高梨沙羅の二重にどうした!?の声 スポンサー契約を機に変わったか?反応まとめ

スキージャンプの高梨沙羅選手が最近二重になりばっちりメイクをするようになりましたね!
今までスキー一筋だった高梨沙羅がいったいなぜいきなり美容に目覚めたのでしょう。
今回はその変化の詳細と反応をまとめてみました。

Sponsored Links

高梨沙羅の二重にどうした!?の声!

高梨沙羅選手が二重にメイクもばっちりなのは画像で見ると一目瞭然です。

2015年1月

私の中ではまだこのイメージです。

2016年1月


この頃はまだ普通にかつての沙羅さんです。

2016年3月

片目だけ二重なような…

2016年11月

もはや別人に感じてしまいますね。しっかり二重でばっちりメイクです。

 

気になるスポンサー契約

いきなりメイクに目覚めた高梨沙羅さん。
実は8月に気になるスポンサー契約をしています。
その企業は「アネッサ」、日焼け止めブランドとして15年連続売り上げシェアNo.1の会社です。
以前から紫外線対策に高い意識があったことでこの契約が実現したとのことですが、この契約を機に美容に目覚めたのかもしれませんね。

というのもアネッサは資生堂のブランドです。
資生堂といえば、もう説明不要ですね。
スポンサーとして資生堂からいろいろ試供品はもらっていることでしょう…。

逆にアネッサ側からすれば、自分のブランドの「顔」なわけですから、資生堂ブランドに相応しい顔、メイクに
高梨さんを仕立てているということも考えられます。

推測の範囲ではありますが、時期的にもこの資生堂ブランドの「アネッサ」によるもの以外考えられないと思います。

報道によると

報道では、専門家はアイプチの効果での二重であろう、とのこと。
化粧の仕方は韓国でブームになっている「オルチャンメイク」を使っていると言われています。

また本人が先輩からお化粧を学んでやっているということで、
さすがに資生堂の人がわざわざ毎回お手入れをしているというわけではないようです。

モノの提供はあるかもしれませんが。

Sponsored Links

高梨沙羅さんの二重メイクの反応は?

ネットでは、高梨沙羅選手の変化に以下のような反応があります。

ポジティブな反応
「最近メイクしたりして年頃だね」
「メイクばっちりで可愛い!」
「すごい大人っぽくなってる!」
「あのメイクの仕方めちゃくちゃ好き」
「ちょっと見ない間にキレイになったね」

ネガティブな反応
「20歳前後が一番ケバいメイクするなーと思う」
「この前まではナチュラルメイクで可愛かったのにな」
「アイシャドー濃すぎマスカラつけすぎ」
「メイク濃いよ…」
「ナチュラルな感じが好きだったからすごく違和感がある」
出典:https://search.yahoo.co.jp/realtime

さすがに二十歳にもなるとメイクに興味が出てくるのでしょうか。
ばっちりメイクは大方好評のようでますます人気が出るかもしれません。
とはいえナチュラルな感じが好きだった人たちには受け入れがたいようで、そういうファンには不評だったようです。

個人的にはとても似合っていると思いますし、二十歳なんてそういう年頃ですからやりたいようにメイクさせてあげたらいいんじゃないでしょうか。
気になるのは美容に目覚めた理由が本当に化粧品ブランドとのスポンサー契約だけなのかです。
もしかしたら良い人に巡り会ったのかもしれないと思ったのですが考えすぎでしょうか。
恋は女性を綺麗にすると言いますし。今後そういう人がいると報道されるかもしれませんね。

■関連記事
高梨沙羅歴代最多勝利53勝をワールドカップ2017平昌で達成か!放送予定は?
伊藤有希が高梨沙羅を抑えてスキージャンプ女子W杯初優勝につづき、準優勝!殻を破って1段上へ!反応まとめ

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. 新燃岳噴火が10月11日5時34分に噴火を起こしました。 噴煙が300mまで登り、午前中前半は警戒…
  2. 神戸製鋼がアルミや銅製品の一部について、強度などを示す製品の検査証明書のデータを改ざんし、 基準に…
  3. 村田諒太の世界戦リベンジマッチのテレビ放送時間と予想についてシェアします。 今年5月、「疑惑の…
  4. 田中将大選手の明日のプレーオフ先発をライブ視聴を無料で観る方法と、 10月9日のヤンキースvsイン…
  5. 日本カビ(カンジダ・アウリス)が、欧米やアジアで真菌(カビ)感染症として初めてのパンデミック(世界的…
  6. 10月10日に北朝鮮がミサイル実験を行うのではないかと懸念されている中、トランプ大統領が意味深な発言…

人気記事

  1. 2017-4-24

    マクロン氏がルペン氏に勝つのは決定的と言われる理由と反応

    フランス大統領選挙は極右「国民戦線」のルペン候補と中道系独立候補のマクロン候補が5月7日に行われる決…
  2. 2016-12-14

    ヨドバシカメラの福袋が炎上したのはなぜ?反応まとめ

    ヨドバシカメラの「夢のお年玉箱」の福袋が12月13日炎上。 実はかく言う私も「今年こそは!」と気合…
  3. 2017-2-27

    グッチのうちわがダサいのに値段がとびぬけていて炎上!「今日が4月1日かと思った」「逆に欲しい」

    グッチのうちわがダサいのに値段が飛びぬけていて炎上しています。 グッチと言えば、高級ブランドとして…
  4. 2017-10-1

    2ちゃんねるが5ちゃんねるになぜなってしまった?裏事情と反応まとめ

    2ちゃんねるが5ちゃんねるになった、まるでネタのような話ですが、実際に確認したらなっていてびっくりし…
  5. 2017-5-28

    バーガーキング「どっちが王様?」キャンペーン動画にベルギー王室が激怒!なぜ?反応まとめ

    この夏ベルギーに上陸する米バーガーキングの「バーガーキングとフィリップ国王どっちが王様?」キャンペー…
  6. 2016-10-1

    北方領土返還の可能性 今がベストタイミング?反応まとめ

    安倍首相とプーチン大統領の山口での会談で、70年間解決できなかった 北方領土返還、平和条約が大きく…
  7. 2017-5-13

    国連委員会が慰安婦合意再交渉を勧告した理由は?炎上まとめ「潘基文の影響?」「日本の外交下手のせい」

    国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が2015年に日本と韓国で慰安婦問題に関してされた合意に対して …
ページ上部へ戻る