防府読売マラソン・公務員ランナー川内優輝が優勝!!

3度目の優勝
12月17日山口県防府市で行われました。このレースで川内優輝選手は優勝し、タイムによっては、3年後の2020年に行われる東京五輪の代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップへの出場権が与えられる大会でした。

しかし、何故かレースとは裏腹に選手達はマラソングランドチャンピオンシップへのこだわりを持っていないことが正直意外でした。自国開催のオリンピック。こんな夢舞台で走れる事は素晴らしい事です。条件をクリアした、川内優輝選手はマラソングランドチャンピオンシップへの出走権利が与えられました。

2分10秒は切れずタイムは平凡
優勝した川内優輝のタイムは、2時間10分3秒と世界のトップレベルのマラソン選手とは4分以上の差があります。タイムが平凡だったせいもあってか、あまり喜びを表していません。国際大会になってくると、速い選手はゴロゴロいます。

防府読売マラソンはこれで3度目の優勝となりました。川内優輝選手にしてみれば仕掛け処も良く分かっているコースだったので、仕掛けどころを熟知している川内優輝選手にしてみたら、強敵がいないこの大会は絶好のレースでした。ここは彼にとって負けられないレースだったのです。気負うことなくしっかり先頭でゴールインしました。やはり地の利があるのは大きなアドバンテージになっていますね。

今後の目標は?
言うまでもなく3年後の2020年に行われる東京五輪です。今、マラソンのトップレベルで戦っている選手の目標は皆、東京五輪が目標です。日本で開催されるオリンピックは次は何十年後か分からないですからね。ここを目標にするのは当然の事です。川内優輝選手も虎視眈々と出場を狙っています。

公務員と二足の草鞋を履いたまま東京五輪を目指す

川内優輝選手は埼玉県庁に勤務する傍ら毎週のように、週末はマラソン大会に出場しているタフネスマンです。通常のマラソンランナーはそんなに川内優輝選手のようにたくさん走りません。マラソン大会に出るのは、3か月から6か月に1回です。非常に稀な存在と言えます。


まとめ
リオデジャネイロオリンピックのマラソンの出場権を勝ち取れなかった悔しさを晴らす最高の舞台が東京五輪です。川内優輝選手は今後東京五輪に出場する為にリオデジャネイロオリンピックの選考会で失敗した事をバネに大逆襲を狙っています。マラソンの代表は男女とも3人ずつです。果たしてこの3人の中に入る事が出来るのか?まだ少し気が早いですが注目ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 倉持麟太郎氏のプロフィールと評判について気になりましたのでまとめてみました。 倉持麟太郎氏は世間を…
  2. スタバ新作のショット&チョコレートが気になり早速購入して食べてみました。 食べ方やカロリー…
  3. iPhoneXを手にした筆者がネットでデザイン論争されている「デザインがダサい」について実際手にした…
  4. ダルビッシュ有の登板予定はいつか?次回最新と視聴方法についてお伝えしていきます。 次回は10月…
  5. ついに村田諒太選手がやってくれました。前予想でもオッズなどで示した通り勝つ可能性が高かったのはあった…
  6. 22日20時20分ごろ、とうとう村田諒太vsアッサン・エンダム戦のゴングがフジテレビ生中継によって開…

人気記事

  1. 2017-10-7

    シャイニングマンデー公明党の公約の評判は?反応まとめ「民衆におもねった政策」「プレ金よりうれしい」

    公明党が衆院選の公約として発表した月曜の午前中を休みにする「シャイニングマンデー」の評判はどうなんで…
  2. 2016-11-15

    トランプ大統領が不法移民の強制送還宣言で差別だともめるのはなぜ?反応まとめ

    アメリカ合衆国のトランプ次期大統領は選挙戦前から自身の公約として掲げていた不法移民の強制送還について…
  3. 2017-9-29

    2017総選挙予想で自民党の敗北はあるか?反応まとめ

    安倍首相の突然の解散宣言とそれに前後した小池新党への民進党の合流など大きな政治のうねりの中で、201…
  4. 2017-4-22

    ミサイル避難方法はなぜ掲載された?裏事情とその反応「迎撃できないのか」「こんな方法しかないの」

    4月21日、ミサイル攻撃を受けた際の避難方法が内閣官房HPに掲載されたと話題になっています。 北朝…
  5. 2017-4-21

    This Manの正体判明はイタリアにあり!その衝撃と海外の反応まとめ

    世にも奇妙な物語で話題になっているthis manだが、独自に調べつくして その正体がついに判明し…
  6. 2017-4-16

    国民保護サイレンが北朝鮮ミサイルで鳴ったらどうする?反応まとめ

    北朝鮮とアメリカの緊張状態が続く中、日本でも不安の声が見られますが、国民保護サイレンが話題となってい…
  7. 2017-1-24

    トランプ大統領がTPP 離脱するのはなぜ?日本への影響はいかに「アメリカは不幸の第一歩」「日本は翻弄されっぱなし」

    2017年1月、大統領就任直後にTPPからの離脱を宣言したトランプ大統領。 果たしてこの決断は日本…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。