アメリカと中国が突然の電話会談を行ったことが報道され、日本政府も警戒を強めています。 …
  6. 2017-1-17

    小田原市の生活保護ジャンバー炎上はなぜ?2012年が原点か?反応まとめ「教養のほどが知れる」「意気込みは評価したい」

    小田原市の生活保護受給者の自立支援を担当する複数の職員が、 「保護なめんな」「不正を罰する」などと…
  7. 2017-1-21

    トランプ大統領の就任式演説から日本人は何を読み解くべきか?反応まとめ

    予想通りアメリカンファーストを掲げたトランプ大統領の就任式演説から我々日本人は何を読み解き、 今後…
ページ上部へ戻る