韓国版トランプ李在明が韓国大統領に!反応まとめ「何でも日本のせいにする奴が好まれる」「むしろ韓国のサンダース」

韓国版トランプと言われる李在明が反日とポピュラリズムを煽り、
パククネ罷免デモのうねりの中で、韓国大統領候補3位に位置し、
まさかの事態もありうる情勢である。反応をまとめた。

スポンサーリンク

韓国版トランプ李在明が韓国大統領に!?反応まとめ

朴槿恵大統領の支持率が4%まで下がり、退陣要求のデモが全国に広がるなか、
既得権益層の癒着体質に国民の不満が爆発している。

野党・民主党の李在明城南市長は韓国の既得権益層を批判し、
「親日残存勢力の一掃」などナショナリズムやポピュリズムを煽る
トランプばりの過激な発言が人気を呼び、“韓国版トランプ”といわれるようになってきた。

李 在明はトランプと同様ソーシアルメディアを活用する。
トランプ次期大統領を尊敬し、サンダースと比較されることを喜ぶ。

李市長は既成の政治家一族ではなく地方の行政官出身であり、
実務能力に長けており、最近の大統領候補の支持率調査では3位に浮上した。

彼の「革命的な」変化の提案には、財閥と呼ばれる家族経営の財閥を解体し、
労働者の福祉厚生を拡大することが含まれる。

大企業解体や、家族経営の財閥を分割し労働者の福祉厚生を拡大する。
北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長との無条件会談、韓国を揺るがせている
スキャンダルをめぐる朴槿恵大統領の収監を訴えている。

労働者階級の出身で、10代の頃に工場の機械に挟まれた左腕は今も曲がったままであり、
人権派弁護士としての活動を経て10年前に政界入りした。(Wikipedia参照)

大統領選は1年後だが、朴槿恵が辞任すると、60日以内に行われる。
フィリピンのドゥテルテ大統領に触発され、大統領になったら、
既成勢力を消滅させると述べている。
外交面では米韓同盟の強化を訴える一方、日本は安全保障上の敵だと
見なすべきだと主張する。20世紀前半に朝鮮半島に対して行った侵略に対し、
十分な悔悟の念を示してこなかったからだと言う。

李在明の発言を見てみましょう。

李在明の過激発言の数々

twitter
「我々を侵略し独島(竹島の韓国名)への挑発を続けている事実上の敵国である日本に軍事情報を無制限に提供するこの協定を締結するなら、朴槿恵は大統領ではなく日本のスパイだ
twitter
米国民はトランプ氏を選ぶことで既成勢力を弾劾した。われわれの選挙もこれを反映するだろう
twitter
韓国の既得権システムを制止し、新たな秩序を作るのに寄与すると心に決めた。今年中に公式に大統領選出馬宣言を準備している
twitter
大統領になったら、北朝鮮と頂上会談を行うことを、躊躇しない、トランプと一緒に仕事をして、孤立した国北朝鮮とオープンな会談をするだろう。私はトランプに期待している
(bloomberg‘Korea’s Trump’ Rises in Polls as Voter Anger Fuels Populism参照)

デュテルテフィリピン大統領誕生、EU離脱、トランプ米次期大統領選出と続いた
従来予想もできなかったまさかの事態が、
来年早々にも韓国でも起こることが現実になるかもしれない。

韓国版トランプ李在明に対するの日本の反応見ましょう。
スポンサーリンク

韓国版トランプ李在明に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

若者を中心にしたあのデモのうねりは、パ゚ククネだけに向けられたものではなく、
韓国の財閥などの既成勢力、学歴偏重、家族主義など従来の韓国を支配してきた
概念全般に及んでいる。

米国やフィリピン以上に格差と矛盾を内包しているのが今の韓国ではないか?
パククネ罷免に伴い予想される次期大統領選で、
現在3位の韓国版トランプ李在明が当選する可能性は
かなりの確率であり得るのではと思う。

そうなれば、韓国が再度、従来の反日に戻ることは確実であり、
安倍政権にとって米、韓、中、北朝鮮それに最近暗雲が垂れこめている露、
と八方塞がりとなる可能性が高い。

今から対策を考えることが肝要である。

■関連記事
朴槿恵大統領の支持率4%に!辞めないのはなぜ?韓国の反応「国民を尊敬する指導者を!」「絶対支持しない」
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 江角マキコさんが芸能界引退を発表したことでその理由に憶測が読んでいます。 なぜ?引退したのか、その…
  2. アメリカ大統領に正式に就任したトランプ大統領。 しかしアメリカ国内では大規模デモが相次いで開催され…
  3. 2014年から2016年この大会を3連覇し、今回4連覇を目指す石川佳純(世界ランク4位)と、 史上…
  4. 韓国で全国民の募金運動を通じて竹島に「平和の少女像」を設置する事業をすすめようとする団体がある。 …
  5. 予想通りアメリカンファーストを掲げたトランプ大統領の就任式演説から我々日本人は何を読み解き、 今後…
  6. 4月に第1回投票5月に決選投票が予想されている2017年フランス大統領選挙の最有力候補者極右の国民戦…

人気記事

  1. 2016-10-4

    トランプ大統領の可能性激減?米国大衆紙が8つの理由で彼だけには投票するなと!反応「まともな人々なら購読契約をキャンセルするだろう」

    米国で第2の部数を誇る全国紙で大衆紙のUSAトゥデイ(USA Today)が、大統領選では、 新聞…
  2. 2016-10-29

    安倍晋三首相の外交力はフィリピンドゥテルテ大統領のそれを凌駕していると言えるのか?反応まとめ

    数々の暴言を吐きながら、米国依存を脱し、自主外交と称して、日本・中国の双方から多額の経済援助を引き出…
  3. 2016-10-31

    木村沙織が引退するのはなぜ?反応まとめ

    バレーボールの木村沙織選手が引退を表明し、世間でちょっとした話題になっています。 彼女のプレーには…
  4. 2016-12-13

    プレミアムフライデーは公務員だけ?メリットとデメリットとその反応をまとめてみた

    来年の2月に導入されるプレミアムフライデー。 金曜日に早く帰れる!など、様々な報道がされていますが…
  5. 2016-12-14

    オスプレイが沖縄で墜落事故!抗議活動再燃か?反応まとめ「乗員保護するために意図的に大破させるんだよ」「また面倒くさいことになりそう」

    13日に沖縄県名護市にて日本初のオスプレイの墜落事故が発生しました。 今まで一度もなかった日本での…
  6. 2016-10-1

    北方領土返還の可能性 今がベストタイミング?反応まとめ

    安倍首相とプーチン大統領の山口での会談で、70年間解決できなかった 北方領土返還、平和条約が大きく…
  7. 2017-1-5

    箱根駅伝山の神の歴代一覧とその後の活躍まとめ!「実業団で活躍できないジンクス?」「卒業後の確かな成長を」

    新年の風物詩である第93回箱根駅伝が青山学院の3連覇達成で終わりました。 箱根駅伝といえば5区の山…
ページ上部へ戻る